婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年08月09日 更新

結婚できないのはなぜ?考えられる理由と辛い気持ちを和らげる方法

結婚できない

結婚したいという気持ちは強いのに、実際にはなかなか結婚できないとなると、辛い気持ちになってしまうこともあるでしょう。

特に、周りの友人たちがどんどん結婚していくようなときには、その辛い気持ちもひときわ大きくなってしまうものです。

ただ、結婚したいのに結婚できないとなると、何か対策を考えないと、いつまでも結婚できないままとなってしまう可能性も高くなります。

そこで今回は、結婚できない辛さを感じる瞬間や結婚できない場合に考えられる理由、現在抱えている辛い気持ちの和らげ方について考えていきたいと思います。

結婚できない辛さを感じる瞬間とは

辛さを感じるのはあなただけではありません。同じように結婚できないことを嘆く仲間はたくさんいます。

何となく辛さを感じるだけの状況から脱して、その原因や背景を見て向き合っていくことで、解決策がみえてくることがあります。

一体どのような時に辛さを感じるのかを客観的にみていきましょう。

他人の目

周りの友人や職場の人が結婚したりすると、自分だけが独身なのだと自他ともに考えてしまうことがあるでしょう。

まして、独身時代を謳歌した仲間が結婚してしまうと、一層辛い気持ちになってしまいます。

また世の中には、適齢期になったら結婚すべきという考え方が根強い人がいます。

特に田舎に住んでいる方、団塊の世代などは、これまでの慣習や同調圧力によって、あなたに結婚するように迫ることがあるかもしれません。

両親と電話をするとき、帰省するときなどで、結婚相手がいるのかどうかを確認されたり、職場で上司や同僚から、好奇な目や痛々しい目で見られているような気になったりすることがないでしょうか。

そうした環境があなたに焦りをもたらしたり、親に嫌な思いをさせたのではないかと辛い気持ちになったりすることが挙げられます。

女性としての魅力がないのではと思ってしまう

結婚ができないという事実から、自分は魅力のない人間だと思ってしまうことがあります。

まして「あの人は私より性格が悪いのに結婚している」「この子は私より可愛くないのに評価されている」などとパートナーのいる周りの女性と比べてしまうと、「この人より自分は劣っているのか」と自分の価値を下げて見てしまいます。

しかし、そうして自信をなくしてしまうと、ネガティブな思考から行動を制限してしまったり、チャンスを見逃してしまったりするなどして、せっかくあなたが持っている魅力さえ発揮できなくなる可能性があります。

相対的に考えすぎて落ち込まないようにすることが大事です。

あなたが結婚できない理由とは?

そろそろ結婚したいと思ってはみたものの、なかなか結婚できないということで辛い思いをしている場合、結婚できない理由について考え、そこを改善していくことで、すんなりと結婚にたどり着ける場合もあります。

結婚できないと嘆いている人は、以下のようなことが理由となっているかもしれません。
この機会に、ぜひ振り返ってみましょう。

出会いのための行動をしていない

どんなに結婚したいと思っていても、出会いがなければ結婚できないままです。

そのため、自分には行動力がないと思っていても、出会うための行動を起こさないことには、いつまで経っても結婚できない状態が続いてしまっても仕方がないのです。

もちろん、ただ待っていても向こうから出会いがやってくる、また偶然運命のような出会いを果たす、といったことがないわけではありません。

しかし、現状結婚できないということで辛いのであれば、このまま待ち続けているのは得策ではありません。
あなた自身、異性と出会うための行動を起こすことが必要なのです。

そのための行動とは、周りの人に「いい人がいたら紹介して欲しい」と声をかけておくことでも良いですし、婚活をするために婚活サイトや結婚相談所に登録をすることも良い方法です。

とにかく、今まで「辛い、辛い」と言っているだけで、これといった行動を起こしていないのであれば、まずは出会いのための行動を起こしてみましょう。

出会い方が間違っている

結婚できない人の中には、「出会いはあるんだけど」という人もいるようです。
出会いがあるのにもかかわらず、その相手と結婚できないということは、出会い方が間違っている、と考えることもできるのです。

たとえば、あなたが結婚を望んでいるのに、相手はまだまだ結婚したくないという考えだった場合、そういう人に結婚する気になってもらうのは難しいことですから、お付き合いだけで終わってしまうことも少なくありません。

また、婚活をしていて、結婚を希望している人と出会おうとしているのに、それでも結婚できないという場合は、あなたの希望条件と、その婚活している場の異性会員の希望条件が噛み合っていない(マッチングしていない)ということも考えられます。

具体的には、あなたが自分よりも若い異性を求め過ぎているとか、理想を高く持ち過ぎているなどということも当てはまります。

マッチングアプリなどでは、それでもマッチングして異性と出会うことは可能ですが、実際に接してみて「理想ではない」と思われたら、結局は長続きしないものです。

そのため、あなたの今の出会い方について振り返ってみて、理想が高過ぎていないかとか、婚活する場があなたに本当にふさわしいのかどうかなどを見直してみましょう。

異性の気持ちに鈍感である

結婚できないから辛いという状況が続いている人は、あなた自身、異性から「結婚したい」と思ってもらえる人物かどうか、客観的に見直してみることも必要です。
男性でも女性でも、異性から「男らしい」とか「女らしい」と感じてもらうことは、やはり大切なことです。

結婚してずっと一緒にいたいと思ってもらうためには、異性としての魅力を感じさせることもおろそかにしない方が良いのです。

そういった意味で、多くの男性は結婚しても家族を安心させられるだけの経済力や誠実さを持とうとしますし、多くの女性は容姿に気を配ったり、家事について学ぼうとしたりします。
結婚生活のスタイルは人それぞれではありますが、やはり今でも、結婚したいと思う異性に求めるものは共通していることが多いのです。

また、結婚したいと思っても、色んな条件を異性に求めるばかりで、自分はこれと言ってアピールできるものがない、という場合もやはり、結婚できないままとなりそうです。

異性に「結婚したい」と求められるような魅力を身に付ける、そこを無視して「関係ないわ」と捉えてしまうと、それは異性の気持ちに鈍感であると言えます。

結婚できない、辛いと悩んでいる人は、ときには、モテる同性の人はどのような特徴があるのかを見て、そこから学ぶように心がけましょう。

結婚できない辛い気持ちを和らげる方法

結婚できないと嘆く人に共通しがちな理由を考えてみましたが、いかがでしたか?
大まかに捉えたお話をしましたので、細かく見ていけば、これらにまつわる様々なことが理由となっていることに気付くかもしれません。

ところで、今現在、結婚できないことで辛い気持ちを抱えているなら、まずはその気持ちを和らげていきましょう。
なぜなら、辛い気持ちが大き過ぎすると、そのことで自信をなくして消極的になってしまったり、逆に焦り過ぎてよけい異性に不快感を与えてしまうことがあるからです。

辛い気持ちを和らげる方法「希望を持ちプラスイメージを描く」

結婚できないことに囚われすぎることで、「この先もずっと結婚できないかもしれない」と、ますます辛い気持ちになってしまいます。
それでは、暗い雰囲気を醸し出してしまい、あなたの魅力は半減してしまい、結婚できない状況をさらに呼び寄せてしまうことにもなりかねません。

そこで、この先は必ず良い出会いがあり、素敵な人と結婚できるのだという希望を持ち、そんなプラスのイメージ、たとえば結婚式を挙げているところとか、幸せな結婚生活を送っているところを思い描くトレーニングをしましょう。

願望を実現させたいときは、このようなイメージングがとても大切であることは、今まで多くの人が証言していることです。
バカにせず、希望を明確にイメージすることで、辛い気持ちよりも幸せな気持ちに包まれ、あなたの雰囲気も良くなるのです。

辛い気持ちを和らげる方法「行動を起こす」

結婚できない、辛いということで、悲観的になり、その気持ちに溺れてしまうのは最も良くないことです。
辛い、辛いと思い悩んでいても、何も解決しないのです。

それよりも、とにかくまず、出会いのための行動を起こしてみることです。
行動を起こし始めると、そこに没頭していくことができますから、そうなればしめたもので、辛い気持ちに浸っている暇はなくなっているでしょう。

自分一人ではなかなか出会うきっかけもつかめないという人は、婚活サービスを利用するとしますよね。

そうしたら、まずはどこの婚活サービスを利用すれば良いか、情報を得るためにいろいろ調べたりしますし、入会するときには説明を受けたり、自分の希望について改めて考えてみたりと、はじめの行動を起こすことによって、次なる行動が生まれてくるのです。

そのときにはもう、辛いと頭を抱えている場合ではなくなっているでしょう。
結婚できない状況から抜け出すためには、次には何をするべきか、自然と行動できるようになっているはずです。

辛い気持ちを和らげる方法「アドバイスを受ける」

結婚できない理由についても、先に述べましたが、それでもなかなか自分のことは自分で分からないという人もいると思います。
そのような人は、誰かにアドバイスをしてもらうということも、大いに役立つ場合があります。

アドバイスをもらうのは、あなたが信頼できる人でも良いですし、あなたのことをよく分かってくれている人はもっと良いと思います。

また、身近な人でなくても、婚活サービスのアドバイザーさんなどは、多くの「結婚できない」と悩んでいた人達を成婚に導いて来ているので、そういったプロの人にアドバイスを求めるのも賢い方法です。

そしてアドバイスをもらったら、素直に受け止めてみる気持ちを持つことです。

せっかくアドバイスしてもらっても、「そんなことない!」とか、「私のこと、分かってない!」と否定してばかりでは、意味がなくなってしまいます。
たとえ、「そうかな?」と疑問に思っても、そういったことが本当に自分に当てはまっていないかどうか、自分を見つめ直すことだけでも、意味のあることです。

そうしてあなた自身について振り返り、考えているときは、辛いという気持ちよりも、「これからどうすれば結婚できない状態から卒業できるかな?」と、気持ちは前に向いているはずです。

結婚できない辛さを乗り越えた先にあるもの

結婚できないことが辛い、辛いと嘆くだけでは、向こうから素敵な異性がやってきて慰めてくれるわけでもないですし、何も得られないのだということを自覚することが大切です。
結婚できないことが辛いと感じるということは、あなたがそれだけ結婚したいという気持ちが強いということの表れでもあります。

だって、別にたいして結婚したいと思っていない人は、結婚できない日々が続いても、辛いとは感じず「このままでもいい」と感じるはずですから。

この記事を読んでくれたあなたは、辛いと思うほど、結婚したいという気持ちがあるのだと、改めて実感したのではないでしょうか?
それならば、グズグズ悩んでいる時間はもったいないです。

これ以上、結婚できない辛い気持ちで悩み続けることよりも、やはりまずは何か行動してみることが大切です。
その先には、きっとあなたの求めていた、理想の結婚が待っていることでしょう。

この記事に関連するキーワード