婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月17日 更新

脱彼女いない歴=年齢!彼女を作るために気をつけるべきこと

「気がついたら周りの友人にはみんな彼女がいて、彼女いない歴=年齢なのは自分だけになってしまった。」
「彼女を作って、彼女いない歴=年齢から脱出したい」
そう考えている男性に、彼女いない歴=年齢の男性によくある理由と彼女を作るために気をつけるべきことをまとめました。

彼女いない歴=年齢によくある理由

ネガティブ思考

自己嫌悪や自信喪失のために「彼女いない歴=年齢」になってしまった人の多くが、高確率で「女性関係での過去のトラウマ」や「女性と接したことによる心の傷」を持っています。

恋愛をあきらめていたのが自分の自信の無さからくるものだともったいないことです。

視野を自分で狭めてしまっているので、変われる機会を失ってしまっています。
ネガティブ思考をやめれば、恋愛にももっと積極的になれることでしょう。

恋愛に積極的になることで、「彼女いない歴=年齢」から脱出できるはずです。
過去は過去として、今の自分としっかり向き合うことで、自分の魅力に気づくはずです。

しかし、トラウマや心の傷からすぐに立ち直るのは難しいことです。
もし、気になる女性や身近な人があなたと似たような状況だと気づいたときには、手を差し伸べてあげましょう。

話を聞くだけでも、相手は気持ちが楽になるはずです。

女性への高い理想

「彼女いない歴=年齢」だからといって、恋愛にまったく興味関心が無いというわけではありません。

むしろその逆のパターンもあります。
恋愛や女性に対しての理想が高すぎるために、「彼女いない歴=年齢」となっているケースもあります。
女の姉妹がいなかったり、男子校などで女性と接する機会が圧倒的に少ない男性がこのような思考になることが多いです。

さらに彼女いない歴が長くなるほど、女性や恋愛への理想が高くなっていく傾向があるようです。
自分の理想の彼女像や女性像と現実の女性のギャップが大きかったり、彼女にする相手を妥協したくないというこだわりから、相手のことを良く知る前から壁を作ってシャットアウトしてしまいます。

また、恋愛や女性に対して高い理想を持っている男性は、アニメや漫画が好きな人に多く見られます。

物語のヒロインやドラマチックなストリー展開に夢中になり、そこから生まれた期待や希望が、現実の恋愛の理想を構築しているようです。

自身の理想に合ったパーフェクトな彼女の出現やドラマチックな恋愛への理想などにより、自ら女性を遠ざけてしまっているのではないでしょうか。
現実の恋愛への理解と興味を深めることと人の魅力を知ろうとする前向きな姿勢を持つことで、「彼女いない歴=年齢」から脱出できると思います。

強いクセがある

女性との関わりが無いわけでもなく、恋愛に興味が無いわけでもないのに、なぜか女性から距離を置かれてしまう。
そんな人には、強いクセだったり性格に難があるのかもしれません。

このようなクセや難は自分では気づきにくいものです。
さらにこれは、性格や顔の造形の良し悪しという問題でもないと思います。

性格が悪いなと思っていても、彼女が途絶えなかったり、顔がそこまでイケメンではないのに女性からモテる人もたくさんいます。

性格や顔に関係なく、その人が持っている「何か」が原因となって、女性と恋愛関係に発展しないと考えられます。
例えば、常に人の欠点ばかりを指摘したり、皮肉な言い方しかできない、卑しいなどが挙げられます。

自分では普通に接しているつもりでも、知らないうちに女性から敬遠されてしまっているのかもしれません。
自分のクセや難に気づくことは難しく、それに気づいたとしても改善することはもっと難しいことです。

しかし、自分と真正面から向き合うことが、「彼女いない歴=年齢」から脱出する第一歩となるでしょう。

彼女を作るためにすべきこと

女性と話すことに慣れる

女性とあまり接する環境にいなかった人が女性と話すと挙動不審に見られることがあります。
でもそれは、慣れない事をするからであって、慣れない事をするときは人間誰しもが緊張し、普段の感じとは違ってきます。

そのため、女性と話すことに慣れることが「彼女いない歴=年齢」から脱却する足がかりとなります。

職場や周りに女性はいないという人は、相席屋やガールズバーに行って練習することも1つの手です。

「女性に慣れていない」というと、女性への接し方を優しく教えてくれるでしょう。

「興味がある」ことを女性に伝える

最初から気の利いた話をしようと思わず、女性だからといって気負わず話すことが大切です。
そのためシミュレーションをして話しかけることはあまりしないほうが良いでしょう。

想定外の答えが返ってきてしまった場合、あたふたして収拾がつかなくなったり、そこで会話が終わったりしてしまいます。

大事なことは「あなたに興味がある」ということを伝えることです。
男性の話は「筋が通っているか」を重要視しますが、女性にとってはあまり興味の無いことです。

理屈が通っているかよりも、熱意があるかです。
これはそんなに難しいことではなく、好感があるというオーラは自然と伝わるのです。
思い切ってやってみるべきです。

女性から不快に思われない外見を心がける

見た目は第一印象を決める際に大きく関わってきます。
そのため、まずは服装で女性から嫌われないように気をつけるべきです。
トレンドに気をつけたり、全身をブランドで固める必要は全くありません。

いきなりそうしても違和感が出てしまいますし、無駄にお金もかかってしまいます。
シンプルで自分のサイズに合った服装を心がけるだけでよいのです。
また、気をつけるべきことは清潔感を出すことです。

自分に合った髪型を心がけること、髭をしっかり整えること、洋服にシミやシワ、フケなどがつかないように気をつけるだけでぐっと清潔感が出ます。

趣味を増やす

出会ったときから共通の趣味を持っていたというケースは、ごくまれなケースです。
だからといって無理に相手の趣味に合わせる必要はありません。

「趣味は何ですか?」と聞かれたときに、いくつかの答えを持っていて、それぞれについてどこが好きなのか、何が楽しいのかなどを話せることが大切です。
好きなことを話している人は自信があり、輝いて見えるため、とても魅力的に写ります。

ただしあまりにも子どもっぽすぎる趣味や、オタクっぽい趣味を熱く語ってしまうと女性が引いてしまうこともあります。
口外しても問題ない趣味かどうかを回りに聞くなど、注意はしておいたほうが良いでしょう。

スポーツ系や料理などの趣味は女性受け抜群です。
オタクっぽい趣味を持っている人は、女性でも知っている国民的に人気のある話題を振ることで会話も盛り上がることでしょう。

さらに、その反応を見たりすることで、どこまで自分の趣味の話をしてよいかを計ることもできるかと思います。
また、無趣味と答えることもあまり女性から見るとあまり良いイメージではありません。
人としての面白みや幅を感じさせることもできませんので、絶対に避けるべきでしょう。

この記事に関連するキーワード