婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月13日 更新

女性が出しているつまらないサインってなに!??デートがつまらない理由と改善方法

男性のみなさん、楽しくデートしていますか?
自分自身デートが楽しめていなかったり、女性からデート中、「つまらない」なんて言われたりすることはありませんか?

そんな悩みをもつあなたへ、つまらないデートを分析し、楽しいデートをするための方法を紹介します。

女性が出している「つまらない」のサイン

女性は、デートがつまらなくても、楽しいフリをしてくれることを知っていますか?
表面的な女性の態度に惑わされずに、女性の本心を見抜くコツを紹介します。
女性が以下のようなことをしはじめたら、要注意です。

スマホを見せてくる

女性が出しているつまらないサインの一つにスマホを見せてくるということがあります。

頻繁に写真や、おもしろいサイトをスマホで見せてくるのは、間をもたせるためです。
女性も気を遣ってくれているのでしょう。

楽しんでいるかどうか確認してくる

女性が出しているつまらないサインの一つに楽しんでいるか確認してくるということがあります。

女性はたまに自分が思っていることと逆のことをすることがあります。
「楽しんでる?」と聞くことで、本当は楽しんでいない自分に気づいてほしい時があるようです。

トイレから帰ってこない

女性が出しているつまらないサインの一つにトイレから帰ってこないということがあります。

実際は時間つぶしだったり、どうやったらつまらないデートから開放されるかを考えていたりすることがあるようです。
「ちょっと電話してくるね」と席を外して、なかなか戻ってこないときも要注意です。

あなたがデートを楽しめない理由と改善方法

デートを楽しめていないのは、女性ばかりではありません。
あなた自身もつまらなく感じていることがあります。
それはどんな理由からでしょうか?

まずは、デートの流れを確認しましょう。

①デートプランを考える
②デートに誘う
③待ち合わせの場所で会う
④デート中、女性と一緒に行動する・話をする
⑤女性との関係を進展させる(スキンシップ、告白など)
⑥さよなら(次のデートの約束をする)

この中で、不安を感じる出来事はありますか?
人によって違いますが、女性を誘うことに気を遣い過ぎる人や会話に不安を感じる人もいるでしょう。
原因がはっきりしているのであれば、その出来事への準備を怠らないようにしましょう。

楽しむ余裕がない

つまらないデートの理由として考えられるのが、楽しむ余裕がないということです。
女性慣れしていない男性は、デートにも慣れていません。
そのため、デートを楽しむ余裕がなくなり、つまらなくなってしまうことがあるようです。

「自分とデートをしていて、女性は楽しいのだろうか?」
女性の考えが読めないため、こんなふうに不安になることもあるようです。
その結果、「余裕がない⇒つまらない⇒疲れる」、の悪循環が生まれてしまうのです。

逆に余裕が生まれると、どうなるでしょうか?

相手のことを観察し、相手の話をよくきけるようになります。
相手に上手に質問したり、臨機応変に対応したりすることもできるようになります。
沈黙さえも、うまく対応できるようになれるかもしれません。

その結果、デートが楽しめるのです。

デートが楽しめるようになるためには、余裕をもつことが大切です。
そのためには、女性と接する機会を多く作り、慣れていく必要があるでしょう。

女性のことをよく知らない

デートがつまらないものになってしまう原因に、女性のことをよく知らない、ということがあります。
楽しいデートの前提として、女性というものの一般的な特性を知り、さらに相手の女性の趣味趣向を知る必要があります。
女性から情報を得てはじめて、その女性を楽しませる行動が思いつくのです。

会話がつまらない

会話がつまらないパターンと改善方法は以下の通りです。

自慢ばかりする
自慢話はしている本人にとっては気持ちがよいものですが、聞いている相手にとっては不快なだけです。

また、聞いた相手が「すごいね~」と心から思ってくれることはまれです。
デートで自慢話はしない方が無難でしょう。

ギャグを頻発する
女性を笑わせようと必死になっている姿は、女性から見るとかわいそうに見えてくることがあります。

また、ギャグを言って滑ると痛々しいですね。
笑わせることに集中し、デートの目的を見失わないようにしましょう。

愚痴や人の悪口を言う
愚痴や悪口のようなマイナスの話は、デートの雰囲気を暗くしてしまう可能性があるのでやめた方が良いでしょう。

また、悪口をいう人は、信頼されません。
愚痴や悪口は、デートではタブーといえるでしょう。

自分の趣味の話ばかりする
趣味も度を過ぎるとオタクの領域になります。
共通の趣味の話ならよいのですが、一方的な趣味の話は、相手にとって退屈なだけです。
女性が引いてしまう前に、止めておいたほうがよいでしょう。

ずっと表面的な話しかしない
女性に嫌われることをおそれると、当たり障りのない話になってしまいます。
これでは、二人の仲に進展は望めません。
時には一歩踏み出して、好意を伝えるなど、自分の思っていることを伝えても良いでしょう。

二人だけの秘密の話をしてみるのもよいかもしれません。

すぐに黙る
女性は男性よりもおしゃべりですから、聞き役にまわることは悪いことではありません。
問題は話の聞き方です。

相槌を打つ、時々質問をするなど、ちゃんときいていることをアピールし、女性が気持ちよく話ができるようにしましょう。

そのためには、相手の女性がどんなことに興味をもっているか、事前に調べておくことが大事です。

また、会話中の表情にも気をつけましょう。
寡黙で表情までなかったら、「つまらない男」と思われてしまいます。
相手が楽しい話をしているときには、笑顔でいましょう。

余裕がないままに、よくわからないことを言う
好きな女性の前では緊張してしまいますね。
そのため、よく考えることができずに、話をしてしまうことがあります。
しかし、これではあなたの評価を下げてしまう可能性があります。

対策としては、食事の席は向かい合わせではなく、隣に座るとよいでしょう。
面と向かって顔を合わせるよりは、だいぶ楽なはずです。

つまらない会話の改善のポイント

つまらない会話を打破するポイントは、自分のことばかり話すのではなく、女性のことを考えて話題をふる、女性の話をきく、ということになります。

男性は女性から相談されると、すぐに解決策を考えたり、結論を急いだりします。
しかし、女性はそんなことを求めてはいません。
共感してもらえればそれでよいのです。

話し上手より聞き上手。
おもしろい話はその時は楽しめますが、だからといって好きになってもらえるわけではありません。
女性のハートをつかむのは、会話術ではなく女性のありのままを受け止める包容力なのです。

まとめ

つまらないデートから抜け出し、楽しいデートをするためには、女性にどんどん慣れていく必要があります。

女性から「つまらない」と思われないためには、自分がどうしたいかではなく、相手がどうしたいか(何を話したいか?何をきいてほしいか?)を考える必要があるでしょう。

この記事に関連するキーワード