婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年06月11日 更新

えっ?なんで私だけ?結婚できない女性の特徴とは?

結婚できない

女性の皆さんに質問ですが、あなたは今結婚したいと思っていますか?

女性の夢はお嫁さんという時代ではないので、もし結婚したくないと思っていても、それは決しておかしいことではないのです。

女性は結婚が早いイメージがありますが、20代の女性で結婚する女性の割合は全体の4割ほどなのです。

残りの6割の女性は30代の以降に結婚するか、もしくは一生独身という道を選んでいます。つまり20代で結婚しなかったからと言って、結婚できないと不安に思うことはないのです。

この背景には、結婚に対する女性の考え方の変化があるようです。

ある程度の年齢になって、付き合っている男性が居れば『この人と結婚したい』と思うのが自然の流れだと思いますが、最近は結婚適齢期で付き合っている彼がいても結婚願望はないという女性が意外と多いのです。

単純に、結婚したいけど相手がいないからできないという人がいる一方で相手はいても結婚に踏み出せない、したくない人達が増えてきている背景にどういった事が隠されているのでしょうか。

そもそも結婚以前に彼氏がいなければ、結婚できるわけがありません。つまり結婚できない女=彼氏ができない女といっても過言ではありません。

日本でカップルが今よりもっと増えれば、できちゃった婚だったとしても結婚する確率が増えるでしょう。

だけど、そもそも彼氏ができないで、休日も一人で過ごしている女性が多いということが問題でもあります。

結婚したいけど彼氏ができない人や、30歳を過ぎても結婚できないという女性が多いのです。

もちろん容姿が美しいかどうかは重要ですが、『顔は可愛いのに何であの人は彼氏ができないんだろう?』と思う人が、あなたの周りにも居るはずです。

彼氏ができないのには必ず共通する何かしらの特徴があるのです。

まずは「結婚できない女性度」を自己チェック

服装でイメージダウンしている

『あの人、顔は可愛いけど何か服装が残念だよね』という人。
男性は女性の服装を見て、その人の性格を考えます。

ですから、デートだからはりきって派手な服装をしていっても、逆に印象が悪くなることもあります。また、一部のファンからは支持されるかもしれませんが、ギャル系、ゴスロリなどは避けた方が無難です。

自分では最高のファッションのつもりでも、男性から見れば『なんか変わった子だな・・・』という印象になってしまうのです。

最も男性に好印象の服装は、白を基調とした明るく清潔感がある服装です。アクセントとする色はピンクや水色など淡い色の服装を選ぶようにしましょう。

淡い色の服装のイメージで、あなたが優しい人に見えやすくなります。よく身体のラインを気にして、黒い服ばかり着ている人がいるようですが、黒は強さや妖艶さ冷たさをイメージしてしまいます。

恋愛に発展したように見えても、服装のイメージのせいで一夜限りの関係で終わってしまうこともあり得ます。あなたがそれを望んでいるならよいのですが、そうではなく長くお付き合いしたい相手とのデートでは、ふさわしい服装をしていくようにしましょう。

髪型に魅力がない

女性の髪は、いつも男性に見られていることを忘れてはいけません。

いつもボサボサでは、だらしなさを感じてしまい好感が持てないのです。髪の毛は、女性は命と昔から言われてきました。綺麗な髪の毛は女性らしさであり、男性が魅力を感じる部分なのです。

実際あまりルックスが良くない人でも、髪型次第でモテモテになることもあるんですよ。

男性にモテる髪形は、一概には言えませんが、ショートヘアより、髪が長い女性の方を魅力的に感じる男性は多いようです。芸能人やモデルさんの髪が長いことを考えると納得ですよね。

女性のショートヘアは知性や強さを強調する髪型です。ベテランの女性アナウンサーやアスリートがショートヘアにしているのは、こういった効果もあるからです。

男性は結婚相手に強さよりも、女性らしさを求めるものですから、意中の男性から好印象を抱いてもらうためにはミディアムヘアーからロングヘアの方がふさわしいといえます。

煙草を吸う

愛煙家の女性を男性が嫌がる理由は、タバコが単純に嫌いだからとう理由だけではありません。

もちろんタバコを吸わない男性は、タバコを吸う女性は絶対にNGだと言います。

結婚して主婦になったパートナーが、家でタバコを吸っている姿なんて、想像しただけで最悪です。

現にタバコを吸う男性だって、タバコを吸う女性とは結婚したくないと言うんですから、タバコを吸っている女性はやめない限り結婚できないくらいの覚悟が必要だと言えます。

男性が女性に求めるイメージを考えるとわかると思いますが、タバコを吸う女性って不良なイメージがあります。つまり、女性のタバコ=悪というイメージは、非常に深く植え付けられています。

マンガやドラマのヒロインは絶対にタバコなんて吸いません。

より魅力的な女性を描くために、タバコを吸っているという設定は一切不要だからです。

またそれ以外に、もしこの女性と結婚をしたら…と想像した場合に、『健康な子どもを産める身体』を求める男性も多い為、タバコを吸う女性を嫌います。t

妊娠中の喫煙は切迫早産の危険性が高まる上に、子どもが障害を持つ可能性が高まります。

あなたの周りのタバコを吸っている女性は、結婚できない女性に当てはまっていませんか?

相手への条件が高い

身長、顔、年収、性格とどれもパーフェクトを求める人。

理想はもちろん大切ですが、全部を兼ね備えている人なんてなかなかいません。

あくまで理想は理想。現実とは違うという事を理解できないといつまでも彼氏はできないでしょう。

自分の理想は大抵の場合は変わります。

実際に、パートナーの条件を変更する確率は90%以上です。

背が高い人がタイプと言いながら、背が低い人と付き合っている人はたくさんいます。

ジャニーズみたいな美形がタイプと言いながら、マッチョでプロレスラーみたいな彼氏ができたり、年上がタイプと言いながら、年下のかわいい系の彼氏を作ったりする人もいます。

そんな友達を見て「全然違う人と付き合っているじゃん」と思って笑っちゃうかもしれませんね。

だけどそんなことを思っていたら、結婚できない人に当てはまる可能性があります。

だって理想の条件が変わるのは、当たり前のことなのですから。

理想を追い続けるあなたは、もしかしたら「理想を変えてはいけない」という強迫観念があるのかもしれません。

自分が理想とかけ離れた相手と付き合ったとき、周囲の友達にどう思われるのかが怖いと思ってしまう人もいるようです。

自分の理想を変えてもいいんだ、そう思えたら結婚相手を本当に見定めることができるのかもしれません。

私生活で出会いがない

社会人になって仕事が楽しくなって、プライベートの時間を持たない人がいますよね。ストレス発散になって、休み明けの仕事に没頭できるという素晴らしいことなんですが、そこにパートナーを探すという意識がなければ結婚できない女性になってしまう可能性が高いのです。

逆にプライベートは適当だけど、仕事に生きるキャリアウーマンタイプにも結婚できない人は多いです。家に帰っても、休みの日もキャリアアップのための勉強に熱心です。

それに、男に負けないという負けん気の強さから男性たちは近寄りがたい存在です。

結婚して家に帰って癒しを想像することもできず、下手したら仕事の業績を家庭でも注意されるかもしれないと想像します。

だけど、実際キャリアウーマンの女性は、結婚すると良き母で良き妻になることが多いのです。仕事ができる女性は、本当は家庭も大事に出来る上に、家計も計算できるので経済的にもささえてくれます。

白馬の王子様を待っている

口では彼氏が欲しいと言っていても出会いの場に足を事なく、いつか自然に出会えると信じて待ち続けている人。

社会人になると出会いの場は増えるように思いますが、意外と普通に働いているだけでは

出会いは限定的です。ディズニーのプリンセスのように、白馬の王子様を待ち続けているという女性もいますが、現実の王子様はあなたより美しくて、パートナー探しをしている女性に奪われています。

とはいえ、女性がパートナーを探すのはデートしようと強引に誘うのとは少し違います。

女性は罠を仕掛けるイメージで男性にアプローチするのが、最も効果的です。例えば、電話番号を聞いてみるけど、こちらから連絡はしないといった行動です。

自分がアプローチしなくても、相手が自分にアプローチしたいと思わせる、そのために魅力を磨きつつ、意中の男性が寄ってくるようにさりげない種まきをしておきましょう。

ジャニーズやイケメンが大好き

ジャニーズやイケメン俳優の追っかけをしている女性はなかなか結婚できないという傾向があるようです。

自分の理想の男性をジャニーズに当てはめ、現実にもそれを求めます。

ジャニーズと一般男性の違いを感じて、恋愛出来なくなってしまうのです。

また、気が進まない相手と遊ぶくらいなら、大好きなジャニーズに会いに行きたいとコンサートや握手会など、どこにでも跳んで行き、惜しみなくお金を注ぎ込みます。
この生活が楽しくて仕方ない為、自然と結婚からは遠ざかってしまうのです。

もちろん男性から見ても、いたい女と思われてしまいます。もし興味を持った男性がいたとしても、ジャニーズが好きなら、自分は候補になることができないと思い後ずさりをしてしまうかもしれません。

イケメン好きだと口外することは、相手がアプローチするのを避ける可能性を高めるため、自分だけの秘密にしておきましょう。

結婚をしたい感じがにじみ出ている

あまりにもガツガツしていて、焦っている感じを出してしまっても、男性はひいてしまうでしょう。正式に付き合う前から、結婚したらたくさん子どもが欲しいとか、浮気をしたら絶対に許さないみたいに束縛アピールをする人がいます。

これでは男性に面倒くさい女というイメージを植え付けてしまいかねません。

自分のことを押し付けるのではなく、ともに人生を歩むのがパートナーです。あなたが相手に求めるように、相手が自分に求めるものも考えてみれば、どういった話をするべきかが見えてくるはずです。

あまりに最初から結婚を押し付けるのは良くないということです。

男性に結婚したくないと思われる女性の特徴

これまで結婚できない人の特徴をまとめてきました。結婚したくても、結婚できない人たちは結婚できなかった要因を解決することで、結婚できる女性に変わることができるでしょう。

まず彼氏がいない人は、彼氏を作るための行動を起こしましょう。

とはいえ、すでに付き合っている相手は居るけれど、結婚できない人もいますよね。

その中でも男性から付き合っているのに、結婚したくないと思われている場合はたちが悪いです。

もし、自分より結婚したい女性ができたら、心変わりされてしまうかもしれません。
ですから自分が『彼女としてならいいけど、結婚はしたくないな』と思われてしまう原因を考えてみましょう。

家事ができない

料理ができない、掃除ができないといった彼女には安心感が持てません。

一見付き合っているように見えても、「この子は家事ができないから結婚相手じゃない」と決めている可能性だってあります。

男性は家庭的な女性と結婚をしたいのです。料理が上手でないという場合、練習をすれば出来るようになるので、日頃からの努力が必要です。
結婚したいと思われるためには、彼の胃袋を掴めばよいという話は有名です。

料理が上手い女性は、男性も幸せな結婚生活をイメージしやすいので、彼に料理をしてあげることは大切なことなのです。

料理だけではなく、家を綺麗にしておくことも大切なことです。整理整頓ができる女性は信頼感も高いので、結婚したいと思われる可能性が高まるのです。

あまり細かい女性は嫌われるのでは?と勘違いされることもありますが、家事や掃除に関しては細かいほど好印象を持たれるので、綺麗好きな人はどんどんアピールしましょう。

最終的に結婚するかあいまい

付き合っているだけなら良いけど、『結婚したい!』と思うほどに好きとは思われていないことがあります。そんな時は、その彼と別れる、もしくは彼が結婚したいと思わせるという2つの選択肢があります。

ズルズルと結婚できない時期が長くて不満を募らせているなら、相手に対してプレッシャーをかけてどっちにするのかはっきりさせることも大事なことなのです。

もうひとつの選択肢としてデキ婚狙いがありますが、離婚する確率も高いので、あまりおすすめできません。

まだ遊んでいたい

男性が「遊びたいから結婚したくない」というと、浮気性で女遊びがしたいとイメージしてしまうかもしれません。だけど、浮気性な人ではなくとも、男性は元々自由を好む生き物であることを忘れてはいけません。

結婚したら自分の時間、使えるお金にも制限が出る為、自由でいたいから結婚したくないという男性は多いものです。

男性は、いくつになっても少年のようなものだと言われますが、遊び心を大事にしている男性はいつだって自由でいたいものです。

もしかしたら、結婚したら自分の自由がすべて奪われてしまうかもしれないという恐怖を感じているのかもしれません。

ですから、結婚しても今と同じように自由にできるという安心感を与えることも大事なことです。結婚しても「趣味の時間を大事にしていい」と、言葉にして言ってあげるだけでも効果的です。

お付き合いをしている男性が結婚することを思いとどまっているときは、結婚した後の生活で自由な時間を作ってあげることを伝えましょう。

あなたと結婚しても自由な時間があるという安心感が欲しいのかもしれません。

責任を負いたくない

結婚をすると相手の人生にも責任を負わなければならない為、それが重いと考えることは普通のことです。あなたがそんな彼にイライラしているのであれば、自分が彼の一生をかけるほどの価値がある女になれているのかを考えてみましょう。

自分のことを大切にしてもらうためには、それだけ大事な存在になる必要があります。

ただし、結婚を先延ばしにしているのが、明らかに彼の無責任によるものであれば、一度距離を置いてみる方法も効果的です。

つまり、結婚するか別れるかの2択を彼に迫ってみるのです。

「結婚する気ないなら別れる」という言葉は、男性が結婚を真剣に考える薬になります。

その後どんな答えが返ってくるかは保証できませんので、最後の手段になりますが。

結婚適齢期になっていても相手の男性が結婚を切り出してこない場合は、何かしら結婚したくない彼なりの理由があるはずです。

彼が言い出してこない場合、あなたが今の彼と結婚を考えているのであれば、あなたから行動を起こしてみるのも良いかもしれません。

もちろんあなたがしっかりと彼に結婚をしたい!と思わせる努力をした上で自分と結婚する気があるのかどうかを切り出してみましょう。

もし、結婚をする気がないと言われれば、別れて次に進むという選択肢もありますし、

モヤモヤした気持ちを抱えたまま付き合っているより、まず今の状況を変えてみましょう。

結婚せず独身を貫く女性の特徴

結婚適齢期になり周囲には結婚をする人が増え、母親になっていく人を見ていても『私は一生独身でいるわ』と宣言している女性もいるのです。

結婚をしない事は決して悪い事ではありませんし、無理にする必要はありません。

自分の人生なので、自分で選択する権利があります。

でも、結婚願望の強い女性からしてみたら、何で結婚したくないんだろうと不思議に思う事でしょう。

結婚をしたくないと考える女性達の本音に迫ります。

自分の両親の離婚

自分の両親が離婚をしていると、自然と結婚への明るいイメージが持てなくなります。

子供の結婚観は、両親の夫婦関係が大きく影響するからです。

両親が仲良く、普段からそれを目にしていれば結婚願望というのは強くなりますし、

自分も両親のようになりたいと思うものです。一方で、両親の仲が悪く、言い争っているところを見たり、家にはいつも母親しかいなかったという経験をしていると結婚に対して
明るいイメージを持ちにくくなります。

ですから、結婚しなくてもよいと考えている女性は、無意識に結婚にマイナスイメージを持っている可能性があります。幸せな結婚生活を送るには、自分の意識改革が必要なのかもしれません。

母親との確執

自分の母親に子どもの頃から否定されて育っていると、自分に自信が持てずに結婚へも否定的になりがちです。

また母親自身が幸せな結婚を経験していないと、娘の結婚を喜ばしく思わない傾向に
あるということです。

彼氏が出来たとしても、母親に紹介した時に『何かイマイチよね』とか『性格が暗いよね』
とマイナスな事を言ったりして、否定的な態度を取り、母親に認められずに上手くいかなくなるケースも多いようです。

母親の存在というのは、娘にとってとても大きな存在なのです。

もし、自分の母親がこういうタイプだったときは、母の真似をしていては幸せな結婚生活は送れません。しっかりと自分の描く理想の結婚像を思い描くことが大切です。

束縛されたくない

結婚をすれば夫の世話をするのはもちろんですが、家事全般もしなければなりません。

それも毎日のことなので、自分ひとりでいるときよりも自由な時間が奪われてしまいます。

自由が好きで、好きなことだけして生きていきたい人には、少し窮屈な生活ですよね。

だけど結婚するってことは、大事な人との時間を過ごすこと。

自分のことを優先していると、結婚適齢期を逃してしてまいかねません。

また相手だけならまだしも、結婚したら親族関係とのつながりも生まれます。最も大変なのが義実家の家族との関わりです。

考えただけで頭が痛くなりますが、避けては通れません。こういった面倒なつながりを持ちたくなくて、結婚を躊躇している女性もいます。

それに、相手の家族と会ったけど、なんか仲良くなれる気がしないという場合は、彼のことは好きだけど結婚したくないという考え方が生まれてしまいます。

仕事を続けたい

結婚を機に仕事を辞めて家庭に入る女性がいる中で、仕事を辞めたくないと思う女性も増えてきています。仕事を辞めたくないから、結婚に踏み切れない女性の心理には、不安が隠されています。

子育てをすると、生活スタイルが著しく変わるため、生活を変えたくないと思って、ズルズル結婚しないままになるのです。

また、結婚をして子どもが欲しい気持ちはあるが、子育てをしながら仕事が出来るのかという不安で前進できないパターンもあります。

育休後に復帰したくても待機児童などで子どもを保育園に入所させる事が出来ずに退職せざるを得ない状況になる事もあり得ます。

はてなブログで「保育園落ちた日本死ね」というフレーズも有名になりました。

結婚して子どもを産むということは、その間お金を稼ぐことができないので、十分な準備資金がなければ生活が非常に苦しくなってしまいます。

つまり、結婚するためにはそれなりに準備資金が必要になるってことなんですね。お金も結婚に前向きになれない理由の一つになります。

周りの人が結婚に失敗している

周りにいる友人に離婚をしている人がいると、『結婚をしても幸せとは限らない』と感じるようになり、結婚に消極的になりがちです。

離婚するくらいなら、最初から結婚しない方が良いのではないか?と思うようになるのです。

付き合っている男性が居ても、さまざまな理由で結婚を前向きに捉えられない女性は多いようです。

こういった女性達は結婚できないのではなく、自分で結婚しないという選択をしています。

しかし、『この人なら!!』と思えるとても素敵な男性に急に出会ったりして結婚したくなるかもしれませんし、どこで結婚のイメージが好転するかは分かりません。

結婚を怖いものと決めつけるのではなく、もし上手くいかなくなったら、そうなってしまった時に考えれば良いかと楽観的に捉える事も必要なのではないでしょうか。

 

結婚したい?

どうでしたか?
結婚できない女性の特徴や、独身のまま貫く女性の特徴など、様々な特徴に当てはまっていませんでしたか?

もしその特徴に当てはまっていたとして、結婚したいなら変える必要があるかもしれませんね!
変えるか変えないか、全てはあなた次第ですよ!

この記事に関連するキーワード