婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年09月13日 更新

モテる男の条件!雰囲気・性格・オーラから感じるモテる要素!

一般的に「容姿がいい人はモテる」と思われがちですが、実際にモテる男性は、それ以外にモテる要素を持っています。

「顔はそこまでかっこよくはない」と言う人でも、モテている人ってたくさんいますよね?

では、その人たちは何をしているのか?なぜモテているのか?その秘訣をご紹介していきます。

モテる男性には雰囲気がある

最近よく「雰囲気イケメン」という言葉を耳にしませんか?
雰囲気やオーラなどは目に見えない為、分かりにくい要素ですよね。

分からないのにどうしたらいいんだ!と思ってしまいますが、
モテる男性の仕草や行動にこそ、この要素が表れています。

顔もかっこよくて雰囲気もあれば当然モテますが、実際には近寄りがたく、
憧れのような存在になってしまいます。

あなたの周りにかっこよくはないけどモテている人はいませんか?
その人は自然にモテる雰囲気を持っているのかもしれません。
では、実際にモテる雰囲気とはどのようにしたら出るのでしょうか?

落ち着いた態度と話し方

男性でよくしゃべる人や、せかせかしている人などは、あまりかっこよく見えません。
一緒にいると疲れてしまい、落ち着きがない人と思われてしまいます。

女性は男性の落ち着いている態度から「頼れそう。包容力がありそう。」と感じるものです。
声の質は、個人差があるのでなんともしがたいですが、
あまりキンキンと高い声で話すよりも、出来るだけ低めの声の方が、落ち着いた雰囲気を出すことができるでしょう。
お腹から声を出すように、そして、胸で響かせるようにゆったりと話すように意識してみましょう。
低い声は、どんなときにも落ち着いていて冷静な判断が出来そうな印象をあたえるので、ポイントが高いです。

また、女性との会話では、「聞き上手」に徹することで、モテる雰囲気を出すことができます。
もちろん、ただ「聞く」のではなく、タイミング良く相槌を打ったり、質問を挟んだりして、相手の話に興味があることを表現することが大切です。

そして、もうひとつ、聞き上手に徹するメリットは、
自分のことをそれほど話さなくてもいい、ということです。
モテる男性は、自分のことをペラペラと話さないもの。

どちらかというと、話をするのが苦手な男性にとったら、簡単なことかもしれませんね。

話をするのが苦手な人が、無理をして話題を考えたり、自分のことを話したとしても、
なかなか話が続けられず、逆にそんな無理はいつかボロがでてしまうものです。

ですが、女性は元々おしゃべり好き。
自分の話をきちんと聞いてもらえることが、とても嬉しいですし、その会話から話を広げてくれる男性に対しては、好意を持ちやすいものです。

聞き上手に徹して、優しく落ちついた話し方で接すると、好感度もアップするでしょう。

気配りができる

気配りができるという事は、周りの状況をよく見る事ができるということです。

例えば飲み会の席で、グラスが空いていたら「何か飲み物頼もうか?」と声をかける、
道を歩いていてさりげなく車道側を歩くなど些細なことですが、
女性にとっては、とても嬉しいものです。
聞いていると「案外大したことじゃないな、すぐ出来そう」と思うでしょうが、自然とできることが、モテる雰囲気を出す秘訣になります。

自然に行動に移せれば、きちんとレディーファーストが出来る人だと、
女性の評価も高くなります。

自分のことばかり考えていては、余裕のなさを感じてしまいますし、
自分勝手な人と誤解されることもあるので注意しましょう。

あからさまに気を遣って優しくするのではなく、
あくまでさりげなく実行できることがポイントです。

身だしなみに清潔感を感じる

なんといっても重要なのは清潔感です。
パッと見て爽やかな印象を受ける見た目がベスト。

まず、顔周りで注意する箇所は、眉毛、鼻毛、髭です。
眉毛はボサボサな太眉になっていませんか?
鼻毛はでていませんか?
眉毛の形で顔の印象はとても変わります。
きちんとと整えるようにしましょう。

また、髭に関してはオシャレで髭を伸ばしている人もいますが、女性によって好みが別れますので、清潔感を感じる程度に伸ばして自分に似合うように整えましょう。

髪型も寝癖がついたままだったり、伸ばしっぱなしになっていませんか?
髪型は自分に似合ったヘアスタイルが一番。
必要以上にワックスをつけたりすると髪がベタベタになり、不潔な印象を与えてしまう可能性があるので気をつけましょう。

そして、顔周り以外で、実は女性がしっかり見ているところがあります。
実は「手」なんです。それも「爪」。

爪が伸びている男性は、残念ながら清潔感を感じることはできません。
特定の指だけ伸ばしている…なんていうのは問題外です。
また、爪を噛んでしまう癖のある方は、特に気をつけてください。
噛んでギザギザになった爪も、その噛んでいるしぐさも、モテる雰囲気には結びつきません。
ネイルサロンに行く必要はありませんが、普段から常に短めに切ることをお勧めします。

服については、次の項目で詳しく紹介しますが、
着ている服も汚れやシワがあるといくらオシャレをしていてもそれだけで残念な印象になってしまいます。
きちんと整えている感じをだすことが、清潔感がありスマートに見える条件です。

自分に似合う服を着ている

モテる男性は、ファッションセンスが良いという訳ではありません。
服装は意外とシンプルなのに、女性からの指示が高い場合もあることをご存知でしょうか。その理由は、その服装が、その人に似合っているからなのです。
でも、なかなか似合う服が何なのかをみつけるは大変だと思っていませんか。

まず、まちがいなく言えることは、
ブランドでガチガチに固める必要は全くありません。
つい、自分のファッションセンスに自信がないと、ブランドの力を借りて上から下まで、
すべてブランドでまとめてしまいがちですが、そうしたからといって、モテるわけではありません。

また、オシャレを意識しすぎるあまり、自分の個性を出しすぎると、どこか近寄りがたさを感じてしまうので、これも要注意です。
女性が、男性に求める服装とは、実はシンプルなデザインで、自分のサイズ感に合うものになります。

特にサイズは重要で、どんなにきれいに洗濯してある服を着ていても、
中途半端に緩めのシャツや、必要以上にピタピタのパンツを履いているのは、
女性目線でいうと、残念なファッションになるんです。

また、色も、あまりカラフルにならずに、3色程度にまとめるようにすることも大切です。
紺系、モノトーン系なら、落ち着いた印象を作り出せます。

モテる雰囲気を持っている人は、自分が良く見える服装を分かって着ているので、着こなして見えるのです。

まずは、シンプルなものを着ること、ジャストサイズをみつけること、色味を抑えることをポイントに、コーディネートしてみてください。

小物にこだわりがある

さきほどモテる男性は、シンプルに自分に合った服装をしていることを述べましたが、
モテる男性は小物使いもとても上手でお洒落です。

例えば服装がどんなにお洒落をしていても、身につけている小物がよれよれだったら、なんだかせっかく服装はお洒落なのに勿体無いですよね。
ここでは、特に女性が気になる小物について、まとめてみました。

例えば、靴。
意外と足元はひんぱんに見られています。
ブランド物でなくても、ピカピカに丁寧に手入れされた革靴は、女性から見ると「オシャレに気を使っている人」という印象が強くなります。
革靴だけでなく、スニーカーも泥だらけなんてことのないようにしたいですね。
次に腕時計。
最近は、スマホが当たり前になってしまい、腕時計をしている人はかなり少なくなってきました。でも、モテる男のアイテムとしては、相手にも見えやすく、アピール度が高い小物です。
腕時計も、服装同様シンプルなものが女性に好まれる傾向にあります。
あまりギラギラと派手なものや、いかにもブランド物!なものは、おじさんくさくなったり、嫌味な印象を与える恐れもあるので、気をつけましょう。
スーツの時と、カジュアルな時に使うものと、使い分けができるといいですね。

そして、誰もが持っている財布。
レシートや領収書、カードでパンパンに膨れあがった財布から、
その人の印象は「だらしない人」と判断されてしまいます。
日頃から、中身のチェックを怠りなく、スッキリした財布を持ち歩きましょう。

パンパンな財布をお尻のポケットに入れて、膨らんでる後姿は、
とてもすてきとは言えません。

モテる男性ほど小物にお金をかけています。
小物の選び方で、センスが問われることをモテる男はしっているからなのです。

服装がシンプルでも靴や腕時計、お財布などをいいものをつかっているとより一層お洒落に見えます。

女性は案外そういった細かい部分をみていることをお忘れなく。。

自信のある姿勢

猫背で自信がなさそうに小さい声で話すよりも、背筋がシャンとして堂々としている姿の方が断然男らしさを感じますよね。

女性は頼りがいのある男性に惹かれるもの。
頼れる男性にこそ、悩みを相談するなどして、つい頼りたくなるのです。
何があっても動じないような姿勢で、常に自信を持つことが大切です。

自然な笑顔

自然な笑顔こそ最大の武器です。
よく笑うことでその場の雰囲気も良くなり、彼の周りは楽しそうと思われます。
「性格が明るい。一緒にいると楽しそう。元気をもらえそう。」と感じる人の周りには自然と人が集まりますよね。
緊張してあまり笑わずにしていては無愛想だと勘違いされてしまいます。
自然な笑顔で人と接することができる男性は、気取らない雰囲気を持っているので、
女性からしても気軽に話しかけやすく感じるのです。
そして、
「この人は私といると楽しいのかな。」と思ってもらえるというメリットがあります。

褒め上手

女性って男性に褒められるとうれしいものです。

例えば髪の毛を切ったとき、何も気づいてくれない男性より、「髪の毛切った?似合うね!」
と一言、言ってくれるだけでも全然違います。

モテる雰囲気の男性はとにかく、相手のいいところや変化を見つけるのが得意です。

男性は一般的に支配欲求が強く、相手を褒めるより自分が褒められたいと思う人が多く、
女性から「すごいね!」と褒められたいが為に、女性が興味のないようなうんちくをずらずらと言って、自己満足している人もいます。

ですが、そういう男性はどんなに顔がかっこよくても、
最初はちやほやされるかもしれませんが、長く一緒に居ると女性は疲れてしまいます。

モテる男性は、顔が特別かっこよくなくても相手のいいところをすぐみつけ、褒めてくれる褒め上手な人が多いのです。

ただし、あまりにも褒めすぎるとあざとくなってしまうので、あくまでも自然体で会話の中で褒めるといいかもしれませんね。

誠実でいて礼儀正しい

丁寧な言葉使いやもの腰の柔らかい男性は、仕事にしても恋愛にしても周りから高い評価をうけます。

きちんと挨拶と謝罪ができる、当たり前のマナーができることに女性は安心するものです。

女性は一緒に居て恥ずかしいと思わせるような男性を、あまり好きにはなりません。
モテる男性は、TPOをわきまえた立ち振る舞いができることで、モテる雰囲気を自然と演出しているのです。
いつもちゃらちゃらしている男性より、どこに出ても恥ずかしくないような礼儀正しい男性を女性は好むので、普段から礼儀や言葉遣いに気をつけるようにしておくと、
きちんとみえてモテる雰囲気もでるかもしれませんね。

何か熱中できるようなものがある

男性のみにかかわらずですが、人がきらきらして見える瞬間ってないですか?

例えば、スポーツが趣味でそれにのめりこんでいるとき、その人は一段と輝いて見えます。
例えば、興味のあることを楽しそうに話す人の目は、きらきらと輝いていますよね。

モテる男性の雰囲気をだすにも、そういったなにか趣味や仕事に打ち込んでいる人は、例外なく魅力的に見えるのです。

趣味がないひとは夢中になるようなものを何か一つ見つけると今よりも更に魅力的になり、モテる雰囲気をだすことができるかもしれませんよ。

モテる男の雰囲気は、LINEからも伝わる

最近のコミュニケーションツールと言えば、LINEがすぐに思い浮かびますね。
プライベートのつながりはもちろん、仕事上でもLINEを使ってやりとりすることが多いかもしれません。

そんなLINEのやりとりに気をつけるだけで、モテる男の雰囲気を身につけることができます。
次の3つのポイントを押さえればいいのです。

返信は出来るだけ早目にする

届いた途端に、既読がついてしまうと、「暇な人」と思われるのではないかと気にしている人もいるのではないでしょうか。
または、すぐに返信することで、相手の女性にプレッシャーをかけてしまわないかと、気をもんだりすることもありますね。

でも、返信を遅くして、駆け引きをしたり、遅くしすぎて忘れてしまい、信用を失うなんてこともあるので、LINEの返信は、5〜10分ほどおいて、返答し、その後は相手の返信するリズムに合わせて対応するとよいでしょう。

短くまとまった文章で

モテる男性は、LINEの文章が短めです。
まとまりのない長文は、女性からするとうっとおしいものです。
ダラダラ長い文章を送ったりせずに、要件や回答を端的に伝えられるのが、
モテる男の秘訣です。
だからといって、一言だけの返信を繰り返したりするのは、
「私とやりとりするのが、つまらないのかな」と誤解されてしまいます。
スタンプや絵文字も適度に活用できるといいですね。

大事な話はLINEではしない

モテる男性は、LINEは普段の何気ないやり取りや次に会う日の確認などのツールとして使っています。

大事な話でLINEを使うことはまずありません。
大事な話は、LINEで会う日を決めて、会って話をしましょう。

モテる雰囲気をだすためにすぐ実践できること

体を鍛える

モテる雰囲気の男性は、体がわりと引き締まっている人が多いようです。

顔は特別かっこよくなくても体が引き締まっている男性はやはり、
ぽちゃぽちゃにたるんでいる男性より、色気を感じます。

ジム通いなどして、毎日筋トレをしていると体がひきしまり、自分にも自信がつきます。

自分の体に自信がつくことにより更にポジティブになり、モテる雰囲気をつくりだすことができるでしょう。

一日一回は鏡でよく自分を見る

男性で起きたときの寝癖だらけのあたまで出かける人も居るようですが、モテる雰囲気を持っている男性はそんなことはしません。

「毎朝鏡くらい見ているよ~」なんていっているそこのあなた、鏡は見ていてもちゃんと自分が見えていますか?

暗い部屋や、電気をつけずに鏡を見ている人も中には居るはずです。
暗いところで鏡を見ても自分のなおすべきところがちゃんと見えていない場合もあります。

明るいところで毎日一回は鏡をちゃんと見てみてください。

そうすると眉毛のぼざぼさ、鼻毛、髭などに気づくことができます。
気づいたらすぐに直しましょう。

こういった身だしなみは、大人の男性になればなるほど、誰も注意してくれません。職場の同僚が、親切に教えてくれたりはしないのです。
だまって、「あの人は、だらしのない人」というイメージを持たれてしまうだけです。

モテる雰囲気にはかかせない清潔感のある男性になるためにも、今すぐできることなのでやってみてはどうでしょうか。

モテる雰囲気は作り出せる

あなたが考えるモテる男性の条件は、どんなものでしたか?

これまでモテる雰囲気を作り出す要素について挙げてきましたが、
「とても難しいくて、無理だなー」と諦めるほどのものはありましたか?
意外と、どれをとってもそんなに難しいことではありませんでしたよね。
モテる雰囲気は、作り出すことができるという事がお分かり頂けたと思います。

日頃、あまり意識せずにやっていた行動を、「モテる雰囲気を出すために」と、少し考えて行動してみると、意外とすんなりできるものです。
毎日少しずつでいいので、意識して実行に移してみてください。

でも、頑張りすぎは禁物です。
頑張って身に着けようとすれば、それはモテようと必死になっているのが分かってしまいますので、あくまで自然さが大事です。

急に自分を変えようとしても変わりません。
時間をかけて、自分の普段の立ち居振る舞いになるように、心がけるといいですね。
モテる男の雰囲気を見つけるための努力は、女性の目を引くだけでなく、
誰からも好感をもたれる人になれるのではないでしょうか。

無理をせずに、自分らしさはそのままで、よりステップアップしようという意識で行動してみましょう。

この記事に関連するキーワード