婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年07月20日 更新

今すぐ改善すべき!モテない女に共通する8つの理由

モテない

だからモテない!男にモテない8つの理由

モテるどころか男性からは全くモテない…そんな残念女になってしまっているのには、当然理由があるのです。

モテない女に共通する8つのモテない理由とは…?

モテない理由を理解し、改善することで、モテる女に生まれ変わりましょう!

モテない理由その1″外見が男ウケしない″

モテない女に共通する理由の一つとして、外見が男ウケしないことが考えられます。

女性は男性から外見で判断されることは多いため、やはり外見の良し悪しでモテるモテないが変わるのは必然と言えます。

とはいっても、美人でなければモテない!というわけではありません。

決して美人ではなくても、外見が男ウケするかどうかが、モテるモテないを左右しているのです。

顔はそれほど可愛くなくても、ファッションや雰囲気が男ウケする女性や、体型が男ウケする女性は、それだけでもモテます。

つまり外見が男ウケしない女性は、残念ながらモテないということです。

モテたいのならば、外見だけは男性に媚びるのが実は正解です。

男性が好きそうな髪型やメイクをし、男性が好きそうな服装をするなど、男ウケする外見を作るのは決して難しいことではありません。

なんだかモテを狙ってそうで嫌…なんて思う女性もいるかもしれませんが、そこを狙っていくのがモテるためのポイントなのです。

モテたいなら男ウケを意識した外見をし、できるだけ男性から万人ウケする女性になりましょう。

たとえば体型が太っている女性や、個性的なファッションでオシャレをする女性などは、一部の男性にしかウケないのでモテません。

太っているなら標準体型まではダイエットが必要ですし、オシャレは男性が理解できる範囲のオシャレに留めましょう。

モテない理由その2″ガードが堅すぎる″

ガードが堅すぎるというのも、モテない女に共通する理由の一つです。

女性の場合、どうしても男性に対するガードが堅くなってしまう人は少なくないと思います。

とくに男性慣れしていない女性や、貞操観念の強い女性は、どうしても男性に対して壁を作ってしまうものですよね。

しかし女性がこのように男性をガードしてしまうと、男性はそれ以上近付こうとしないのが普通です。

壁を壊してまで女性に近付こうとする男性は少ないですし、元から壁のない女性に近付いた方が楽だと考えるものでしょう。

つまり結果的に男性にモテる女性というのは、ガードが堅い女性よりも、ガードの緩い女性なのです。

男性に「俺でもイケるかも」と思わせられる女性こそが、男性にモテるということです。

ガードが堅ければ、それだけで男性は興味を示さなくなりますから、モテないのは当然のことでしょう。

モテたいのであれば、男性に対するガードを緩くすることが必要です。

もちろん軽い女になれということではなく、適度に男性に隙を見せるようにするのがコツですね。

あまり真面目で堅いイメージを作らずに、気を抜いた自分を出すようにしてみると良いでしょう。

モテない理由その3″恋愛に奥手″

モテない女に共通する理由として、恋愛に奥手なところも挙げることができます。

やはりモテる女性の多くは、恋愛に奥手どころか、恋愛上手で恋愛に積極的です。

まさしく「恋多き女」こそ、モテるということでしょう。

恋愛に奥手な女性がモテないのは、そもそも恋愛をするチャンスすら掴めないことがほとんどだからです。

恋愛に奥手となれば、男性と積極的に出会いを求めることや、男性と接点を持つことすらできないわけです。

これではモテないどころか、男性からアピールされるような機会もないということです。

自分に自信が持てず、恋愛に消極的になってしまう気持ちは分かりますが、そのままではモテとは縁遠いということも理解しましょう。

モテたいのであれば、恋愛に対して積極的になる必要があります。

そのためには、自分で本気で恋愛をしたいという気持ちを強く持ち、自信を持って恋愛をすることが大切です。

つまり恋愛をするために、外見や内面を磨く努力をするなど、自信をつける方法を考えることも大事ですね。

恋愛上手な女性は自分磨きをするのも当たり前ですが、これは自分に自信をつけるために必要な努力なのです。

モテない理由その4″自己中心的″

自己中心的な性格であるというのも、モテない女に多い理由の一つです。

根本的に自己中心的な人というのは、あまり性格的に良い印象を与えることはできません。

どちらかというと「性格が悪い」と思われてしまう特徴ですよね。

やはり恋愛面においても、自己中心的な人がモテないのには納得できると思います。

自己中心的な人というのは、やはり相手のことを気遣うことや、思いやることを考えられないため、相手を傷つけてしまうことが多くなります。

また、自分勝手な考えや行動によって、相手に迷惑をかけてしまうことや、振り回してしまうことも少なくありません。

自己中心的な人とは友達付き合いをするのも大変ですが、恋愛となれば、一緒にいて疲れるという印象を持たれてしまうため、恋愛対象にすら考えてもらえない可能性が高いです。

モテたいのであれば、自己中心的な考え方は控えるようにし、できるだけ相手の気持ちを優先して考える癖をつけることです。

自分の気持ちは後回しにできないというのは、単なるワガママであるという自覚も持ちましょう。

何でも自分の思い通りにならないと嫌!なんて考えは、少し子供っぽいことに気付くべきですね。

モテない理由その5″人の悪口や愚痴ばかり言う″

人の悪口や愚痴ばかり言うというのも、モテない女に共通する理由です。

女性の場合はとくに、悪口や愚痴が多い人は珍しくありませんよね。

悪口や愚痴を言っている側というのは、その時は気分が良いものなのです。

悪口や愚痴を言うことによって、ストレス発散もできているのでしょう。

しかし悪口や愚痴を聞かされる側や、言っている姿を見る側にとっては、あまり気分が良いものではありません。

同じように悪口や愚痴が大好き!なんて女性はいるでしょうが、男性の場合は大半が嫌がります。

悪口や愚痴を言う女性=性格が悪い・面倒くさいと考える男性がほとんどですから、モテないのも当然と言えます。

女性の陰湿な一面が出てしまう部分でもあるので、男性には引かれやすいということを頭に入れておきましょう。

悪口や愚痴を言うのがストレス発散になっている女性も、モテたいなら今すぐやめた方がいいです。

たしかに悪口や愚痴を言いたくなることもあるでしょうが、そんなときは他のストレス発散方法を考えるべきです。

どうしても悪口や愚痴を言いたいときは、親友や家族など、限られた人の前だけにしましょう。

モテない理由その6″女を捨てている″

モテない女に共通する理由として「女を捨てている」というのがあります。

女を捨てているというのは、外見的なことと、内面的なことが考えられます。

まず外見的に女を捨てている例としては、「ムダ毛処理をしない」「身だしなみに気を使わない」「清潔感がない」「オシャレをしない」「肥満である」などがあります。

パッと見で「女を捨てているな」と分かるような外見では、男性にモテるどころか、恋愛対象として考えてもらうのも難しいです。

次に内面的に女を捨てている例としては、「自虐ネタで周囲を笑わせようとする」「人前で恥ずかしいことが平気でできる」「言葉遣いが悪い」「下ネタを平気で言う」などがあります。

見ていて面白いと思われることや、男友達のようで話しやすいと思われることはありますが、やはり「女性として見ることはできない」という男性が大半です。

たとえお笑い担当で人気者になれたとしても、モテるようなことはまずありません。

このように女を捨てていると、男性から恋愛対象として考えてもらえないのは紛れもない事実です。

外見は意識して直す努力はもちろん必要ですが、モテたいなら内面も「男っぽいキャラ」や「お笑いキャラ」を過度に演じすぎないようにした方がいいですね。

モテない理由その7″気遣いができない″

男女共にモテない人というのは、人への気遣いができないものです。

モテない女に共通する理由の一つも、「気遣いができない」ことです。

相手が何をして欲しいかを前もって考えて行動するのが気遣いで、これができる人はモテる人が多いですよね。

しかし反対に気遣いができない人は、「鈍感」「優しさがない」「人の気持ちが分からない」など、マイナスイメージを持たれやすくなってしまうのです。

恋愛対象としてナシだなと思われてしまうため、気遣いができないことが、モテない原因になってしまうこともあるわけです。

男性にとって女性からの気遣いというのは、女性の優しさや母性を感じることです。

気遣いができる女性がモテるのも、男性が女性に優しさや母性を求めているからなのです。

気遣いを苦手とする女性もいると思いますが、気遣いができるようになるためにはいくつかのポイントがあります。

まず「相手の迷惑をいちいち考えないこと」ですね。

「こんなことして迷惑じゃないかな」なん考えていては、人を気遣うことはできません。

客観的に考えて、自分がやられて迷惑だと思わないことならば、大半の人は嫌な気はしませんから、自信を持って行動することが大切です。

また、相手がどんな気遣いを必要としているかに気付くために、周りをしっかりと見るようにすることですね。

相手が求めていないことをするのは気遣いではなく、単なる押しつけになってしまうので、しっかりと周りを見て判断しましょう。

モテない理由その8″ネガティブで自分に自信がない″

ネガティブで自分に自信がないというのも、モテない女に共通する理由として挙げることができます。

やはりモテない女性を見ると、ネガティブで自分に自信がない人が多いのも事実です。

人間ポジティブな人とネガティブな人とで、一緒にいたいと思うのは言うまでもなく前者の人です。

ネガティブな人と一緒にいたくない理由は、一緒にいて疲れてしまい、自分まで暗い気持ちになってしまうからですよね。

異性にモテないだけでなく、友達になりたいという人も少ないです。

また、自分に自信がない人がモテないのにも、それなりの理由があります。

自分に自信がない=自分に売りがない人が、恋愛で好きな人にアピールすることができるわけがないのです。

「何も良いところがないけど好きになって欲しい」なんて言われても、好きになってもらえるのは同情心を持たれた場合くらいでしょう。

やはり自分に自信を持っている人の方が、自己アピールも上手で、相手に「いいかも」と思わせることができるのです。

モテたいならできるだけポジティブな考え方をすることと、自分に自信を持つことは最低限必要なことです。

自分に自信を持てない人は、自分で自分の好きなところを伸ばす努力をすることや、今よりも魅力的になれるように自分磨きをすることです。

少しずつでも自分を好きになれれば、自分に自信を持つことができるはずですよ。

モテない女から抜け出して目指せモテ女

いかがでしたでしょうか。
あなたが「モテない理由」、思い当たるものはありましたか?

モテない女に共通する理由を知れば、モテるために自分がどうすべきかに気付くことができたはずです。

・外見が男ウケしない
・ガードが堅すぎる
・恋愛に奥手
・自己中心的
・人の悪口や愚痴ばかり言う
・女を捨てている
・気遣いができない
・ネガティブで自分に自信がない

これらの理由を改善するには、まず、行動することです。
いきなり合コンでなくてもかまいません。

週末にイベントに参加するとか、ジムに通い始めてみるでもいいのです。
今までの自分の行動範囲とは、違うところに行ってみましょう。

できるだけ女性ばかりの場所ではなく、男性もいる場所を選ぶのがよいですね。
そこで、自分中心ではなく相手のために行動してください。

そして、あなたが誰かに何かをしてもらった時は、素直に感謝の気持ちを伝える。
この行動がモテる女になるための、最初のステップです。

モテない理由がある人は今すぐ改善し、モテ女を目指して頑張りましょう!
そして、モテる女を目指すために、もう一つ気付いてほしいことがあります。

それは、男性の心理です。
男性が、どんなふうに女性を見ているのか、その心理を少しでもわかれば、
モテる女になる近道になります。

まず、男性はみんな、頼りがいがあって強いわけではありません。

もちろん、頼られるのは嬉しいと感じる男性が殆どでしょうが、
男性の心理としては、頼られるだけではなくて、時には甘えさせてくれたり、褒めてくれるような、そんな女性に惹かれることがよくあります。

男性は、女性に認めてもらいたい生き物なのです。
そのために、女性に必要なものは「母性」。

相手の話をよく聞いてあげたり、優しく接してあげたりすることが、
男性から『恋愛対象としての女性』として認められることにつながります。

だからといって、デキる女である必要はありません。
職場の上司や、学校の先生のように、

「よくできたわね~」「私に任せて!」「うんうん、受け止めてあげる」と上から目線になってしまうと、
男性のプライドを傷つけることになり、高圧的な印象を持たれて、すぐに恋愛対象からはずされてしまいます。

「モテる女になりたい」と思ったら、男性心理もよく理解して、相手の都合や気持ちを考えながら行動することが大切になります。

この記事に関連するキーワード