婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月11日 更新

YOU & I ~あなたが結婚したい理由は何ですか~

30代に差し掛かると、あなたの友人や仕事の同僚がひとり、また一人と結婚していくことでしょう。

まわりの人が結婚していく中、あなたには結婚したい理由がみつからない、なぜみんな結婚するのだろう?と、疑問に思うかもしれません。

今回は、人が結婚したい理由とは何なのかということと、結婚しなかった場合の将来像についてクローズアップしていきたいと思います。

人が結婚を決断するとき

「今、お付き合いをしている人から、結婚を申し込まれたから」「これからも一緒に生きていきたいと思ったから」等、人が結婚をしたいと思う理由は様々です。

結婚を決断することは、自分の人生の中でとても重要な決断の一つですから、いろいろなことを考えながら決められると思います。

結婚を決断する判断材料として一つ加えてもらいたいことがあります。

それは、“この人と結婚したい理由は何なのか”です。

一言で言えなくても、相手に対して自分の思いのたけを口に出すことによって、結婚をしたい理由がはっきりとするのではないでしょうか。

結婚したいと思う1番の理由は孤独だから

結婚したいと思う理由の中で、独りのままだと寂しいというのが挙げられます。

結婚すれば、相手がいて、子供ができて、家族が増えます。

残りの人生、あなたの周りには家族がいます。

喜びや悲しみを共有できる相手は、かけがえのない存在ですよね。

お付き合いをして、価値観等が同じで、この人と一緒に生きていきたいと思う人があらわれ、結婚したいと思ったという理由が、何より自然ではないでしょうか。

結婚したいという理由が、はっきりしなくても、このように考えられることができたら素晴らしいと思います。

金銭的側面

結婚したい理由は金銭的側面からも伺えるでしょう。

共に働いているご夫婦だと、収入が1.5倍から2倍くらいにはなるはずです。

家屋は一人のときより、大きな家に変わらないといけませんが、家族が大勢でないなら、豪邸に住まない限り、2倍まで、家賃が上がるとはないかと考えます。

ただ、住む場所等が変わることで、地価や、その他いろいろな要因により、家賃等が急激に上がることになるかもしれませんが、光熱費等は1家庭で基本料金が取られているので、二人で生活することにより、その部分が節約できたりもします。

食費も一人よりも二人のほうが、経済的と言えるでしょう。

以上のことからも言えるように、一緒に生きていきたい人が現れて結婚しようとするときに、金銭的側面は、結婚をしたい理由の一つとして考えられると思います。

結婚したい理由が見つからないのは恵まれている証拠

結婚する理由、結婚したいと思う理由が見つからないということは、今の生活に満たされているからだと考えます。

今の生活に満たされていれば、結婚したい理由が見つからないのも無理はありません。

逆に、満たされていなければ、違う変化を求めようとするはずです。

その変化もやはり、自分にとって良いことを選ぶのは、当然のことでしょう。

結婚が自分にとって絶対的に良いこと、幸せなこととは言い切れないですが、結婚すれば、自然の流れで家族が増え、にぎやかになります。

ただ、結婚をすると自分の時間は減っていくことになるでしょう。

それだけでなく、親戚のお付き合い等、自分の中である程度我慢しなくてはならないことも出てくるはずです。

今と違った変化を求めるか、自分の気持ちを抑えるかと天秤にかけた時、今の生活が恵まれていたら、結婚したい理由は特になくなってしまいます。

今より、生活水準が低くなるのを分かっていて、それでも結婚を選ぶことは、相手と一緒にいたいという気持ちが強くなければできません。

生活水準はそのままで、相手の家族が多く、日常生活の仕事が常にあり、自分の時間が全く持てないような結婚も、相手をとても好きでなかったら、選ばないでしょう。

やはり、今の生活と、結婚後の生活を比べてしまいます。

ただし、今の満たされた生活はずっと続くとは限りません。

将来のこと

結婚したい理由がみつからないまま独身で過ごしていたとしても、これから先も、親、兄弟、友人と、今まで通り寂しくなく、満たされた生活が送れるとは限りません。

兄弟や友人もいずれは結婚して、自分の家庭を築き、生活は家庭が中心となるので、今までのような付き合いはできないのです。

同じ年の友人の子供がいくつになった等の話題が出たとき、「私も同じように子供を産んでいたら、これくらいの子供がいるはずだよね…」と感じると、ちょっと切ないですね。

もしかしたら、家庭を築き、家族とともに生活している兄弟や友人を見るうちに、結婚をしたい理由が少しずつ分かってくるのかもしれません。

また、次のところの老々介護でも、今までと同じ生活が続けられないことをお話しします。

老々介護問題

結婚したい理由は介護問題にもあります。

年数が経てば、自分も周りの人も年をとっていきます。

ゆえに、今と同じ状態の生活は続けられません。

考えたくはないですが、年齢の順番からすると、親が介護を必要となり、早ければ、兄弟も介護を必要になるという状況に直面するかもしれません。

一人っ子のケースも深刻です。

また、自分の中では、ありえないことなので考えにも及ばないと言われるかもしれませんが、自分が介護される立場にたつかもしれないのです。

年齢の順で病気等にかかるということだけでなく、事故にあうかもしれません。

結婚したい理由は将来のことを考えても自然と浮かび上がってきます。

困難に直面し、心身ともに疲れてしまっても、自分が独りで暮らしていたら、誰も自分の気持ちを分かってくれる人はいないのです。

そんな時、もしも、自分が結婚をしていて、心身ともに疲れた自分の気持ちを理解してくれる相手がそばにいれくれたなら、どうでしょう。

結婚したい理由が心に浮かび上がってきませんか?

心身ともに疲れ切っていても、理解してくれる相手がいて、少しでも話を聞いてくれるだけで、心の中だけでも救われるような気がしませんか?

心の救いの中にも、結婚したい理由が潜んでいますね。

2人の孤独は耐えられても1人の孤独は耐えられない

さらに、年数が経ち、親がいなくなってしまったときのことを考えてみてください。

兄弟がいても、もし結婚していたら、自分の家庭を中心に行動しているはずです。

兄弟が先にいなくなる可能性もあります。

友人も遠方に引っ越しして自分の周りに誰もいなくなったら?

自分が独りになってしまったら?

果たして、どんな気持ちになるでしょうか。

結婚したい理由は、まわりの環境の変化からも生まれやすいのです。

結婚をしていれば、相手が側にいます。

年齢からして、子供はもう独立しているかもしれませんし、家庭を築いているかもしれませんが、1人ではありません。

結婚したい理由は、独りではない、という安心感からもやってくるのではないでしょうか。

老々介護は、親や兄弟の話だけではなく夫婦間の老々介護もありますが、いずれにせよ2人で生活しています。

決して、1人ではありません。

心身ともに疲れたとしても、相手が側にいることに意味があるのです。

苦楽を共にしてきた相手がいての2人きりの孤独と、そばに誰もいなくて、たった独りきりになる孤独と、どちらを望むでしょうか。

結婚したい理由というよりも、結婚しなければならない状況にあるのかもしれません。

あなたが存在するのは私がいるから

結婚したい理由がみつからないまま、無理に事を運ぼうとしても良い結果は得られません。

今、ある程度自由に暮らせているのであれば、流れに逆らうことはないでしょう。

一つだけ伝えたいことは、人間というのは“相手に見られることで生かされる”ということです。

今、あなたのまわりには両親や兄弟、または、分かり合える友人がいるでしょう。

その人たちを大切にしてください。

恋人ができたとしても、大切にしてください。

結婚したい理由は、孤独を感じた時に初めて分かりますよ。

まとめ

自由な生活に満たされているままでは、明確な結婚したい理由はみつからないでしょう。

しかし、将来、幾度となく、喧嘩したり、話し合ったりして人生を歩んできたパートナーがあなたのそばにいてくれることは、何にも代えられないほどかけがえのないことです。

結婚当初のお互いの生活習慣、価値観等のいろいろな違いに、とても苦労したかもしれません。

考え方の違いを埋めるのに、何度、話し合ったことでしょう。

一度は、相手と一緒にいるのが嫌になったことがあるかもしれません。

それでも将来、結婚という出発点、そう、スタート地点から、自分は幸せな結婚生活が送れたと感じられる結婚のゴールへ一緒に歩んできた相手が、そばにいたとしたら、どうでしょう。

今の状況に満たされていて、結婚したい理由がみつからないあなたに、是非考えてもらいたいです。

将来を想像してみてください。

何不自由のない生活はいつか終わりを迎えます。

いつまでも、お互いが話し合える相手、それぞれの違いを認め合って、譲り合いを続けていける相手となら、2人きりの孤独も寂しくないと思います。

それが、結婚したい理由で十分ではありませんか。

お互いを思いやること、認め合うことができ、これから先も幸せな生活が送り、幸せな結婚のゴールへたどり着くことが出来る相手は、最良の人です。

さあ、結婚したい理由がみつからないというあなたも、素敵で最良な方と出逢い、将来の幸せな寂しくないゴールへたどり着けるような結婚をしてみませんか。

 

この記事に関連するキーワード