婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月11日 更新

若いうちに結婚したいならした方がいい!その理由と少ないワケ


若いうちに結婚したい、と思う男性は中々少ないものですが、いないわけではありません。

そういった男性は、男うちの飲み会などでそのことを話すと「まだ早すぎるんじゃない?」といった言葉をかけられることもしばしばです。

しかし、若いうちに結婚したいと思うのは悪い事ではありませんし、むしろ良い事と言えるでしょう。

それは何故なのか、若いうちに結婚したいと思う事のメリットや、何故若いうちに結婚したいと思う人が少ないかを調査してまいりました。

是非、若いうちに結婚したいと思っている人も、そうではない人も参考にしてみてくださいね。

「若いうちに結婚したい」は間違ってない

若いうちに結婚したいと思うことを否定する人は確かにいますが、決して悪い事ではありません。

むしろ若いうちに結婚したいと思う事はメリットだらけです。

若いうちに結婚したいと思う事、若いうちに結婚することのメリットをまずは紹介します。

心の余裕

若いうちに結婚したいと思う人の多くは、心に余裕がある人が多いです。

そのため、若いうちに結婚したいと思っているだけでも周りからしっかりした人だと思われたり、付き合う人の信頼も得やすくなります。

結婚はしたくないけど、彼女は欲しいといった男性は多いです。

そういった男性相手と付き合うと、結婚を意識しやすい女性はその心理を知った時にひどく傷つくことが多いのです。

そのため、若いうちに結婚したいと思う男性と言うのは女性からしてみても付き合いやすく、また迷わず仲を深めることができる男性ともいえるのです。

若いうちに結婚したいと思うだけではなく、実際結婚したとしても、周りからしっかりした人と言う評価を得やすくもなります。

社会的に余裕があるともとられるため、会社での評価も高いものとなるでしょう。

これだけのメリットだけでも、「若いうちに結婚したい」と思うことが間違いではないことがわかります。

子供を授かりやすい

若いうちに結婚したいと思い、結婚する人と言うのは子供を授かりやすい点ではとても有利です。

結婚しても子供はいらない、そういった人も中にはいますが、子供が欲しい場合は男性であっても女性であっても早めに婚活を行い、子供を授かることが大切です。

女性には妊娠率がありますし、男性も歳を追うごとに精子の動きが悪くなるなどあるため、若いうちから子供を授かるために動いていた方が良いと言えるのです。

また、歳をとってからの子育ては体力面でも大変であるため、若いうちに子供を授かり育てた方が、そういった面でも余裕ができて良いでしょう。

生活スタイルを合わせやすい

若いうちに結婚したいと思い、いざ結婚してみると、若いので生活スタイルをどちらにも合わせやすいため、柔軟な結婚生活のスタートを切ることができます。

会社での地位が固まってしまっていたりするとどうしても、生活の基盤を動かせないといったことも起こりえますよね。

若いうちに結婚したいと思い結婚したとすれば、ある程度、柔軟に生活を変えることもできるため、どちらかが我慢しなければならない状況に陥りづらいという点でも、若いうちに結婚したいと思うのは未来の妻のためにも、良い事と言えるでしょう。

若いうちに結婚が少ない理由

若いうちに結婚したいと思う事はメリットだらけではありますが、それでも若いうちに結婚したいと思う人、若いうちに結婚する人が少ないのは何故なのでしょうか。

若いうちに結婚したい人が少ない理由をまとめてみました。

若いと金銭面に不安が残る

若いうちに結婚したいと思えないのは、主に若い事による金銭面での不安が理由であることが多いです。

若いうちから給料がとても多い!といった人はごく少数ですよね。

そのため、若いうちに結婚したいと思えない場合が多いのです。

これから給料が増えていくかもわからない、一生このままかもしれないという不安や、結婚してやっていけるだけの貯蓄がないことによる不安が、若いうちに結婚したいと思えない理由にもなっているのです。

また、給料が安定したら結婚したいと思っている人も多いため、安定するまでは、不安にならないところまで持って行けるまでは結婚を保留、としている人も多いようですね。

今結婚しなくても、いずれできると思っている

男性は女性に比べて、結婚に対して無頓着である場合が多いです。

若いうちに結婚したいと思えなくても、いずれ良い人が現れて自然と結婚するだろうと思っているのです。

そのため、若いうちに結婚したいとわざわざ思わなくてもいいだろうと思っている人も中にはいて、そういったことも若いうちに結婚する人が少ない理由になるでしょう。

ただし、若いうちに結婚しなくてもいずれできるかどうかというのは、その時になってみないとわかりません。

なので、いずれできるというのは、希望的観測であり、絶対ではありません。

確かに若いうちに結婚したいと思っても、できるかどうかはその人の行動次第ではありますが、今しなくてもいずれできる、というのは本当にできるかどうかはわからないことでもあるため、それならば若いうちに結婚したいと思い、その時から行動を起こしていた方が結婚できる確率は高いです。

結婚願望があるのならば、いずれと言わずに、若いうちから結婚に向けて進んでいく方が男性であっても良いでしょう。

男性が遅くに結婚したいと思ってるだけ

若いうちに結婚する人が少ないのは、女性も結婚願望がないからではありません。

多くの女性は、20代のうちに結婚しておきたいと思っている人が多いため、若いうちに結婚する人が少ないのは男性側が遅くに結婚したいと思ってるからと言えます。

そのため、若いうちに結婚したいと思っている男性は、若いうちから婚活市場に飛び込んでしまえば、チャンスをつかみやすいともいえるのです。

女性の中には、年上のある程度社会的地位を築いてきた男性と出会いたくて婚活を行う女性もいますが、中には同年代、自分と同じくらいの年代の男性を求めている女性もいます。

男性で若いうちから婚活をする男性は少ないため、若いうちに婚活市場に飛び込んでしまえば、同世代を望む女性と出会える可能性が高いのです。

今は、20代の婚活をする女性も増えてきていますから、なおのこと婚活をしてみれば自分が望むような相手に出会える確率も上がるため、若いうちに結婚したいと思ったならば、婚活市場にも顔を出してみることをおすすめします。

まとめ

若いうちに結婚したいと思う男性はそこまで多くはありませんが、多くないからこそチャンスをつかみやすくもあります。

なので、若いうちに結婚したいと思ったなら、周りの友達に「まだ早いんじゃない?」と言われても、婚活を始めてみてください。

男性も、年齢を重ねるごとに結婚率が下がっていきます。

折角、若いうちに結婚したいと思っていても、行動がなければ結婚したいという願望も叶えられないので、もしも「この人と結婚したい」といった明確な相手がいない場合は、同じ気持ちの女性が集まる婚活市場に参加してみてくださいね。

男性であれ女性であれ、婚活が早すぎるという事はないので、安心して婚活を始めてみてください。

参考になれば幸いに思います。

この記事に関連するキーワード