婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月18日 更新

婚活成功のプロセスを伝授!~マッチング後までの道のり~


婚活のマッチング後の話に進む前に、まずは婚活ってそもそもどのようなものがあるかを少し紹介していきたいと思います。

おそらく、最初に思い浮かぶのは結婚相談所への入会でしょう。

結婚相談所はさまざまある婚活の中でも、最も入会にお金がかかります。

しかしその分結婚相談所の中で婚活してマッチング後に成功する確率も他に比べて可能性が高く、また、信頼性もあります。

仲介役、コンシェルジュなど良い方は様々ではありますが、手厚いサポートが強みです。

近年はパソコンや携帯電話で気軽に始められるということから、婚活サイト・アプリも多数の大手企業が手掛けたりしています。

自分のペースで婚活を進められるのが特徴です。

そして婚活パーティーというのも最近増加しています。

その名の通り食事をしながらのパーティーもあれば、料理教室や習い事を活用した婚活パーティーまで、挙げたらきりがないほどの種類があります。

婚活パーティーでは、たくさんの出会いの提供やマッチング後につなげるための懸け橋として活用されています。

婚活のマッチング後に向けての準備をしていこう!

婚活でせっかくマッチングをしたにも関わらず、準備不足でマッチング後の対応が遅れてしまうのはもったいないことですよね。

そこで、婚活をしながらもマッチング後に成功を掴むための準備をしていきましょう。

婚活のマッチング後の最初の目標は直接2人きりで会う機会を設けることです。

そこに至った場合、マッチングした2人はお互いのことをよく観察しています。

そのため、社会人として、一般的な常識やマナーは身に着けておきましょう。

常識やマナーはすぐ身に付けられるものではないので、前もって準備しておきます。

婚活パーティーに参加してときのマッチングへの道のり、仕組み

冒頭でも述べたように婚活パーティーには様々な種類がありますが、全体的な流れはさほど変わりません。

あらかじめプロフィールカードに記入し、パーティーが開始したらカードを用いながら自己紹介をしていきます。

時間ごとにパートナーを変えていきます。

中にはフリートークの時間がありそこで好感をもてた人と単独や複数で会話するときもあります。

最終的にカードに順位を付けて気になった人を記入し、それをもとにカップリング(マッチング)が発表されます。

婚活パーティーには少人数制と大人数制がありますが、少人数制のほうがマッチング後の交流につなげやすいのではないかと言われています。

なぜなら、少人数の場合だと1人1人と接する時間が長くなるため、お互い印象付けることができます。

またその人のことをある程度会話で知ることで、婚活パーティーのマッチング後にもある程度情報をもって準備に進めことが可能です。

少人数が良いからと言って大人数のパーティーが悪いわけではありません。

少人数パーティーより多くの人と接することができます。

自分に合わない人もいるかもしれませんが、好感をもてる人にも会えるかもしれません。

また婚活パーティーで色々なタイプの人と会話することで、マッチング後に向けてのコミュニケーション能力の向上を目指せます。

つまり少人数にせよ、大人数にせよ、婚活パーティーにはそれぞれメリットがあり、マッチング後の準備・練習として活用できるのです。

普段ネットなどで婚活しているが、異性との会話が苦手でマッチング後の不安が大きい場合は試しに参加してみても良いでしょう。

婚活パーティーでマッチング後の流れとは?

婚活パーティーで成功したからと言って、マッチング後すぐに付きあうということではありません。

むしろ本当の婚活はマッチング後からが勝負と言っても過言ではないかもしれませんね。

婚活パーティーでマッチング後に連絡先を交換したが、何回かメールをしただけでその後が続かないケースが多いようです。

このマッチングは必ずしも一番に気になっていた人とマッチングされるわけではないのです。

複数人を候補に挙げた場合、主催者側はなるべく多くの人がカップリングできるように調整しています。

それでは婚活パーティーでマッチング後どうすればよいのでしょうか?

正解はありませんがその場ですぐにお互い会話をし、そのあとどうするのでしょうか?

いずれにせよ、次に繋げる行動をとっていかなければなりません。

婚活パーティーの最中にあらかじめマッチング後につながる話題をしておくのもひとつの工夫ですね。

例えば、お酒の話や趣味の話など具体的な内容です。

婚活パーティならホワイトキーがおすすめ

ホワイトキーの詳細はこちら

婚活パーティー以外の婚活のマッチング後の流れについて

婚活パーティーの参加者は、結婚相談所や婚活サイトに登録している人もいればそうでない人も含まれています。

特に結婚相談所では入会金などが高額になるのに対して、婚活パーティーでは1回あたりの参加料は抑えられているため、気軽に参加できるのが特徴です。

結婚相談所や婚活サイトの多くは有料の登録費を払いながら登録しているので、真剣に結婚を考えている人たちと出会うことができます。

これらの婚活ではマッチング後もサポートがあったり、仲介があったりします。

では、次の章で詳しく説明しましょう。

結婚相談所によるマッチングサービス、マッチング後のルールとは?

結婚相談所の婚活のマッチングサービス、マッチング後の流れをご説明していきます。

結婚相談所には大きく二つに分けられます。

完全に仲介役の人が中心に婚活を進めていくパターンと、相談所に登録している人の情報を提供し、マッチングできそうな相手を検索システムを使ってサポートする場合があります。

仲介型の婚活では、仲介人が双方に合うような人を紹介し、そこでお互いが会いたいとなればそれが最初のマッチングとなり、マッチング後1度お見合いをしてみるという流れになります。

仲介型の婚活では、マッチング後もお見合いを再度セッティングしてくれるなど、手厚いサポートがあります。

仲介型では面談やカウンセリングによりその人に適した相手を仲介人が紹介してくれます。そのため婚活においてマッチング後も成功する可能性が高いのです。

仲介型の結婚相談所のおすすめはこちら!

ツヴァイの詳細を見てみる

データ型の結婚相談所では、仲介人はいないことがほとんどですが、登録している会員の規模が大変大きいのが特徴です。

膨大な会員の情報から条件がマッチする人を検索することができます。

つまりデータ型の婚活では検索をかけてみて、マッチング後にいくつかの候補を挙げられる可能性があるのです。

検索をかけてマッチした人がどんな人なのかをプロフィールを見ながら比較、考察することができます。

データ型の婚活はマッチング後にその人にアプローチ、連絡をとるかどうかはその人次第になります。

そのため自分のペースで進めていきたい人におすすめでしょう。

データ型の結婚相談所のおすすめはこちら!

オーネットの詳細を見てみる

婚活サイト・アプリによるマッチングサービス、マッチング後のルールとは?

婚活サイトはサイトごとに婚活のサポートなどサービスにバラつきがあり、自分に合ったサイトを選ぶ必要があります。

中には悪質なサイトも潜んでいるので注意してくださいね。

あるサイトでは、価値観診断によるマッチングがあり、価値観の合うかどうかをメインにマッチングしていくものもあります。

婚活サイトはそのサイトに登録している人のプロフィールを見て気になったら、その人にサイト上で“いいね”を送るなど、アプローチすることから始まります。

そこで相手からもレスポンスがあればマッチングということになります。

そこで初めて、相手とメッセージのやり取りが可能になります。

婚活サイトでマッチング後の連絡は、まずはそのサイト上で行っていくのです。

サイト上でのやりとりなので、うまくいかないと途中でメッセージのやり取りが途絶えるということになりますが、あまり気を落とさず、気持ちを切り替えていきましょう。

婚活サイトなら大手が運営するブライダルネットがおすすめ!

ブライダルネットの詳細を見てみる

まとめ

婚活パーティー、結婚相談所、婚活サイトなどをメインに扱いましたが、それぞれによってマッチングの定義が違うため、マッチング後の方針もそれぞれ違います。

婚活が成功するかどうかは、マッチング後にその人とどう関わっていくかにかかっています。

婚活はマッチング後が最も重要なポイントであり、最大の難関と言えるでしょう。

この記事に関連するキーワード