婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年07月11日 更新

無自覚な人も多い!40代女性が結婚できない9つの理由

40代女性

40代女性が結婚できない本当の理由とは?

40代ともなれば、結婚に焦りを感じてしまう女性も少なくないと思います。

しかし現実は、結婚できない40代女性も多く、自分が何故結婚できないのかを疑問に感じている人もいるでしょう。

そこで、今回は40代女性が結婚できない理由を9つ、まとめて紹介していきたいと思います。

自分では無自覚なことも多いので、自分に当てはまる項目がないか、しっかりとチェックしてみましょう。

40代女性が結婚できない理由「自分がまだ若いと思っている」

40代女性が結婚できない理由として、まだ自分が若いと思ってしまっていることも関係してきます。

たしかに年齢としては、まだまだ現役でいられるのは間違いありませんし、40代を「もう若くない」と言ってしまうのは、50代60代といった上の世代の人にも失礼だと言えるでしょう。

しかし、40代はまだ若いというのは、婚活においては決して通用しないことなのです。

年齢的にはまだまだ若いと言える世代かもしれませんが、結婚相手として男性が考えた場合に、決して若い世代ではないということを理解する必要があります。

最近では40代でも20代女性に負けず劣らずの美しい容姿の女性や、スタイルの良い女性がいるのも事実ですよね。

ですが、どんなに外見が若く見えたとしても、実年齢は40代であるという事実は、婚活においての影響はとても大きいのです。

結婚というのは生涯一緒にいる相手を選ぶということでもありますから、女性の年齢は若ければ若い方がいいと男性が考えるのも不思議なことではありません。

また、結婚だけでなく、出産のことを考えても、40代となれば高齢出産になりますから、現実的に簡単なことではないことも事実ですよね。

子供はいらないと考える男性ならば問題はありませんが、やはり結婚するのであれば子供が欲しい!と考える男性にとっては、40代の女性との結婚は難しく感じてしまうことでしょう。

つまり、自分はまだまだ若いという気持ちを持つことは大切なことでも、自分はまだ若いという気持ちで婚活をするのには、多少なりとも無理が生じてしまうということです。

婚活をする世代としては、決して若くはないという自覚を持つようにしないと、40代女性の婚活の現実を受け入れることができなくなってしまいます。

実際に40代女性が結婚できないのには、まだ若い自分には需要があるという考えが、焦りを感じられないことや、相手を妥協できない原因にもなってしまうわけです。

40代を若いとポジティブに考えることも、婚活においてはネックになってしまうということを頭に入れておきましょう。

自分が自分を若いと思うことと、周りが若いか判断するかというのは、全くの別物であるということを理解しておいた方がいいですね。

40代女性が結婚できない理由「男性をライバル視してしまう」

女性も年齢を重ねるに連れて、プライドが高くなる傾向にある人は少なくありません。

とくに独身時代が長くなるほどに、女性としてのプライドが余計に高くなってしまうことがあるのですね。

実際に仕事でもある程度の経歴や地位を持っているなど、男性に負けず劣らず頑張っている女性も多いですし、そんな自分にプライドを持つことは悪いことではないでしょう。

しかし、このプライドこそが、40代女性が結婚できない理由にもなってしまいやすいのです。

というのも、プライドが高い女性ほど、男性をライバル視してしまうことがあるのですね。

そのため、婚活においても、つい男性をライバル視して見てしまうため、上手くいきにくいということがあるのです。

世間から見たら魅力的に思える男性でも「私の方がよっぽど収入がある」なんて、自分と比較して見下してしまうようなこともあれば、反対に条件の良い男性に対しては「生意気」「偉そう」など、自分のプライドを傷つける存在になってしまうため、受け入れられないということもあります。

それもこれも、男性をライバル視して見てしまうことが大きな原因であり、婚活においてはこれがネックになってしまうことも多いわけですね。

どんなに自分に自信やプライドを持っていたとしても、自分は自分、相手は相手という考えを持てるようにならなければ、現実的に婚活を成功させるのは難しいことです。

男性のことをライバルとして考えるのではなく、自分で尊敬できる相手を選ぶようにするか、一緒にいて心地良い相手であれば、職業や収入といったことを細かく考えないようにすることも大事です。

そもそも、男性も元からプライドが高いということを忘れてはいけません。

自分のことをライバル視して見てくるような女性とは、婚活をしても上手くいかないのは当然のことでしょう。

とくにある程度年齢のいった男性の場合は、自分のことを認めてくれる女性や、尊敬してくれる女性を好むため、自分のことを認めてくれない女性や、否定的な女性を結婚相手に選ぼうとは思わないはずです。

職場などで男性をライバル視するのは自由ですが、婚活の場ではやめておいた方がいいですね。

40代女性が結婚できない理由「奢られるのが当たり前だと思っている」

40代という世代的に、男性に奢られるのが当たり前だと考えている女性は少なくないと思います。

というのも、若い頃には自分が何も言わなくても奢ってくれる男性が多かったというのが原因だと思います。

実際に男性が奢るのが当たり前という考えの人が多かった時代なのも事実で、女性だけでなく、男性も「男が奢らないと恥ずかしい」という考えを抱いている人が多かったのです。

しかし、それも過去の話しで、現代では男女で食事をしたときや、デートをしたときの支払は「割り勘」にする人が男女共に増えているわけですね。

そのため、男性が奢るのが当たり前!という考えは、今となっては古い考え方という認識が強くなっています。

40代女性にとっては、昔から変わることのない考え方だとしても、世間の考え方は変わっているということを頭に入れておかなければなりません。

実際に40代女性が結婚できないのも、このような考え方を持っていることが1つの理由になってしまっているのですね。

せっかくいいお相手の男性と出会うことができても、男性が食事代やデート代を奢ってくれなかったというだけで「男としてナシ」だと考えてしまう40代女性は少なくありません。

しかしこれは、とても勿体ない考え方なのですね。

先ほども話したように、今は「支払いは割り勘」と考える人がとても増えているのです。

そのため、男だから奢る!という概念の男性は多くはなく、婚活相手に必ずご馳走をしてあげるという男性はほとんどいません。

婚活をするとなれば、いろいろな女性と食事やデートを重ねることになりますから、そのたびに男性が奢っていたら、婚活を続けていくのも大変ですよね。

男性もそれを分かっているので、女性に奢るのはよほど気に行った相手だった場合や、恋人として付き合った女性だけという気持ちでいる人が多いわけです。

また、男性に奢ってもらって当たり前という考えを持つ女性を、苦手だと感じる男性が多いのも理由です。

割り勘でも気にせずにいてくれる女性であれば、安心して結婚相手として考えることができますが、割り勘に不満を見せる女性となれば、経済観念も合わないのではないかという不安を感じてしまうわけですね。

つまり、女性が奢ってくれない男性はナシ!と考える一方で、男性は割り勘に不満な女性はナシ!と考えているということです。

結婚を視野に入れて選んでもらうためには、お金に関しても謙虚さを見せることが大事だということですね。

今後は割り勘が当たり前という考えを持ち、奢ってくれないからといって、相手の男性をナシだと考えるのはやめにしましょう。

40代女性が結婚できない理由「男性ウケより個性重視」

20代や30代の頃は、男性ウケを主に考えていたという女性は多いと思います。

いかに男性にモテるか、男性ウケがいいかを意識したファッションをすることや、全身全霊を恋愛に向けていた時期というのは誰にでもあると思います。

しかし40代にもなると、男性ウケよりも自分の個性を大事にするようになる人が増えるようになってきます。

結果、男性ウケよりも個性重視になってしまうことが、40代女性が結婚できない理由の一つになってしまっているのです。

ある程度年齢を重ねたことで、自分の個性に自信を持つようになることや、他の人と同じであることへの抵抗などから、自分の個性を出したいという気持ちが強くなるわけですね。

男性ウケをわざわざ考えるというのも、年齢的にバカらしく感じてしまうといった理由もあります。

自分の個性を持つというのは素晴らしいことですが、だからといって個性を前面に出して男性にウケるかというと、話しは別なのです。

たしかに個性のある女性が好きという男性もいますが、自分の個性を好んでくれる男性となると、かなり人数が絞られてきてしまうわけですね。

婚活においては、一部にしか需要のない自分をアピールすることよりも、万人ウケすることが求められてきます。

そうではなくても、40代女性というだけで、20代女性のように若いというだけで言い寄られる状況ではありませんから、実は男性ウケを最も考えなければならないのは、40代女性の方なのですね。

婚活中でなければ、自分の好きなように個性を出すことに問題はありませんが、婚活中の身という認識があるのであれば、個性よりも男性ウケを重視して考えるべきなのです。

初対面で個性を受け入れてもらうというのは正直難しいことです。

まずはどんな男性にも自分を受け入れてもらえるように、男性ウケするようなファッションをしたりすることも大切なことですよ。

個性的というのは1つの魅力ではありますが、一般的な目では「変わっている」と思われてしまうこともあります。

婚活においては「普通であること」や「女性らしさ」を意識した方が、男性ウケがいいということを頭に入れておきましょう。

40代女性が結婚できない理由「友達になってしまう」

 

出会った男性と恋愛関係に発展するのが下手な女性というのは、出会った男性と友達になることは上手だったりするものです。

40代女性が結婚できない理由としても、せっかく出会った男性と友達になってしまうという女性が多いからなのですね。

40代まで独身でいた女性は、恋愛にはあまり自信のない人も、友達には恵まれていたという人が多いものです。

男女関わらず友達作りは得意…なんて女性の場合、婚活をしていても、恋愛には発展せずに友達止まりになってしまうケースが少なくないのです。

異性と友達になることに慣れている人は、気軽に異性と親しくなることができます。

初対面の相手でも、意気投合して友達になる!なんてことも珍しくないわけですね。

しかし、このように異性と親しくなれるというのは魅力の一つではありますが、どうしても友達感覚で接することに慣れてしまっているため、その後恋愛対象として相手を意識することや、あるいは相手に意識してもらうことができなくなってしまうのです。

せっかく婚活をしても、できるのは男友達や飲み友達だけ…なんて状況では、結婚できないのも当然のことでしょう。

40代女性が婚活をするのであれば、男性と友達として親しくなろうという気持ちは持たないことですね。

20代ならば、婚活の延長線上で友達作りもアリかもしれませんが、40代女性に友達作りをしている暇はないのです。

たとえ出会いがあって「友達としてなら」と思う相手がいたとしたら、その時点で次の相手に切り替えるようにするか、友達として見ずに恋愛対象として見る努力をした方がいいですね。

その後友達としの関係を深めたところで、結婚することはできないのですから、友達作りよりも結婚相手探しに本気にならなければいけないのです。

自分で最初から相手に友達という壁を作ってしまうのもよくありません。

「友達としてなら」と思える相手は、価値観が似ていたり、一緒にいて楽しいと思えたり、案外結婚相手としても向いている可能性も考えられます。

ついつい男性と友達になってしまう女性は、少し男性を見る目を変えてみるといいですね。

40代女性が結婚できない理由「相手に合わせられない」

恋愛において「相手に合わせる」ということは、実はとても重要なことです。

考え方や行動など、何もかも自分と同じ相手を見つけるというのは難しいことですよね。

だからこそ、お互いに相手に合わせる努力をしければ、恋愛というのは上手くいかないわけです。

実は40代女性が結婚できない理由として、相手に合わせられないというのも関係しているのです。

相手に合わせることも大切…これが分かっていても、相手に合わせることができない40代女性が多いのですね。

というのも、40代女性のプライドが高いことや、自分に合わせて欲しいという気持ちが強いことが原因なのです。

たしかに自分ではなく、相手に自分と合わせてもらうというのは、一番楽な方法かもしれません。

ですが、相手にだけ合わせるというのは誰にだって苦痛なことであり、結果的にそれは相手の自己中さに付き合うことや、相手に振り回されることだと認識してしまう人が多いわけです。

自分が相手に合わせたくないという気持ちと同じように、相手も自分だけ合わせるのは嫌だと感じるのは当然のことでしょう。

つまり、この考え方は単なる自己中心的なワガママでしかないわけですね。

20代の女性ならば、そんなワガママに付き合ってあげようと考える男性もいますが、女性が40代ともなれば、ワガママは男性にとっては「痛い」と思ってしまうだけです。

むしろ相手が40代女性ならば、大人の女性としての余裕から、相手に合わせることができることを期待する男性の方が多いでしょう。

自分に合わせて欲しいという気持ちも分かりますが、そのような考え方で婚活をしたとしても、結婚したら大変そうというイメージを抱いてしまう男性がほとんどだと思います。

結婚できないのも、40代女性のこのような考え方が原因になってしまうわけですね。

本気で結婚したいという気持ちがあるのであれば、相手にも合わせる気持ちを持つことは大切なことです。

もちろん、自分だけが合わせるのでなく、お互いに何かしら妥協して合わせることができるのが理想だと思いましょう。

40代女性が結婚できない理由「理想が高すぎる」

30代や40代といった女性が結婚できない理由として、やはり「理想が高すぎる」というのはよく挙げられてしまうことですよね。

結婚相手となれば、それなりの理想を抱いている女性がほとんどだと思います。

とくに自分の年齢が高くなるほどに、相手への理想も高まる傾向にあるのも事実でしょう。

たとえば男性の年収なども、20代と40代の男性とでは、違って当たり前のことです。

40代の男性ならば「これくらいの年収はないと」という考えに至ってしまう女性は少なくないでしょう。

しかし、このように理想を高く持って婚活をしたとしても、現実ではそのような相手に出会えない確率がとても高くなってしまいます。

婚活で男性が求める女性の条件として、やはり年齢が若いほど人気が高いのは紛れもない事実ですし、30代となればその需要は低くなり、40代ともなれば更に需要が少なくなるのは残念ながら事実なのです。

できるだけ条件の良い男性と結婚したい気持ちも分かりますが、そのように条件の良い男性は、やはり条件の良い女性を選んでしまうわけですね。

実際に条件の良い男性はモテるので、40代女性を結婚相手として選ぶという可能性はかなり低くなります。

つまり、理想が高ければ高いほど、相手にされる可能性も低くなってしまうというのが、40代女性の婚活の現実なのです。

いつまでも高い理想を追い求めていては、結婚できないのも当然だと言えるでしょう。

現時点で男性を好きなように選べる段階ではないということを、身に染みて感じる必要があります。

むしろ、理想とは違う男性であっても、受け入れるくらいの気持ちがなければ、40代女性の婚活は難しいのです。

自分の中で譲れない条件だけは残し、その他の面では妥協するなどしないと、条件に合った男性と出会える可能性は少ないということを頭に入れておきましょう。

自分が40代なのだから、相手は離婚経験があっても構わない、相手が年上でも構わないなど、妥協できるようになることが大切ですね。

高い理想に合った男性にいつか巡り合えるはず!なんて考えでは、結婚できないまま終わってしまうかもしれませんよ。

40代女性が結婚できない理由「ネガティブ思考」

どんなに「結婚したい」という気持ちを抱いていても、前向きな気持ちで婚活に励むことができなければ、婚活も上手くいかないものです。

しかし40代女性の場合、ネガティブ思考になってしまっている人が多いというのも、結婚できない理由なのですね。

40代になるまで結婚できなかったという現状からも、考え方がネガティブ思考になってしまう人は少なくありません。

やはり、自分に劣等感を抱いてしまうことや、自分に自信を持てなくなってしまうことも、仕方のないことかもしれませんね。

ですがネガティブ思考のまま婚活をしていても、婚活を成功させることは難しいでしょう。

初めから「どうせ結婚できない」「私が選ばれるわけがない」なんてネガティブ思考で婚活をして、いい相手が見つかるわけもありませんし、関係が発展することも考えられませんよね。

40代というだけでも婚活におけるハンデは大きいのに、考え方までネガティブな女性では、男性の方も願い下げ状態になってしまいます。

つまりネガティブ思考の女性というのは、男性の目にも魅力的に映らないということなのですね。

結婚というのは生涯一緒に生活をしていく相手を選ぶことでもあります。

どんな女性と生涯一緒にいたいかというと、一緒にいて楽しいと思える相手や、自分も明るい気持ちになれる相手だと考える男性が多いでしょう。

婚活でモテる女性というのは、明るくポジティブな女性なのですね。

自分が40代だからといってネガティブになっている女性では、相手にされないのも当然のことなのです。

年齢にコンプレックスを感じていようと、表面上は前向きに婚活をし、「絶対に結婚できる」と信じてポジティブに婚活をすることが、40代女性には大切なことなのですね。

ネガティブ思考でいたからといって、いいことは何1つありません。

もう40代だからこそ、婚活に対してもポジティブな気持ちで自信を持って頑張る必要がありますよ。

「どうせダメだろう」と考えるくらいなら、ダメで元々の精神でいた方が、楽しく婚活をすることができるはずです。

そんな明るく前向きな姿を、魅力的だと思ってくれる男性がきっと現れるはずですよ。

40代女性が結婚できない理由「婚活に向ける努力が足らない」

40代女性が本気で結婚をしたいのであれば、本気で婚活をする必要があります。

実際に40代女性が結婚できない理由として、婚活に向ける努力が足りないことも考えられます。

40代女性の婚活が難しいというのは、きっと婚活をする本人も自覚していることだと思います。

つまり、難しい状況だからこそ、人一倍努力をしなければ結婚できないというのが現実なのです。

それなのに、ありのままの自分を受け入れてくれる相手を探そうとしたり、理想の高い相手を求めてしまったり、努力をせずに理想的な結婚ができることを夢見ているだけの女性が多いのです。

これでは結婚できるはずがありませんよね。

40代女性が結婚をしたいのであれば、男性に選んでもらえるような女性を目指す努力をすることや、自分から積極的に婚活に取り組むことが必要なのです。

今の自分のまま、受け入れてくれる理想的な男性を待っているだけでは、いつまでも結婚はできません。

自分のことを知るために、婚活に関連した診断テストを受けてみるのもいいですね。

結婚相談所が運営するサイトなどでは、自己分析のできる診断や、自分の結婚力を確かめるテストなどを受けることが可能です。

客観的に自分を知ることで、結婚に何が足りていないのかや、自分の魅力を知って自信に繋げることも可能なので、婚活をする40代女性はぜひ受けてみるとよいでしょう。

無料で誰でも気軽にできる診断ばかりなので、興味のある人は試してみることをオススメします。

何故自分が結婚できないのかを、診断テストを通じて理解することができるかもしれませんよ。

また、婚活に向けて努力をするためには、自分で今後何を努力すべきかを知ることも大切になります。

自分に欠けていることは何なのか、診断テストで知ることによって、自分が今後努力すべきポイントにも気付くことができるのではないでしょうか。

40代女性が結婚するためには、20代や30代女性に負けないくらいに、本気で婚活に取り組むことが大切ですよ。

今結婚できずにいるのは、まだまだ努力が足りていないということを認識しましょう。

結婚できる40代女性はこんな人!

こまで40代女性が結婚できない理由をご紹介してきました。
あてはまった方にとっては何とも耳の痛い話かもしれないですが、まずは自分を正確に認識することが、結婚への第一歩。
「自分はこういう女だったのだ」と現状が分かれば、それを変えることもできるのです。

では、結婚できる40代女性にはどんな特徴があるのか。
ここでは、絶対に押さえておきたい2つの特徴をお伝えしましょう。

現状に見合った相手選びをする

「現状」とは、「40代女性」は「20代女性」や「30代女性」よりも、結婚したいと思う男性が格段に少なくなるということです。

このような中で、「40代女性が結婚できない理由『理想が高すぎる』」でもお伝えした通り、男性に求める条件が厳しすぎたり、多すぎたりしている女性はいつまで経っても結婚できません。

例えば、年収は相手選びの上で重要な条件ですが、ただでさえ800万円の男性は希少。
その男性がさらに30代や20代女性ではなく、40代女性を結婚の対象にする可能性は一体いかほどでしょうか?

むしろ、共働きで世帯年収800万円を目指すほうがかなり現実的です。
(住む地域にも寄りますが、世帯で800万円あればなかなかの生活水準では?)

また、よほどのことがない限り、薄毛や低身長など、ルックスの条件も緩和すべき。

むしろ、「真面目に働いてくれる」「穏やかな性格でやさしい」など、一緒に快適な生活を築く上で重要な条件を1つだけを決めて、それ以外はまずはこだわらない。
それぐらいの姿勢で婚活に臨む女性が良縁を引き寄せるのです。

大らかさがある

この「大らかさ」、周囲にいる人が「伸び伸びして落ち着いていられるような雰囲気」と言い換えても良いでしょう。
男性が女性、もしくは家庭に求める最たるもの、それは安らぎです。
考えてもみてください。
自宅に帰って顔を合わせるのが、短気で苛立ちやすい奥さんだったら、男性はどう思うでしょうか。安らぐどころではないでしょう。

仕事で疲れて帰ってきた時、一言でも労わりの言葉を掛けられると男性は嬉しいものです。
(男性は、その嬉しさを態度にはあまり出さないのですが。)

相手に過度に干渉するわけではなく、しかし、ちょっとしたことを気遣ってくれる。
そんな包み込むような温かさが、男性には居心地が良いのです。

40代女性の婚活は自分を見つめ直すことから

いかがでしたか?

40代女性が結婚できない理由を見てみると、自分では自覚できていない問題も多いことが分かったと思います。

現実をよく理解し、考え方を変えることや、婚活に向けた努力をすることが大切なのです。

自分をよく見つめ直し、婚活に向ける姿勢から変えていきたいですね。

この記事に関連するキーワード