婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年08月03日 更新

独身生活に終止符を!あなたが独身のままな7つの理由と解決策

独身生活が長くなってしまった男性は、早く結婚したいと思いながらも、どうしたら良いのか分からないまま途方に暮れているという人もいるかもしれません。

もしあなたが、現在独身で悩んでいるのなら、結婚できない理由を考えてみたことはありますか?

理由を考えてみても、なかなか分からなかったり、本当にその理由のために独身が続いているのか判断ができなかったりはあると思います。

そこで、独身生活とサヨナラしたくて悩んでいる男性にありがちな、結婚したいのにできない理由を探ってみました。

「なんで自分が独身なのか分からない」と思っている男性は、参考にしてみてくださいね。

独身のまま残ってしまう原因とは

若い頃は結婚について、それほど真剣に考えていなかった男性も、だいたい30歳を超えたあたりから、「そろそろ独身のままではまずいのでは?」と考え始めることも多いようです。

そのきっかけとしては、周りの友人たちがどんどん結婚していることだったり、両親から「いつまで独身でいるの?」と問われたりなどといったことが多いと思います。

また、あなた自身の仕事が軌道に乗り、収入も安定してきたということで、そろそろ結婚しても大丈夫という自信が出て来たり、若い頃の遊びたいという気持ちも一段落して、生涯をともにするパートナーを得たいと思い始めたりする男性も多いでしょう。

他にも、以前付き合っていた彼女と別れてしまったことをきっかけに、「もう別れを経験するのは嫌だな」という気持ちになり、「次に出会った女性とは結婚して、独身生活はもう終わりにしたい」と考えることもあるようです。

そんな様々なきっかけで、独身貴族は終えるという決意はできているのに、肝心の出会いがなかったり、女性と出会ってもなかなか結婚する流れにならなかったりすると、今度は焦りが生まれてきますよね。

結婚したいという気持ちが空回りしている人は、どんなことが理由で独身生活が続いているのか、これを機に振り返ってみてはいかがでしょうか?
独身男性であるあなたは、以下のような理由に当てはまっていませんか?

独身の理由「女性からのアプローチを待っている」

この頃の男性では、自分からなかなか女性にアプローチをしないという人も増えているようです。
しかし、多くの女性の本音としては、やはり男性からアプローチをしてきて欲しいと思っています。

結婚に関しては、多くの女性において、「自分からプロポーズするよりは、男性から結婚をしたいと言って欲しい」という気持ちが強くなっています。

今までお付き合いしていたのに、なかなか自分からプロポーズをしなかったことが理由で振られてしまったという経験をしている男性も多くいます。
そして、女性が本音を言わなかったために、その理由に気付いていない男性も、実は多いのです。

もし、気になった女性がいたら、やはり自分から積極的に親しくなる努力をしたり、お付き合いがうまく行き、結婚を意識し始めたら、自分からプロポーズするという気持ちは大切なのです。

男性らしく、カッコ良くリードして欲しいですね。

独身の理由「実家暮らしで甘えている」

独身が続いてしまう理由として、実家暮らしであるということも考えられます。

実家で暮らしていると独身のままとなってしまう、というわけではありませんが、実家で暮らしていることにより、どこか両親への甘えが見えてしまうと、女性はなんとなく「この人との結婚はちょっと・・・」とためらってしまうことがあるのです。

特に、母親に甘えていることで、「マザコン」だと思われてしまうことも大きな理由になります。
女性は、マザコンの男性とは絶対に結婚したくないという人がほとんどですから。

そして当の男性は、自分が家族に甘えていることが女性にバレていることや、マザコンだと思われていることに気付けないことが多いものです。
そのため、自分では「どうしてずっと独身なのだろう?」と疑問を抱えてしまうのです。

若い頃の実家暮らしはまだしも、30歳を超えても実家で暮らしている男性は特に、生活面や金銭面で親に甘えていないかを自分自身で振り返ってみましょう。
そうした甘えが、あなたの言動から周囲の女性に悟られていることが、独身の理由となっているかもしれません。

独身の理由「お金がない」と言っている

たとえお付き合いしている女性がいても、また新たな出会いがあっても、なかなか結婚にたどり着けない男性は、あなたの発言や振る舞いが理由となっていることは大いにあります。
たとえば、しょっちゅう「お金がない」と言っている男性と、結婚したいと思う女性は少ないでしょう。

あなたが「お金がない」と言うことで、デートしても女性は気を遣ってしまいますし、ときには「私が出そうか?」と言わせてしまっているのではないでしょうか?
そういうことが続いていれば、経済力のない男性、あるいはケチ、はたまた金銭管理ができていない人、と見なされて、結婚どころか、あなたと疎遠にしたいと思ってしまう女心に気付いて欲しいと思います。

また、デートのたびに「お金がない」と言っていると、女性は「私のこと、あまり好きではないのかも」と考えてしまうことも多いです。
これが理由かもしれないと思い当たった男性は、今後は女性の前で「お金がない」と口走らないように注意しましょう。

独身の理由「身なりを気にしない」

「中身で勝負したい」と考える人も多いですが、最低限、相手に不快感を与えないように清潔にするとか、身だしなみには気を遣ってもらいたいものです。
不潔な感じがする男性とは、結婚したいとは思わないはずです。

それ以外にも、あまりにも「おしゃれ」を意識しない雰囲気は、女性から敬遠されてしまうこともあります。

自分はファッションのことは分からない、という人も、女性と会うときには、少しでも自分を良く見せようという気持ちを持ってみてください。
ネットやファッション誌で勉強したり、ファッションに詳しい友人にアドバイスを求めるのも良いと思います。

女性に「一緒に歩くのが恥ずかしい!」と思われてしまっては、出会って恋愛に発展することも難しくなり、独身のままとなってしまう可能性が高くなるので、たかが身なりと思わずに自分を磨くことも大切にしてみてください。

独身の理由「女性の話を聞かない」

あなたがもし、独身が長く続いていると悩んでいるとしたら、女性と会話しているときのことを思い出してみましょう。
実際に顔を合わせた会話にとどまらず、メッセージ交換や電話も含んで考えてください。

その際に、あなたは女性の話をちゃんと聞いているでしょうか?
もしかして、「俺が、俺が」と自分の話ばかりになってしまっていませんか?
女性は、会話をとても大切にします。

そのため、言葉のキャッチボールがしっかりとできない男性とは、「私とは相性が合わない」と判断して、それ以上関わるのをやめてしまうことも多いのです。

また、女性が話しているときに、相づちをしっかりと打ってあげることも大切です。
それがないと、女性は「私の話をちゃんと聞いているのか分からない」と、不安に感じたり、不快に思ったりしてしまいます。

女性の話を途中で遮って、自分の話にすり替えたりするのは最悪です。

いつもそのような感じなら、女性はあなたとの会話を楽しめないために、それ以上深いお付き合いができなくなっているのでしょう。
女性の話をしっかり聞けないということは、独身が長い大きな理由となりますので、会話を疎かにせずに、ぜひ意識してみてくださいね。

独身の理由「結婚相手の探し方が間違っている」

独身で「結婚したい」と悩んでいる男性は、そもそも結婚相手の探し方が間違っているということが理由となっているかもしれません。

たとえば、結婚相手を見つけたいと思いつつも、手っ取り早く女性と関わりたいばかりに、キャバクラばかり行っていたり、気軽な出会い系ばかり利用しているといったことはありませんか?

キャバクラや出会い系で、真面目な結婚を考えている女性と出会うことは、難しいことです。

あなたによほどの財力があるなど、何らかの大きな魅力があれば、女性をその気にさせられるかもしれませんが、結婚相手を見つけたいならば、やはり結婚を意識している女性との出会いを考えないといけないのです。

特に、独身歴が長い男性で、早く結婚したいと考えている人は、また一から自分で出会いを探して、恋愛期間をしっかりと数年設けて愛を育んで・・・ということもしんどいことだと感じていませんか?

それであるならば、結婚したいと思っている女性と出会える場所で、出会いを探すべきなのではないでしょうか?

独身の理由「縛られたくない、自由な時間が欲しい」

友達の結婚式に出席して、ひとり身の寂しさを感じて「結婚したいな」と思う反面、
「結婚したら、自分一人の自由な時間が減ってしまう」。
こう考えて結婚に踏み切れなくなっていませんか?

特に、既婚者の話を聞いていると、
家計の柱は夫なのに、主導権はなぜか妻に握ぎられているとか、
「隣で寝てると、いびきがうるさいって言われるんだよ」とか
「俺なんて、食洗機扱いさ」なんて愚痴を良く耳にします。

好きな女性と一緒に暮らしているのは、うらやましいと思いつつも、
こんな愚痴を聞かせられると、「やっぱり、自分の自由な時間は間違いなく減るんだな」と思ってしまい、結婚したい気持ちと自由な時間を天秤にかけて、
このまま独身でも…と思ってしまうことが、いままで結婚しなかった理由になっていたりするのです。

結婚したら、誰でも、時間やお金や遊びなど、自分ひとりの自由は制約されるものです。
でもそれは、男性に限った話ではありません。

お付き合いしているときから、「これはどうしてもひとりでやりたいことなんだ」という事を、お相手の女性にも理解してもらえばいいのです。
もしくは、あなたが今まで楽しんできたものを、お相手の女性と一緒に楽しめればいいのではないでしょうか。

結婚したからと言って、失うものばかりではないことはわかっているはず。
結婚したらしたで、夫婦で一緒に経験できるさまざまなことがあります。
楽しいことは、2倍に、辛いことはふたりで半分ずつ分けることができるのです。

それに、子供が生まれたら、その成長とともに、独身では絶対に経験できなかったことを経験できます。
あなたが親になることで、あなたの両親に対する気持ちも、独身のままでは感じられなかった思いも生まれるでしょう。

確かに、一時的には独りの有意義な時間は減ってしまいますが、
それを埋めるだけの新しい時間が、結婚には間違いなくあるといえます。

理由を突き止め、独身生活にピリオドを

結婚したいのにいつまでも独身だ、と嘆いている男性にありがちな理由について見て来ました。
あなたにとって、「これが独身の理由かな?」と当てはまる項目、またはそれに近いと考えられるような理由はありましたか?

独身であるだいたいの理由が分かれば、「もう独身でいいや」と早々に諦めてしまうことはありません。
理由となっている事柄を、どう変えていくかに意識をシフトチェンジすることができるはずです。

もう、悩むことはやめて、そうした独身の理由を払拭するべく、前向きに結婚に向けて行動をしていくことが大切です。
そうすれば、思ったよりも早く、独身生活にピリオドを打てる日が訪れるかもしれませんよ。

この記事に関連するキーワード