婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月16日 更新

20代のうちに結婚したい!若いうちに結婚する方法

20代のあなたは「自分は若いから、すぐに結婚出来るだろう!」と思っていませんか。
「30代の婚活は地獄だって聞くけど、20代はヨユーでしょ?」だなんて考えていると、あっという間に30歳になってしまいます。

いざ結婚したいと思った時に、誰でもすぐに結婚出来るなら「婚活」という言葉がこれほど浸透しなかったでしょう。
20代のうちに結婚したいと思っているならば、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

20代のうちに結婚したいと思ったら、誰でも結婚出来るのか

「婚活」とは、結婚相手を見つけるための積極的活動のことで、就職活動を表す「就活」をもじって生まれました。

理想の相手を見つけるためには、自ら活動しなければいけないということを、この言葉が象徴しているのは言うまでもありません。

20代のうちに結婚したいと考える女性はとても多いです。
しかし、誰でも結婚できるのか?と言うと、難しいかもしれません。
20代のうちに結婚したい人は、どのくらいの割合でその夢を叶えているのでしょうか?

平均初婚年齢はどのくらい?

現代の日本は、晩婚化と言われますが、これは実際の調査で明らかなことです。
厚生労働省の統計による、2015年の初婚時平均年齢は男性31.1歳、女性29.4歳となっています。

こうやってみると男性はすでに平均が30歳を超えており、女性もほぼ30歳と言える年齢まで上がってきています。
ちなみに2000年の平均は、男性28.8歳、女性27.0歳で、たった15年の間にこんなに平均が上がったことに驚きを隠せません。

さらに、2015年の国勢調査では、20代後半の4人に1人が結婚しているという結果が出ています。
逆に言うと、4人に3人は結婚していないわけです。
この数値を見たら、20代のうちに結婚したい人が、皆結婚出来ているとは、言えそうにありませんよね。

なぜ20代で結婚しないの?晩婚化の原因

なぜ、日本はここまで晩婚化が進んでいるのでしょう。
これには大きく分けて2つのパターン考えられます。

結婚したいけど結婚できない

1つ目は、20代のうちに結婚したいと思っていても、様々な理由で出来ない人がいることです。

例えば経済的な問題です。
日本経済が不安定な今、収入に不安がある人が多く、そのような人はとてもじゃないけれども家庭を持って養っていけないと考えています。

また、人間関係が希薄になってきていることも、20代のうちに結婚したいと思っても出来ない理由の1つです。
世話焼きの親戚が減ったり、友達とのつき合いを煩わしいと思ったりする人が増えているからなのです。

結婚したいと思わない

2つ目は独身時代の充実感から、そもそも20代のうちに結婚したいと考えていない人が増えていることです。
結婚を意識し始めるのが遅くて、子どものことを考えて慌てて婚活を始める人もいます。

例えば、仕事が楽しく、さらにはネイルやエステなど、自分の楽しみを満喫したいと考えている女性です。
結婚すれば家事の負担が増え、子どもが生まれると育児ものしかかってくると思うと、まだ独身でいたいと思っているわけです。

これは男性にも言える話です。
自分だけの生活に夢中になっているうちに、気がつけば30歳を超えて、「20代のうちに結婚したい!」という願いは叶わなくなります。

もしあなたに恋人がいても、相手も20代のうちに結婚したいと思っているか、わかりません。
ちなみに、いつか結婚出来るだろうと漠然と考えている人は、こちらのパターンに陥りがちです。

20代のうちに結婚したい理由を考える


ここまで読んできて、20代のあなたも少し焦りを感じてきているでしょうか。
本当に20代のうちに結婚したいと思っているなら、今から婚活をスタートさせましょう。
「結婚について具体的に考えること」が、婚活の第一歩です。

子どもが欲しいから

あなたはなぜ20代のうちに結婚したいのでしょうか?
子どもが欲しいからでしょうか?

現実問題として、男女共に年齢を重ねる毎に、子どもができにくくなる可能性は高くなります。
女性においては、出産のリスクが上がり、流産の可能性も上がると言われています。
確かに体力的なことを考えると、子どもを産むのは若いに越したことはないでしょう。

実は男女共に、20代のうちに結婚したい人の多くの理由が、「子どもが欲しいから」なのだそうです。

安定したいから

もちろん、子どもが欲しいことが理由ではない人もいるでしょう。
例えば、安定した生活を送りたいからでしょうか。

20代のうちに結婚したい人の中には、玉の輿を夢見て結婚したい、なんて考えている人もいるかもしれません。
それから、結婚していた方が昇進しやすいからという理由で、20代のうちに結婚したいと考える男性もいます。

経済的な安定だけではなく、精神的な安定を求める場合もあります。
美味しい料理を作ってくれる人を求めたり、作った料理を一緒に食べてくれたりする人を求めることも考えられます。

「おかえり」を言ってくれる相手が欲しいからと、婚活をスタートさせた人もいます。
他にも、親を安心させたいから20代のうちに結婚したいとか、周りが結婚を促すから20代のうちに結婚したいといった、外部要因的な理由もありますよね。

若いうちに婚活をするメリット・デメリット


20代のうちに結婚をするためには、婚活を視野に入れなければなりません。
今から知り合って、付き合って、入籍して、挙式をして…と考えると、あまりのんびりはしていられないのです。

いざ婚活を始める場合。
20代で婚活・結婚をするには、どんなメリットとデメリットがあるのかを知っておきましょう。

若いうちに婚活をする「メリット」

20代のうちに婚活したいと思った時、選択肢が広いことが1番のメリットかもしれません。
なぜなら、20代は幅広い年齢から「求められやすい」からです。

もちろん若いだけで選ばれると思ったら大間違いです。
30歳以上の人でも容姿端麗であったり、才能に溢れていたりする人は、大変魅力的です。
25歳の人でも何の努力をしていない人は選ばれません。
また、男性であれば若さゆえに社会人経験が少ないと、マイナスイメージに繋がることもあります。

それから、人生設計を立てやすいというメリットもあります。
「20代のうちに結婚したい!」を叶えた人たちは、早く子どもを産み、早く子育てを終了し、老後に備えることも出来ます。

万が一不妊であった場合でも、治療を早く開始出来ます。
子どもを望まなくても、2人だけの生活を満喫させるための、様々な計画を立てることも出来ます。

若いうちに婚活をする「デメリット」

まだ先があるからと油断していると、良い縁を逃しやすいのは若さゆえのデメリットです。
20代のうちに結婚したいと思っていても、まだ20代だからもう少し良い人を、高収入な人を、などと高望みし過ぎて、結局30歳を迎えてしまう人もいます。

また、夫婦共に20代前半だと、世間的には認められにくい可能性もあります。
20代のうちに結婚したい理由が曖昧だと、親にも認めてもらえない場合もあるかもしれません。

20代のうちに結婚する方法

「20代のうちに結婚したい」という思いが強く固まったら、まず何をすべきなのでしょう。
あなたの望む結婚を叶えるためにはどうすればいいのでしょうか。

合コンに行ったり、婚活サイトに登録したりするのは、出会いを広げるとてもいい方法です。
友だちに「私は20代のうちに結婚したい!」と宣言して、出会いを積極的に求めてもいいでしょう。

ただ、それだけではなく、自分磨きも並行して行うことをお勧めします。
これも立派な婚活です。

就職活動も、より良い就職先を獲得するために、資格を取ったりしますよね。
それと同じです。

20代のうちに結婚したいなら、料理教室に行ったり、ジムに通って体を鍛えたり、あなた自身の趣味を極めましょう。
そこで出会いがあることもありますし、何より自分に自信が持てるようになります。
自信が持てれば、自然と人が寄ってくるものです。

シンプルに考えるコツ!アラサー関連記事▼

アラサー婚活を成功させる鍵【プライド】と【自己分析】

婚活を始めるべきタイミングとは


20代のうちに結婚したいと思ったら、すぐ婚活を始めましょう。
婚活を始める時期に「早すぎる」「若すぎる」ということはありません。

婚活は平均初婚年齢を超えた人だけのものではありません。
あなたにも素晴らしいパートナーが見つかり、「20代のうちに結婚したい!」という願いが叶いますように。

「20代女性向け特別プラン」がある結婚相談所

楽天オーネット【公式サイト】

この記事に関連するキーワード