婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年06月18日 更新

年の差婚をしたい婚活女性におすすめ!年の差婚を叶える方法!

年の差婚を望む女性は多くはありませんが全くいないというわけではありません。

今回はそんな年の差婚をしたい女性が、年の差婚をするためにしたい、叶える方法を紹介します。

年の差婚といっても、上であるのか下であるのかでまたやることも違いますから、年の差婚を望む婚活女性は是非、参考にしてみてくださいね。

年の差婚とは?

年の差婚とはその名の通り、年の差のあるカップルが結婚することです。

年の差は5歳差でもそういう事もありますが、一般的には10歳前後の歳の差での結婚を年の差婚と呼ぶことが多いようです。

そんな年の差婚の難易度はどれほどなのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

年上希望の年の差婚の現実

年上希望の年の差婚にむけての婚活は、正直とても楽勝です。

何故なら、男性は何歳になっても年下を望む傾向にあるからです。

例えば、30歳の女性が年上の40歳から48歳くらいの男性を望んでいるとします。

そのくらいの男性と言うのは、27歳から38歳くらいの女性を好むとエキサイト婚活のアンケート統計で出ていますから、30歳の女性が40歳から48歳くらいの男性を望んでの婚活はとても楽であると言えるのです。

25歳の女性が40歳の男性を求めると、男性側も戸惑ってしまう可能性もありますが、年下の女性が年上の男性との年の差婚を狙っていくのは婚活を進めるうえで賢い選択とも言えます。

特に35歳を過ぎた女性の婚活であれば、年上を狙っていくことで婚活成功しやすくもあるので、年の差婚に興味がないという人も年上の男性を今一度考えてみるのもいいかもしれませんね。

年下希望の年の差婚の現実

年上希望の年下婚は正直楽勝である、というお話をしましたが、年下希望であればどうなってしまうのでしょうか。

実は年下希望の年下婚の現実は甘く言っても優しいとは言えません。

何故なら大体の男性は年下を求めており、年上女性を選ばないことが多いからです。

年上女性との年の差婚を果たす男性もいますが、生易しい婚活ではないのは確かです。

それでも年下が良い、そんな女性は努力が必要です。

映画や漫画の年の差婚では、年下男性が年上男性に迫りよる展開が多いとは思いますが、現実にそういった甘いものはありません。

現実は女性側が男性に見えないようにさりげなく努力をして、男性がこちらに興味を持つように誘導してあげる必要があります。

間違っても年下男性にすがるといった婚活はしないようにしましょう。

年の差婚と結婚満足度

年の差婚と、同じ年で結婚した夫婦では結婚満足度に違いはあるのでしょうか。

実は年の差であっても、結婚満足度に影響はありません。

エキサイト婚活の調べによれば、妻が4歳から8歳下であっても、妻が4歳から8歳上であっても、結婚満足度に差はなかったようです。

つまり、妻の年齢がどうであれ、結婚に対して満足する可能性はとても高いという事です。

それもそうですよね。

相手の年齢を見るのは男女ともに変わりありませんが、結婚がスタートしたら相手の年齢ではなく相手の中身が重要になってきます。

相手との相性が良ければ、年の差であっても問題がないのです。

また、こんな面白いアンケート結果も出ています。

容姿、職業、学歴で相手を選んだ、選ばなかった人とで結婚満足度を調べてみたところ、こちらも結婚満足度に差はなかったとのこと。

結婚に年齢も容姿も職業も学歴も、そこまで重要ではないということになります。

とはいえ、こだわらなくても結婚満足度が高くなる可能性があるというだけで、こだわっても結婚満足度は変わりないのであれば、それならこだわりたいという人も多いでしょう。

次に年の差婚を成功させやすい婚活について見ていきましょう。

年の差婚を成功させる婚活とは

年の差婚を成功させる婚活とはどういったものがあるでしょうか。

年上の年の差婚であるのか、年下の年の差婚を希望しているのかで婚活現場は変わってきます。

見ていきましょう。

年上希望の年の差婚活

年上希望である場合、自分が有利になれる場は沢山あります。

年上男性は年下女性を好むため、どこに行っても年下女性は年上男性にモテるためです。

これが如実に表れやすいのは婚活パーティーでしょう。

年上男性がいる婚活パーティーに参加してみたらよくわかります。

若い女性に声をかける男性のなんと多い事か。

そのため、年上希望の年の差婚活であれば、年下と言う条件を生かしての婚活が良いでしょう。

また、自分よりも年下の女性が沢山いない婚活にするようにしましょう。

男性の年齢は高い年齢も多いけれど年下女性が少ないような婚活パーティーだと良さそうですね。

または、結婚相談所などであらかじめ相談員などに年上を希望していて年の差婚を狙っていることを相談しておきましょう。

相談員がぴったりな男性を紹介してくれますよ。

年下希望の年の差婚活

年下希望であると、年上希望しているよりもとても難しい婚活になります。

とはいえ、絶対に無理というわけではありません。

年下希望であっても、年の差婚を果たしている女性は沢山います。

年下希望である場合は、相手の年齢に合うように若作りするのではなく、自然体な若々しさが必要になります。

若作りは大体にしてバレますし、バレたらそれはそれで痛いと思われてしまうのでマイナスです。

服装も年齢に合った清楚なもので、大人な落ち着いた、癒されるような雰囲気があると良いですね。

年下希望の婚活であると、結婚相談所などでも良いですが、ここもあえて婚活パーティーに行ってみても良いかもしれません。

というのも、結婚相談所などであると、お見合いをセッティングしてもらう前にあちらから年齢で断られる可能性があるからです。

年齢が年上であるというのは不利です。

ですが婚活パーティーだと、年齢だけで断られるというのはあまりありません。

自分の魅力を生かせる服装やメイクをしていたら、年上であっても相手からの申し込みなどがあるかもしれません。

年上女性として女優の「石田ゆり子」さんがとても人気があるので、雰囲気など真似してみると良いかもしれませんね。

こういった女性を目指す、というモデルを用意すると目指しやすくなるのでおすすめです。

また、年下男性との年の差婚を狙うとなると、断られてしまう数もかなりのものになることが予想できます。

そのため、強いメンタルも年下男性を狙う年の差婚活には必要です。

強いメンタルも磨きましょう。

まとめ

年の差婚を希望する女性は多いわけではありませんが、少なくもないので是非、今回紹介した方法などで婚活を進めていってほしいです。

年の差婚は年上希望であると難易度は低くなりますが、逆に年下希望であると難易度はとても高くなるのが特徴です。

それでも、年上希望であっても婚活が進まないという事もあるので、どの婚活も考察と修正を繰り返していくことが成功への道とも言えます。

年上でも年下でも、年齢以外の希望が隠れていると婚活が進みづらくなるので、そこらへんも今一度考えてみると良いかもしれませんね。

例えば、年上を希望するのは年収が高い事を見込んで、などです。

この場合、年上以外にも年収の高さを希望していますから、こうなると年上希望であっても難易度も高くなってしまいます。

逆にこういった希望がある場合は、年齢の方をあえて捨ててみるというのもできますよね。

自分が本当に求めていることは何かを考えながら婚活を進めていくようにしましょう。

この記事に関連するキーワード