婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月17日 更新

大晦日こそ婚活!~明るい新年のために~


大晦日といえば一年最後の日です。
皆さんは何をしているでしょうか?
新年の準備や今年一年のことを思い返したりしていますか?

いいえ、大晦日こそ婚活をするべきです。
明るい新年を迎えるために、大晦日に今年の婚活の締めを行いましょう!

大晦日に婚活ってできるの?

大晦日と婚活というイメージがいまいち結びつかない人もいるでしょう。

しかし、大晦日は婚活パーティーが盛んに開催されています。

それも、大晦日限定の婚活パーティーがたくさんあるんです。
どんな婚活パーティーがあるでしょうか?

大晦日といえばカウントダウン婚活!

大晦日といえば、婚活に関係なく何が思い浮かぶでしょうか?
代表的なものは新年へのカウントダウンだと思います。

渋谷などでは人が集まり、みんなで新年を迎える光景がテレビなどでも流れています。
同様に、カウントダウン婚活パーティーや街コンなども開催されているんです。

カウントダウンイベントの利点は、一体感があるところです。
年が明けたことを祝う人たちが集まり、みんなで一緒に新年を迎えます。
そんな雰囲気の中だと、思わず隣にいる知らない人ともハイタッチをすることもありますよね。

その空気がお互いの距離感を縮めてくれます。
婚活をしていると、距離感の縮め方がよくわからないという人が意外と多いんです。
その距離感を一気に縮めることができるので、大晦日の婚活というのはおススメです。

大晦日の年越しそばも婚活で!

大晦日に婚活をするにしても、カウントダウンなどにぎやかなものは少し苦手、という人もいますよね。

そんな人におススメなのは、年越しそば婚活パーティーです。

これは大晦日に年越しそばを協力して作って食べる、というタイプの婚活パーティーと、蕎麦屋や居酒屋で蕎麦を食べながら行う婚活パーティーがあります。

最近はそばコンというのも有名になっていて、蕎麦屋での婚活なども増えています。

協力して蕎麦を打つというのも連帯感があって盛り上がりますし、蕎麦打ちは意外と重労働なので男性の力強さもアピールするチャンスです。

また、蕎麦打ちを日常的に行っている人というのはめったにいませんよね。
蕎麦打ちという非日常的な体験を一緒に行うことで、共感が生まれるという利点もあります。

蕎麦と婚活はイメージが結びつかないかもしれませんが、意外と相性がいいものですよ。

参加者も変わってくる

大晦日の婚活パーティーで最大の利点といえば、参加者の顔ぶれが変わることです。
普段から婚活パーティーに参加していると、たびたび同じ人と会うことがあると思います。
これは参加できる曜日や時間がその人と被っているせいでもあるでしょう。

しかし、大晦日というとほとんどの人は休みになるので、普段は婚活パーティーで会うことがないような人とも会えるチャンスです。

特に仕事が忙しく、平日はもちろん土日も婚活パーティーに来られないような人であれば、会社も仕事納めとなっている大晦日こそ婚活パーティーに!と気合を入れているかもしれません。

そういう人は積極的に相手を探しますから、出会いにつながりやすいという利点もあります。

また、独身の人は年末年始、実家に帰ることも多いでしょう。
特に地方出身者は普段帰ることができない分、年末年始には家族も帰ってくるのを楽しみにしていると思います。

そのため、大晦日には婚活パーティーでも地方出身の人は少なくなります。

そのため、地方出身者の人と結婚したら将来は地方に行かなくちゃいけないかも・・・という心配を抱いている人にとってはチャンスです。
地方出身者が少ないので、警戒して相手を見つけなくてはいけないという心配も少なくなるので、安心して相手を探すことができます。

大晦日は地元婚活もアツい!

年末年始は地元に帰るという人達は、帰省中だし婚活は休憩、なんて思っていませんか?
地元に帰った時こそ、普段はできない地元婚活を行いましょう。

都会で婚活をしていてもうまくいかないという人でも、地元で婚活をしたらうまくいったという話はたくさんあります。

特に大晦日は婚活のチャンスですよ!

同級生と大晦日に婚活!

大晦日などは、高校時代の友人などが集まって遊び、そのまま初詣というパターンがよく見られます。

その友人の中に女性がいて、すっかりあか抜けて美人になっていたなんて話はよくありますよね。

また、当時は片思いで終わったけれど、久しぶりに会ったらフリーだったとか、就職先が意外と近かったなんてこともありがちです。

お互いに気心の知れた相手だし、せっかくだから付き合ってみる?なんて軽く言ってみたらそのままカップルになれた、ということもあるのではないでしょうか?

友人の集まりだけではなく、同窓会などでもよくある話ではあります。
地方に残っている友人は結婚が早く、すでに子どももいるという話を聞いて、焦りを覚えることで婚活へのモチベーションも上がります。

大晦日の地元婚活は新しい出会いのきっかけになるとともに、婚活を頑張ろうという気持ちにさせてくれます。

地元の婚活パーティーに参加して婚活!

大晦日、地元に帰ってゆっくりしたいかもしれませんが、せっかくですから今しかできない婚活をやりましょう。

それは、地元の婚活パーティーに参加することです。
地元の婚活パーティーは、普段参加する婚活パーティーとは参加する人が当然違います。

そのため、新しい出会いが待っています。

また、地方の場合は都会よりも早婚なので、都会ではまだ焦らないような年齢の人が結婚に意欲的なことが多く、また都会に憧れる人も少なくないのでカップルになれる確率が高くなります。

それに、地元の婚活パーティーだと安心感がありますよね。
自分がいたころの地元の話をして共感を得たり、こんなところが変わったという話を教えてもらったりしているうちに仲良くなれることもあります。

都会とは違って、個人的な話以外にも色々なトークができることも、地元婚活で婚活パーティーに参加するメリットです。

なぜ大晦日に参加するかといえば、まず地元への帰省は30日から4日という人が多いため、お正月の三が日以外で婚活ができるフリーの日が大晦日しかないからです。

特に地方はお正月になると親戚が集まることが多く、身動きが取れなくなるのでお正月に婚活パーティーに参加する人はあまりいないでしょう。

友人や親戚に紹介してもらって婚活しよう!

地元での婚活では、友人や親戚から紹介してもらうという手もあります。

これも大晦日がお互い都合がいいでしょうから、婚活をするなら帰ることと紹介してほしいということを事前に電話などで連絡しておいたほうがスムーズに進むでしょう。

紹介してもらった人と大晦日に婚活をして仲良くなって、初詣に一緒に行けたらベストですが、そうならないとしても連絡先を交換して、あとは遠距離から仲良くなっていくというのもいいのではないでしょうか?

また、休日には都会を案内するから遊びに来てよ!などと誘いやすくもなりますから、多少距離が離れているのも悪いことばかりではないでしょう。

ただし、紹介してもらった手前なかなか断りにくい場合もあるので、紹介してもらう際はよく相手を考えてからお願いしましょう。

まとめ

大晦日は婚活もゆっくり休みたいと思う人も多いでしょうが、大晦日にしかできない婚活のチャンスもあります。

婚活を頑張っている人ほど、大晦日にやってみるのもいいでしょう。

また、年末年始に地元へ帰るという人も、地元婚活にチャレンジしてみましょう。

地元での婚活には、普段とは違う楽しみがあるのではないでしょうか?

この記事に関連するキーワード