婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月13日 更新

脈ありサインは隠れている!男女別 好きな人に見せる態度まとめ

好きな人、気になっている人、あるいは嫌いな人、相手に対して見せる態度は男性も女性も何かしらの感情を持っていれば変わってきます。

好きな人の態度の中には自分に好意があるサインが隠れているかもしれません。

今回は男性・女性別に、好きな人に対してどんな態度を取るのか紹介します。

好きな人にしか見せない態度を見逃さないようにしましょう。

男性が好きな人に見せる態度

態度①相談に真剣にのってくれる

相手の相談に真剣にのるというのは、頭も体力も使いますよね。

そのため、あまり興味が無い相手の相談は真剣にのりきれないものです。
しかし、好きな人に対しては違います。

自分の時間を惜しまず、好きな人に時間を捧げます。

特に男性は女性に頼りにされたいと考える生き物なので、好きな人の相談であればもっと頼りにされたいとかなり親身になって考えてくれるでしょう。

態度②嫉妬をする

好きな人が他の異性と仲良くしているのを見ると嫉妬しますよね?これは男女共通です。

しかし、嫉妬深さで言うと男性の方が根が深いことをご存知ですか?

男性は所有欲求や支配欲求が強く、縄張り意識もあります。

好きな人が自分よりも他の男性といる方が楽しい、となれば、はらわたが煮えくり返るような感覚になるでしょう。

そんな時に話しかけられると、素っ気なかったり、イライラしたそぶりを態度で示します。

関心のない女性に対しては、嫉妬心があまり芽生えない為、いつも通り変わらず接してくるで、素っ気ない態度をとられた時は、逆に自分に気があるという裏返しかもしれません。

態度③常に笑顔で接する

好きな人の前では常に笑顔でいたいと思うものです。

男性は感情を隠すのも、気持ちをカモフラージュするのも下手な生き物です。

仕草や表情にも、それが表れやすいので、好きな人と話すことが嬉しい、楽しいと感じるとすぐに笑顔になってしまうのです。

他の人と比べて、自分と接する時だけ笑顔、という場合は、好きな態度の表れの一つと言えるでしょう。

態度④目を見て話す

好きな人には男らしくしっかりした印象を持ってほしいと思い、女性と話をするときに顔をしっかり向け、目を合わせて話をします。

女性から目が離せなくなり、目を見つめる時間が増えます。

気がない女性に対してはどこか違うほうに視線を向けて会話をしていることが多いので、会話中に目を見ている時間が長い男性がいたら注意してみましょう。

逆に、好きな人の前で緊張して目を見られない男性も少数いることも覚えておきましょう。

目が合うことが多い

男性は気になる女性の姿を目で追ってしまいがちです。

女性も気になる男性のことを目で追うことはありますが、気付かれない程度に控えめに見ています。

男性はちらっと相手を見るのが苦手なので、周りにばれてしまうくらい遠くからでも見つめていることが多いのです。

態度⑤話し方が他の人に対してと違う

普段人と話している態度と、好きな人と話している態度は周りから見ると結構違うものです。

好きな女性との会話では、普段の会話よりも少しテンションが高かったり、緊張して早口になってします。

また、好きな女性とは少しでも長く一緒にいたいという気持ちがあり、

できるだけ長く会話を続け、沈黙をなくそうとどんどん話題を出して、会話を長引かせようとしてきます。

態度⑥プライベートの話をする

好きな人に対してもっと自分のことを知ってもらいたいと、自分のプライベートの話をよくします。

仕事や学校だけでなく、趣味の話や休日の話など…。

また、自分のことを話すだけでなく、相手のプライベートを知りたいと思っているので、好きな音楽や映画、趣味など女性の好きなことを話題にします。

相手の趣味や好きなことに興味を持ち、共通の話題を持つことで気を引こうとするでしょう。

態度⑦やたらと相手を褒める

好きな人に喜んでもらいたいという思いから、相手を褒めることが多くなります。
男性は興味のない女性にリップサービスをすることはほとんどありません。

服装や髪型、仕事のことだけでなく、性格など内面を褒めることは本当に好きじゃないとなかなかできません。

相手のことを良く見ているからこそ良いと思うポイントが出てくるものです。

女性が好きな人に見せる態度

態度①声のトーンが高くなる

機嫌がいい時や良いことがあった時には、無意識のうちに、 いつもより明るい声になってしまう経験はありませんか。
女性の場合は特に顕著で、好きな人の前では無意識に声のトーンが高くなってしまうようです。

これは、女性特有の高い声が「男性に求められる」と本能的に知っているからです。
男性が女性らしい高い声に反応・興味を示してしまうというのは、男性の本能なのだそうです。

男性にとって高い声は、自分にはない“女性の象徴”であり、守ってあげたいという保護欲求を感じさせます。
女性は、本能的にそれを知っているので、好きな人の前では無意識のうちに声が高くなってしまうのです。

態度②リアクションが大きくなる

男性の喜ぶポイントを理解している女性は、好きな人に気に入られるために、リアクションが大きくなります。
リアクションが大きく、表情がくるくると変わる女性は、男性に喜ばれると知っているからです。

「さすが!●●くん!」
「すごーい!知らなかった!」

好きな男性の話に対して、ちょっと大げさにリアクションをとることで、相手の注意をひきます。

“あなたの話に興味があります”ということを態度で示すために、話の一つ一つにリアクションをしたり、相槌をうったりするようです。

態度③自分の髪を触る

好きな人の前で、ついつい自分の髪を触ってしまう女性は多いようです。

これは、自分が相手にどう思われているのかを気にしているとき、無意識に表れる心理行動のひとつ。

相手の前で綺麗でありたいという、気持ちの表れです。

なかでも、髪をかき上げる仕草は、脈ありかもしれません。

女性の象徴でもある髪を、かき上げる態度は、“もっと見てほしい”という欲求の表れでもあります。

また、緊張を感じると、気を紛らわせるために自分の髪を触ってしまうという人も、多いのではないでしょうか。

好きな人が目に前にいる緊張から、毛先を触ってしまうことがあるようです。

態度④周りの人よりも気を遣う

女性は好きな人に対して母性本能が出てくることがあります。

ちょっとした風邪や仕事の疲れに対して、すごく気を遣うのは好きな男性に対してだけです。

体調が良くないことに気付くのも、好きな人のことを良く見ているからです。

よほど体調が悪いことが明確でない限り、好きでもない人の体調は心配しません。

態度⑤距離が近くなる

女性は人と接する距離に対して敏感で、相手に持っている感情でパーソナルスペースはかなり変わってきます。

好きでもない人に近づかれたときはさりげなく距離を遠ざけますが、好きな人に近づかれてもほとんどの場合逃げません。

また、女性がいつも生活の中でいつのまにか近い距離にいる場合、男性に少しでも自分のことを意識してほしいと思っています。

態度⑥ボディタッチが増える

女性は好きな人へのボディタッチが増えます。

仕事などで頼み事をする際や、何気ない会話の中でさりげなく触れてくるのは気がある証拠かもしれません。

しかし、男女関係なく気さくに接している女性や、人に触るのが癖になっている女性の場合、誰にでもボディタッチをすることがあります。

たとえ恋愛感情がなかったとしても、好意がない男性に対して積極的に触れるということはないので、好意があるということは受け取っていいでしょう。

態度⑦行動や癖が似てくる

女性は好きな人に近づきたい、気に入ってもらいたいと思い、男性の行動を注意深く見ています。

そして男性の言動や行動、癖が無意識にだんだんうつってきます。

好きな人の好きな食べ物や飲み物を買ってみたり、好きな人の趣味に興味を持ち始めたり…

好きな人に気付いてほしくて、わざと行動や癖を似せている女性もいますし、本当に無意識に似てしまう女性もいます。

態度⑧頼みごとや相談をする

これは、仕事で上司にするような頼み、相談ではなく、好きな人にしかしない頼みごとや相談です。

その人のことを頼りにしているから、頼み事を通して話す機会がほしいからなど理由は様々ですが、一回だけでなく何度も同じ男性に頼っている場合は脈がある証拠です。

また、相談事や弱音を吐くということは、心を許している人にしかしません。

女性は好きな人に対して他の人には見せない一面や態度を見せます。

好きな人が自分に脈ありだと分かった時に取るべき行動

疑心暗鬼から抜け出す

「相手も自分のことを好きかもしれない…いや、まさか?」本当に相手が自分のことが好きなのかどうか、疑心暗鬼になってしまうことがあると思います。

しかし、せっかく両想いであっても、2人のうちどちらかが疑心暗鬼になってしまうと、なかなか恋が進展しません。

疑心暗鬼に陥ってしまう人の根底には、過去の恋愛のトラウマやコンプレックスなどがあります。

自己肯定が低いと、不安を感じてしまうのです。

疑心暗鬼から抜け出すために、「自分はきっとこの恋を成就させることができる」と強く信じることが大切です。

恋を進展させるためには、自分を奮い立たせる強い気持ちが必要なのかもしれません。

デートに誘う

2人きりのデートに誘いましょう。

まずは、ランチだけでもいいですし、思い切ってデートスポットに誘ってみてもいいかもしれません。

“好きかもしれない”という気持ちを共有し、楽しい時間を共有することで、お互いの気持ちを盛り上げましょう。

相手からの好意に対して「自分も同じ気持ちです」ということを、わかりやすく伝えるべきです。

積極的に好意を伝える

たとえ両思いだとわかっていても、自分から告白できない気持ちも、よくわかります。

相手から告白されたい、という思いもあるかもしれませんね。

相手が自分のことを好きかどうかわからない時には、振り向かせるために積極的に行動ができていたのに、両思いだと解った途端に、アタックを弱めてしまう人がいます。

相手が自分を好きでいてくれる気持ちよりも、自分が相手を好きな気持ちの方が、大きいことが不安になってしまうのです。

しかし、好きな人が自分に脈ありだと分かった時には、継続して積極的に好意を伝えたほうがよいでしょう。

恋はタイミングが大切です。

「あのときに、告白しておけばよかった…」だなんて、後悔してからでは遅いのです。

好きな人が自分に脈なしだったときの対処法

思い切って電話をしてみる

好きな人が脈なしだと感じた時は、距離を縮める必要があります。

その場合、電話できる仲になりましょう。

メールやLINEはできたとしても、電話を気軽にできるようになるのはかなりハードルが高いです。

話す内容は他愛のないことでも構いませんし、頻度も週に一回や二週間に一回でも構いません。

電話ができる関係になることで、相手にとっても特別な存在になります。

「良かったら電話して良い?」と何気なく聞いてみましょう。

恋愛に発展させるためには、まずは心の距離を近づけることが大切です。

二人だけの秘密を作る

脈なしの相手の対処法として、心の距離を近づけるということを先述しましたが、

その中で二人だけの秘密を作るというのは、かなり効果が見込めます。

「カリギュラ効果」と呼ばれ、人は禁止されている行為をする時、脳からアドレナリンが分泌され、心拍数が上がります

結果、それを恋していると脳が勘違いし、恋に落ちやすくなったりするのです。

相手と自分で、二人しか知らない秘密、を共有できるようにしましょう。

内容は些細なことで構いません。

先ほどの、「電話していることを秘密にする」、というのも有りでしょう。

始めは脈なしかもしれませんが、カリギュラ効果が働き、徐々に脈ありになっていくかもしれません。

あえて他の人にも視野を広げてみる

対処法の一つとして、他の人に視野を広げて、心にゆとりを持つことも大切でしょう。

脈なしの相手にずっとアプローチしていても成就しなければ、あまり意味がありません。

気持ちが急に変わるわけではありませんが、合コンに積極的に参加したり、マッチングアプリを使ってみるのも良いかもしれませんね。

自分の視野が広がれば、脈なしの相手に対して、アプローチを続けるのか、他の人にするのかという判断もつけやすくなるでしょう。

盲目的にならないために、あえて他の人にも視野を広げることが大切です。

好きな人の態度が冷たいとき


好きな人に冷たくされるのはとても辛いですよね。

好きな人の態度が冷たいとき、その理由は必ずしも良くない理由だけではありません。

好きな人ができると、いつも以上にその人のことを意識してしまい会話も行動も変にぎこちなくなってしまうことがあります。

それをできるだけ隠そうとして避けたり冷たくしたりします。

相手が何かに怒っている場合もあります。

直接怒らないけど怒っていることに気付いてほしいサインかもしれません。

他の異性と仲良くしていたなど、嫉妬心からくるものである可能性も高いです。

しかし、単純に好きな人に嫌われてしまったという可能性もゼロではありません。

もう自分に関わらないでほしいとか、話したくないというような意思表示であれば、きっぱりあきらめたほうが良いかもしれません。

男性の脈ありサインが知りたい方はこちら!

見逃さないで!男性からの脈あり行動

まとめ

あなたの好きな人が見せる態度に当てはまることはありましたか?

好きな人のことを意識して好きな人に対する態度が変わったりするのは自然なことです。

相手の態度から好意を受け取ることができれば自信になりますよね。

相手の気持ちが知りたいならば、他の人とは違う態度、行動、言動を見逃してはいけません。

きっとどこかで好意を持っているサインを出しているでしょう。

この記事に関連するキーワード