婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年08月07日 更新

彼女が欲しいのにできない!その理由と解決策とは?


彼女が欲しいのに、長いこと彼女がいないと悩んでいる男性は少なくありません。

そのような男性は、なぜ彼女ができないのか、振り返って考えてみたほうが良さそうです。

ここで理由を解説していきますので、彼女が欲しいのになかなかできないのはなぜなのかを知り、またさらに解決策を知ることで、少しでも早く彼女が欲しいという願いを叶えましょう。

なぜ彼女が欲しいのにできないの?

自分からアプローチしない

彼女が欲しいと思っているだけでは、その思いが叶えられることは少ないものです。

彼女が欲しいと思ったら、何らかの行動をした方が良いのです。

近頃の男性は、自分から女性にアプローチするのが苦手で、できれば女性の方から来て欲しいと思っていることも多いようです。

確かにそうした積極的な女性も増えていますが、それでもやはり、「好き」ということを伝えたり、「付き合って欲しい」という告白は男性からして欲しいという女性は多いものです。

なかなか好きになれない

彼女は欲しいのだけれど、なかなか周囲に好きになれる女性がいない、ということもあるでしょう。

そのような場合は、「誰でもいいや」と適当に彼女を作る男性よりも、誠実でしっかりしていると言えます。

しかし、現実に自分の周りに素敵な女性がいないというのは、寂しいですよね。

好きになれる女性がいない場合でも、それは自分に合った人と出会っていないだけ、という可能性が高いものです。

それならば、もっと出会いを増やすことにより、あなたが好きになれる女性と出会えるかもしれません。

特に、仕事と家の往復だけで1日が終わってしまうという男性は、このまま待っていても、新しい出会いがあるのはいつになるか分からない、そんな不安を感じている人もいるのではないでしょうか?

ガツガツしている

早く彼女が欲しいという気持ちから、つい焦ってしまうということは分かりますが、それが女性から見て「ガツガツしている」と受け取られてしまうことがあります。

男性が早く彼女が欲しいと思ってガツガツしていると、女性は「怖い」と感じてしまい、それ以上仲良くなるどころか、避けるようになってしまいます。

それは、ガツガツしている男性と接すると、すぐに交際を迫られたり、体の関係を求められるという不安があるからです。

女性は、しっかりと男性のことを知ってから、付き合うことを決めたいと考えている人が多いものです。

それなのに、早く彼女が欲しいと焦っている男性は、女性に対してしつこくなってしまいがちです。

女性の気持ちを考えず、自分の気持ちばかりで突っ走ってしまい、「付き合おうよ!」と繰り返すことで、いっそう敬遠されるのです。

清潔感がない

彼女が欲しいなら、やはり見た目に気を遣うということも大切です。

しかし、どんなに流行りの服を手に入れても、それがチグハグだったり、着ている本人が清潔感がないということでは彼女が欲しいという願いは叶いにくくなります。

彼女が欲しいのにできない男性で、よく見られるのが、清潔感がないということです。

もちろん、おしゃれに気を配ることも大切ですが、「おしゃれ」と思う好みは、女性によっても違いますから、どのようなファッションが良いということは一概には言えません。

ただ、清潔感がないということだけは、どんな女性でも「嫌だな」とか「この人には近寄りたくない」と思ってしまうものです。

ちゃんとお風呂に入っているというだけでは、清潔感があるとは言えません。

身だしなみもきちんとしていないと、だらしなく、汚らしく見えてしまうので要注意です。

明らかに髪に寝癖があったり、カットも何ヶ月もしていないように見えたりすると、おしゃれ以前に、「小汚い」という印象になってしまうのです。

ヒゲも、おしゃれである程度伸びているという場合と、単にお手入れしていないだけの無精髭は見れば分かります。

また洋服も、シミがあったりほつれていたりなど、ひと目見て「汚い」という状態ですと、女性は寄ってきません。

女性を楽しませられない」

せっかく女性と接する機会があっても、なかなか彼女ができないという場合は、女性があなたと一緒にいても楽しくないと思っているからかもしれません。

彼女が欲しい場合は、女性と接した際に、どうしたら女性を楽しませられるのかということも考えてみましょう。

まず、話題作りも大切です。

いきなり、政治や経済の話ばかりされても、楽しめない女性は多いです。

また、一般論や噂話ばかりしている場合も、本当のあなたの気持ちや考えが分かりづらく、面白みがないと思われてしまうでしょう。

それから、ユーモアがまったくないという場合は、堅苦しさを感じさせ、女性にとっつきにくいと思われがちです。

他にも、会話は女性ばかりにリードさせ、自分はあまり話さないというのも、好まない女性が多いです。

どこかに一緒に出かけている場合なら、楽しそうに振る舞いましょう。

無表情でいたり、あまりしゃべらないでいることで、女性はあなたが楽しくないのかと気を遣ってしまいますし、それでは一緒にいても楽しくありません。

彼女が欲しい人がするべきこと

自分から誘う

待っていればそのうち女性から来てくれるのではないか、そう考えていたのに、なかなか彼女ができないのならば、やはり自分から動くしかありません。

気になっている女性に、思い切って連絡したり、デートに誘ったりしてみることが大切です。

少しずつで良いので、女性と親しくなれるように、自分の存在をアピールしていきましょう。

出会いを増やす

今周りにいる女性で、好きになれる人がいないとか、たまに出会いがあっても、どうもピンと来ないという場合、今までとは違ったパターンで出会いを増やしていくことが望ましいでしょう。

本当に彼女が欲しいと本気で思うならば、ぜひ新しい出会いを求める行動を起こしてみましょう。

今までとは違った友人に紹介をお願いしても良いですし、合コンなどもいつもとは別の友人と企画してみると、また今までとは違った出会いが生まれる可能性があります。

自分の周囲では良い出会いや紹介は期待できないという場合は、ネットで出会いを探してみるのもおすすめです。

信頼に値する恋活アプリなどを利用することで、良い出会いを見つけている人も多いのです。

攻めすぎない

男性がガツガツしているように見える言動は、次のようなものです。

・すぐに「付き合おう」と言ってくる
・「オレのどこがダメ?」など、付き合わない理由を探ろうとする
・毎日連絡してくる
・断っても、しつこくデートに誘う
・色んな女性に声をかけまくっている

このような言動をすることで、女性から嫌がられるため、彼女が欲しいのであれば、こうした言動をせずに落ち着いた雰囲気を醸し出すようにしましょう。

告白をすることや、デートに誘うにしても、やはり女性の反応を見ないといけません。

良い返事がないようなら、立て続けに誘うのはやめて、しばらく間を置くなどして様子を見ましょう。

特に、色んな女性に声をかけまくっているということは、なぜか女性にバレてしまっていることが多く、そうなるとあなたの評判が悪くなります。

彼女が欲しいからと、色んな女性にアプローチする場合でも、節度を保ち、同時進行を避けたり、友達同士の女性に次々と声をかけるのはやめた方が良いでしょう。

大切なのは、女性に「たまらなく彼女が欲しい」というあなたの気持ちを悟られないようにするため、気持ちに余裕を持つことです。

身だしなみに気をつける

人と接して、目が行く部分は特に、お手入れを怠らないようにしましょう。

髪、ヒゲはどうか、顔が脂ぎっていないかといったことや、爪をしっかり切る、洋服のヨレやシミ、ほつれなどがないかチェックしておきましょう。

デザインでない限り、洋服のくしゃくしゃのシワなども良い印象を与えません。

食べた後、口の周りが汚れていないかということや、ニオイに気を付けることも大切です。

清潔感というものが、どういうものか分からないという場合は、身近でモテている友人を参考にしたり、女性に人気の芸能人などを見て研究しましょう。

姉や妹がいるなら、出かける前に「変じゃない?」と聞いてみるのも良いでしょう。

話題を豊富に持つ

女性がどのような話題を好むのかということを知っておきましょう。

一般的には、今話題のスポットや、美味しいお店の話をすることで、女性は興味を持ちますし、「今度行ってみない?」とデートにも繋げやすくなります。

その上で、今目の前にいる女性が、どんなことに興味を持っているのかを探りつつ、それに関する話題を持ちかけるようにしましょう。

あなたが好きなことを話す場合も、女性が聞いていて面白いように、分かりやすくユーモアを交えて話をすると好印象となります。

一緒にどこかに出かけた場合には、とにかく楽しそうに振る舞いましょう。

「うわ~、面白い!」とか「これ、美味しいな~!」など、ポジティブなリアクションをすることで、女性も楽しい気持ちになれるのです。

彼女が欲しい男性の努力

ただ彼女が欲しいと思っているだけでは、なかなか彼女ができないのはある意味当然です。

黙っていても女性が次々に寄ってくるモテ男と比べても仕方がありません。

彼女が欲しいなら、今あなたにできる努力をすることが大切です。

ここに挙げた、彼女ができない理由に当てはまっていたら、解決策を見て努力をしてみましょう。

その努力は、決して無駄にはならないはずです。

彼女が欲しいという願いが叶ったら、どんなことをしようか、楽しいことを考えながら頑張ってみてくださいね。

この記事に関連するキーワード