婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年05月14日 更新

結婚できる人とできない人の違いって何?結婚する方法に迷ったらコレ

結婚できる人

世の中には結婚できる人、できない人で分かれます。

結婚できない人でも、結婚する意志がなければ問題はありません。

しかし結婚する意志がありながら結婚できないのは不幸ですよね。

そうならないためにも、結婚できる人とできない人の違いを知り、結婚する方法を見極めましょう。

結婚するのはタイミングなども大切ですが、適切な努力も必要になります。

ではどういった方法で結婚することができるようになるのでしょうか?

婚活のヒントに、チェックしてみてください。

結婚できる人とできない人は何が違う?

結婚できる人とできない人は一見、何も変わらないように思うこともあります。

「ただあの子は運が良かっただけ!」

そう思ったことがある人もいるかもしれませんね。
しかし実際、全く違う内面だったり考え方だったからこそ、結婚できるできないに分かれてしまったのならどうしますか?

結婚できる人の特徴を知った後に、それを真似するかどうか。
これが結婚できない人がこの先結婚するかどうかの分かれ道となります。

結婚したいのなら結婚する道を選びましょう。

結婚できる人の特徴とはどういったものがあるのでしょうか?

結婚できる人・できない人の特徴

結婚できる人と言うのは、相手にあまり求めすぎていないという特徴があります。
恋愛が盛り上がっている時に盛り上がったまま結婚する人はそうでもありませんが、冷静なまま結婚できている人、婚活で結婚できた人は相手に求めすぎていません。

逆に結婚できない人は相手に求めすぎている傾向があります。

「もっと条件に合う人」
「ここがこうだったら良かったのに」

などです。
自分の条件を持って相手を探す婚活をする人は多いですが、完璧完全な条件一致を探す人はいつまでも結婚できない可能性があるので注意してください。

また、結婚できる人は家庭的であったり、自分を魅力的に見せる努力をしていることが多いです。
それがなくても結婚できる人は居ますが、アピールポイントは何かしら必要なのでこれといってアピールするところがない人は家庭的な一面を磨くことを頑張ると良いでしょう。

結婚する方法は何?どうしたら結婚できるの?

結婚できる人とできない人の違いを見たところで、そこから結婚する方法をあぶりだします。
どうしたら結婚できない人が結婚することができるのか、5つの方法を紹介するので是非チャンレンジしてみてください。

結婚する方法1.出会いに積極的になる

結婚できる人の特徴に相手に求めない、アピールポイントを増やすために頑張るというものがありましたが、そもそも相手に求めない、アピールポイントを増やして相手にアピールするというのは相手ありきのお話ですよね。

そのため、出会いに積極的にならなければなりません。

出会いに積極的になるというのは、結婚する方法の初歩の初歩なので、もしかしたら既に挑戦している人も居るかもしれませんが、出会いは絶対に必要なので頑張ってみてください。

出会いに行くパターンが決まってしまうとマンネリ化してしまうので、たまには別の方法で出会ってみるなどの方法を取りましょう。

ちょっとの緊張が初々しさに繋がり、そこで出会った人に良い印象を与える可能性もありますよ。
是非チャレンジしてください。

結婚する方法2.家庭的な部分を身に着ける

アピールポイントがない人はひとまず家庭的な部分を身に着けるところから始めてみましょう。
特に家庭的な部分に限定しなくてもいいのですが、わかりやすく家庭を意識させるアピールポイントは婚活をするうえで大きな武器になります。

家庭的な部分を身に着けるためには料理教室に通ってみたり、掃除教室に行ってみるなどです。
料理は一通りできる、という人も料理教室に行くことで基礎を学ぶことができるので自己流で料理しているというような人にもおすすめです。

ただ、家庭的な部分を身に着けるにしても実際見てもらうには家に呼んだり、相手の家に行ったりした時になってしまいますから、家庭的な部分を身に着けると同時に、食事のマナーなども勉強しておくと良いでしょう。

・家庭的=おしとやか
と思っている男性も多いので、おしとやかに見える歩き方なども動画サイトなどで見ておくと家庭的な部分も親密にならないうちからアピールできます。

実際に家庭的な部分を見せる時は結婚の後押しになるので、結婚するための方法として家庭的な部分を身に着ける方法はとてもおすすめですよ。

結婚する方法3.受け身になり過ぎない

結婚するためには受け身になり過ぎないことも大切です。
受け身になるというのは相手から話しかけるのを待ったり、出会いを待ったりするなどです。
また、デートの日取りも相手に任せっぱなし、メールも自分からしない、という状態も受け身になります。

自分から何も行動に起こさず、「合わせます」と言うと聞こえは良い事もありますが合わせ続けると相手は自分ひとりで全て決めていることに段々気づき、つまらなくなってきてしまうので注意してください。

「今日のご飯何が良い?」と聞いた時に「なんでもいい」と返されるとつまらないですよね。
それと同じことです。

自分の意思で動くこと。
これは結婚する方法として些細なことのように思えてとても重要なことでもあります。

結婚する方法4.理想は理想だと割り切る

結婚するためには理想は理想だと割り切ることも大切です。
理想を理想だと割り切れなければ、「理想通りの人がいつか現れるはず!」と無意識に思い続けてしまう可能性が高いためです。

自分が素敵だと思う人の雰囲気などならいいのですが、自分と結婚するなら絶対にこういう人、と決めてしまうとうまくいきづらいです。
何故なら、自分と結婚するなら絶対にこういう人と決めた理想像は大体が、自分だけにメリットがある人を求めていることが多いためです。

都合のいい人を欲しているということですね。

都合のいい人を欲するのは悪いことではありませんが、自分の都合通りに動ける人は存在しないので一旦諦めてしまいましょう。
今まで、自分の都合通りに動いてくれた人は居ましたか?
そうでないのなら、これからもそんな人は現れないと思った方が良いのです。

理想は理想、そう割り切ることで理想への踏ん切りがつくようになります。
理想を見すぎていない人は、ちゃんと相手を見ることができるようになるので、相手の良いところにも気づけるようになりますよ。

相手の良いところに気づけるようになる、これが結婚するための第一歩です。

結婚する方法5.相手にばかり求めすぎず自分は何ができるかを考える

相手に求めすぎずに自分は何ができるかを考えることも大切です。
期待しすぎない、ということですね。

期待しすぎてしまうと、相手が少し自分の考えとは違うことをするとイライラするようになってしまいます。
「どうしてこれくらいできないの?」
なんて思ってしまうことも。

しかし、それをやめると相手にイライラしづらくなりますし、関係も円滑に進みやすくなるので期待をまずやめてみるようにしてください。

そして、相手に求めすぎるのではなく自分は相手に何をしてあげられるのか、相手が自分と結婚するメリットは何があるのか、これを意識できるようになると、需要も高まるので結婚へ近くなることができるのでチャレンジしてみてください。

まとめ

結婚できる人、できない人の特徴と結婚する方法、いかがでしたでしょうか。
一見、結婚できる人とできない人は違いがないように思えて、中身や考え方が全く違っていたりするのが面白いですよね。

結婚したいと思った時は結婚できる人に学ぶのが一番です。
良い婚活にするためにも、できることから頑張ってみてください。

この記事に関連するキーワード