婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月09日 公開

婚活成功率をあげよう!婚活で選ばれる女性になるための重要な心構えとは

今や婚活をしている女性の数が男性の数よりも多く、女性にとって婚活は厳しいものとなってきていることでしょう。
もし、あなたが婚活をしていて、「素敵だな」と思った男性がいた場合、婚活している他の女性も必ずその男性のことを「良い」と思っています。
では、あなたが婚活で出会った素敵な思った男性に選ばれるにはどうしたらよいのでしょうか。
今回、婚活の成功率を上げるために重要な心構えをまとめました。
是非参考にしてみてください。

なぜ婚活の成功率は低いのか?

女性が求める結婚相手の条件は時代と共に変化しています。
バブル期に男性に求められた条件は高学歴、高収入、高身長の3高でしたが、最近では、平均収入、平凡な外見、平穏な性格といった3平が求められています。
たしかに、以前は結婚相手の年収は最低600万以上、理想は1,000万などと言われていましたが、最近の婚活女性が結婚相手に求める年収は、理想は600万円以上、許容できる最低年収としては400万円となっています。

国税庁の調査では平均年収は420万となっており、バブル期と比べると現実的な条件であるので、ミスマッチは起こらないだろうと思ってしまいます。

しかし、この平均年収は20代から70代までを含めた数値となり、結婚適齢期である25代後半から30代前半の平均年収は370万ほどとなっています。

しかもこの平均年収は未婚既婚含めた数値であり、一般的に既婚者の方が年収が高いといわれていますので、多くの女性が足きりラインに使っている年収400万以上というのは狭き門なのです。

この条件のミスマッチにより、婚活の成功率は低いのです。

婚活成功率を上げるための心構えとは

婚活成功率を上げるには、絶対に譲れない条件を1つだけ決める

婚婚している女性は、結婚相手は「普通の男性が良い」というと思います。
その「普通の男性」とは、同世代(20代から30代)、イケメンほどではなくても清潔感のある人、年収は妥協して400万円以上、初婚でやさしい人などかと思います。
しかし、実はこのような「普通の男性」は、上でも述べたように婚活市場では「高スペックな男性」なのです。
だからと言って、一生を共に過ごす相手なので、「結婚してくれるなら誰でも良い」という訳にはいきません。
そのため、絶対に譲れない条件を1つだけ決めましょう。
求める条件が増えていくことに、対象の男性の数、つまり、結婚できる可能性が減っていくことを理解しましょう。

婚活成功率を上げるには、容姿に気を配る

婚活で出会う男性とは初対面です。
男性は女性ほど第一印象の審査基準は厳しくありませんが、外見を重要視するのは間違いありません。
もちろん中身も重要です。

しかし、第一印象で「女性としてない」と判断されてしまったり、出会った瞬間に悪いイメージで固定されてしまった場合、その中身を見てもらうまでいかなかったり、悪い印象を挽回するのに時間が掛かってしまいます。
容姿に気を配るといっても、エステやネイルサロンに通う必要は無く、姿勢を正しく保ったり、清潔感のある服装や髪型を整えたりすることです。

また、初対面の男性と話すのに緊張をして、顔がこわばってしまう人もいると思いますが、自然な笑顔でいることを心がけましょう。
愛想の良い女性を嫌いな男性はいません。

笑顔でいるだけでも男性からの印象はぐっとよくなります。

婚活成功率を上げるには、減点方式ではなく加点方式で相手のことを考える

婚活している女性は、減点方式で男性を見ていることが多いのではないでしょうか。
減点方式とは、「ここが足りていない」、「服装が好みじゃない」など、何が足りていないかを中心に考えてしまうことです。
減点方式で相手を見てしまうと、悪い部分ばかりが気になってしまい、理想どおりの人が現れない限り魅力的とは思えなくなってしまいます。

また、意識的、無意識的に関らず、相手のダメな部分を探してしまうと、上から目線になってしまい、相手が不快に感じてしまいます。

そのため、「ここがイヤ」などの減点方式ではなく。「ここが魅力的」といった加点方式で男性を見るようにしましょう。
いい部分に目が行くと、言葉も良い言葉ばかりが出てきます。

自然と相手の良い部分を褒めることができるので、相手の男性からも好感を得やすくなるので、婚活の成功率が上がるでしょう。

婚活成功率を上げるには、受身の姿勢はやめて積極的にアプローチする

10代や20代の頃は受身の女性でも恋愛は出来たと思います。

なぜなら大勢いた積極的な男性が受身の女性にアプローチしていたからです。
そのため、女性は受身でアプローチされるのを待っていればよかったのです。

しかし、20代も後半になると、その積極的な男性たちは自分にあう女性を見つけて結婚をしていきます。
そのため、残った独身男性は、自分からあまり積極的にアプローチできない、いわゆる、受身な草食系な男性です。
そのような男性は自分から女性にアプローチが出来ません。

誰から見てもモテそうな男性であっても、受身な草食系の男性の場合は、自分からアプローチしてフラれることを恐れています。

また、モテそうな男性ほどプライドも高かったりするので、自分からアプローチができない人が多いのです。
そのため、受身の姿勢でいると何もないまま30代が終わり、40代へとなってしまいます。

また、婚活の場で気になる男性がいた場合、あなた以外にもその男性を良いと思う人が絶対にいます。
その男性からの誘いを待って受身でいても、その男性からアプローチが必ずあるとは限りません。
また、アプローチがあったとしても、他の積極的な女性からのアプローチで奪われてしまう事だってあります。
女性からアプローチを受けて嬉しくない男性はいません。
気になる男性を見つけたら積極的にアプローチを行い、婚活の成功率を上げましょう。

まとめ

婚活の成功率が低いからといって、何もしないままでは婚期を逃してしまいます。
女性が余っている厳しい婚活市場の中でも成功率を上げたいと思うのであれば、結婚相手の条件をあれこれ決めない、清潔感を持った容姿を心がけて笑顔を絶やさない、相手の男性の良い部分を見つけようとする、気になる男性がいたら自分から積極的にアプローチすることを心掛けてください。
きっとあなたの婚活は成功して、素敵な男性と出会えることでしょう。

この記事に関連するキーワード