婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月17日 更新

婚活女子に送る!彼に「結婚したい」と思われる彼女になる方法

彼氏との交際期間が長くなってくると、「そろそろ結婚したいな」と考える女性は多いはず。

しかし、男性からすると、結婚に踏み切るには相当な覚悟がいるようです。
「この子と結婚したい!」と思う決定打が必要なのです。

ここでは、男性に「結婚したいと思われる女性」になるポイントをご紹介していきます。

男性からみた「彼女にしたい女性」

お付き合いをする際、昔のように「結婚を前提に…」という人が、今では少なくなってきています。

そのため、お付き合いしても、結婚まで踏み切れず、別れてしまうカップルも多くみられます。

「彼女にしたい女性と、結婚したい女性は別」なんて言葉を聞くことがありますが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

まず、「彼女にしたい女性」は、結婚という枠組みの中では「彼女止まりの女性」ということです。

「彼女にしたい女性」の要素は、当然「結婚したい女性」にも入っているのですが、「彼女にしたい女性」の要素だけでは、残念ながら結婚するには至らないのです。

男性が、彼女にしたい女性の条件で上位に挙げるものとして、次のようなものがあります。

彼女にしたい女性の条件

容姿が可愛い
色気がある
自分に興味を持ってくれている

容姿が可愛い、色気がある、自分に興味を持ってくれている…といった女性は、男性にモテる女性像です。

男性にモテる女性を彼女にすれば自慢になります。
男性は、心のどこかで彼女を自慢したいのかもしれません。
しかし、結婚を考えるとなると、他の男性にとられてしまうのではないかという心配もあるようです。

単純に、容姿の良い女性と結婚したいという男性もいると思いますが、多くの場合、結婚したい女性には、モテる女性にプラスアルファの要素が必要となってきます。

男性からみた「結婚したい女性」

ここからは「結婚したい女性」の特徴をご紹介していきます。

結婚したい女性の条件

家庭的である
経済観念がしっかりしている
男性を上手く立ててあげられる

家庭的な女性

結婚生活を送る上で、家事は欠かせないですよね。

今は共働きの夫婦が増えた為、家事を分担する家庭が増えているようですが、いまだに「家事は女性の仕事」と考えている男性も多いので、家庭的な女性を求める男性が多いです。

経済観念がしっかりしている女性

一昔前は、玉の輿を狙う女性も多かったでしょうが、今の時代、女性も経済的に自立していることが求められてきています。

旦那さんの稼ぎをあてにするような女性では、男性から結婚したい女性と思われるのは難しいでしょう。

毎月の収入からやりくりができ、将来を見据えて貯蓄もできるような、経済観念がしっかりとした女性が、結婚したいと思われる女性と言えるでしょう。

男性を上手く立ててあげられる女性

現代では、なにかと男女平等と言われる時代で、女性も多く社会進出していることもあり、男性と対等に意見を言ったり、それどころか、女性の方が力関係が強くなってきている傾向にあります。

そんな中、男性の本心としては、かいがいしく男性を立ててくれる女性を求めているようです。

ただ、普段の生活からということではなく、友人や、仕事関係の方と会った時など、さりげなく夫を立てられる女性は、相手からの印象もよく、旦那さんとしても鼻が高いので、結婚したい女性としてかなりポイントが高いと言えます。

男性が「結婚したい」と思う瞬間

「自分は彼と結婚したいけど、彼はどう思っているのだろう」と考える人もいると思います。

男性が付き合っている彼女と結婚したいと思うのはどんなときなのでしょう。いくつか例をご紹介します。

落ち込んでいるとき励ましてくれたとき

例えば仕事がうまくいかず、落ち込んでいるとき、ただ静かに話を聞いてくれて、「大丈夫だよ」と励ましてくれた。

絶対的に自分の味方でいてくれる人は、安心感があるし、ずっと一緒にいて欲しいと思うものです。

自分の家族や友人と仲良くしているのを見たとき

自分の前でだけ「良い彼女」なのではなく、自分の家族や、友人とも仲良く関係を築いていけるところをみれば、「結婚しても両親や周りの人達に好かれて、うまくやっていけそう」と思い、結婚を考えるきっかけになることも多いようです。

彼女と一緒の将来を想像したとき

付き合っていく中で、旅行や、いろいろなイベントごとを2人で体験することが多いと思います。

例えば旅行に行ったとき、とても楽しい時間が過ごせて、「またここに2人で来たいね」と話をしたときに、『この先もずっとこの子と一緒にいれたらいいなぁ』と彼女との将来を想像することが、結婚を意識することに繋がります。

男性に「結婚したい」と思わせる方法

実際どのように行動すれば、「この子と結婚したい」と思われるようになるのでしょう。
実践しやすい方法を【2つ】ご紹介します。

手料理を振舞う

「男性を掴むなら、胃袋を掴め」と言われるように、料理上手な女性は男性を射止めやすいです。

手料理を振舞うことで、結婚生活を疑似体験できますし、男性は、「毎日こんな料理が食べられたらいいな」と結婚を意識するでしょう。

料理が苦手な人でも、少しずつ練習して、「これなら得意」というものを1つでも持っておくといいですね。

一人の時間を大切にしてみる

彼氏ができると、「とにかくいつも一緒にいたい」や、「毎日連絡とれないと嫌」など、彼氏に依存的な人が見受けられます。

付き合いたての頃はそれでもいいかもしれませんが、ずっとその調子では相手が疲れてしまいます。

彼氏と会えない時間は、自分の趣味や習い事など、1人で打ち込めるものを持っていると、彼氏に依存することも少なくなります。

また、彼氏と家などで過ごしているときも、お互いが違うことをしていても自然でいられることが理想的です。

結婚すれば、多くの時間を一緒に過ごすことになりますから、その中で、たまには一人になりたいときも出てくるでしょう。

そんなときに相手の気持ちを尊重して、そっとしておいてあげられるのも、男性からしてみれば「わかってくれているんだな」と感じ、結婚しても無理することなく一緒に生活していけるなと思うでしょう。

さいごに

男性が思う結婚したい女性についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

もしあなたが「彼女止まりの女性」になってしまっているとしたら、少し彼の目線に立って努力してみてください。

そんなあなたを彼はきっと愛おしく思い、やがて結婚に向けて進んでいくはずです。

結婚力診断

この記事に関連するキーワード