婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月11日 更新

女性にデートを断られる理由と対処法

勇気を出してデートに誘ったのに断られてしまったという経験はありませんか?
また、これからデートに誘おうと思っているけど断られそうで不安という方もいると思います。

そこで女性がデートを断る理由や、断られるときの対応などを紹介しますので参考にしてください。

女性がデートを断る理由

女性はどのようなときにデートの誘いを断るのでしょうか。
いくつか理由を紹介します。

他に予定がある

仕事があったり、前から約束していた予定がある場合に女性はデートを断るようです。

友達の多い女性は予定がたくさん入っていることが多いので、なかなかデートに誘うのも難しいかもしれません。

体調が悪い、疲れているから

仕事が忙しかったり、風邪気味だったりと誘われたときに体調が悪いのでデートを断る場合があります。

あなたに興味がない

自分の気持ちに正直な女性は多いので、単純にあなたに興味がない場合は迷わず断るようです。

気分が乗らない

特に予定があるわけでもないけどデートに行く気分時じゃないとき、容赦なく断る女性はいます。

デートプランが気に入らない

行きたい場所じゃない、デートプランがつまらなそうと思ったときにデートを断る人もいるようです。

こういった理由で断られないためにも、その女性がどのような女性なのか、どんなものが好みなのかを調べてからプランを考えるといいでしょう。

断られるときの対応

では、デートに断られるとき、その後の対応はどのようにしたら良いのでしょうか。

断られるときの対応①相手に不満をぶつけない

「ノリ悪いね」「つまんない」と断ったことに不満をぶつけたり、断られたことに逆上して暴言を吐くのは絶対にNGです。

「断られるはずがない」と自信があると、断られたときにイライラしてしまうこともありますので、断られる可能性もしっかり考えておきましょう。

断られるときの対応②空気を読む

「じゃあ来月はいつならあいてる?」などと、相手のOKが出るまでしつこく誘うのもNGです。

女性が遠まわしに断っているのを察して引き下がるのも大事です。
また誘いたい場合は時間が経ってからにしましょう。

断られるときの対応③急に冷めた態度を取らない

デートに誘うまではぐいぐい連絡を取っていたのに、断られたからといって急に無視したり冷めた態度をとるのはNGです。

女性からは子供っぽいと思われてしまいます。
断られても平静を装っていつもどおりに振舞うのがよいのです。

断られるときの対応④卑屈にならない

断られると自分に自信がなくなり、「自分なんかが誘ってごめん」と相手に対しても卑屈だと思わせるような発言もしないほうが良いです。

断られても、相手の前ではなるべく堂々としていましょう。

脈がある断り方、ない断り方

断り方である程度脈があるかないかを知ることができます。
脈がある可能性が高い断り方と、脈がない可能性が高い断り方を紹介します。

脈がある可能性が高い断り方

「その日は無理ですが、○日はどうですか?」「○日までは忙しくて…」などの断り方は、日程さえ合えばデートに行く気があるという断り方です。

また、「来月の予定は空けておきます」といわれた場合は来月にまた誘って欲しいと思っている人が多いので、積極的に誘ってみましょう。

他にも「ぜひまた誘ってください」「行きたかったです」など断った後にこのような一言をつけてくる場合は脈のある可能性は高いです。

しかし、社交辞令の場合もあるので言葉通りに受けるのではなく、そのときの状況やその人との関係を考えましょう。

脈がない可能性が高い断り方

「しばらく忙しい」「他に予定があるので」など具体的に空いている日を教えないなど、次の予定が見えないとき、脈なしの可能性が高いです。

忙しくても、あなたのことを思っていれば1,2時間お茶するくらいの時間は取れるはずです。

また、「予定が分かったらこっちから連絡するね」というのは、一見期待してしまうような発言ですが、脈なしの断り方の決まり文句です。

この発言は裏を返すと「そっちからは連絡してこないで」という意味に取れますよね。
相手からの連絡は期待せずに引き下がったほうがよいでしょう。

デートの話で「じゃあみんなで行こう」という流れになって、二人きりで会ってくれないというパターンは完全に脈がないというわけではありません。

会いたくないというわけではないので、少しずつ相手との距離を縮めることができます。

何回まで誘っていいのか

「誘いを断られてしまったけどもう一度誘いたい。」
けど、また誘ったらしつこいと思われるのではないかと思い、なかなか誘えないという人はいませんか。

実際どれくらいであればしつこいと思われないのでしょうか?
ほとんどの人は3回までなら大丈夫だそうです。

1回目と2回目を断っても3回目はデートの誘いに乗るという人もいます。

「1回目と2回目を断っているのにまだ誘ってくるということは私に本気なんだ」とわかってからデートしてくれるケースです。

しかし、3回目も断られてしまった場合は脈無しの可能性が非常に高く、その後何度デートに誘ったとしても、応じてくれることはなかなかないでしょう。

また、興味のない相手から何度も誘われても、ただしつこいと思われて迷惑になっているかもしれません。

3回以上断られている人は諦めたほうがいいでしょう。

デートに誘うのがはじめて、断られたくないという方はどうぞ参考にしてください。

昼の時間帯のデートに誘う

食事に誘うとなると、だいたいディナーになりがちですが、ディナーより昼間ランチに誘うほうが成功率は高いです。

ランチならば電車の時間も気にせずゆっくりできますし、人目があるので女性も警戒せず安心できます。

女性向けの店に誘う

おしゃれなパンケーキのお店や女性客がほとんどのカフェに、「男だけじゃ行きづらいから」と誘うのは良い手です。

誘う口実も確かで、女性は「それなら一緒にいってあげてもいいよ」という感情になりやすいです。

落ち込んでいる時に誘う

女性が仕事で悩んでいるときや何か落ち込んでいるとき、「大丈夫?」「相談に乗るよ」とやさしい言葉をかけて誘ってみましょう。

あなたの優しさに心を許してくれるはずです。

まとめ

勇気を出して女性をデートに誘ったにも関わらず、あっさり断られる経験をしたことのある男性は多くいます。

デートを断られる理由も女性によって様々ですが、断られたときにどう対応するかでその後、その女性との関係はまた変わってくるものです。

今回の記事を参考に、デートに断られたときの対応をしっかり勉強しておきましょう。

この記事に関連するキーワード