婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月09日 更新

結婚願望なしアラサー女性が増加中!理由と知ってた方が良い事

結婚願望がないアラサー女性が今、増えています。

それは何故なのでしょうか?

結婚願望のないアラサー女性の本音を調査して参りました。

また、結婚願望のないアラサー女性が知っておいたほうが良い事や、いつもは結婚願望はないけど、たまに結婚願望が出てくるタイミングなども一緒に紹介しています。

結婚願望はないけどそろそろ結婚も視野に入れたほうが良いのか悩んでいる女性は是非参考にしてみてください。

未婚のアラサーの傾向

未婚のアラサー女性の中にも結婚願望がある人、結婚願望がない人にわかれます。

以前なら結婚願望がある人の方が多い傾向にありましたが、現在はどうなのでしょうか?

見ていきましょう。

結婚願望がないアラサー女性が増えている

アラサー女性の中でも、結婚願望がない人が増えてきています。

これは、初婚平均年齢が関係していると言えるでしょう。

厚労省によれば、現在の初婚平均年齢は女性が29歳、男性は30歳です。

10年前に比べると男女ともに1.2歳遅くなっている傾向にあり、こういった背景も結婚願望の有無に関係していると言えるでしょう。

周りに結婚する人が少なくなれば、焦ることもなくなりますし、未婚であったとしてもそれが普通になるため、急かされることも少なくなりますよね。

また、女性の社会進出もアラサー女性で結婚願望がない人が増加している理由になるでしょう。

今や女性は、結婚しなくても1人で生きていける時代になっているため、結婚に利益を見いだせないことも結婚願望がないアラサー女性の背景にはあると言えます。

アラサーは結婚適齢期

とはいえ、結婚願望が今なくても、知っておいたほうが良い事はあります。

それはアラサー女性は結婚適齢期と言う事実です。

女性の初婚平均年齢が29歳ですから、まさにアラサーは結婚適齢期、婚活がしやすい時期も今ということになります。

また、女性は妊娠率というものを考えなければなりません。

妊娠率は加齢とともに下がっていく

妊娠率は加齢とともに下がっていきます。

35歳までの女性であれば、30%の妊娠率を保っていられると言われているのですが、35歳を過ぎると18%にまで妊娠率が下がってしまうこともわかっています。

つまり、将来的に子供が欲しいと思っていても、35歳までのうちに子供の計画を立てて頑張ってみなければ妊娠しづらくなることを知っておかなければならないでしょう。

今や、高齢出産などがテレビで報道されたり特集が組まれたりもしますが、医療が発展してなんとか高齢出産ができているというだけで、高齢出産は今も難しい出産であることには変わりありません。

また、高齢妊娠は子供の先天的障害のリスクを高めることにも繋がります。

今や高齢出産も主流になりつつあるから、今はまだ結婚願望がなくてもいずれ自然に結婚して出産できればそれでいい、そう思っている人は、妊娠率の現実を知っておくようにしましょう。

結婚願望を感じる瞬間とは

アラサー女性の結婚願望がない人の割合が増えてきているというお話と、結婚願望がなくても妊娠率の現実を知ったほうが良いというお話をしました。

次はアラサー女性で結婚願望がなくても、ふと結婚願望が沸き起こるタイミングが存在するらしく、どういう時に結婚願望が沸き起こるのかまとめてみたので紹介します。

この先もずっと1人であるかもしれない妄想をした時

女性は月に1度、ホルモンバランスが大きく崩れそうになる時期がありますよね。

そんな時、精神的に負担がかかり心が寂しくなってしまうことがあります。

こんな時に、結婚願望は沸き起こります。

「この先もずっと1人だったら」という妄想をこういった心に余裕がなくなってきている時にふとしてしまい、結婚願望がなくても、「結婚したほうが良いのかな」と少しの結婚願望が出てくることがあるのです。

ホルモンバランスが崩れているからこその結婚願望なので、整えばその結婚願望も薄くなり忘れてしまう程度のものではあります。

しかし、寂しい時に結婚願望が沸くという事は、この先も何度も寂しい時に結婚願望が沸くことが想定されるため、今大丈夫でもこの先、強い結婚願望が沸かないというわけではなさそうだということは自覚しておく必要があると言えます。

友達が結婚をした時

アラサーは結婚適齢期なので、友達が結婚することもあるでしょう。

結婚願望のない女性が増えていても、アラサーは結婚適齢期で結婚ラッシュが起こる頃もアラサーの時期です。

友達の結婚を見送っていると、なんだか自分もしたほうが良いかもしれないという焦りが生まれてしまうのですよね。

周りも結婚していないから大丈夫だと思っていたのに、いつの間にか周りでは既婚者だらけになってしまっていた、なんてことも珍しくありません。

友達が結婚して焦る場合、今の生活に満足しているから結婚願望がなかったわけではないことがわかるため、将来的に後悔しないためにも、婚活を始めてみるのも良いかもしれませんね。

仕事がひと段落ついた瞬間

打ち込んでいたものが完成した時、肩の力が抜けて、心にぽっかり穴があいたような感覚に陥ることがあります。

いわゆる、燃え尽き症候群です。

こんな心の穴ができた瞬間に、人はむなしさを覚えたりもするのですが、このむなしさや一種の寂しさを埋めるために「結婚したいなあ」と思うことがあるようです。

仕事でも成功を収めたし、次は結婚にも挑戦したい、と思う場合もあるようですね。

婚活は早いほうが有利

結婚願望のないアラサー女性が増えているというお話はしましたが、これは男性の理想年齢も年々高くなっているというわけではありません。

アラサー女性で結婚願望がないアラサー女性は、もう少し遊んでから、もう少し仕事に打ち込んでから結婚をしようと思っているのかもしれませんが、男性はいくつになっても若い女性を好みます。

特に子供が欲しい男性は、妊娠率の関係で若い女性を好むため、もしもアラサー女性が今、結婚願望がなくても後々結婚したいと考えている場合、後々する婚活はとても困難であることは知っておいたほうが良いでしょう。

ですが、今まさに婚活を始めるのであれば、将来婚活するよりも有利に進めることができるためおすすめできます。

それでも男性はアラサー女性よりも若い女性を好むため、簡単に婚活が成功できるとはいいがたいですが、将来的に結婚したい意思はあるというのなら、今から婚活を始めておいた方が後々の自分にとっても、優しい選択となることでしょう。

まとめ

アラサー女性で結婚願望がない女性が増えているというお話と、アラサーは結婚適齢期である現実、結婚願望がないアラサー女性でも結婚願望が芽生えるタイミングのお話をしました。

今が充実して結婚なんて考えられないという気持ちはわかりますが、もしも将来的に結婚したいと思っているのならば、せめて結婚相手を見つけておくくらいはしておきたいですね。

どの年齢になっても、出会ってお付き合いして、そこから結婚に向かっていく流れは変わりません。

アラサーを過ぎてからの婚活でもそうであるため、今行動して、結婚したい時に結婚相手がいる状態にしておいた方が、自分の希望に沿った流れと言えるのではないでしょうか。

また、婚活は早ければ早いほど、良い条件の相手とも巡り合いやすくなるため、その点でもおすすめですよ。

素敵な人生設計を立てましょう。

参考になれば幸いです。

この記事に関連するキーワード