婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年08月22日 更新

社会人の出会いの方法徹底分析!出会いを増やす22の必勝法

「社会人になった途端、出会いが少なくなった」
「出会いを増やしたいけど時間がない」
「出会いが全くない状況で、どうしていいかわからない」

日常のなかで“出会いがない”と感じている社会人は、とても多いです。

確かに社会人は忙しく、学生時代に比べて“単調な毎日”に陥りやすいのかもしれません。
出会いがない社会人が、恋人を作るためにはどんな行動が必要なのでしょうか?

ピンチ!「出会いがない」のは社会問題

社会問題

恋人が欲しいのに出会いがない。
社会人になってから、恋人の作り方がわからない。

独身で恋人がいない社会人にとって「出会いがない」は永遠の課題。
彼女が欲しい・彼氏が欲しいと思ってはいても、とにかく出会いがないのだから、どうしようもない。

実は、恋人がいない悩みを抱える“出会いがない社会人”は、かなりたくさんいます。

恋人がいない人の割合は?

未婚率の上昇、晩婚化、生涯独身者の増加。
社会人に出会いがないことは、もはや社会問題です。

国勢調査(出生動向基本調査)によると、「交際している異性はいない」と回答した男女の数は、年々増加傾向にあります。

最新の調査では、18歳から34歳の未婚者のうち、恋人がいない女性は、全体の59.1%。恋人がいない男性は、なんと69.8%でした。

▼恋人がいない社会人はどれくらい?

未婚男女の交際状況グラフ

日本全国の未婚の独身女性のうち、5人に3人は彼氏がいません。
さらに、男性はほぼ4人に3人の割合で、彼女がいないのです。

恋人がいない男女には、それぞれの理由があるでしょうが、「社会人が出会いに悩んでいる」ということを示しているとも言えるでしょう。

社会人に出会いがない理由

雑踏の中の社会人
社会人が「出会いがない」と感じる理由はいくつもあります。

まず、社会人になって自由な時間が少なくなったこと。
学生時代は、あれこれ活動しなくても、自然と知り合いが増える機会がありました。
しかし、社会人になった途端に自由な時間は減ってしまいます。
仕事に精いっぱいで、出会いを求める余裕がなかったという人も多いでしょう。

また、毎日同じ行動を繰り返していることも、社会人に出会いがない大きな原因です。
朝起きて、仕事に行って、帰って、眠る。
この繰り返しになってはいないでしょうか。
生活リズムに変化がない社会人生活を日々ループしているだけでは、新しい出会いがないのは当然のことです。

職場に同世代の異性がいないという社会人も、致命的です。
女性ばかりの職場や男性ばかりの職場で、職場での出会いに期待できないと感じる社会人は多いです。
また、オバサンばかり・オジサンばかりで恋愛対象になる同僚がいないという悩みを抱える人もいるでしょう。
仕事以外の時間で積極的に行動しなければ出会いがなく、恋人ができないのも無理はありません。

出会いの方法がわからないという原因もあるでしょう。
学生の頃は、同じ学校の仲間・サークル仲間・バイト仲間などいくつかの交友関係があり、人付き合いは自然と展開されていくものでした。
イベントや合コン、コンサートや飲み会など、“なんとなく興味がある場所”にふらっと足を運ぶ時間も自由だったからです。

社会人になったら、自分で出会いの方法を開拓しなければなりません。
よほどアグレッシブな性格でない限り、社会人が出会いを増やすのには努力が必要です。

解決!社会人が異性に出会う方法【22】

出会いに成功した社会人
社会人になって、新しい出会いを求めるならば行動あるのみ。
出会いのパターンはいくつもあり、社会人の出会いの方法は無限に広がっています。

どんな恋人が欲しいか。
どんな交友関係を広げていきたいか。

実際に「社会人になってから出会った恋人ができた」というエピソードを参考に、出会いのきっかけを探ってみましょう。

社会人の出会い【友人の紹介】

出会いが少ない社会人は、知人・友人からの紹介で付き合うパターンが多い様子。
あなたの性格をよく分かってくれている、信頼できる友人からの紹介は信頼できますよね。

事前にしっかりとあなたの好みを伝えておくと、出会いの精度が高まります。

営業職(29歳/男性)
職場には女性がほとんどいないので、保育園で働いている学生時代の友人から、保育士の女性を紹介してもらいました。
会う前にLINEを交換して連絡を取り合い、数日後には二人で飲みに行って、3回目のデートで付き合うことになりました。

社会人の出会い【職場】

仕事が忙しくて時間がないという社会人の方は、“職場恋愛”はいかがでしょうか?
同じ職場であれば、プライベートの時間を調整しやすいことがメリットです。

職場で顔を合わせることができますから、お互いに忙しくて何ヶ月も会えないといったことは防げます。

職場恋愛は、ドラマ気分のドキドキを味わえる、刺激的な恋愛のひとつです。

経理事務(20代/女性)
他部署との合同飲み会がキッカケで、同じ職場の一つ年下の彼と付き合っています。
仕事で関わることはほとんどありませんが、たまにオフィスで見かけたり書類で名前を見つけたりすると嬉しくなります♪

社会人の出会い【マッチングアプリ】

空いている時間を有効活用して、気軽にサクサク出会いを増やしたいなら、マッチングアプリの利用がおすすめです。

マッチングアプリは恋愛に発展するまでのドキドキを楽しみたいという方にはもってこいの出会いの方法だと言えるでしょう。

「恋活アプリなんて若い人のものでしょ?」と思う人もいるかもしれませんが、実はマッチングアプリは社会人の利用者数もとても多いんです。

アプリ内の恋愛診断が好評の【with(ウィズ)】や位置情報を利用した地域性の高いアプリ【CROSS ME(クロスミー)】など、新しいアプリが次々とリリースされているのは、マッチングアプリの需要が高い(=利用者が多い)証拠だと言えるでしょう。

エンジニア(33歳/男性)
はじめは真剣な恋愛に発展する出会いは期待していなくて、飲み友達が出来たらいいなくらいの軽い気持ちでした。
いくつかのアプリを登録しましたが、今の彼女と付き合うことになって、マッチングアプリはすべて退会させられました(笑)

社会人の出会い【合コン】

合コンをセッティングしてくれる人が身近にいると、心強いですよね。
共通の友人を介した飲み会は、出会いのチャンスを広げやすい方法です。

友人の人脈を通じて、自分だけでは知り合うことのなかったような異性とも知り合える可能性が生まれます。

あらかじめ共通の知り合いがいるということは、どんな人柄なのかを知ることができ安心感があるのも良いですね。
共通の友人が一人もいない関係と言うのは、相手のバックグラウンドを理解するまでまでに時間がかかるものです。

看護師(20代/女性)
たくさん合コンを企画してくれる先輩のおかげで、多い時には月に10回くらい合コンしてました!
私は看護師で、夜勤シフトもあるのですが、今の彼は平日休みもとれる仕事をしている人で、デートの日程も合わせてくれる、とても優しい彼です♪

社会人の出会い【街コン】

街コンは、行政など公の組織が開催しているイベントも数多くあります。

「出会うなら、地元に住んでいる人が良い!〇〇市に住んでいる人がいい!」というような、地域性に特化した条件がある人にとって、地域に根差した街コンイベントなら、理想の出会いを求めやすいと言えるでしょう。

交友関係を広げるためには、街コンはおすすめの出会いのひとつです。
婚活パーティーほど“結婚”を強く意識しなければならないものでもなく、一度にたくさんの異性と知り合うことが出来ます。

幼稚園教諭(27才/女性)
公立の幼稚園で働いており、地元の企業で働いている社会人男性と出会いたいと思って街コンに何度か参加しました。
いい出会いのない街コンもあったのですが、知らない居酒屋などの開拓もできるので何かしらの収穫はある感じです!

社会人の出会い【婚活サイト】

結婚につながる、真剣な恋愛がしたいと考えるなら、婚活サイトの利用がおすすめ。

ネット婚活で出会った相手を本当に好きになれるのか・結婚できるかどうか、不安に思う人もいるでしょう。
しかし、婚活サイトは「出会い方」のキッカケにすぎません。

知り合って連絡を取り合い、デートをして相手のことをより知っていく…という流れは、他の出会いと何ら変わらないのです。

出会う前から相手のスペックを知ることができ、また希望の条件で相手を絞り込むことも出来るのでかなり効率のいい出会いだと言えます。

婚活サイトは、マッチングアプリと違って女性会員もお金がかかります。
おすすめはブライダルネットです。

男性も女性も同じ料金を払う仕組みだから、恋愛と結婚を真剣に考える男女だけが集まっていると好評です。

看護師(31才/女性)
職場では出会いがないので、婚活サイトに登録しました。
仕事が忙しいので、空いてる時間でちょこちょこスマホいじってる感じです。登録審査があってプロフィールに嘘がないので、安心して会えます。

婚活サイトの選び方はこちら▼

(関連記事)おすすめ婚活サイト30社を徹底比較

社会人の出会い【婚活パーティー】

婚活パーティーでは、結婚相手を見つけたいという人が出会いを求めて参加しています。
単に恋愛相手を探したいという人よりも、遠くない将来に本気で結婚したいと考えている人にはおすすめの出会いの方法です。

声をかけられるのを待っているだけではなく、なるべく積極的にコミュニケーションを取ろうという意志を持つことが大切。

一度にたくさんの異性と出会うため、いかに相手の印象に残ることが出来るかどうかが勝負のカギです。

自営業(40代/男性)
仕事関係では女性と出会うキッカケがほとんどないのですが、40歳になって初めて婚活パーティーに行きました。
初参加のときには友人と参加しましたが、ひとりで行く方がおすすめです。40代限定のパーティーだったので、年代の近い女性と知り合うことが出来、順調に交際を進めています。

社会人の出会い【婚活バー】

婚活バーは、相席居酒屋のようなスタイルで、知らない異性とマッチングされてお酒を飲みながら出会うことが出来る、新しい婚活方法のひとつ。

シングルズバー・婚活居酒屋とも呼ばれます。

少しお酒が入った方が、異性とコミュニケーションを取りやすくなるという人にとっては、効率のいい出会いの場でしょう。
予約なしで気軽にパッと入れる居酒屋風の場所もあれば、会員制・完全予約制の敷居の高いバースタイルの場所もあります。

IT系勤務(24才/女性)
職場でもまあまあ出会いはありますが、異業種の方と出会いたいので婚活バーに行ってみました。
バツイチの方や40代の方など、オトナの男性が多かったですね。

社会人の出会い【同窓会】

高校時代・大学時代などの同窓会に参加することも、出会いの場のひとつと考えることができます。

かつての級友と時を経て再会することで、恋愛に発展するケースは少なくありません。
時空を超えた出会い…というと大げさですが、あの頃には気付かなかった出会いがあるかもしれないと考えると、ときめきを感じる人もいるのではないでしょうか。

恋愛ドラマなどでは、同窓会で元恋人と再会して恋が始まる、というエピソードは鉄板!

当時、好きだったのに告白出来なかった異性に、今なら言えそう!ということもありますし、再会したら素敵に成長していて一目惚れしてしまった、ということもあるでしょう。

気心が知れた旧友同士、思い出を共有し合えるという点でも安心ですよね。

小学校教員(30代/男性)
学生時代に同じ夢を追っていたクラスメイトと同窓会で再会し意気投合。
仕事の愚痴や悩みを話し合ううちに付き合うことになりました。学生時代にはまったくそういう対象で見たことがなかったのに、不思議です。

社会人の出会い【お見合い】

お見合いは、結婚相手を見つける方法のなかでも最もオーソドックスな方法です。

お見合いと言うと、獅子脅しがカコーンと鳴るような日本庭園で…というような堅苦しいイメージを持っている方も多いでしょうが、現代のお見合いはそこまで形式ばっているものではありません。

身内や知人の紹介を経て異性と対面する場を設けてもらうものを「お見合い」と呼ぶなら、まだまだお見合い結婚の数は少なくないのです。

結婚願望が高い方であれば、お見合いから始まる真剣恋愛で結婚へ、という流れもひとつの方法でしょう。

自営業(39歳/男性)
職場の取引先の方が仲人になっていただいて、知り合いました。
私は写真だけで一目見て気に入りましたが、彼女は2回目のデートで決心がついたと言っていました(笑)お互いに結婚する気でいたので、とてもスムーズでしたね。

社会人の出会い【結婚式の2次会】

社会人になると、友人や知人の結婚式に招かれる機会も増えます。
挙式・披露宴だけでじゅうぶんかな…と思う方も多いでしょうが、ぜひ結婚式の2次会まで参加してみましょう。

ハッピーな雰囲気が漂いあたたかいムードの結婚式2次会では、初めて出会う異性に対しても心を開きやすくなっているということから、出会いに繋がりやすいと言えます。

また、その日結婚した夫婦を通じて出会った共通の知人同士ということで、その夫婦や友人達の協力を仰ぎやすくなったり、安心感が持てたりといったメリットもありますね。

事務職(27才/女性)
新婦に結婚式の2次会の幹事を頼まれたのですが、新郎側の幹事だった男性と仲良くなって付き合ったことがあります!
打ち合わせで何度か会ったりするし、新婦も「くっついたらいいな」と思って私たちをアテンドしたらしいです笑

社会人の出会い【異業種交流会】

ビジネスで活躍の幅を広げたい社会人たちが積極的に参加している異業種交流会。
ここでも、異性との出会いを意識した参加者は少なくありません。

異業種交流会というだけあって、普段の日常生活ではなかなか知り合う機会がない職業の異性と出会える可能性があります。

あなたの仕事に関心を持った人が、ひいてはあなた自身に興味や好意を抱き、異性として親しくなれるということもあり得るのです。

同年代限定で開催される異業種交流会などもあり、雰囲気は街コンや婚活パーティーにも似ています。

メーカー勤務(25歳/男性)
異業種交流会って意識高い系ばっかり来ると思ってたんですけど、そうでもないです。
会社の先輩にすすめられて、先輩と2人で参加しました。
職場には年上の女性が多いので、同年代の女性と仕事の話ができてうれしかったですね!会話が盛り上がって、LINEを交換しました。

社会人の出会い【結婚相談所】

結婚を前提にした真剣な出会いしかいらない!という方は、結婚相談所の利用がおすすめです。

マッチングアプリや婚活サイトに比べても、会員の本気度は段違い。
会員の結婚願望が高いことから、より成婚率の高い出会いの手段です。

派遣社員(26才/女性)
20代で結婚相談所に登録するって早すぎるかなーと思ったんですけど、20代割引とかあるので早い方が安く利用できます。
ぶっちゃけ私は非モテですが、結婚相談所では若いっていうだけでたくさん連絡がもらえます。

ツヴァイの【恋愛傾向診断】は無料で試せる、婚活テストです。
ほんの2.3日で結果が届くので、お試しの価値あり。

社会人の出会い【学生時代の友人と出会う】

社会人の出会いで意外と多いのが、学生時代からの付き合いがある友人と付き合うケース。

学生時代から交流がある人なら連絡も取りやすいですし、一から関係を築く必要もないので効率的かもしれません。

なにげなく集まった飲み会がキッカケで、仕事の愚痴や学生時代のバカ話で盛り上がっているうちに、交際に発展するようです。
意外なところに出会いが転がっているという典型例です。

接客業(26歳/男性)

今の彼女は、学生時代からの腐れ縁。
一緒に寝ても何も起こらない間柄だと思っていたんですけど…何が起こるかわからないですね(笑)

社会人の出会い【仕事の取引先の人】

仕事の取引先と言えば、あくまでビジネスの関係。
恋愛関係を意識したことがないという方も多いかもしれません。

しかし、接待やら打ち上げやらで、一緒に飲みに行く機会もあるものです。
業務を越えて、親密な関係に発展することもあるようです。

メーカー勤務(31才/女性)
今の彼はもともと取引先の会社の人でした。初めて出会ったのは、先輩に同行した商談です。
私のひとめぼれで、会食が終わったあとに個人LINEを聞いちゃいました!

社会人の出会い【語学教室】

社会人の習い事の中でも、王道なのが英会話教室。
近年では、中国語や韓国語などのアジア圏の語学教室も人気があるようです。

語学を学ぼうとする人の多くは、仕事に生かしてスキルアップをはかりたい・人生の幅を広げたいというような、志を高く持っている人が多く見受けられます。

共に学び合う生徒同士でアドバイスを求め合うなど団結しやすく、良い出会いが期待できそうです。

外資系営業(30歳/男性)

外資系企業で働いていても社内でのコミュニケーションは日本語。別に不便はしていなかったのですが、キャリアアップのために英会話を習い始めました。
レッスン後に同じクラスの何人かで軽く飲みに行くのが恒例になり、今では休日に集まる仲間です。いい出会いになりました。

社会人の出会い【スポーツジム】

仕事の後や週末に、趣味で体を動かす人は多いでしょう。
なかでも、スポーツジムに通う社会人はとても多いです。
運動をすることでストレスを解消する人もいれば、体型維持やダイエットのために通っている人もいるでしょう。

ほとんど男女の偏りがないことが多いですから、出会いの場としてアリかもしれません。

事務職(24才/女性)
はじめは、運動して汗かいてるところを男性に見られるのはちょっと抵抗ありました。でもしばらく通ってわかったことは、運動中に異性の目なんて気にしてられないってことですね(笑)
だから、数か月前に今の彼氏から声をかけられたときはびっくりしましたね!

社会人の出会い【料理教室】

料理教室は、ちょっと高度な出会いの場のひとつ。

女性ばかりが通っていると思われがちですが、最近では、男性でも料理の腕を上げたいと料理教室に通う人もいますよね。

料理は人柄が出ます。
レシピに忠実で細かい人、手先が器用な人、片づけをしっかり手伝う人、重たい鍋を持ってくれる人など、「人間観察」がしやすいので気になる異性がどんな人なのかを見ることが出来るのもおすすめポイントのひとつです。

小売業(26歳/男性)

社会人になって出会いがなかったので、ぶっちゃけ出会い目的でチケット制の料理教室に登録しました。
ひとりで参加してる女性がいれば自然と仲良くなるし、料理の腕も上達するし、かなり充実してます。

社会人が出会いを増やすためにするべきこととは?

積極的に時間を作って、出会いの場に繰り出すことも、もちろん大切。
しかし、それ以前に心構えを意識するだけでも出会いのチャンスは広がります。

出会いのコツは毎日のループから抜け出すこと!

全く出会いがないように思える社会人の日常でも、出会いはあります。
私たちは、なかなか気が付きにくくなっているのかもしれません。

社会人だから出会いがない!と諦めてしまうのではなく、まず行動してみましょう。

社会人が出会えないのは時間のせいではなく、行動が固定されてしまっているせいです。
一度、重い腰を上げて行動にうつしてみると、一気に世界が広がります。

毎日のループから抜け出し、出会いの幅を広げてみましょう。

社会人の出会い「寄り道をする」

社会人に出会いがないのは時間がないからではなく、毎日同じことを繰り返しているから。
帰り道に、ちょっとした寄り道をするだけで、毎日の繰り返しから脱却できます。

まずは、毎日同じことを繰り返すことを、防ぐようにしましょう。

ひとりでも入れそうな居酒屋、小料理屋、バーを探して、思い切って入ってみるのはどうでしょうか。

また、飲食店でなくても雑貨屋さんなど、自分が気になる場所に赴くようにしましょう。
ちょっとした寄り道をすることで、出会いのチャンスは増えるものです。

社会人の出会い「誘われたら断らない」

誘われたら断らないようにすることも、出会いを増やすためには大切なことです。
誘われたお誘いには“極力、予定を合わせて参加する”こと。
これが大切です。

「あいつは呼んでもどうせ来ない」と、一度そう思われてしまうと、イメージを覆すことは難しいです。

フットワークが軽いと思ってもらえることは、かなり有益。
次の集まりにも誘われやすくなるため、出会いの幅がどんどん増えていきます。

この記事に関連するキーワード