婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月17日 更新

結婚とは?結婚を考えるパートナーに求めるべきこと


人生での大イベントである結婚。
結婚を考えたことがある誰しもが、
「結婚ってどんなことをいうの?」
「どんな人が結婚に向いているの?」という疑問を持ったことがあるのではないでしょうか?

そこで今回は、結婚とは何かを紐解き、結婚前に確認しておきたいことを紹介します。
まずは結婚とはどのようなことかを理解することから始めましょう。

結婚とは

結婚の意味はなんとなくわかってはいるものの、具体的にどういうことなのでしょうか?
ここでは結婚とはどういうことなのかを紹介します。

結婚とはパートナーと生活を共にすることを言います。
生活を共にすると価値観や生活リズムの違いなど様々なことがあります。
そういった違いを理解し合うことこそが結婚なのです。

あなたはパートナーを頭ごなしに否定してはいませんか?
あなたはパートナーの話をしっかり聞いてあげていますか?

もちろん違う人間なので考えが違うのは仕方ありません。
しかし、まずはパートナーがどんな気持ちで言っているのか、どういうことを言いたいのか一旦受け止めてあげる必要があります。

そしてパートナーの意見を受け止めた後に自分の考えを話すのです。
そういった気遣いが結婚には必要なのです

また、結婚はお互いの方向性を合わせていくことが大切です。
というのも、方向性があっていないとお互いがすれ違ってしまうからです。

結婚を考えているパートナーがいる人も、まだいない人もパートナーが出来たときは、たくさんパートナーと会話していきましょう。
「2人の関係」や「今後のこと」「今日会ったこと」話す内容はなんでもかまいません。
そういった小さなことの積み重ねがパートナーを理解することにつながっていくのです。

お互いを尊重すること

結婚では、お互いを尊重することが大切です。
というのも、お互いに自分の意見だけを主張しあっていても分かり合えないからです。

もちろん自分を主張してはいけないということではありません。
自分の気持ちを伝え、パートナーの気持ちを理解した上でお互いに譲り合えばいいのです。

よって、結婚ではお互いを尊重することが大切です。

他人と比べない

また、結婚では他人と比べないことが大切です。
結婚は2人の問題であり、他人と比べていても問題は解決しません。

パートナーと自分との結婚生活は、2人の軸で幸せを考えることが重要なのです。

他人ではなく自分そしてパートナーにとっての幸せを考えましょう。

結婚前に確認するべき6つのこと

ここまでは、結婚とは何か説明してきました。

では、結婚前に確認するべきこととはどんなことでしょうか?
ここでは結婚前に確認するべきことを紹介します。

金銭感覚

結婚前に確認すべきことの一つに、金銭感覚が挙げられます。
というのも、金銭感覚が全く違ってしまうと生活を共にするのが難しいからです。

例を挙げましょう。
あなたは必要最低限の生活をして将来のために貯金したいのに対し、パートナーは収入が入ったら全部使ってしまうような浪費家であったならきっと衝突してしまいます。

そうなってしまうとお金の使い方で揉め事になりかねません。
よって、金銭感覚があまりにもかけ離れている人は避けましょう。

生活リズム

結婚前に確認すべきことの一つに、生活リズムが挙げられます。
生活リズムとは、朝型か夜型といったどの時間帯を中心に動いているかのことです。

生活リズムが違ってしまうとお互いの生活がすれ違ってしまうので、コミュニケーションが格段に減ってしまいます。

大事なことも伝えられないような状況では、2人の距離を遠ざけてしまうでしょう。

食べ物の好み

結婚前に確認すべきことの一つに、食べものの好みが挙げられます。
というのも、食べ物の好みが極端に違うと食事を一緒に楽しむことが難しくなるためです。

毎食別々のものとるような状態では、円満な結婚生活は想像しにくいですよね。
外食をする時もお店が決めにくいでしょう。

できることなら、食べ物の好みは近い人が良いですね。

価値観

結婚前に確認すべきことの一つに、価値観が挙げられます。
夫婦で方向性を合わせていくのはもちろんですが、譲れない考えがパートナーと合わなければ、お互いに辛い思いをするでしょう。

相手を理解するとともに、譲れない考えや価値観があり、それが合わないのであればパートナーを見直すポイントにしましょう。

協力する姿勢

結婚前に確認すべきことの一つに、協力する姿勢が挙げられます。

結婚生活には、掃除・洗濯・炊事など生活する上でやらなくてはならないことがたくさんあります。
子どもができれば、育児にも追われるようになるでしょう。

そこで、なんの協力もないパートナーと過ごすことに耐えられるでしょうか。

共に人生を歩むには、助け合うきもちが大切です。
協力する姿勢を持った人が無難でしょう。

結婚とは生活を共にすること

いかがだったでしょうか?
結婚とは何か分かりましたでしょうか?

結婚とは生活を共にすることです。
パートナーと少しぐらい考えに違いがあったとしても、まずは受け入れてみる姿勢が大事です。
そしてお互いを理解できればもう怖いものはありません。

この記事に関連するキーワード