婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年09月27日 更新

恋人ができない人の特徴はこの7つ!あなたも診断してみよう

結婚したい彼女


恋人が欲しいという気持ちはあるのに、実際なかなか恋人ができないという状況が続くと、なぜなのかと悩んでしまいますよね。

長い間恋人ができない人には、共通して見られる特徴があります。

そんな特徴に当てはまっていないか、診断してみることで、これからどうしていけば良いのかということが見えてくるでしょう。

恋人ができない人は、早速これから診断してみてくださいね。

恋人ができない人のための診断テスト

それでは、次の質問に「Yes」か「No」で直感で答えていってください。

この診断テストの内容で、Yesが多いほど、恋人ができない傾向が強くなってしまいます。

1.人に合わせるのが苦手

恋人とお付き合いをするということは、かなり濃い人間関係になります。

恋人同士で会う場合は、やはり1対1ということも多いですから、意見が食い違った場合などは、どうしてもお互いに譲り合ったりする場面が出てくるでしょう。

元々、人に合わせるのがどうしても苦手という人は、相手が恋人であっても、なるべく自分の意見を通そうとしてしまいます。

そんな様子が、相手からは「自己中」だと思われて、さらには「愛されていない」と悲しい気持ちにさせるため、相手が離れていってしまうのです。

たいてい、人に合わせるのが苦手な人は、異性と接していてもそうした性格がにじみ出てしまうために、お付き合いに至る前に恋人候補から外されてしまうのです。

「この人と付き合ったら、大変そう」と思われている可能性が高いでしょう。

このような理由から、恋人ができないということが考えられます。

2.人といるよりも一人でいる方が好き

一人で過ごす方が圧倒的に好きだという人は、一人でいても孤独を感じることがあまりありません。

そのため、「恋人が欲しい」と思いながらも、どこかで「でも、面倒くさいかも」と思ってはいないでしょうか?

元々一人でいるのが好きなために、異性から誘われても、よほど気に入った相手でないと乗り気にならず、断ってしまったりしていませんか?

1対1のデートではなくても、仲間同士で集まったりすることも避けていたりすると、やはりそれだけ出会いのチャンスは少なくなってしまいます。

せっかくの誘いを断られた相手は、多かれ少なかれ落ち込みますから、気が弱い人なら、一度断っただけで、次からはもう誘わずに諦めてしまうでしょう。

そのようにして、知らず知らずのうちに異性と親しくなるチャンスを逃しているため、恋人ができないということが考えられます。

3.おしゃれするのが面倒くさい

流行にはあまり関心がなく、おしゃれをするためにお金や時間を使うことについて、「面倒くさい」と思っているならば、それも恋人ができない理由のひとつとなっているかもしれません。

やはり、人はまず見た目から入る傾向があるのは否定できません。

よく知らない人のことは、見た目の印象から自分の中で「その人像」を作り上げてしまいがちですよね。

周りの人も、あなたのことを、そのように見た目で多少なりとも判断している部分はあるはずです。

全くおしゃれをする気がなく、いつも適当な感じにしていると、年相応に見えないということにもつながります。

そして、異性として、恋人候補としての関心は持たれなくなってしまうため、恋人ができないという状況が続いてしまうのです。

4.会話は相手任せにしていることが多い

中には無口な人もいますが、常に会話を相手任せにしてしまうと、相手もやがて疲れてしまうことがあります。

また、自分から何も話題を振らなかったりすることで、相手の人は「自分との会話がつまらないのかも」と思い、気を遣ったりガッカリしてしまうこともあるでしょう。

それに、大勢で話しているときであれば、全く話さない人はやはり存在感がなくなってしまいます。

やがて「なんか、話しづらい人」とか「会話が弾まないから楽しくない」と思われて、それ以上親しくなれなくなってしまうため、恋人ができない原因となるのです。

会話は大切なコミュニケーションですから、相手が話しているときにはしっかりと聞いて、相槌を打ち、たまには質問したり、あなたの方からも話題を提供するようにすることが大切です。

あなたに話しかけてくれる人は、あなたのことをもっと知りたいと思っているかもしれませんから、なるべく心をオープンにして、自らも会話を楽しむように心がけましょう。

5.愚痴や批判が多い

ネガティブな内容ばかりを口にする人は、なかなか恋人ができない傾向にあります。

友達同士でたまに愚痴や誰かの批判を言うことはあっても、異性の前でしょっちゅうそんなことをしていると、異性としての魅力を感じてもらえないのです。

恋人としてお付き合いするならば、やはり楽しかったり、嬉しかったりという体験を求めたいのが人情です。

そして大事なことは、異性としてのときめきを感じたいのです。

それなのに、愚痴や人の批判ばかりしているような人だったら、恋人になっても「楽しい、嬉しい、ときめき」といったことが感じられそうにない相手だと判断し、恋人にはできないと思ってしまうでしょう。

6.何よりも仕事が優先である

社会人として、仕事を優先するのは素晴らしい姿勢でもあり、そうせざるを得ない場合も多いことは分かります。

しかし、常に仕事が最優先だということを公言していると、異性の中には「付き合っても、自分のことは後回しにされそう」とはじめから引いてしまったり、あなたが仕事があまりにも大変そうで、近寄りがたくて声をかけられない、ということも出てきます。

気になる異性の前で、「たまには息抜きしたいなぁ。どこかおいしいお店知らない?」と言えるくらいでないと、取り付く島もない仕事人間だと思われて、恋人候補から外されてしまうのです。

7.内心、人を見下してしまう

美人やイケメンでルックスが良いのに、なかなか恋人ができないという人もいますよね。

そのような人や、頭の良い人、器用な人などにありがちなのですが、内心どこか人を見下してしまっていないでしょうか?

周りのみんなが、自分よりも下に思えてしまうのですね。

そうした気持ちは、やはり態度や言動に知らず知らずのうちに表れてしまいます。

接した人が、居心地の悪さを感じてしまうのです。

それで「美人だけど、ちょっと苦手」などと囁かれるようになり、なかなか恋人ができないという人は少なくありません。

診断テストで恋人ができない理由を見つめ直そう

以上、恋人がなかなかできない人にありがちな特徴を元にした診断テストで、あなたは「Yes」がいくつありましたか?

すべて当てはまるようですと、恋人を作るのはかなり大変ですし、半分以上当てはまっても、このままではなかなか恋人ができない状況が続いてしまうでしょう。

しかし、この診断テストの内容で、あなた自身、恋人ができない理由がなんとなく見えてきたのではないでしょうか?

つまり、この診断テストの項目と逆、「No」と言えるようになれば、それだけ恋人ができやすくなっていくはずです。

改めて、おさらいしてみましょう。

協調性を身に付ける

人に合わせるのが苦手な人や、一人でいる方が好きという人、会話が相手任せな人、愚痴や批判が多い人は、「協調性を身に付ける」ということを意識してみましょう。

誰でも自分の思うようになったらいいと思っていますから、自分の考えや意見がはっきりしている人は特に、人に合わせずその意思を貫き通したいと思いやすいのでしょう。

また、一人でいるのが好きな人も、恋人ができたとしても、相変わらず一人でいるのが好きなままですと、恋人よりも自分の時間を優先してしまうでしょう。

会話が人任せな人は、相手も楽しませようとしてくれているのだと考えれば、自分もその気持ちを持って、積極的に会話に参加する姿勢が大切だと分かるはずです。

愚痴や批判が多い人は、色んなことに気が付きやすく、改善点を見出しやすいという面もあるのですが、不満をそのまま口にすることで、ネガティブな人、きつい人といった印象を与え、異性に敬遠されやすくなります。

これらの人は、相手の気持ちを考えていかないと、良好な人付き合いは成り立たないことを認識することが大切です。

異性とのお付き合いなら、「自己中そうな人とは付き合いたくない」と考える人が多いので、協調性を身に付けないと、恋人ができない状況を招きやすくなってしまいます。

見た目にも気を配る

おしゃれをするのが面倒な人も、最低限身だしなみは整えないと、恋人ができないままとなりがちです。

さらに、自分の印象を良くするためにおしゃれを楽しむ気持ちを持つようにすると良いでしょう。

やってみると、違う自分が発見できて、意外と楽しいかもしれませんよ。

仕事がすべてではない

いつでも仕事を最優先している人は、そのために恋人ができないと分かっても、まだそうしたいと思うでしょうか?

もちろん、そうせざるを得ないという場合もあると思います。

それでも、気持ちの面や言動だけでも、「たまには仕事サボって遊びに行きたいな」と冗談交じりに言ったりすると、それを聞いた異性がふと和んで、あなたに親近感を覚えるでしょう。

要するに、相手に誘う隙を与えることにもなるのです。

相手の長所を見出す

いつも自分が上だと感じてしまう優秀な人は、人と接したら、その人の良い面を見出すように意識してみましょう。

そうすることで、人を知らず知らずのうちに見下していた心が抑えられるようになります。

すると表情や言動が変わってきますから、接した異性もあなたに今までよりも安心感を持って、「話してみたい」と思いやすくなるでしょう。

まとめ

今までなかなか恋人ができないでいた人は、この診断テストで、客観的にあなた自身のことを見つめ直し、今後に生かしていってくださいね。

この記事に関連するキーワード