婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年07月19日 更新

50代が結婚できない4つの理由と解決策

50代で独身の人の数は、40代以下の年代に比べると少なくなります。
50代で独身の理由も、人それぞれです。

今まで、結婚したいと思っていても、忙しさや出会いのなさなど、様々な理由からタイミングを逃してしまい、結婚できないまま50代となってしまった人もいるでしょう。

また、最近までは結婚したいという気持ちを持たなかったために、独身でいたけれど、50代になってやっと結婚したいという気になってきた、しかし相手が見つからずなかなか結婚できないという人もいると思います。

他に、50代で独身の人の中には、過去には結婚した経験があるけれど、何らかの事情で相手と別れてしまって、今独身だということもありますよね。
そして再婚したいと思っても、50代となった今、なかなか結婚できないという現実にぶち当たっている最中かもしれません。

そのように、50代で結婚できないという人の事情は様々ですが、そのような人達が結婚したいと思いながらも、なかなか結婚できない理由を探るとともに、その解決策も考えていきたいと思います。

結婚できない50代、その理由とは?

まずは、50代の人がなかなか結婚できない理由についてを見ていきましょう。

出会いが少ない

50代で結婚できない理由のひとつは、単純に、出会い自体が少ないということです。
なぜなら、50代の人にとっては、周りを見渡しても、同年代で独身の人が少ないと感じているのではないでしょうか?
相手が独身でないことには、いくら素敵な異性と出会っても、結婚することはできません。

50代の人にとって結婚相手の対象となりやすい同年代の異性で、独身の人が少ないということならば、もっと若い人との結婚を考えてみようと思ったこともあるかもしれません。
しかし、それはそれで、若い人にとってもなるべく同年代の人と結婚したいという人が多いため、50代の人はなかなか結婚相手として見てもらえず結婚できないといったことになるのです。

こうしたことから、結婚相手の対象として見てもらえる、また自分が相手をそう見ることができる、そういう意味での本当の出会いの絶対数が少ないことが、50代の人がなかなか結婚できない理由となっています。

出会っても、積極的になれない

50代の人は出会いが少ないということなのですから、もし結婚相手の対象となりそうな異性と出会うことができたならば、それは大変貴重な出会いだと言えるでしょう。

それにもかかわらず、出会ってもそれからどうしたら良いのか分からない、積極的になれないということで、出会いのチャンスを生かせずに台無しにしてしまうことも結婚できない理由となり得ます。

では、なぜ出会いのチャンスを生かせないのでしょうか?
それには、自分は50代であるということで、気後れしてしまうということがあると思います。

今まで出会いがあったときに、「自分のような50代からアプローチされても、迷惑なのではないか?」と考えて不安になって、それ以上近付くことができなかったりしていませんか?

また、自分自身は結婚したいと思っていても、相手は結婚はしたくないかもしれない、と勝手に勘ぐって、消極的になってしまったこともあったかもしれません。

50代となり、自信が出てくる部分もある反面、異性に対してはかえって自信をなくし、消極的になってしまっている人は少なくありません。
こうしたことが理由となり、せっかく出会いがあっても、なかなか結婚できない結果となってしまうのです。

若い頃の理想を抱き続けている

他にも、出会いがあっても結婚できない理由はあります。
それは、若い頃の理想を抱き続けていることで、その理想が邪魔となり、相手を見る目が厳しくなってしまっているためです。

自分自身が50代になったのであれば、若いときに考えていたままの理想ではなく、今自分にとって良い結婚相手とはどのような相手なのかということを、考え直していないのです。

そのため、たとえば男性であれば女性に対して「自分の色に染められそうな女性と結婚したい」とか、「可愛らしく優しい女性と結婚したい」と思っていたりしても、同年代女性にそれを求めるのは厳しいということが何となく分かると思います。

女性であれば、いつまでも相手の男性のルックスや年収にこだわり続けていても、同じく、それは厳しいということなのです。

男性が同年代である50代同士で結婚すると考えた場合、女性だって今まで独身で生きてきて、それなりのたくましさがにじみ出ていることが多いですから、今から自分色に染めたいとか、可愛さを求めても限界があるのです。

逆に、そのような理想を語っていては、女性から呆れられてしまい、去って行かれることもあるでしょう。
それは、50代女性においても同様で、男性に対して自分本位の理想を抱き過ぎていいるなら、男性は「やってられない」と呆れて離れて行ってしまうことが考えられます。

自分の生き方を変えられない

50代と言えども、出会ったチャンスをものにして、その人とお付き合いまで進み、恋愛関係にあったという人も少なくないでしょう。
それなのに、なぜ結婚できないまま別れてしまったのでしょうか?

その一因として、「今さら自分の生き方(スタイル)を変えられない」といったことが理由となっていたと考えられませんか?
お付き合いをしていれば、結婚の話もやがては出てくることもあるものだと思います。

たとえそのような話が出ても、「今まで生きてきた自分のやり方を、結婚することで相手に合わせて変えるのが嫌だ」と感じてしまったことで、なかなか結婚に対して前向きになれないという50代の人は、たまに見受けられます。

相手も、そんなあなたの気持ちを察して、身を引いたということがあったのかもしれませんね。

結婚できない50代のための解決策とは?

50代で結婚できない人にとって、理由となっていそうなことについて紹介してきました。
次は、解決策について見ていきましょう。

出会いがないなら自分から探すのみ

結婚できない今の状態を変えたいのであれば、出会いがない、出会いがないと嘆いていても、何も始まりません。
それどころか、どんどん時が過ぎていき、結婚できないままやがては60代になってしまうということだってあるのです。

出会いがないのならば、積極的に出会いを求める行動を取りましょう。
この際、恥を忍んで、友人・知人にも「結婚したい」ということを打ち明け、良さそうな人がいれば紹介してもらうようにする、というのも良い方法です。
信頼できる人がいるのであれば、相談してみましょう。

50代ということで、どうしても、同じように結婚したいと思っている異性を見つけることが難しいと感じたら、婚活サービスを利用するのも手です。
むしろ、結婚できない50代の人が、1番早く結婚にたどり着ける方法である可能性が高いですから、ぜひ頭に入れておきましょう。

婚活サービスである婚活サイトや結婚相談所を利用する際には、同年代の異性会員が多いところを探すのがおすすめです。

出会いのチャンスを無駄にしない

50代で結婚できない人は、せっかく出会いがあった場合には、「どうせ自分なんて」と尻込みすることなく、さりげなく相手の現状を探ってみたりしても良いと思います。

あまりガツガツ行くのは嫌がられますが、相手が独身であるという情報を得たら、「結婚は考えているんですか?」とたずねてみたり、共通の話題があれば「またお話したいです」ということをアピールしておくことです。

50代の人にとって、昔と言えば、出会った異性と連絡を取るには電話をするしかない時代もありましたよね。
しかし、今は昔よりもグッと連絡が取りやすくなっている時代です。

50代でもLINEやSNSをしている人は多いのですから、それであれば気軽に教え合えるという人も少なくありません。
そうした連絡先を交換しておくことで、今後、気軽に雑談ができるようになり、そこから親密になっていける可能性も大きいのです。

理想を見つめ直す

50代で結婚できない状況の今、昔思い描いていた理想を持ち続けて相手に求めても、それは厳しいということを自覚して、改めて理想を見つめ直しましょう。
結婚相手や結婚生活に対して理想を持つことは、良いことでもありますが、それが的外れなら、「理想が高すぎてついていけない」と人が離れてしまうのです。

50代の現在なら、どのような相手と、どのような結婚生活を送りたいのか、考えてみてくださいね。
そして、その全てが叶うとは思わずに、半分くらい叶えば上出来、というくらいのおおらかな気持ちを持っておくことも大切です。

理想を高く持ちすぎない方が、あなた自身も結婚に対してもっと気が楽になれるはずですよ。

結婚したら相手に合わせることも覚悟する

50代まで結婚できないまま生きてきたということで、今から結婚したとしても、相手に合わせるのは難しい、できれば自分の今までの生き方を貫き通したい、そんなふうに考えている人もいると思います。

しかし、やはり結婚するからには、相手にも多少なりとも合わせないことには、円満な関係は長持ちしません。
それを結婚前から「自分を変えるのは嫌」だと宣言してしまえば、当然結婚できないままです。

もしも相手が現れたら、「あなたのためなら生き方を変えることもできそうだ」というくらいの気持ちを持つことで、相手も感動しますから、結婚できない状態を断ち切ることができる可能性が高くなるでしょう。

こうしたことは、結婚できない50代の人にとっては、少し難しいことかもしれませんが、それでも結婚するためには、これからは柔軟性も身に付けるように意識してみてくださいね。

この記事に関連するキーワード