婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月11日 更新

アラサー女性必見!ネット婚活の心得とは?


20代の頃のように飲み会や合コンのような出会いの場も減ってきたから、本腰を入れて婚活をしてみようかなと考えているアラサー女性は少なくないと思います。

しかし、婚活と言っても、結婚相談所に婚活パーティ、ネット婚活、バスツアーなど色々あります。

そこで今回は、ネット婚活で男性を出会う為の心得をまとめました。

「ネット婚活の話は聞くけど、怪しくないのかな?」、「真面目に婚活をしている男性とネット婚活で出会うことができるのかな?」と不安に思うアラサー女性はいると思います。

この記事を読んで少しでもその不安が少なくなれば嬉しいです。

アラサーがネット婚活で上手くプロフィールを書くコツ

自己紹介文は充実させること

ネット婚活では知らない人同士が出会うため、情報量が命です。
実際に会う約束を取り付けるまでは、プロフィールに載っている情報が多ければ多いほど、男性からアプローチされるきっかけに繋がります。

ネット婚活では、名前は本名を入力する人は少なく、ニックネームを登録する人がほとんどです。

しかし、「まーたん」や「ゆいにゃん」といったニックネームで登録してしまうと、男性からは「かまってちゃん」だと思われてしまって、敬遠されてしまう可能性があります。
アラサー女性は、「かまってちゃん」に加えて、「痛い子」だと思われてしまうので、やめたほうが良いでしょう。

友人や家族から呼ばれているニックネームなど、無難なニックネームの方が、真剣さもアピールできるので、お勧めです。

「ショッピング」や「ヨガ」、「美容」といった趣味は、女性ウケはかなり良いですが、男性からの共感はあまり得られません。

そのため、上記のような女性特有ともいえる趣味では、男性は共通点を見いだしにくくなるので、アプローチは少なくなってしまうかもしれません。

しかし、「料理」は家庭的な印象を与えることができるので、男性からのウケは良くなります。

趣味に「料理」と書く際は、「料理を作るのが好きです」と書くより、「料理を振舞うのが好きです」のように、第三者に向けて発信する表現のほうが、男性の興味を引くことが出来ます。

また、音楽や映画、スポーツのような趣味だと、男性も詳しい人が多いので、話しのきっかけやネタに困ることはありません。

男性も「今度一緒に映画を観にいきましょう」などデートに誘いやすいネタになるのでお勧めです。

写真を載せる

ネット婚活では写真を載せている女性と載せていない女性では、圧倒的に写真を載せている女性のほうがアプローチは多いです。
自己紹介文をどんなに書いていても、写真を載せていないと、その人の人物像をイメージしにくいからです。
しかし、snowなどの加工アプリをふんだんに使った写真では、実際に会ったときとのギャップに男性が驚いてしまうので、避けたほうが良いでしょう。
カフェのテラスなどで、友達と話しながら撮った笑顔の写真は、自然光もあって顔色が明るく見え、自然体で楽しい笑顔であるため、アラサー女性にはお勧めです。

しかし、どうしてもネット婚活のサイトに自分の顔写真を載せることに抵抗のある人は、全身が写った後姿の写真がお勧めです。
後姿からその人の顔を想像できるからです。
服装はワンピースや、ふんわりとしたスカート、浴衣など、清楚感や清潔感、女性らしさを表現できるものを選びましょう。
人は自分の都合よく考える生き物なので、その後姿や服装から、美人だと想像する人が多いためです。

希望する男性の条件を書く

ネット婚活ですので、男性に条件をつけるのは当たり前のことです。
しかし、希望の男性の書き方には注意が必要です。

まずは、どんな男性のも当てはまる内容を書きましょう。
「優しい人」や「誠実な人」、「面白い人」など、どんな男性にでも当てはまりやすい正確面を記載すると、間口が広がるのでアプローチしてくる男性が増えます。

特に、「家族を大切にしてくれる人」は、自分の家庭的さもアピールできます。
また、学歴や年収、年齢といった確実に当てはならない男性がいる内容を記載することは、男性からの印象は悪くなってしまいます。

あなたを気に入った男性がいたとしても、あなたが挙げていた条件に当てはまらなかったからアプローチを断念したという状況を作ってしまいますので、せっかくのチャンスが逃げてしまいます。

希望のスペックを書きたい場合は、具体的に数字などを記載するのではなく、「自分と同じくらいの年齢だと嬉しいです」や「年に一回は海外旅行に一緒に行きたいです」など、ぼかした表現にしましょう。

アラサー女性は結婚適齢期であるため、結婚に焦りを感じ始めている人が多いでしょう。
だからと言って、「○年以内に結婚したい」や「彼氏募集中」と書くことは、「男性なら誰でもよいのかもしれない」と疑いの目で見られてしまいます。

男性はもともと狩猟本能が高い生き物なので、追われると逃げたくなってしまいます。
そのため、肉食系の前のめりな女性はアプローチされにくくなるので、注意が必要です。
「○年以内とは決めていませんが、良い人がいれば結婚したいと考えています」と書けば、真剣さをアピールできます。

アラサー女性がネット婚活で出会う為の心得

見る目を磨く

ネット婚活にはサクラや業者の人が紛れていると思っていたほうが良いでしょう。
サクラ、業者以外にも、婚活にそれほど力を入れていない人や体目的の人も、ネット婚活に登録している人はいます。

アラサー女性がそれらの男性につかまってしまうと、婚期が遅れしまい、大変時間の無駄となってしまいます。

本気で婚活している男性に出会うためにも、男性を見る目を磨くことは必須です。
プロフィール写真がイケメンで、高収入アピールしてくる男性はサクラや業者の可能性が高いです。

「このネット婚活のサイトをそろそろ退会する」と言って、lineやメールアドレスを早い段階で聞き出す男性もサクラや業者の可能性「大」です。
また、すぐに会おうと誘ってくる男性も注意です。
アラサー女性に結婚をチラつかせたら遊べると思っている悪い男性の可能性があります。
「会おう」と言われても、一度断り、そこでの反応が誠意あるものか確認してみた方が良いでしょう。

プロフィールは性格が出るので、プロフィールがしっかり書かれている男性は誠実な男性で、真剣に婚活をしていると言えます。
また、メールのやり取りが心地よい男性とは、実際に会って話しても相性が良いと感じる場合が多いので、積極的に会う約束を取り付けたほうが良いでしょう。

自分を磨く

20代の婚活は若さを売りにできましたが、アラサーともなるとその武器は鈍ってしまいます。

そのため、アラサーより下の女性たちと戦うには別の武器が必要となります。
自分を磨いて、「この女性は他の女性とは違う」と男性に思わせることがアドバンテージとなります。

自分を磨くためにお勧めなのが、「お料理教室」と「お作法教室」です。
男性は結婚する相手は家庭的な人が良いと思っています。
そして料理の得意な女性を家庭的だと感じます。
そのため、婚活をしているアラサー女性にとって料理は必要なスキルであるといえるのではないでしょうか。

また、アラサーともなれば会社での地位も確立し、責任のある仕事を任される立派な大人です。

いい大人であるアラサーがマナーを知らなかったり、言動が粗雑であると、男性からはマイナスの評価です。
指先の動き一つにまで気を払う女性は、育ちが良く見え、男性からも好感が得られます。

この記事に関連するキーワード