婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月11日 更新

年上男性との結婚は幸せになれる!?年の差婚のメリット・デメリット

結婚している夫婦を見ると、男性の方が年上という夫婦が多いですよね。

近年では、10歳以上年上の男性と結婚する女性も増えてきました。
年上男性との結婚に憧れている女性は多いですが、先のことまで考えたことはありますか?

恋愛の時は、お互いが好きで今が幸せだったらそれでいいという考えだったかもしれませんが、結婚となると話は違ってきます。

共に生活をしていくことになるので、将来のこともしっかりと考えなければいけません。

今が幸せだからという理由で結婚に踏み切るのではなく、先のことを考えて備えることも必要となってきます。

ここでは、年上男性と結婚をするメリット・デメリット、結婚の前に確認しておくべきことを紹介していきます。

年上男性と結婚するメリット

年上男性との結婚はメリットがたくさんあると思っている女性も多いのではないでしょうか。
実際に年の差婚ならではのメリットは様々です。

大きな包容力がある

年上男性の最大の魅力は包容力です。
良くも悪くも人生経験が豊富な年上男性は同年代男性に比べて視野が広く、大きな包容力があります。

同年代の男性相手だと頼られたり、意地が邪魔してなかなか甘えられないという女性も、年上の男性が相手であれば素直に甘えることができます。

また、多少のわがままであれば「しょうがないな」と可愛らしいという目線で見てくれるので喧嘩に発展することは少ないでしょう。

喧嘩になったとしても最終的には女性の意見を受け止めて男性の方が折れてくれる場合がほとんどです。

寛大な心を持った年上男性との結婚生活は大きな安心感に包まれるでしょう。

経済面が安定している

年上ということは、社会に出ている年数も長く社内での立場も安定している人が多いので経済的に余裕があります。

結婚は二人で新たに生活を始めることなので、経済面の安定は重要な要素です。
収入が安定していれば家計の管理もしやすいですし、男性に経済面のプレシャーをかけずに済みます。

専業主婦を希望する女性にとっても気兼ねなく家庭に入ることができるでしょう。

余裕があり頼れる

自分よりも長く人生を歩んでいる年上の男性は精神的にも金銭的にも余裕が感じられ、頼りがいがあります。

豊富な知識でデートプランや旅行の計画を立てて準備をしたりと、積極的に動いてくれるので安心して任せることができます。

また、一人暮らしを長く経験してきた人がほとんどなので率先して家事を手伝ってくれる男性も多いでしょう。

自分の成長にも繋がる

経験豊富な年上男性と一緒に過ごしていると、さまざまな面で成長できます。

仕事などで悩み事があったとしても、自分の経験から的確なアドバイスをしてくれたり、自分では思いつかないような考えを教えてくれたりするので自然と物事の捉え方や考え方も変わってくるでしょう。

また、年の差があるということは歩んできた時代も違うので、教育や流行り物なども当然違ってきます。

お互いの年代の話をすることで今まで知らなかったことを知ることができ、知識も増えます。

年上男性と結婚するデメリット

年上男性との結婚はもちろんメリットばかりではありません。
では年の差婚にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

子作りが難しい

妊娠のタイムリミットは女性だけでなく男性にもあります。
年齢を重ねるにつれて男性の精子も老化していくのです。

一般的に35歳を境に老化し、不妊のリスクが高まると言われています。

また、男性が45歳を過ぎて出産をした場合は子どもが大学に入る前や成人する前には定年を迎えており、学費など経済面の問題も出てきます。

定年前に子どもの成人を望むのであれば、男性が45歳のときには出産している必要があるのです。

始めは二人だけの生活を楽しみたいと思うかもしれませんが、ゆくゆくは子どもを持ちたいと考えるのであれば、男性の年齢も視野に入れたライフプランを立て、早めの子作りを意識しましょう。

価値観や話が合わないことも

年齢の差はどう頑張っても変えることのできないものです。

価値観は人それぞれ違うものですが、年齢が離れていると育ってきた時代背景の違いから考え方や価値観の相違をより感じやすくなるでしょう。

年代の違いや価値観の違いがあれば当然話が噛み合わないこともでてきます。

共通の話題が少ないといまいち盛り上がりに欠け、つまらないという不満になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、ジェネレーションギャップは変えられない事実なので致し方ない部分でもあります。

夫婦仲を保つためにはお互いの考え方や価値観を受け入れる柔軟な姿勢と、お互いに歩み寄る努力が必要となるでしょう。

早いうちに介護が必要になるかも

男性が年上ということは、当然老いていくスピードも男性の方が早いです。
体力の衰えや健康面の衰えなども出てくるでしょう。

早い段階で介護が必要になるかもしれないという覚悟を持って結婚する必要があります。

また、年上男性の両親は自分の両親より年上で高齢な場合が多いです。

そうなると、結婚して間もなく義理両親の介護をしなくてはいけないという可能性も出てきます。

ひとりで抱え込まなくて済むように義理両親の介護について話し合っておくと良いでしょう。

結婚の前に確認しておこう!

ここまで年上男性と結婚するメリット・デメリットを紹介してきました。

では、そのメリット・デメリットを踏まえた上で確認しておきたいことはどんなことなのでしょうか?

年上男性との結婚を考えるにあたり、事前に確認しておきたいことをいくつか紹介します。

どのようなライフプランにするか

まずはお互いにどのようなライフプランを考えているかを確認しましょう。

年上男性は社内でも上の地位についている人も多く、独立を考えている人もいるかもしれません。

男性が今後どのように仕事をしていくかによって結婚後の家庭の在り方は変わってきます。

仕事だけでなく、子どもやマイホームのことなど男性の年齢も考慮し「いつかは」「そのうち」という曖昧なものではなく、具体的に決めておくことをおすすめします。

譲れない価値観はあるか

年齢の差で生じる価値観の違いは仕方のないことです。
結婚すれば当然ライフスタイルも変わってくるでしょう。

その中でお金や時間の使い方など、ここだけは譲れないという部分があるなら事前に話し合っておく必要があります。

結婚後のトラブルとならないようお互いの価値観を確認しておきましょう。

両親の介護はどうするか

年上男性との結婚は自分の両親より先に義理両親の介護が迫ってくる可能性が高いです。

介護が必要になった場合に自宅介護をするのか、施設に入れるのかなど両親の意向も含めてどうしていくのかを話し合っておくと良いでしょう。

また、合わせて将来同居を望んでいるのかということも確認しておくと後々揉め事にならずに済むでしょう。

お互いの家族の気持ちは?

年の差が離れすぎている場合、両親は反対してしまうかもしれません。
結婚生活の苦労を知っているからこそ心配な気持ちになるのは親心であり、仕方のないことです。

ですが、せっかく彼との結婚を決意したのに家族に反対されては幸せな結婚はできないですよね。

結婚は自分たちだけのことではないので、年の差婚についてお互いの家族はどう思っているのかを確認しておくことは大切です。

もし反対されても、二人の強い意志を伝えることができれば家族も理解して祝福してくれるでしょう。

大切なのは相手を想う気持ち

年の差があるないに関わらずどの夫婦にもメリット・デメリットはありますし、いろんなことが起こります。

年齢が離れているからといって結婚を諦める必要はありません。

どんなことがあってもこの人を愛していこうと思う気持ちがあれば、どんなに年齢が離れていようと幸せな結婚生活は送れます。

年上男性との結婚は始めから結婚後のデメリットが予測できるので、不安なことがあれば事前に話し合い準備をしておくことが重要です。

幸せな結婚生活を送るためにお互いに支え合い、歩み寄ることを心がけ、思いやりを大切にしていきましょう。

この記事に関連するキーワード