婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年09月26日 更新

20代と同じじゃダメ!結婚できない30代女性の特徴

結婚できない

結婚できない30代女性の特徴

結婚できない30代女性の生活を見てみると、実は20代女性と何ら変わることがないのです。

そしてそれが原因となって、結婚できない現状を作り上げている可能性があることをご存知でしょうか?

本気で結婚を意識するのであれば、いつまでも20代の頃と同じ気持ちのままではダメなのです。

そこで、今回は結婚できない30代女性のNG生活を元に、30代女性が結婚を意識して心掛けたいことを紹介したいと思います。

結婚できない30代女性の特徴「実家暮らしを続けている」

20代の頃と変わらずに、実家暮らしを続けている…なんて30代女性は、実家暮らしを続けていることが結婚できない原因になっていることに気付くべきです。

たしかに実家暮らしをするのは楽なことですよね。

精神的にも気が楽なのも事実ですし、金銭的なゆとりができるのも事実だと思います。

しかし、結婚を意識して考えなければならない30代女性にとって、実家暮らしというのはマイナス効果の方が大きいということを知っておかなければなりません。

まず、実家暮らしをすることによって、家事や身の回りのことを親頼みになってしまいやすいというのがよくありませんね。

これではいつまでも、家事も身の回りのことも自分でろくにできないままになってしまいます。

20代の頃から一人暮らしをしていた女性であれば、30代の頃には家事も一通りこなせる技術を身に付けている可能性が高いですし、自分1人でキッチリとした生活が送れるようになっているのは言うまでもありません。

つまり、30代で未だに実家暮らしを続けていることによって、一人暮らしをしている女性から遅れをとってしまっているのだということを自覚しましょう。

また、実家暮らしでいることで、経済的に自立できないというのもマイナスになってしまっていることです。

結婚をすれば自分でお金の管理をしながら生活していく必要がありますが、実家暮らしの女性はその経験がないため、上手くお金の管理をすることができないわけですね。

一人暮らしをしていれば、光熱費の節約の仕方や食費の節約の仕方を覚えることや、生活していくためのお金の使い方を自然に身に付けることができるわけです。

しかし実家暮らしの場合は、お金の管理は親任せで、自分はいくらか親にお金を渡すだけ…なんて状況になってしまうことが多いですよね。

これでは結婚後の生活にも支障を出してしまう可能性がありますし、結婚相手の男性も財布の紐を握らせるのは怖いと思ってしまうはずです。

一人暮らしをして学べることというのは、結婚してからも役立つことばかりなのですね。

結婚するまで実家暮らしを続けようとは思わずに、結婚前から一人暮らしを経験してみることも、花嫁修業になると思っておくといいでしょう。

20代の頃と同じ気持ちで、実家で楽な生活を送り続けているようでは、結婚できないままですよ。

結婚できない30代女性の特徴「基本的に家事はしない」

先ほどの実家暮らしの話しにもあったように、独身時代から家事を学んでおくことはとても大切なことです。

しかしながら、家事を全くしない生活を送る30代女性が多いのも事実なのですね。

20代の頃はあまり家事をしない女性や、家事自体経験のない女性が多いのも納得できますが、30代になっても20代と同じ感覚のまま家事をしないでいるというのは悪い傾向と言えるでしょう。

ほとんどの場合、実家暮らしであることが理由で、家事の必要性がないケースが多いと思います。

自分が家事をしなくても、家事をしてくれる家族がいるのであれば、たしかにわざわざ家事をしようと考える人は少ないかもしれません。

ですが、いつまでも子供の頃のような気持ちで家事を経験せずに、30代を迎えたとなるとこれは問題でしょう。

世間の男性は30代女性ともなれば、家事ができて当たり前という認識を持っているものです。

20代の女性ならば家事ができなくても「まだ若いからこれから」と考えることができますが、30代女性が家事をできないとなると、イメージもかなり悪くなるわけですね。

よほど家事が苦手なのか、あるいは家事が嫌いなのか、それとも親に任せて家事をしない怠け者の女性なのかと考えてしまうわけです。

つまり、20代の頃と同じような気持ちで「家事なんて必要ない」という考え方は、結婚を意識したときにマイナスになってしまうということが高いということですね。

実家暮らしに限らず、一人暮らしでも積極的に家事ができない女性もいることでしょう。

食事は外食や買ったもので済ませ、洗濯はコインランドリー…なんて生活も、一人暮らしならば可能なことです。

20代女性の場合、学生気分でこのような生活を送っている人も多いですが、30代女性がこれをしてしまうと、正直痛いと思われてしまうでしょう。

30代になれば、家事はできて当たり前、家事をするのが普通だという認識を持つようにしなければ、結婚できないままになってしまいます。

今後は積極的に家事をするように心掛けることが大切ですね。

実家暮らしなのであれば、手本となる母親から家事を教えてもらうなど、実家暮らしなりのメリットを生かして生活するようにしましょう。

結婚できない30代女性の特徴「お給料やボーナスの使い道は自分へのご褒美」

お給料やボーナスを何に使うのは個人の自由です。

しかし、30代を過ぎたら、お給料やボーナスの使い道もしっかりと考える必要があるのですね。

20代の頃と同じように、お給料やボーナスの使い道は自分へのご褒美!なんて考えていませんか?

もし、このような考えを持っているのだとしたら、それが結婚できない原因になってしまっているかもしれません。

たしかに20代の頃は、頑張った自分にご褒美を与えようと、お給料やボーナスの使い道も派手だったりしますよね。

パーッと旅行に行ってみたり、欲しかった物を購入したりと、せっかく貰ったお金を散財してしまうこともあったと思います。

しかしこれは、20代の頃だから許されたことなのですね。

将来のことを考え、先を見通してお金を使わなくても、20代のうちは「まだ間に合う」という考え方がほとんどだと思います。

ですが30代ともなれば、このような考え方でお金を使ってしまうことは、現実的ではありません。

自分へのご褒美にお金を使うことよりも、まとまった収入があった場合には貯金をすることや、本当に必要な物にお金を使うという考え方をする必要があります。

金銭感覚を養うためにもそうですし、30代になったら計画的にお金を使うことを意識しておかないと、後悔してしまうことも多いですからね。

金銭感覚がずれている女性や、浪費家の女性とは、結婚を考えられない男性が多いのも事実です。

結婚後に家計を守ってもらうためにも、お金の管理はしっかりできる女性がいいと思うのも当然のことですよね。

自分へのご褒美に派手なお金の使い道をするような女性では、結婚生活をイメージできない男性がほとんどでしょう。

結婚後に無駄遣いをされたら…と考えると、そのような女性と結婚したいと思う男性は少ないでしょう。

よほど高収入や、金銭的に余裕のある男性でない限り、結婚相手としてはNGだと思われてしまう可能性が高いです。

20代の頃のように、自分のお金は自由に使えるという考えを改めなければ、いつまでも結婚できない女になってしまいます。

もう30代なのだという自覚をして、お給料やボーナスの使い道はしっかりと考えるようにしたいですね。

結婚できない30代女性の特徴「休日は趣味や習い事に時間をかける」

結婚できない30代女性の生活では、20代の頃と同じように、休日は趣味や習い事に時間をかけているということが多いです。

いわゆる自分磨きに、時間やお金をかけているわけですよね。

20代であれば、この自分磨きの必要性があるのも納得できることだと思います。

まだまだ自分に磨きをかける時期であり、より自分を高めることが、素敵な男性に出会るためにも必要なことですよね。

しかし、このように自分磨きに力を入れるべきなのは、20代までだと考えた方がいいかもしれません。

というのも、30代になって自分磨きにお金や時間をかけるには、はっきりいって余裕のない状況だということを理解するべきなのです。

まだ結婚に焦りもなく、お金の使い道をあれこれ考えなくて済む20代だからこそ、自分磨きにお金も時間もかけることができたのです。

30代になってこれをしてしまうと、お金を浪費してしまうだけでなく、結婚へのタイムリミットを自分磨きに費やしてしまうことになるわけですね。

どんなに自分磨きをして魅力的になったとしても、気付いたときにはお金も結婚相手もなし!なんて状況になってしまっては意味がありません。

30代女性が結婚できないのは、いつまでも自分磨きに夢中になってしまうことも原因の一つなのですね。

自分磨きに力を入れるのは20代までと考え、本気で結婚したいという気持ちがあるのであれば、婚活のための時間を作るようにしましょう。

休日に自分磨きをする余裕があるのであれば、1人でも多くの男性と食事をするなり、デートをした方が有効的です。

趣味や習い事は息抜きや楽しみ程度にして、自分磨きをするのであれば、家事能力を高めるなど、婚活に必要な自分磨きをするのが正解ですね。

結婚を考えていない女性であれば、趣味や習い事に力を入れるのは構わないことですが、結婚を意識しているのであれば、趣味や習い事よりも他にやるべきことがあるという心構えが必要ですよ。

また、自分のためにお金を使うのもほどほどにして、現実的なお金の使い方をするためにも、趣味や習い事にお金をかけすぎるのもオススメできません。

30代からはお金の使い方と、時間の使い方を充分に考える必要がありますよ。

結婚できない30代女性の特徴「貯金の意識がない」

30代になれば、お金の使い方を考えるようにすることはとても重要なことです。

20代の頃のように、自分で好き勝手にお金を使うことばかりを考えていては、将来にも悪影響を及ぼすのは言うまでもありません。

結婚できない30代女性の生活として、20代の頃の感覚で、貯金をする意識がないという人も少なくありませんよね。

収入の分だけお金を使う生活に慣れてしまっていると、貯金をするという概念もなくなってしまうものなのです。

しかし、このように貯金もできない生活のままでは、結婚できない可能性も高まってしまうのは事実でしょう。

その理由として、女性も貯金をしているかどうかは、結婚相手として見極められてしまうポイントであることが一つ考えられます。

婚活において男性の貯金額は相手選びで重要視されることですが、女性の場合も貯金ゼロの人と、貯金のある人では相手からの印象が違うわけですね。

貯金をしっかりしている人は、やはり堅実でお金の管理がしっかりできる女性という印象を受けますが、30歳を超えて貯金がゼロの女性に対しては「今まで何していたの?」という厳しい目で見られることも多いです。

実際に結婚するとなれば、結婚式や新婚旅行の費用など、自分の貯金から負担しなければならないこともあるのが現実ですし、結婚後の生活でも、独身時代の貯金が必要になるということはあるわけですね。

つまり女性は貯金ゼロでも結婚できるという考えが、そもそも間違った考えなのです。

20代であれば「貯金ゼロ」も仕方ないという目で見られますが、30代ともなると貯金がないのは恥ずかしいという認識を持った方がいいですね。

貯金への意識もないまま結婚したい!と考えるのは、少しおこがましいことだと思うべきです。

お金の使い方が20代の頃のままではダメなように、貯金への意識も20代の頃のままではダメなのです。

結婚すれば貯金しなければならないことも増えてきますから、今のうちに貯金の意識をしっかりと持つようにしておかないと、結婚後も貯金できずに困ってしまうことにもなり兼ねませんよ。

無駄遣いをせずに、少しずつでも貯金ができるような生活に変えていくことが大切です。

結婚できない30代女性の特徴「恋愛結婚を夢見ている」

30代女性が結婚できない原因として、20代の頃と同じように恋愛結婚を夢見てしまっていることが挙げられます。

20代の頃は、普通に恋愛をして結婚するのが当たり前だという考えの女性がほとんどですよね。

最初から結婚を意識するのではなく、恋人との付き合いの中で初めて結婚を意識し、そのままスムーズに結婚をする形になるわけです。

恋愛結婚を夢見るのも当然のことで、恋愛結婚以外は考えられないものでしょう。

しかし女性も30代になれば、いつまでも恋愛結婚を夢見ている場合ではないというのが現実です。

恋愛結婚をしたいという気持ちも分かりますが、これから恋愛をして結婚に行き着くまでに、どれくらいの時間がかかるのかも分からないことですよね。

結婚は何歳でも構わないという気持ちの女性ならばそれもいいですが、早く結婚したいという気持ちがあるのであれば、恋愛結婚に限定して考えている余裕はないのが事実です。

恋愛結婚にこだわってしまえば、それだけ結婚できるチャンスも遠ざかってしまうということです。

好きな人を作り、好きな人と両想いになり交際…なんて段階を踏むことを考えると、いつになるのか分からないことですよね。

もう30代だからこそ、本気で結婚したいという気持ちがあるのであれば、恋愛結婚にこだわっていてはダメなのです。

婚活という形で、恋人を探すのではなく、結婚相手を探すつもりで行動しなければ、30代のうちに結婚することは難しくなってしまうでしょう。

結婚相手を探すのに抵抗があるという女性もいるかもしれませんが、初めから結婚願望のある男性と出会わなければ、スムーズに結婚できる可能性は低いということを頭に入れておく必要があります。

たとえ恋人ができても、恋人に結婚願望がなければ、いつまでも結婚できないままになってしまうわけです。

30代で結婚したいのであれば、もっと堅く、結婚できそうな相手を選ぶということは正しい選択肢だと言えますね。

結婚への近道は、恋愛することよりも婚活をして理想的な相手を見つけることなのです。

いつまでも20代と同じ気持ちで、夢見る女性のままでは、結婚への一歩を踏み出すことができませんよ。

結婚できない30代女性の特徴「妊娠、出産への焦りを感じていない」

30代女性が結婚を意識したとき、当然考えなくてはならないのは、妊娠や出産の現実です。

30代になれば妊娠や出産へのリスクが増えてくることは、女性ならば知っている人は多いですよね。

しかしながら、20代と同じような気持ちで、妊娠や出産への焦りを感じていない30代女性がいるのも事実なのです。

そしてこれも、30代女性が結婚できない原因になってしまっているのですね。

20代であれば、妊娠や出産への心配をすることなく、結婚を考えることが可能になりますが、30代となればそうもいかなくなります。

今は高齢出産も増えていますし、子供を産める年齢であることは事実ですが、それ以外にも問題が多いわけですね。

第一に、妊娠する確率が、年齢が上がるにつれて低くなるということがあると思います。

たとえば30歳で結婚して33歳までに子供が欲しいと思っていても、33歳までに希望通り妊娠できるかは分からないことなのですね。

妊娠が遅くなれば高齢出産のリスクも増えることになりますし、焦りを感じてしまうことになるでしょう。

また、高齢出産でも元気な子供を産んだというケースはもちろんたくさんありますが、子供に障害が残ってしまうことや、健康な子供を産めないこともあるということは、理解しなければならないことです。

つまり、まだ30代だからという余裕を持った考えは、実は間違った考え方であるということなのです。

30代で結婚を考え、将来的に妊娠や出産のことも考えたいのであれば、結婚に対してもっと焦りを感じる必要があるわけですね。

実は女性よりも男性の方が現実的な考えを持つ人が多く、妊娠や出産のことを考えると結婚相手は20代の女性がいいという意見の男性は少なくありません。

男性の方が、30代からの妊娠や出産が難しいということを客観的に理解しているということですね。

男性がこのような気持ちであるということを踏まえても、30代の女性こそが、もっとリアルに将来のことを考えなければならないということです。

20代の女性と同じ気持ちで、妊娠や出産のことを考えるのではなく、30代ならではの妊娠や出産をよく考えるようにしましょう。

結婚できない30代女性の特徴「20代の頃と変わらず需要があると思っている」

30代女性にとっては、20代の頃の自分と今の自分とでは、それほど変わらないという意識があると思います。

実際に20代の頃よりあからさまに外見が変化するわけではありませんし、30代になってもまだまだ自分に自信を持っている女性は少なくないでしょう。

もちろん20代女性に負けず劣らず、自分に自信を持つことも大切だと思います。

しかし、自分で自分に自信を持つことと、男性からの需要とでは異なるということを忘れてはいけません。

30代女性が結婚できない原因として、20代の頃と変わらず需要があると思いこんでしまっていることが考えられます。

30代になっても、20代の頃と変わらない自分は、当然男性からも変わらず需要があると思って当たり前に思えるかもしれません。

しかし男性というのは、女性が20代か、30代かというだけで、女性を見る目を変えるものなのですね。

それが結婚相手としては尚更のことで、婚活においても最も男性から需要があるのは20代の女性です。

30代になると、その需要が一気になくなるというのが現実なのです。

この現実を理解せずにいれば、いつまでも結婚できない30代の女性が生まれてしまうのも当然のことでしょう。

自分がまだ需要があると思いこんでしまえば、男性に対する理想が高くなってしまうことや、もっといい相手がいるのではと、なかなか結婚を決めない…なんてことにもなりがちです。

そうこうしているうちに、誰にも相手にされなくなってしまえば、そのまま結婚への道は開けずに終わってしまうわけですね。

20代女性と30代女性、年齢としてはそれほど差がないのかもしれません。

しかし結婚相手として考えると、男性にとっては大きな差があるということを頭に入れておく必要があります。

先ほどの話しにもあったように、妊娠や出産のことを考えても、20代女性と30代女性では、男性にとっては大きな違いがあるわけです。

跡取りが絶対に必要な人や、子供がたくさん欲しいと思っている人にとっては、30代女性よりも20代女性を選ぶ方が現実的ですよね。

このような現実をしっかりと理解し、受け入れることが30代女性には大切なのです。

まだまだ需要があるという勘違いの中で生活をしていると、いつまでも結婚できないままになってしまいますよ。

結婚できない30代女性の特徴「柔軟な考え方ができない」

結婚を考えたとき、相手を選ぶ際に重要視されるもののひとつとして「柔軟な考え方ができるか否か」というものが挙げられます。
柔軟な考え方とひと言で言っても様々ですが、では結婚において倦厭されてしまう「柔軟な考え方ができない女性」とはどのような人を指すのでしょうか。

具体的に紹介すると。
・常に自分が正しいと思っている
・他の人の意見を聞くことができない
・自分の意見を変えない …などの特徴を持った人です。

また、常に相手よりも自分の立場の方が上だと思っている女性も「柔軟な考え方ができない女性」に位置付けられてしまうため、男性から結婚相手として見定められた場合の評価はかなり厳しいものになるといえるでしょう。

結婚は恋愛と違い、育った環境が異なる者同士が共に生活をしていくことです。
さらには、お互いの両親や兄弟、親戚までがその生活に関わってきます。

お互いの良い部分や、直さなければいけない部分などを認め、直し、折り合いをつけながら協力し合うことが結婚生活には必要不可欠なのです。

男性の視点に立てば、「もし柔軟な考え方ができない女性と結婚をしてしまったら、衝突ばかりで安らぐことができないかも…」と考え、柔軟な考え方のできない女性を結婚相手の候補から除外しようとする図も想像に難くないでしょう。

また、柔軟な考え方のできない女性は周りのアドバイスに耳を傾けない傾向がとても強いです。
それが例え、結婚相談所などのプロのカウンセラーからの助言であっても、です。

『結婚相手に希望する条件について』や『相手とのコミュニケーションの仕方について』などのアドバイスがあったとしても、柔軟な考え方のできない女性自身が思い描いているものから離れてしまうと、頑なにそれを拒否しようとするのです。

たしかに厳しい現代社会を生き抜くためには、女性であっても『意志の強さ』は必要です。

しかし、その『意志の強さ』が『我の強さ』になってしまうと、結婚相手として相応しくないという印象を男性に持たれてしまうということも心に留めておきましょう。

30代だからこそ自分を見つめ直す必要がある!

30代女性が結婚できない原因を見てきましたが、やはり20代と30代では、変わらないようで全く違うということが分かったのではないかと思います。

20代の頃と同じ気持ちで生活を送っている女性も多いと思いますが、結果的にそれが結婚できない原因を作ってしまっているわけですね。

それもこれも、30代の自分を客観的に見ることができないことや、30代だという自覚が足りていないせいなのです。

つまり30代女性に必要なことは、自分をしっかりと見つめ直すことなのですね。

20代の頃と変わらないのではなく、30代としての自分がいる現実を受け入れる必要があるのです。

結婚したいという気持ちがあるのであれば、今の自分を見つめ直し、30代の自分として今できることや、結婚に向けて考えるべきことを知る必要があるでしょう。

とはいっても、自分を客観的に見ることや、自分を理解することというのは、自分ではなかなかできないことですよね。

ここを見て、30代としての結婚の焦りを感じた人も多いことでしょうし、結婚するために今後どうすればいいのか分からないという気持ちの人も多いと思います。

そんな女性にオススメしたいのが、自己分析ができる婚活診断テストを受けてみることですね。

自分で自分を分析するのは難しいことでも、婚活診断テストを受けることによって客観的に自分を分析した結果を知ることができます。

自分の考え方などを元に、結婚に必要な能力がどれくらいあるかを知ることができたり、自分に不足した能力を指摘したりしてくれるわけですね。

結婚相談所などが提供する婚活診断テストであれば、より詳しく、婚活に役立つ診断結果を知ることができるはずです。

無料で気軽にできる診断テストもありますので、結婚への不安を感じる30代女性は一度受けてみるといいでしょう。

自分を見つめ直すためには、このような診断テストを受けてみるというのも一つの方法ですし、自分で30代という現実を知って、生活や行動を改めることも大切なことです。

この記事に関連するキーワード