婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年05月28日 更新

36歳独身男性、結婚を前提に女性と交際する方法。


36歳前後、独身男性、今のところ彼女なし。

周りは、次々と結婚していく。

親しい友人であればあるほどうらやましい。

なんだか裏切られたような、どんどん取り残されていくような気分。

自分は結婚できるのだろか。

36歳ぐらいになると、このような思いを抱き始める男性は少なくありません。

そんな36歳の独身男性が、結婚を前提にできる女性にめぐり合うにはどうすればよいのか考えてみましょう。

 

自分の恋愛経験をふりかえってみる

36歳独身男性、彼女ナシ。

果たして結婚は可能なのか?

まず、自身の恋愛経験を思い返してみる必要があります。

過去に女性との交際経験はありますか?

幼稚園の初恋の相手とかじゃないですよ、成人してからの話です。

 

彼女がいたことはある。

ある、という人はひとまず安心できます。

仕事などの関係で、たまたま出会いの機会に恵まれないだけと考えましょう。

男性の場合、30代までならまだまだ結婚相手としての対象です。

自分から積極的に出会いの機会を作っていけば、成果は必ず得られます。

年齢=彼女いない歴である

ちょっと困るのが、年齢=彼女いない歴のひと。

女性との交際の仕方自体がわからない、そんな人です。

大丈夫、そういう男って意外と多いんですよなんていわれても何の慰めにもなりません。

下手すれば、交際経験がないことがコンプレックスになり、ますます自信喪失してゆく悪循環に陥りかねません。

恋愛経験のない人、少ない人ほど、自分を冷静に客観視しなければなりません。

 

彼女ができない原因は己の中にあるかもしれない

恋愛するのが怖い

いずれにせよ、自分には今現在なぜ彼女がいないのか問い直してみましょう。

彼女が欲しい、でも仕事が忙しい、出会いの機会がない。

結婚を前提にした交際という条件が加えるなら、収入額など別の要素も考慮に入れる必要がありますが、とりあえず今回は心理的側面を中心に考えてみましょう。

仕事などは言い訳で、実は恋愛に憶病になっているということはありませんか。

繰り返しになりますが、彼女いない歴=年齢の人は、恋愛の仕方自体がわかりません。

交際経験のある人でも、実は過去に手痛い失恋をしたことがあり、もう恋愛はこりごりな心境になることがあります。

こうした場合、恋愛への恐怖感をまず捨て去ることから始めます。

完璧な人間なんていません。

失敗をするのが当然です。

一度や二度失恋したって、監獄にぶち込まれたりしませんよ。

むしろ女性の方からすれば、30代後半にもなって、びくびく怖気づいている男性のほうが気持ち悪いです。

「キモい」という感覚は、生理的に受け入れられないということですから、恋愛対象になるには致命傷です。

あからさまにギラギラしている

先ほどと真逆のパターンです。

30代後半の男性が、彼女ほしくてギラギラしてるのってどうでしょう。

ちょっとみっともないと思いませんか。

自分でもみっともないと思う態度はとらない方が無難です。

そのためにも、自分を冷静に見つめなおす必要があるのです。

外見に自信がない

先ほどのべた「彼女いない歴=年齢」の人に多そうな問題ですので、ちょっと深堀してみましょう。

顔に自信がないのをはじめ、背が低い、毛が薄い、太ってる等々、容貌をめぐる悩みは尽きないもの。

「俺、〇ビだし、デ〇だし、ついでにハ〇てきたし、結婚はもう無理」なんて人もいるかと思います。

そんなことはありません!

顔、美容整形なんて必要なし。

女性の努力を見習いスキンケアでカバー、美肌は七難かくします。

太ってる、体質的なものもありますけど自己責任の部分が大きいです。

彼女を作るためだけでなく、自身のためにもダイエット開始、健康診断の項目が増える40代は目前ですから。

毛量問題については、増毛技術の進化は著しいものがありますし、日本と異なり海外では、ハ〇の男性は精力強いなんて言われてセクシーさの象徴ともされています、勇気を出しましょう。

いざぎよく坊主頭にして、帽子のおしゃれに凝ってみてはいかがでしょう。

身長はつらいですよね、今更牛乳飲んでも無理だし、シークレットシューズなんて履きたくないですし。

これもやっぱり服装でカバー、背が高く見えるコーディネートや髪型を研究しましょう。

比較的背の低い方の多いジャニーズ系アイドルが参考になるかもしれません。

逆に身長がある方はそれだけでかなりのアドバンテージです。

 

外見に悩む男性ほど、女性は中身を見てくれないなんていじけてるもの。

でもそういうご本人も、女性の顔や外見から見てやしませんか。

初対面の相手なんか第一印象次第ですよ。

部屋の掃除をすると運がよくなるなんていいますが、人間だって外見を変えると不思議に中身も変わってくるもんです。

自分磨きはまず外側から!

 

彼女が欲しい36歳独身男に必要なものとは

自分の問題を把握したら、次はその改善に取り組みましょう。

包容力

通常、女性が30代の男性と結婚相を前提に交際するとき、相手に期待するのは、包容力のある落ち着いた大人の魅力です。

若い女性ほどその傾向は強くなります。

ギラギラした30代後半の男性がアウトなのも当然です。

包容力のある落ち着いた大人の魅力って抽象的なこと言われてもわからんとおっしゃいますか?

それは寛容さ、より具体的には怒らないことです。

怒りを感じたら、7秒フリーズしてみると良いそうです。

それが無理なら、イライラしたらイライラしていることを意識できるようになるだけでも怒る頻度は減ります。

彼女できなくって、焦ってるんですもんね、イライラしたくなるのはごもっとも。

でもキレたり、慌てて落ち着きのない(もうすぐ)中年男はとってもイタいです。

キレそうになったら、また焦りを感じたら、作り笑いでいいから微笑んでみてください、人前で恥ずかしかったら口角をほんの数ミリあげるだけでOK。

逆に、気弱すぎて怒るべきときに怒れない人も、ふっと笑って、その後は冷静沈着にいきましょう。

作り笑いするだけで自律神経が整うといいますよ、素敵な笑顔と健康を同時にゲットしちゃいましょう。

何よりも素敵な笑顔を作れるようになると、あなたの魅力は格段に向上します。

服装と同じく、心の内部を変えるには、外側からアプローチするのが有効、気付けばきっと大人のオトコにふさわしい落ち着きが身についていることでしょう

ポジティブに焦ろう

焦りは禁物、そんなこと言われても焦るにきまってるだろ!って?

その気持ちはわかる、ような気がする。

あなたは結婚を前提に女性とおつきあいしたいんですよね。

であるならば、どうせ焦るならポジティブに焦りましょう。

婚活という形で積極的に彼女探しを始めるのです。

焦る必要があるのは、36歳男性はすんなり結婚できるかのぎりぎりボーダーラインにいるからです。

女性の場合に比べるとまだ恵まれていますが、男性も40歳代になると結婚できる確率はグーンと下がります。

単にオッサンが嫌がられるだけの理由に加え、男性も年齢とともに生殖能力は衰えるのです。

実際、男性の精子は35歳ぐらいから劣化していきます。

婚活してるような女性はそんな情報とっくの昔に知ってるはず、子供ほしいから若い女性と結婚したいなんて言ってられないんです。

出会いのチャンスは自ら作れ

でも肝心の出会いの機会がないって?

出会いは自ら作っていくことから始まります。

たとえばダイエットもかねて、いきつけのコンビニや美容院にかえて、ちょっと遠くの店舗まで足を運んでみましょう。

めっちゃ可愛い店員さんいたりして。

もう婚活アプリに登録してますか?

返事が返ってくるまで連戦連敗するのはもう常識、くじけそうな時はドリカムの「何度でも」でも聴きながら「いいね!」ボタンを押し続けましょう。

話するのは苦手?だからこそ婚活パーティーや街コンに参加するのです。

下手な鉄砲何とやら、場数を踏めば会話力は必ず向上します。

自治体主催のイベントなら値段もお安く、地方のほうが積極的に開催されるので、地方在住者にもうれしいですよ。

お財布が許すなら、いっそ結婚相談所入会も視野に入れましょう。

婚活はどれだけ動いたかが勝負、自分で動かなきゃ出会いなんて永遠にありません。

 

36歳独身、攻めの姿勢で婚活!

いかがでしょうか。

30代後半の出会い探しは、まず自己改革から始まります。

そして、自分の足で動くのです。

実際に動く、というだけでなくメンタルも含め、あらゆる面で自分をめぐる状況を変化させていきます。

あなたの出会い探しは、婚活そのものと定義できます。

そう決めてしまえば、具体策は次々に見つかっていきます。

婚活アプリに登録した時点であなたの婚活は始まっているのです。

出会い探しの旅、そのゴール地点には素敵な伴侶がきっと待っていますよ。

 

この記事に関連するキーワード