婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月11日 更新

彼女と結婚したいなら、ここが決め時

あなたは今、付き合っている女性とどんな関係にありますか?
付き合ってもう何年も経つし、そろそろ結婚したい、あるいはまだ付き合ってからそんなに経ってないけど、彼女が好きで好きでしょうがないからもう結婚したい!

そんな風に思っている人もいるかと思います。

しかし、当たり前ですが、結婚は二人でするものです。
双方の意思が合致しなければ結婚は成立しません。
では、お互いが結婚を決意するのはどんな時なのか。
また、彼女からの結婚したいというサインを逃さないために、どんなことに気をつけたらいいのかをご紹介いたします。

“彼女と結婚したい”と思う瞬間

ふとした日常でなんとなく、“あ、俺この人と結婚したい”と思う瞬間が訪れることがありますよね。
結婚を決意する時というのは、何か特別な結婚をしなければならない事態が発生した時だけではありません。

ふとした瞬間にピンと来て、運命のような感覚に見舞われることもあるのです。
どんな時に男性は彼女と結婚したいと思うのか、改めていくつかの例をご紹介します。

一緒にいて安心するなと感じたとき

知り合って間もない人や、付き合いたての人と一緒にいるときは、一緒にいて楽しいと感じてもらえるように面白い話をしなければ、あるいは沈黙が流れないようになにか話題を作らなければ、と構えてしまっているかと思います。

色々気を遣って、自然体ではない、といった状態でしょうか?

しかし、結婚したいと思える相手といるときは、無言になっても気まずくならないものです。疲れたときに隣にいるだけで安心できるということは、その人の隣が一番自然体でいられて、心が休まる安全なところだといえますよね。

そういう相手は中々いるものではないので、そう感じたのであれば、あなたにとって最高のパートナーになるはずです。

二人で好きな番組を見て、ゲラゲラ笑いあっているとき

長い結婚生活で嬉しいことや悲しいこと、さまざまな事が起こることでしょう。
好きな番組が同じだったり、相手が好きな番組が好きになるということは、笑いのツボが同じだということです。

そのような相手とは、苦しいことがあっても、笑いあって乗り越えていくことができるでしょう。

彼女の料理を毎日食べたいなと思ったとき

男をつかむには胃袋をつかめと女子はよくいっていませんか?
料理を作ってもらう時は、とても嬉しいですよね?
日本では昔からプロポーズの代名詞として、「毎日君の味噌汁が飲みたい」という言葉があります。

実際は本当に毎日味噌汁が飲みたいわけではありませんが、食事は日々に欠かせないもので、相手が作った料理を毎日食べたいと思えるかどうかということはそれだけ重要視されてきたということです。

収入が安定してきた時

結婚には、金銭的な問題も必要不可欠です。いずれはマイホームを購入したり、子どもができたりするとどうしてもお金が必要になってきます。貯金が貯まったり、仕事で昇進したというタイミングで結婚に踏み切ろうという方も多いです。

彼女の結婚したいサイン

プロポーズは男性がするものだと思っている女性がほとんどなので、女性からなかなか結婚したいとは言ってきません。

二人が結婚したいと思っている良いタイミングでスマートにプロポーズを成功させるためには、彼女の結婚したいサインを逃さないことが必要不可欠です。
これから紹介する結婚したいサインを参考にして、彼女の行動を観察してみてください。

友達が結婚したという話をしてくる

友達の結婚式に行って、自分も結婚したいという欲が高まる可能性があります。
そのタイミングで結婚式の話題を出すということは、自分たちもそろそろ結婚しようかという方向へ話を持って行きたいからです。

頻繁に友達や同僚が結婚したという報告をしてくるかどうか確認しましょう。

子どもの話をしてくる

デートをしているときに子どもを見かけて、「子どもってかわいいよね」「子ども好きなんだよね」などと話をされたら、それは子どもが欲しい=結婚したいというアピールの可能性があります。

ゼ○シィが置いてある

これは明らかな結婚したいサインです。
このサインはいつでも結婚できるから早くプロポーズしろよという最終アピール手段にも使われます。

結婚情報誌が目に付くところにおいてあったらほぼ100%プロポーズを断られることはないと踏んでも良いでしょう。
思い切ってプロポーズしてみましょう。

ジュエリーショップの指輪に視線を送っている

指輪が欲しいというアピールも結婚したいというサインの可能性あります。

ジュエリーショップの指輪に視線を送ったり、雑誌などで指輪のページを熱心に見ていたら、デートの際に立ち寄ってみないかと誘ってみても良いでしょう。

指輪の大きさやデザインが彼女の好みに合うかどうかということもプロポーズの際には大切なことです。

何号の指輪をはめているか、どんなものを好むのか、よく注意して見てみましょう。

二人の将来の話をしてくる

「いつか海の見える家に住みたいなぁ」「マイホームを作るなら天井が高い家がいいなぁ」といったような将来の話をしてくるのは、結婚を意識させようとしているからです。

将来どんなふうに二人で暮らして生きたいか話し合えば、自然な流れでプロポーズすることもできます。

親に会いたがる、会わせたがる

「○○くんのお母さんとお父さんってどんな人?」「親が○○くんに会いたがってたよ」といった話をすのは、将来家族の一員になって、家族とも仲良くして欲しいというアピールです。

親にも結婚を認めてもらえるように、結婚の挨拶をする前に何度か会って良い印象を持ってもらえるようにすることも大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?男性も女性も「結婚したい」と思う時は何かしらきっかけがありますよね。

彼女と結婚したいと思っている男性の皆様、あるいは彼女が結婚したいと思ってくれてるのではないか、と思っている男性の皆様、日々の小さなことに意識を向けて、結婚をつかみ取ってください!

この記事に関連するキーワード