婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月10日 更新

女性への告白を成功させるための適切なタイミングと告白の仕方

「女性に告白をしてもふられてばかり」
「女性とデートをしても、いつも告白のタイミングを逃してしまう」

そういった悩みを抱えているかた多いのではないでしょうか?

そこで今回は、告白する適切なタイミングの見極め方と告白の仕方を紹介します。

恋人を作るためには、告白は避けて通ることができません。
告白する適切なタイミングの見極め方と告白の仕方をしっかり理解して、恋人を作りましょう。

告白のタイミング

告白を成功させるためには、告白のタイミングがとても重要です。
タイミングしだいで結果が大きく変わってしまう可能性があるからです。

ここでは、どのようなタイミングで告白をすると失敗するのか、適切なタイミングを見極めるにはどうすれば良いのかを紹介します。

告白するのにNGなタイミング

好きだという感情に身を任せて、告白してしまうというのは、告白が失敗する典型的なパターンの一つです。

相手が自分をどのように思っているのかということを一切考えずに告白するというのは、相手の感情を無視しているのと同じようなものです。

告白を成功させるためにはお互いに気持ちが向き合っている必要があるので、相手のことを考えずに告白することはやめておいた方が良いでしょう。

また、「早く告白しないとほかの人に取られてしまうかもしれない」と焦って告白してしまうのも良くないパターンです。

焦って告白をしても成功するとは限りませんし、自分が相手の女性と親密なのであれば、ほかの男性に告白されても、その女性はあなたのことを考えて告白を承諾しないかもしれません。
焦って告白して玉砕するよりも、焦らずに距離を縮めていくということが重要です。

同じようなことになりますが、告白のタイミングが早すぎるのも良くありません。
たとえば、「デートをしてくれたのだから告白しても大丈夫だろう」と考えて1回目のデートで告白をするのは早すぎる時もあります。

なぜなら、1回目のデートは様子見である場合もありますし、とりあえず行ってみようという程度の気持ちであったりなど、相手がこちらに恋愛感情を持っているとは限らないからです。

また、あまり早い段階で告白をすると、「軽い男」「誰にでも告白している」というように思われてしまう可能性もあるので注意が必要です。

告白の適切なタイミング

どのタイミングで告白をすれば良いのかというのは多くの人が悩むことだと思います。

「告白するタイミングは○回デートしたあと」「出会ってから○ヶ月経ったら告白するタイミング」など、告白するタイミングが数字で表されることがありますが、これは絶対ではありません。

では、告白するタイミングはどのように見極めれば良いのでしょうか。
告白をするタイミングは、相手の女性が自分に対してどのように対応しているのかで判断すれば良いのです。

たとえば、何回かデートしているけどいつも自分から誘っていたり、相手が断ったのに替わりの日程を提示してこなかったりしたときに、「○回デートしたから告白しても良い」といえるでしょうか。

おそらく、それは告白するタイミングだとはいえないはずです。

逆に、デートに誘うといつも快く承諾してくれたり相手からもデートに誘ってくれたりするのであれば、告白してもいいタイミングだといえるのではないでしょうか。

告白のタイミングはデートの回数ではなくデートに対する相手の反応から判断するべきだということです。

また、相手がこちらに好意を持っているような素振りをみせているときは告白のタイミングだと言えるでしょう。

好意を持っているような素振りの例を挙げると、「○○と一緒にいると楽しい」「○○が彼氏だったらいいのに」というような発言があります。

恋愛についての話を聞きだそうと探りを入れてくるのも、好意を持っている反応だと考えられるでしょう。

また、告白は、デートの終盤にすると良いでしょう。

デートの終盤に告白すると決めておけば、それまでに告白のための雰囲気作りをしておくことができるからです。

また、序盤に告白して万が一失敗した場合、その後気まずいままデートを続けることになってしまうので、そういったことを防ぐという理由もあります。

告白の仕方

タイミングを見極めることができたら、あとは思いを伝えるだけです。
ここでは、どのように告白をすればしっかりと相手に気持ちが伝わるのかを紹介します。

LINEやメールではなく直接伝える

直接告白するのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、告白はLINEやメールでするのではなく面と向かってするようにしましょう。
直接言ったほうが想いは伝わりやすいですし、告白にはその場の雰囲気も重要だからです。

かっこつけない

かっこいい自分をみせるためにキザな告白のセリフを考えたり、かっこつけたりする人がいますが、告白はかっこつけるよりもシンプルにしたほうが良いでしょう。

かっこつけて回りくどいセリフを使っても、かえって気持ちが伝わりにくくなってしまう可能性があるからです。

しっかりと想いを伝える

真剣に告白するのは恥ずかしいと感じるかもしれません。
しかし、恥ずかしいからといって適当に告白をしても相手に真剣な思いは伝わりません。
恥ずかしいという気持ちはわかります。

しかし、恥ずかしさのせいで相手に気持ちが伝わらなかったら告白する意味がありません。
告白すると決めたのであれば、玉砕覚悟で、しっかりと真剣に想いを伝えるようにしましょう。

まとめ

告白を成功させるために重要なのは、タイミングと告白の仕方です。
告白のタイミングは、自分を中心に考えるのではなく相手を中心に、相手の反応を見て考えるようにしましょう。

相手がどういう反応をしたら告白しても良いのかについて紹介しましたが、人によって考え方はそれぞれですし正解はひとつではありません。

いろいろな要素を総合的に判断するようにしましょう。

女性に自分の気持ちを伝えるというのは勇気のいることだと思いますが、デートを重ねてしっかりとタイミングを見極めることができれば、真剣な思いは伝わるはずです。

この記事に関連するキーワード