婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年12月19日 公開

『再婚したいバツイチ男性へ贈る!幸せな再婚をする方法』


再婚したいけどなかなか踏み込めないという男性は、沢山居ると思います。
また同じ失敗を繰り返したらどうしよう?バツイチとはいわず、バツ2なんてことにもなるかもしれない・・なんて悩んでいる方もなかには、いるでしょう。

でもそんなに心配しなくても大丈夫です。
バツイチ男性でも再婚している人なんて、世の中沢山居るでしょう?
そして再婚で今でも幸せな家庭を築いているひとも沢山居ます。

まず不安になる前に、次は失敗しない方法を模索することが大事です。
ここでは次に失敗しないため、幸せな再婚ができるような方法をいくつかあげていこうとおもいます。

再婚できる見込みってどのくらいなのだろう?

まず、再婚したいと思う男性ならだれしもがかんがえることかとおもいますが、結婚できる見込みなんてあるのだろうか?どれくらいなのだろうか?ということです。

今やバツイチ男性は特に珍しいことではなく、3組に1組は離婚しているとうデータもでているほどです。

つまり女性も男性と同じくらい離婚している人がいるということです。
なので、女性からみていくつか結婚に求める条件があてはまっていれば決して再婚できないということはなく、再婚できる見込みは充分にあるといえるでしょう。

では、どうすれば失敗しない再婚はできるのでしょう?

女性が結婚に求める条件とは何かを知る

女性が結婚に一番求めるものは、安定した暮らしができるか。
つまり安定した暮らしをするための経済力といってもいいでしょう。

ここに高学歴、高身長とあれば無敵ですが、ある程度の年齢がいくとそこまでこだわる人は多くないようです。
安定した収入があれば、バツイチ男性も再婚できる見込みは大きいでしょう。

子供を作る気があるか、ないか

子供を再婚した後に授かりたいとなると、話しは少しかわってきてしまい、相手の女性の年齢も考えなくてはいけなくなります。

今では40代の高齢出産も珍しくなくなってきましたが、子供を産んで、育てていくことを含め考えると30代半ばまでの女性を選ぶのが理想的になって来るでしょう。
30代半ばまでの女性となると初婚のケースも多く、自分の年齢が上に行くほどそういった若い女性との再婚は難しくなってきます。

ですが、逆にもう子供がいたり、子供を作る気はないという考えであれば相手の年齢の幅も広がるので選択肢も広がります。

その為、再婚できる確立も大きくなります。

また、小さな子供が居るシングルマザーは経済的な面で不安を抱えている人も多く、収入面で安定している人と再婚したいと考える人も多いうようです。

次は失敗しない!再婚がうまくいく方法

再婚するにあたって、また同じ失敗をして同じことを繰り返していては再婚する意味がありません。

再婚をするだけが目的ではないですよね?
再婚して幸せになることが大事です。
それでは再婚を失敗しないためにどうすればいいのかみていきましょう。

前回の失敗をしっかりと反省する

まず、なぜ前回の結婚はうまくいなかったのかをよく自分で知っておくことが大事です。
奥さんが家事をすることをあたりまえ、感謝をする気持ちをわすれていた。
こういったことも充分離婚となった理由になります。

離婚は二人の生活で、小さいことでも毎日すこしずつちょっとした不一致がつもっていきおこるものです。

自分には非はなかった!と言い張る人もいるかもしれません。
ですが、なんで別れることになってしまったのか良く考える必要があります。

もし、あなたが幸せな再婚を本当に望むのであれば、再婚する以前にまた同じことを繰り返し失敗しないためにも前回の反省点をいくつかあげて反省することが大事となるでしょう。

結婚前によく相手と話し合う

付き合っているときから再婚にあたってよく話し合っておくことがとても大事です。
相手に隠すことがあってはいけません。

例えば、子供の育て方、お金の管理のしかたなどもしっかり話しあいましょう。
付き合っているときは恋愛感情が先立ち楽しい理想ばかり掲げてしまいがちですが、それだとまた同じことを繰り返してしまう恐れがあります。

ましてや、子供も居る場合自分たちの考えだけではなく、子供の気持ちも尊重してあげることが大事ですね。

子供も含めて幸せでなければうまくいきませんよ。

相手の家族事情を知っておくこと

恋愛をするだけなら相手の家族事情を知らなくてもなんとかなりますが、今後結婚生活をおくるとなると相手の家族ともかかわりをもつことになります。

相手の家族の両親や兄弟はどういう人なのか、家族の雰囲気はどうなのか?など聞ける範囲で聞いておくことも大事です。

ましてや、自分は一回結婚して離婚をしている身なので、相手の家族にも受け入れてもらわなくてはいけません。
自分がどういう人間なのか相手側にもしっておいてもらいましょう。

お付き合いをしている時点で、子供はいるのか、家族を養っていけるのか、離婚相手とはお金の問題などなく、関係がきっぱり終わっているかなど隠さず話しておきましょう。

再婚してから、こんなことなら結婚しなかったのに!と言われないためにも正直にすべてを話しておくことが大事になります。

再婚相手に選ぶべき女性とは

また離婚の時と同じことを繰り返さないためにも再婚相手にふさわしい女性をみつけることもとても大事になってきます。

ここではどういう女性を選べばいいのかをみていきましょう。

育った環境が似ている人

自分と育った環境があまりにも違うと、結婚してから自分とはちょっとずれているなあ・・と感じることがあるかもしれません。

特に金銭面のことで、自分は地方の会社のサラリーマン家庭で育ってきたけれど、相手は大金持ちのお嬢様だとします。

結婚してからお金の使い方で、違いを感じお互いストレスを感じる可能性があります。

子供の育て方もそうなるとお互い意見が食い違ってくるかもしれません。
自分はお金を使わなくても楽しく生活していたかもしれませんが、相手の女性は子供のころから習い事や衣服、おもちゃにお金をかけてもらって育ってきた場合、そういうところでも意見がぶつかるかもしれませんよね。

あくまでもそうなるかもしれないという例なので一概には言えませんが、自分と似たような環境で育った人を選ぶほうがいいかもしれませんね。

初婚のときと同じようにならないような人を選ぶ

離婚したということは、相手となんらからの原因があったからですよね?
生活習慣の違いや、性格の違いなど理由はさまざまかと思います。

その理由を明確にし、同じようにならないような相手を選ぶことが大事です。
お付き合いしているときからよく相手のことを知り、前妻とおなじようなところはないか、自分と合いそうかしっかり見極めることも幸せな再婚をするためには大事ですね。

さいごに

幸せな再婚をするための方法をいくつかあげきました。
どうでしたでしょうか?

バツイチ男性も再婚できる可能性は決してひくくありません。
離婚したことで学んだこともあったと思います。

ただ、過去に縛られすぎるのではなく本当に愛する人と再婚することも大事ですね。
一生を一緒に過ごせるようないいお相手と出会えることを願っています。

この記事に関連するキーワード