婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年08月07日 更新

再婚したいあなたへ。夢を現実のものとするために、勇気を出して婚活しよう

40歳女性の婚活

結婚したからといって、すべての人が生涯そのパートナーと寄り添えるわけではありません。
何らかの事情から離婚してしまうということは珍しくありませんし、その数は昔と比べると増えてきています。

過去に離婚したことがあるという人は、離婚したばかりの頃は、「もう結婚はこりごりだ」と考えてしまうことも多いようです。

しかし、たとえこれからは一生独身で過ごそうと考えていても、やはりだんだんと、家族を持ちたくなったり、一人でいることが寂しくなったりして、再婚したいという気持ちがふと頭をかすめるようなことも出てくるかもしれません。

この記事を開いたあなたは、まさに今がそんなタイミングだったかもしれませんね。
あるいは、今はまだ離婚したばかりだけど、またいずれ再婚してみたいという希望を抱いている人かもしれません。

ここでは、過去に結婚・離婚経験がある人が再婚したいと思い始めたときに知っておいて欲しいことなどを紹介していきます。
今はまだ、再婚したいかどうか分からないという人や、再婚したいけれど迷いがあるという人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

再婚する前に考えるべきこと

再婚したいと考え始めたとき、誰しも、次の結婚では嫌な思いをしたくない、幸せな再婚をしたいと思うはずです。

そのためには、再婚する前に考えておいた方が良いことがあります。
これから、そのことについて少しずつ触れていきたいと思います。

離婚の原因

残念ながら、以前の結婚では離婚することになってしまったという人は、その傷が今も癒えていないかもしれませんね。
もしそうだとしても、なぜ離婚することになってしまったのか、今一度その原因について整理しておくことは大切なことです。

なぜなら、離婚の原因を整理し、しっかりと自分で分かっておくことで、同じ失敗を繰り返すことを防ぐことができるからです。

再婚したいと考える人は、やっぱりまた誰かと結婚して幸せになりたいと思ったからですよね。

また、以前の結婚は失敗だったと感じている人は、他にもっと自分に合う人がいるはずで、今度はそのような人と再婚したいと思ったのかもしれません。

それならまず、なぜ離婚してしまったのか、自分に原因はなかったのか、考えてみることが必要です。

「自分に悪い部分は1つもない。こっちは○○も△△もしてあげたのに」と奢っていた部分はないでしょうか。
きちんとコミュニケーションをとって、相手を信頼していたでしょうか。
自分の親と配偶者の意見が違ったときに、親の言いなりにならず、配偶者の意見も取り入れていたでしょうか。
たとえ相手のせいで離婚したと思っていても、自分にも反省すべき点はあったのではないかと、改めて考え直してみましょう。

また、相手が100%悪いと思う場合でも、その相手選びが間違ってしまったことで、離婚することになってしまったのだと考えることもできます。

それならば、再婚したいと相手を探すときに、自分にとって合わない人やうまくやっていけそうもない異性のタイプを理解し、そのタイプの人との再婚を避けるようにするという対策を取ることもできるのです。

もちろん、離婚に至った原因は大いに自分にあると思っている人は、再婚したら同じことを繰り返さないように、しっかりと自分を見つめ直しましょう。
欠点を直す努力をする、という姿勢を持つことも大切です。

理想の再婚相手像

再婚したいと思ったら、理想の再婚相手像についても考えておきましょう。

「とにかく、再婚できるなら贅沢は言わない。」という謙虚な気持ちも分からなくはないですが、やっぱり、理想ではない人と再婚しても、上手く行かなくなってしまうことも考えられます。

理想は理想として、思い描いておきましょう。

また、なぜそのような人が良いと思うのかについても、改めて考えてみると良いですね。

なぜなら、ただただ「お金持ちが良い」と思っていても、それは過去にお金で苦労したことが理由となっているのか、逆にお金に余裕のない生活はしたことがなく、考えられないからなのかで、その理想は絶対貫くべきなのかどうかも変わって来るでしょう。

理想像を持つということは、素敵な再婚をしたいという願いを叶えるためには大切なことですが、反面、婚活する際に、それだけ出会いの幅を狭くすることにもなります。
ですから、闇雲に理想を持つのではなく、本当に今のあなたが思い描く再婚とはどのようなものなのか、そこまで考えてみてほしいと思います。

前向きな恋愛

離婚を経験してしまうと、必要以上に自分を卑下してしまい、自分にはもう好きな人は現れないや好きな人が見つかっても前のように上手くいかないんだと、恋愛に臆病になってしまう人が多いでしょう。
しかし、恋愛に前向きにならないことには、良い相手との出会いはありません。
離婚歴があると、相手も少ししり込みしてしまう場合もあるので、自分から積極的に行かなければ成就は難しいと考えていた方がよいかもしれませんね。

また、恋愛対象として見て貰うためには、自身の魅力をより一層アピールすることが重要です。。
バツイチの自分なんて誰も好きになってくれない、、、と考えるネガティブ思考の人に魅力がると思いますか?
離婚したことで1人になって、寂しいと感じるのも当たり前のことですが、そこはポジティブ思考で1人の時間が与えられたと考えて、自分の魅力磨きに力を入れてみてはどうでしょうか?
新しいことを始めることで、新たな出会いも生まれます。
その出会いが恋愛、再婚に繋がる場合も大いにあります。

子連れ再婚の問題

過去に結婚していて、離婚した人の中には、子どもがいるという人も多くいます。
特に女性が親権を持つことが多いですから、現在はシングルマザーとして生活している女性も多いことでしょう。

たとえ子どもがいても、再婚したいと願うことは不思議ではありません。

むしろ、子どものためにも父親が欲しいとか、生活を安定させたいと考えることもあると思います。
男性が子どもを育てているシングルファザーの場合も、やはり母親が必要だと感じたことからも、再婚したいと考えることはありますよね。

いずれにしても、子どもがいる場合は、あなただけが再婚したいと願っても、相手がどう考えるかによって、再婚するべきかどうかが変わってきます。
お付き合いをして再婚、という場合は、交際期間中に、よく話し合っておくことが大切です。

一方、婚活サイトや結婚相談所を利用することで、あらかじめ子連れ再婚したいとプロフィールで分かるようにしておけば、あなたに子どもがいても良いと思ってくれる異性とマッチングするようになります。

はじめから相手が了承していてくれれば、あなたは気が楽になりますよね。

ただし、その場合でも、実際に子どもを含めて交流してみないと分からない部分もあります。

お相手の方が、子どもがいても良いと考えていたけれど、実際に接してみたら自分には無理そう・・・と思うこともあるのです。
そんなときは、お互いに無理をしない方が良いです。

子どもをしっかりと受け止めることのできない異性との再婚をしてしまったら、子どもも辛い思いをすることになってしまうでしょう。

もし、そういうことがあったとしても、再婚してしまった後に気付くよりはうんと良いはずです。
再婚したいという気持ちがあるならば、そこで諦めずに、前向きに他の人を探しましょう。

1年以内に再婚したいと考えている人への注意点

離婚した人の中には、結婚生活の期間が長く、離婚した時にはアラサー、アラフォーになってしまっていて、婚活が不利な状況からのスタートを強いられてしまったという人もいるでしょう。

そうでなかったとしても、離婚後なるべく早く再婚したいと考える人は多いのではないでしょうか。

離婚後にすぐに、次の目標に向かって切り替え頑張れることはいいことではありますが、早い再婚を目指すときにこそ注意しなくてはいけない点がいくつかあるのでご紹介していきます。

直感に頼りすぎた決定には気を付ける

離婚を経験したことのある人には、相手を選ぶまでの期間が短い傾向があるといわれています。

何回かあった後に直感的に「この人だ!」と感じる感度が高いといえます。
結婚相手選びは最終的には相性の問題なので、直感に頼って相手を選ぶことは悪いことではありません。
むしろ、感覚を優先して相手を選べることは強みともいえるかもしれません。

しかし、相手を直感で決定するまでには少し時間を置いた方がいいでしょう。
直感に頼って選択できるということは、相手の嫌な部分も直感的に敏感に感じてしまうとも取れます。

相手との価値観が直感的に合わないことを感じ取る前に決定を下してしまうことは再度離婚に至ってしまう可能性にも近づいてしまうので、早く再婚したいからと焦って、早すぎる選択をしないように心がけましょう。

この人は離婚した人とは違うを結婚の理由にしない

再婚に急ぐ際に気を付けたいことは、結婚相手を探すときの基準として離婚した人とは違うかどうかを見てしまう人がいます。

たしかに、同じ失敗を繰り返したくないという気持ちもわかりますし、判断基準としてわかりやすいから相手を探しやすく早く相手を見つけられるという考えもわかります。

しかし、離婚した人と違うことが自分の求めるパートナーである根拠は何一つありません。

離婚した人はどこか、自分がいいと感じる部分があったからこそ結婚を決めたのではないでしょうか。

離婚した人と違う人を探すということは、むしろ自分と合わない人を探しているということにつながってしまう可能性も秘めているということを理解しておきましょう。

再婚したいけど再婚しないという選択をした場合

再婚したいという気持ちがあっても、再婚をしなかった場合は、どうなるのでしょうか?

もし、あなたが今、再婚したいという気持ちが少しでもあるにもかかわらず、再婚はしないという選択をしようかと迷っている場合、再婚しなかったらどうなるのかということを考えておきましょう。

単純に、寂しい気持ちになる

再婚はせず、独身で生きるという選択をした場合、はじめはそうでもなかったとしても、徐々に寂しさを感じるようになるということは考えられることです。
特に、病気になったときや、年齢を重ねたときに、独り身では心細くなり、寂しさが強くなるということは不思議ではありません。

しかも、少しでも「再婚したい」という気持ちがあったのに、それを抑えてしまった場合には、より寂しさが募ることが想像できます。
子どもがいる人の場合でも、子どもが成長し、巣立ってしまった後に、急激に寂しさに襲われるということはあり得るでしょう。

老後の生活に不安を感じる

再婚をしなかった場合、老後の生活が不安になってくるということもあります。
それは決して、経済面のことばかりではありませんから、女性のみが感じるというわけでもないのです。

やはり、年を取ってくると、どうしても体が以前のように動かなくなることが出て来たり、人によっては病気がちになったりといったことも起こってきます。
体が不自由な状態のとき、支えてくれる人がいつもいるのといないのとでは、精神面でも大きな違いがあるでしょう。

年老いたときに、ともに手を取って助け合えるパートナーがいるということは、とても心強いことです。

再婚したいと思ったことがあったのに、再婚しないという選択をした場合、そのときになって後悔するということがあるかもしれません。

気楽、気ままに生きられる

再婚しなかった場合、デメリットだけということもありません。

人によっては、一人の方が気楽だということで、自由を謳歌した人生を歩むことができる人もいるでしょう。
お金に関しても、一人の方が自由に自分のために使うことができる、と考える人もいると思います。

特に、過去の結婚生活で、束縛や問題行動など相手の異性にほとほと困っていたような場合には、一人になったときの解放感が強く「再婚したいと思うこともあるけれど、また前みたいなことになったら嫌だから再婚はやめておこう」と思ってしまう時期も長くなる傾向にあるようです。

ただ、そのような人でも、だんだんと年を取って行ったときにも、同じように自分は「自由気ままで良い」と思い続けられるのかどうか、ちょっと想像してみると良いのではないでしょうか?

もしそこで少しでも不安を感じて、「やっぱり再婚したいかな?」ということを感じた場合には、再婚について100%しないと決めつけず、「良い出会いがあったら再婚したい」という柔軟な気持ちを持っておくと良いと思います。

再婚のタイミングはいかに?(再婚禁止期間)

再婚したいと考えている人は、そのタイミングについても考えておくと良いでしょう。
再婚だからこそ、焦って失敗したくないという考えもあります。

特に子連れ再婚の場合は、子どもとの関係性も見ていかなければなりませんし、子どもの気持ちも大切です。

そうしたタイミングについても考えるべきですが、法律的に見て、女性の状況によっては「再婚禁止期間」というものがあります。
離婚後すぐに再婚して出産した場合に、前の夫の子供か、今の夫の子供か分かりにくいため、子供が権利を享受できない危険性があるからです。
あなたが男性で、相手の女性が再婚の場合も同じく、女性の再婚禁止期間について知っておきましょう。

再婚禁止期間とは、過去には女性なら誰でも6ヶ月は再婚したいと思ってもできないという法律だったのですが、2016年に改正されて、今は変わっています。
知らなかった人もいると思いますので、この機会に覚えておいてくださいね。

現在の女性の再婚禁止期間は、次のようになっています。
1.もし離婚時に妊娠していなかった場合には、再婚禁止期間はありません。
2.もし離婚時に妊娠していても、再婚禁止期間は100日に短縮されました。

これにより、離婚時に妊娠していない女性は、法律的には、男性と同じく離婚後すぐに再婚することが可能となりました。
また、たとえ妊娠していても、100日ですから、以前と比べて約3ヶ月近く早く再婚できるようになりました。

再婚方法

再婚したいと考え、理想の相手に巡り会えて、いざ再婚することになったとき、夫婦二人の場合であれば、具体的にははじめの結婚のときと手続きは変わりません。
婚姻届も、同じものです。

そちらに記入をして、お住まいの管轄の役所に提出するだけです。

ただ、「初婚・再婚の別」という項目があり、そこのところは、はじめのときと違って「再婚」にチェックを入れなければなりません。
これにより、本当は再婚なのに、それを隠していても、このときにバレてしまいますから、再婚したいと思った相手には隠さないようにしましょう。

また、子連れ再婚の場合で養子縁組する場合は、別途養子縁組の手続きが必要になります。
役所で「養子縁組届」の用紙も一緒にもらい、婚姻届提出の後に養子縁組届も提出しましょう。

養子縁組はしないけれど、再婚相手の戸籍に入れたい場合(再婚相手の姓を名乗る場合)は、家庭裁判所に「子の氏の変更許可」申し立てをした後、「入籍届」の提出が必要となります。

再婚相手との出会いかた

さて、再婚をしたいと思ったときに、あらかじめ考えておきたいこと、知っておいた方が良いことを紹介しました。

手続き自体は、子どもの養子縁組や入籍のことを考慮しても、再婚だからといって特別面倒くさいというわけではないので、ますます再婚したいという気持ちが高まってきた人もいるでしょう。

手続きのことよりも、再婚したいかどうかは、やはりあなた自身の気持ちの問題が大きいのではないかと思います。
過去の結婚生活が辛かったとしても、再婚もそうなるとは限りませんし、むしろ失敗しているからこそ、次はもっとうまくやれると考えることもできるのです。

それでは、どこで再婚相手を探したら良いのでしょうか?
もちろん、仕事関係や趣味など、日常生活の中で知り合った異性と親しくなり、再婚したいと思うこともあるでしょう。

ただ、離婚歴があるということで引け目を感じている人や、子どもがいて、子どものこともちゃんと受け入れてくれる人と再婚したいと考えている場合、また、日常ではなかなか思うような出会いがないという場合は、婚活サイトや結婚相談所を利用することをおすすめします。

というのも、やはり出会いたいのに出会いがないと嘆いている時間がもったいないですし、再婚だからこそ、はじめからプロフィールで相手に知ってもらうことのできる婚活サイトや結婚相談所を利用することは理にかなっているのです。

また、そういった出会い方なら、お相手も再婚、つまり再婚同士というマッチングもしやすくなりますから、同じ再婚したいと思っている異性を出会いたいという場合にもおすすめです。

おすすめの婚活サイトと結婚相談所

婚活サイトや結婚相談所が良さそうと分かっても、数あるそうした支援サービスの中から、どこが良いのかを調べていくのも大変なことです。
そこで、ここでは、それぞれおすすめを1つ絞って紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ブライダルネット

ブライダルネットは、「婚活サイト」です。
日本最大級で、実績もある婚活サイトですから、安心して利用することができます。

成婚退会者数は、20017年の1年間で7,395名います。
会員の年代は、20代後半~30代前半がメインで、中でも男性は30~40代が多く、女性は30代が多くなっています。

毎月約1万人以上がカップル成立していますから、あなたも早々にこの中に入れるかもしれません。
というのもブライダルネットでは、多くの会員が3ヶ月以内に結婚相手を見つけたいと考えているからです。

ブライダルネットは、料金を見ても大変利用しやすく、月額料金3,000円(税抜)でサービスを利用することができます。
この安さで、なんと個別のサポートを受けることができますから、入会したはいいけれど、全然再婚できそうにない、と一人で不安になることもありません。

結婚相談所でカウンセラー経験のあるスタッフが、あなたの結婚や恋愛のアドバイスをしてくれるのです。
経験豊富なスタッフに、再婚ならではの不安も相談することができますよ。

実際、ブライダルネットでは、現在は初婚の人でも、相手が再婚であっても良いと考えている人は増えていると言い、再婚専門の
婚活サイトよりも出会いの幅が広がるとアドバイスしています。

また、料金は女性も同額であることから、男女とも、真面目に結婚したいと思っている人が登録しています。
登録には、100%本人確認をしていますので、その点も安心できます。

運営元の株式会社IBJは、2000年から婚活サービスを行なっている歴史の長い会社でもあります。
長く培ってきた婚活成功のノウハウにも期待できますし、力強くあなたの婚活をサポートしてくれるでしょう。

楽天オーネット

おすすめの「結婚相談所」は、楽天オーネットです。
楽天オーネットは、業界最大級の会員数の誇る結婚相談所です。
テレビCMでも、その名前を目にしたことがある人が多いのではないでしょうか?

年間入会者数は、25,000人以上で、現在の会員数は48,000人以上です。
男性、女性ともに20代、30代の会員の割合が多く、現在、会員男性の51%が20~39歳、会員女性の72%が20~39歳となっています。

会員数が大変多いということは、それだけ色んな人がいて、あなたにマッチした人とも出会いやすくなっていると考えられます。
実際、成婚退会者の数も業界最大級で、2017年では、11,783人が成婚退会していて、そのうちで楽天オーネットの会員同士で成婚となった人は5,990人です。

今まで多数の会員を成婚させてきた実績から、データマッチングもとても精度の高いものとなっている他、写真検索では1度に10名と出会うことができたり、年間3,000回近くのパーティーやイベントを開催しているなど、出会いやすく成婚しやすい環境が整っています。

もちろん、担当アドバイザーのサポートもしっかりと受けられます。

また楽天オーネットでは、「子育てママ応援プラン」があり、通常の料金よりも割安となっています。

男性会員の5,000人以上は、相手に子どもがいてもOKと答えているということですし、シングルマザーの婚活にも力を入れていますから、再婚したい人にはぜひ利用を検討して欲しい結婚相談所です。

また、成婚退会したカップルの約26%が、男女どちらかが再婚のカップルというデータもあります。
楽天オーネットで再婚できた人たちの体験談もありますから、再婚したいと考えている人は、ぜひ一度サイトを確認してみてくださいね。

料金は、通常の「プレミアムプラン」なら、男女とも入会金が30,000円、活動初期費用が76,000円、月会費が79,000円で、成婚料は無料です。

さきほど述べた「子育てママ応援プラン」は、入会金+活動初期費用が50,000円、月会費が10,300円、成婚料は無料と、プレミアムプランと比べて大変利用しやすい料金となってい
ます。

まずは、楽天オーネットに自分の理想の人がいるのか結婚力診断テストで探してみましょう。

結婚力診断テストでは、自分の希望の条件の人が楽天オーネットにどれくらいいるのか調べることができます。

入会前に確認できるなんて安心ですね。

再婚を目指す際にしてはいけないこと

前の配偶者と比べる

新しい恋人が出来たとして、「前の人はここが良かったけど、あなたはそれが出来ないのね」と口に出すことはないと思いますが、無意識のうちに良くも悪くも前の配偶者と比べてしまうことは多くなるでしょう。
例えば、前の配偶者は年収800万だったのに、今の恋人は500万だから、結婚しても正社員で働き続けなければいけないだったり、前の配偶者は家事が出来て料理も美味しかったのから、再婚相手にも家事スキルは欲しいという考え方です。
またその逆もあります。
よく怒鳴ったり、自分の扱いの悪さが原因で離婚した人は、温厚で優しいというだけで素敵な人に見えてしまいます。
そして、そのことばかりに目がいくので、他の悪い部分が見えなくなってしまいます。

1つの面を見るのではなく、全体を見てその人の人となりを判断するようにしましょう。
もし悪いところや出来ない部分は、自分が補ったり、一緒に改善していくようにすれば良いのです。

好きという勢いだけで結婚しない

日本全体では3組に1組が離婚するとも言われています。
さらに20代前半で結婚している夫婦は、その半数近くが離婚をしています。
その理由として、「好き」という勢いだけで結婚していることが挙げられます。

好きなところを見つけることはとても良いことです。
しかし、そこだけを見ていると、嫌な部分が見えてきたときに、受け入れられないことがあります。
離婚した理由で嫌な部分を受け入れることができなくて、一緒に生活をしていくことができなくなった人もいるかもしれません。
嫌なところもちゃんと正面から向き合って、受け入れることが出来たら、再婚は上手くいくでしょう。

再婚に踏み出す勇気を持とう

不安や罪悪感とさようなら

再婚したいという気持ちがあっても、あなたの中で何かが足かせとなり、今まで一歩踏み出す勇気が持てなかったかもしれません。
また、再婚したいという希望を持つことは、良くないのではないか?などといった罪悪感のようなものを感じる人もいたでしょう。
特に、過去の結婚で後悔している人は、「自分は結婚には向いていないのではないか?だから、再婚したいと思うのもいけないのでは?」と思ってしまったり、子どもがいるという人は、「子どもは再婚を喜んでくれるだろうか?子どもの気持ちを考えると、再婚したいと思わない方が良いのかも?」といった不安を抱えたりといったことも珍しいことではありません。

再婚したい人はたくさんいる

もちろん、無理に再婚について考える必要はありませんが、あなたの中に少しでも「再婚したい」という気持ちの芽生えを感じたのであれば、一歩踏み出す勇気を持ってみてほしいと思います。

そうすると、あなたと同じように、再婚したいと思いすでに婚活に励んでいる人との出会いも出てきて、勇気付けられることもあるでしょう。
そしてそれが異性だった場合、その人と再婚することになるかもしれません。

離婚したら、肩身の狭い思いをして生きて行かなければならないとか、再婚したいと思うのは良くないなど、決してそのようなことはないのです。

あなたの他にも、再婚したいという希望を胸に、すでに行動を始めている人がたくさんいますよ。
この記事が、あなたの「再婚したい」という願いを、叶いそうにない夢ではなく現実的な希望なのだと考え直し、行動を起こしていただけるきっかけになれば幸いです。

この記事に関連するキーワード