婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月18日 更新

お見合い相手への告白〜タイミングを逃さないために〜


近年、スマートフォンなどを利用して、手軽に気軽に登録出来るお見合いサイトなどが普及し、お見合いをする人が増えています。

お見合いする人が増えるということは、お見合いをきっかけに告白しておつき合いが始まり、結婚する人も増えているということです。

一昔前よりお見合いに対してのハードルは低くなり、一般的になったと言えるでしょう。

それでも、お見合いで出会った相手が気に入って、いざ「告白しよう!」と決意しても、タイミングが意外と難しいものです。

一目惚れしたとしても、お見合いのその場で告白したら、相手は萎縮してしまうかもしれませんよね。

だからといってお見合いから告白までの期間が長過ぎても、その気がないと判断されてしまいます。

それなら、お見合いからどのくらいの期間で告白するのが望ましいのでしょう。

お見合いから何度目のデートで告白するか

そもそもお見合いは結婚を前提としたおつき合いを念頭にするものですが、それでも意思確認のための告白は必要です。

デートに誘ったらオッケーしてもらえるから、もうつき合っていると判断するのはとても危険です。

また、知り合うきっかけがお見合い以外だった場合とは、告白までのペースが少し違います。

ターニングポイントは3度目のデート

1度目のデートはずばり様子見です。

相手がどんな人か、お見合いの時間だけではわからなかった人柄や、自分との相性を確認する時間です。

2度目のデートは1度目のデートではわからなかった相手の本質を見極める時間です。

1度目のデートは緊張していて上手く話せなかった人も、少しは慣れてちらりと本音がのぞきます。

お見合いの時にはわからなかった相手の好みなどがわかれば、告白の方法の参考にもなりますよ。

そして、3度目のデートの誘いが成功すれば、相手も好意を持っていると言えるでしょう。

この人とは合わないと感じたら、何度も会いたいと思わないからです。

お見合いする人は結婚を希望しているわけですから、合わない人と何度も会うなんて無駄なことはしませんし、ましてや告白の必要もありません。

ですから、お見合いから3度目のデートが楽しい時間になったら、告白しましょう!

お見合い相手に本当に告白していいか悩んだ時

次のデートまでの間に、メールや電話でやりとりをしていますか?

「会えない時間が恋心を育てる」とはよく言ったものですが、だからと言って連絡を取らないのはもったいないですよ。

会えない=連絡を取らないわけではないのです。

今はLINEなどを利用すると、メールを確認したかわかりますよね。

既読になったのに返事が全く来ない場合、いわゆる既読スルーが続くようでは残念ながら望みは薄いでしょう。

もちろん仕事がとっても忙しい人で、なかなか返事が出来ない場合もあります。

それでも好意を持っている相手には、メールくらい返す時間はあると思いませんか?

デートにはとりあえず来るけど、普段のやりとりの反応がいつも鈍い場合は、ちょっと要注意です。

そんな時は告白する前に、ちょっと相手の様子をうかがってみましょう。

例えば、「次のデートで行きたいところある?」や「結婚するならどんな人がいい?」など、未来を想像する質問をしてみてください。

質問にきちんと答えてくれれば、望みはあるでしょう。

また、自分自身の気持ちも再確認しましょう。

お見合い相手に告白する前には、もし振られたら…とシュミレーションしてみてください。

ちなみに、はっきり断られたらきっぱりあきらめて次にいくくらいの、強い気持ちを持ちましょう。

断られる事を恐れていては、何も始まらないのです。

お見合いからさほど経っていないし、もう少しデート重ねてからと言われても、待ちたいと思う相手なら、告白すべきです。

お見合い後告白OKか見分けるサイン

お見合いは他の出会い方とは違うため、相手も告白に対する意識を少なからず持っているはずです。

その為、あなたとのデートの際に「この人と結婚を前提にお付き合いしてもいいのかどうか」という基準であなたのことを見ているのではないでしょうか。

人は、何かを意識してしまうと無意識のうちに行動に現れたり、ついつい考えていることをやってしまいたくなったりする傾向があります。

昔話にもあるように、見るな見るなと言われるほど見たくなってしまうものですよね。

なので、デート内であなたが相手の基準に達し、相手が少しでもあなたと結婚を前提にお付き合いしてもいいかもしれないと感じた場合、自ずとその意識が行動に現れるはずです。

ここからは、その告白される用意があるかどうかを見極めるポイントについてご紹介していきます。

呼び名に注目

相手に心を開いたり、仲が深まってきたりした場合、さん付けで相手を呼ぶのはなんだか逆に恥ずかしくなってきますよね。

仲が良くなるほど、性別や年齢の立場を超えて下の名で呼んでみたりあだ名で呼んでみたりするものです。

そこで、告白しようか悩んだときは、さん付けからほかの呼び方に変更しなじむまでの期間を思い出してみましょう。

その期間が短ければ短いほど、あなたのことを気に入ってくれている可能性が高いということにつながっているといってもいいでしょう。

ボディタッチの回数に注目

人はパーソナルスペースと呼ばれる、自分と相手との親しさによって変わる心地よい距離感を持ち合わせています。

手が触れたり、横を歩いたりするレベルである0cm~45cmは密接距離と呼ばれ、親族や恋人ほどの親しさがなければ不快に感じてしまうようです。

その為、もしもデート中に肩が触れ合うほどの距離でも、あいてが距離を置く姿勢が見られなかった場合、相手はすでに自分のことを恋人のように感じている可能性があり、告白したら了承を得られる可能性が高いかもしれません。

デートを重ねているのに、告白してもらえない場合

お見合い相手から告白して欲しいと思っているのに、なかなか告白してもらえないこともあります。

相手の好意が確実であれば、自分から告白してしまえばいいだけの話ですが、なかなか勇気が持てない人もいるでしょう。

なぜお見合い後に何度もデートに誘ってくるのに、告白してくれないのでしょう。

これにはいろいろな理由が考えられます。

例えば、先ほど述べたように、相手がすでにつき合っている気になっている場合です。

わざわざ言わなくても「これだけ誘っているのだからわかっているだろう」と思っているわけです。

お見合いしてデートを重ねているから、告白しなくてもと思っている人は、男性に多いように思います。

それから、ちょっといいかなと思っているけど決め手にかけていて、悩んでいる場合もあります。

こういう相手にこそ、こちらから告白して決断を促す必要があります。

さらには他にお見合いした相手がいて、そちらと天秤にかけていてはっきり告白しないという理由も考えられます。

いずれにせよそのままだらだらとデートだけ続けていても、お互いのためになりません。

思いきってお見合い相手に告白しないと、進展は望めませんよ!

告白が成功するための条件

お見合いした相手に告白すると決めたなら、もう迷う必要はありません。

あとは、告白の準備をして、伝えるだけです!

出たとこ勝負にならないよう、少しでも緊張しないためにも、準備はぬかりなくしておいてください。

お見合いが出会いの場合、どんな告白がいい?

さきほど、お見合いは結婚を前提としたおつき合いを念頭にするものと言いましたが、告白が成功してつき合ったら、必ず結婚しなければいけないというわけではありません。

つき合っているうちにズレが生じることもあって当然だからです。

ですから、もう少しデートを重ねたいという気持ちがあれば、その想いを伝えればいいのです。

出会いがお見合いであっても、そうでなくても、告白の仕方は共通と言えるでしょう。

告白の言葉に悩んだら、ストレートに、「結婚を前提におつき合いしてください」でいいと思います。

もし、本当にお見合い相手のことを好きかどうか多少の不安があるなら、「あなたをもっと知りたいので、おつき合いしてください」という告白方法もあります。

変にごまかしたり、格好をつけたりする必要はないのです。

ただ、身だしなみには気を遣いましょう。

これはお見合いの時にも言えることですが、告白の時はさらに近づいて話をする可能性も考えて、いつもより念入りにチェックしてください。

シチュエーションは大切

告白する時のシチュエーションは、手を抜いてはいけませんよ。

特にあなたが男性で、女性に告白する時は気合いを入れてください。

一番大切なのは、真剣な眼差しです。

恥ずかしいからといってふざけた告白をする人はいないと思いますが、念のため言っておきます。

それから、やはり夜景のきれいな場所やステキなレストラン、観覧車の中などはムードを盛り上げてくれます。

初めて会った場所でおつき合いをスタートさせたいと、お見合いした場所に行って、告白した人もいました。

それはそれでロマンチックかもしれませんね。

時々、別れ際に告白しようとする人がいますが、これはあまりお勧めしません。

デートの最後に告白しようと思っていても、いざ緊張して上手く言えないまま終わってしまったというケースが多いのです。

出来ればデートの途中に告白するのをお勧めします。

レストランであればデザートのタイミングで、とか、観覧車であれば一番高い場所で、とあらかじめ決めておきましょう。

そうすれば、相手の返事を聞き逃すこともありません。

最後に

お見合いで出会った人への告白が成功し、おつき合いを経て、幸せな結婚が出来るなんて、理想ですよね。

でもその理想をつかむためには、やはり努力が必要です。

お見合いをすれば告白される、または告白したいと思う相手が現れる保証は、残念ながらありません。

ただ、お見合いしなければ出会えない相手がいるのは、確かです。

そしてもし、あなたがお見合い相手を気に入って、告白したいと思っているなら、絶対告白してください!

次のチャンスがあるか、わかりません。

それから、お見合いを悩んでいる人がいたら、絶対会ってみてください。

断ることは、会ってからでも出来ます。

大切なのはチャンスを逃さないことです。

あなたがお見合いからの告白を成功させ、素敵な出会いに感謝する日が来ることを祈っています。

この記事に関連するキーワード