婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年09月11日 更新

結婚できるか正直不安!結婚できなくて不安な女性の特徴と対処方法

結婚できない

ふと気付くと、周りは既婚者だらけ。特に恋人もいない私は、このまま一生結婚できないのでは・・・そんな不安に襲われた瞬間はないでしょうか?

実際このように結婚できない女性には、結婚できない原因にもなってしまう特徴があります。

どんなに結婚したいという気持ちが強くても、このような特徴に当てはまる女性は、現実に結婚をすることが難しいのが事実なのです。

ここでは、結婚できるかどうか不安になってしまう瞬間をみていくとともに、ここでは、そんな結婚できなくて不安な女性の特徴と対処方法を紹介していきます。

まずは自分が当てはまっていないかチェックをして、当てはまる女性は対処方法をしっかりと頭に入れておきましょう。

結婚できなくて不安になった瞬間

結婚できなくて不安になった瞬間「友人の結婚報告を聞いた時」

まず、周りの友人や職場の人が次々と結婚していったときが挙げられます。

生活スタイルや思考の変化に伴い、話のなかに出てくるのは旦那のこと、子供のこと、義理の両親のことなど、話題が徐々に変わってきます。

自分が未経験なことだけに相手に共感できず、話題に取り残されてしまうこともしばしば出てきます。

特に独身生活をともに謳歌していた女友達の結婚なら、なおさら切なさが増すのではないでしょうか。

また家庭を持つと、友達とのランチや飲み会、休日のお出かけに付き合えなくなるため、集まるメンバーが少なくなってくるでしょう。

自分と同じ境遇の人がまわりに少なくなると、孤独感や将来への不安感が大きくなってくるものです。

結婚できなくて不安になった瞬間「付き合っていた彼と別れた時」

長い期間付き合っていた彼や「この人と結婚するんだ!」と心に決めていた人と、結婚する前に別れてしまったときも、結婚に不安になる瞬間です。

彼ほど結婚にふさわしい人とめぐり合えるのか、結婚につながるような恋ができるのか、年齢を重ねれば重ねるほど結婚できる可能性が低くなるのではないか、と不安に襲われてしまいます。

また別れた理由によっては、男性を信用できなくなったり、自分に結婚適性がないのではと自信がなくなってしまったりする人もいるかもしれません。

パートナーを失うことは、自分自身や自分の将来を見通す上で、大事なターニングポイントであることは間違いないでしょう。

結婚できなくて不安になった瞬間「出会いがない時」

恋人は欲しいけれど、身近に魅力的な人がいない。職場には恋人がいる人や既婚者だらけ。そんな八方塞がりのような状況を嘆いてはいないでしょうか。

気がつくと家と職場の往復だけの毎日になっている人は、そもそも会える人の数自体が少ない可能性があります。

また、若いときは合コンに誘われていたのに、アラサーになると一気に声がかからなくなってきて、自分の恋愛市場での価値が下がったと感じる人もいるでしょう。

ドラマチックな出会いや積極的な男性を待っている結果、結婚につながるような出会いがないと思ってしまう瞬間が増えていきます。

結婚できなくて不安な女性の特徴

結婚できなくて不安な女性の特徴「プライドが高い」

プライドが高いというのも、結婚できなくて不安な女性の特徴と言えるでしょう。

プライドを持って生きるということ自体は、決して否定すべきことではありません。

しかし結婚においては、このプライドが結婚の邪魔となってしまうケースがとても多いのも事実なのです。

プライドが高い女性は、婚活においても不利になってしまうことがたくさんあります。

まず、第一に、プライドが高いことで、自分が傷つきたくないという気持ちを優先して考えてしまうため、根気よく婚活をすることができません。

婚活で相手に選ばれなかったリ、相手に振られてしまうというのはよくあることですが、プライドが高い女性はそれを受け入れることができないわけですね。

そのため簡単に婚活を諦めてしまうことや、すぐに婚活にウンザリしてしまう傾向があります。

次に、プライドが高い女性というのは、自分に自信があるが故に、結婚相手を妥協することができません。

自分の結婚相手には、それは素晴らしい男性が相応しいと思っているので、自分に相応しいと思えない相手は最初から願い下げの精神になってしまうわけです。

理想ばかりが高くなり、理想に当てはまらない男性を見下してしまう傾向があるため、婚活が上手くいかないのも当然のことでしょう。

このように、プライドが高い女性というのは、結婚できない原因を自分で作ってしまっているわけです。

また、男性もこのようにプライドの高い女性とは、結婚しても苦労するだろうという気持ちが強くなってしまうのも事実です。

プライドが高いことで、結婚できるか不安な女性は、プライドを捨てて婚活に挑むことが大切です。

自分はモテる!自分はいい女!そのように思うのは悪いことではありませんが、それを評価するのは自分ではなく相手だということを忘れてはいけません。

相手にそのような評価をしてもらえるように、魅力的な女性を目指して婚活をすることが大事ですよ。

結婚できなくて不安な女性の特徴「仕事が嫌い」

男性に比べると、仕事を生き甲斐として生きる女性は少ないのは事実だと思います。

そのため仕事が嫌いで、将来的に仕事をしたくない!という理由で、結婚を考えている女性もいますよね。

結婚して専業主婦になれば、嫌いな仕事をしなくて済む…このような考えに至る女性は少なくありません。

しかし「仕事が嫌い」な女性というのも、実は結婚できなくて不安な女性の特徴の一つなのです。

結婚したら女性には仕事をせずに家庭を守って欲しい…このような考え方をする男性が多かったのは、昔の話しです。

女性が専業主婦志望に対して、男性は共働きを求めている人が今の時代では圧倒的に多くなっているのですね。

フルタイムで働く必要はなくても、せめてパートくらいは出て欲しいというのが、婚活男性の本音なのです。

つまり「仕事が嫌い」な女性というのは、男性にとっては「結婚したくない女」でもあり、完全なる地雷だと考えている人も多いわけです。

結婚できないのは、仕事が嫌いというその精神に、男性が引いてしまっている可能性があるということですね。

結婚することを、自分が仕事をしなくて済むという考えでいるのであれば、まずはその考えを改めなければ、結婚できない女性のままです。

仕事が嫌いという気持ちは分かりますが、たとえ結婚をしても、家計のための手助け程度はしようという気持ちを持つことが大切だと思います。

婚活の場でも「専業主婦志望」の女性は真っ先に敬遠されやすいですから、気をつけた方がいいですね。

男性は仕事が嫌いな女性よりも、働き者でしっかりした女性の方が、安心して結婚生活を送れると考えるものです。

どんなに高収入の男性でも、結婚相手の女性にも働いて欲しいと考える人は多いですから、仕事嫌いを全面に出すようなことがないように注意が必要です。

結婚できなくて不安な女性の特徴「家事能力が低い」

家事能力が低いというのも、結婚できなくて不安な女性の特徴ですね。

男性は結婚相手にある程度の家事能力を求めるのは、もはや当たり前のことだと言ってもいいでしょう。

結婚後も共働きの夫婦が増え、家事も分担するケースは多くなっていますが、だからといって妻が全く家事をしなくていいというわけではありません。

男性の考えとしては、家事の協力はするつもりでも、あくまでも家事のメインは妻であって欲しいと思っている人が多いわけですね。

そうなれば当然、女性にはある程度の家事能力を求めるのは当然のことでしょう。

結婚後に家事ができないことを知って後悔しないためにも、事前に女性に家事能力があるかチェックをする男性はとても多いです。

婚活の場でも、家事に関する話題を男性から出されるというのは頻繁にあることです。

そのため、家事が苦手な女性や、家事が嫌いな女性は、その時点で男性の結婚相手候補から外れてしまうことが多くなります。

つまり、家事能力が低いことで、結婚相手として選んでもらえない!結婚できない!なんてことにもなりがちなのですね。

女性の家事能力が低いことは、言葉では嘘をつくことはできても、付き合いの段階で必ず相手にバレてしまうことです。

家事能力の低さに、男性が結婚を考えられなくなってしまい、結婚の話しがなくなるということも考えられます。

結婚したいという気持ちがあるのであれば、ある程度の家事能力は身に付ける必要があるのです。

家事能力が低いことで、結婚できるか不安!なんて女性は、今すぐに家事能力を身に付ける努力をしましょう。

家事ができて困ることはありませんし、結婚以外でも役に立つことですから、努力をして損はないのです。

積極的に家事をするように心掛けたり、料理などを習いに行ったりするのもいいですね。

昔で言う花嫁修業は、今の世代の女性にも必要なことですよ。

結婚できなくて不安な女性の特徴「男性に頼るのが苦手」

結婚できなくて不安な女性の特徴として、男性に頼るのが苦手というのも挙げることができます。

根本的に男性に頼ったり、甘えたりするのが苦手という女性は少なくありませんよね。

自分1人で何でもできる自立した女性に多い特徴と言えるでしょう。

決してこのような女性に欠点があるとは思えませんが、しかし結婚においては、男性に頼れない女性は選ばれにくいというのも事実なのです。

たとえば男性に頼ることなく、何でもできる自立した女性がいたとしましょう。

女性としてカッコよく、魅力的であるのも分かりますが、男性はこのような女性に自分の必要性を感じることができません。

とくに結婚においては、自分が必要とされているかどうかで結婚を考える男性も多いため、自分の必要性を感じない女性とは、わざわざ結婚を考える必要がないと思ってしまうわけですね。

「結婚しなくても1人でやっていけるよ」「俺がいなくても大丈夫でしょ」なんて思われてしまう可能性があるわけですね。

男性は女性から頼りにされたり、甘えられたりすることで、「俺が守ってあげよう」「俺が傍にいてあげなくちゃ」と考えます。

つまり男性が結婚相手として選びやすいのは、男性に頼ったり甘えたりできる女性なのですね。

男性を頼る必要がなく、何でも完璧にできる女性は、結婚相手として選ばれる可能性が低くなるのです。

自立した女性はとても素敵ですが、だからといって「結婚する必要がない」と男性に思われてしまうのは心外ですよね。

そんな自分が結婚できるか不安に感じるのであれば、ときには必要がなくても男性を頼ることを覚えることです。

自分1人でもできることでも、あえて男性を頼ってみせることで、自立した女性にも可愛らしさを男性は感じます。

普段はしっかりしている女性がこのようなギャップを見せるのは効果的なことですよ。

小さなことでもいいので、何か頼み事をすることや、少し甘えてみることで、男性を必要としている姿を見せるようにしましょう。

結婚できなくて不安な女性の特徴「恋愛に関しては受け身」

結婚できなくて不安な女性の特徴として、恋愛に関して受け身な女性も挙げられます。

やはり恋愛に積極的になることができなければ、結婚に繋げることが難しいのも事実ですよね。

まず、異性との出会いに消極的な女性は、結婚に行き着くまでの難易度が高くなってしまうのが現実ですが、恋愛に関して受け身の女性は異性との出会いにも消極的なのが特徴的です。

恋愛に関して受け身の姿勢でいれば、異性から声をかけてもらうのを待つだけで、出会いも自然に訪れることに期待してしまうものです。

しかし年齢を重ねるほどに、異性と出会うのが難しくなるだけでなく、受け身の姿勢では異性から声をかけてもらえる機会も少なくなってしまうのが現実なのです。

いつか現れる王子様に期待しているだけでは、結婚はおろか恋愛に発展することもできないわけですね。

恋愛に受け身の女性ほど、結婚とは縁遠くなってしまうということです。

結婚できる女性は決して受け身でいるだけではなく、自分から積極的に行動することができるのが特徴なのです。

異性との出会いを求めるのも、異性に声をかけるのも自分から!このような積極性こそが、結果的に結婚へと繋げることができるわけですね。

なかなか恋愛に積極的になれない女性も多いかもしれませんが、本気で結婚を考えているのであれば、自分から積極的に恋愛ができるように動かなければなりません。

結婚できるか不安な女性は、まずは自分の恋愛への積極性のなさを自覚した方がいいですね。

すんなりと結婚に行き着くことができる女性は、やはり恋愛に関しても積極的ですし、結婚をするための婚活にも力を入れることができる女性が多いです。

待っているだけでは出会いも訪れなければ、恋愛も結婚もできないということを頭に入れておく必要がありますね。

とくにアラサー以降の女性の場合は、自分から動かなければ恋も結婚も勝ち取ることができないと思っておいた方がいいでしょう。

積極的に行動をする同世代の女性達に出し抜かれてしまうのも当然ですよ。

結婚できなくて不安な女性の特徴「結婚相手の理想が高い」

結婚相手の理想が高いというのも、結婚できない女性の代表的な特徴と言えます。

やはり婚活の実態を耳にすると、女性の結婚相手に対する理想の高さが気になるものです。

なかなか結婚できない原因として、結婚相手の理想が高すぎるわけですね。

たしかに生涯を共にする相手を選ぶわけですから、ある程度理想が高くなるのも仕方のないことかもしれません。

結婚相手には夢を持ちたいというのも普通のことでしょう。

しかし現実に、そのような相手と出会えるかはまた別の話しです。

たとえ出会うことができたとしても、相手に選んでもらうとなれば、更に難易度が高くなるのも事実です。

それだけ魅力的な男性であれば、自分だけでなく、世の中の他の女性からも求められるのが当たり前です。

つまり男性からしてみれば、女性を選び放題の立場になるわけですね。

見事自分が見初められる可能性というのは、はっきりいってとても低いわけです。

結婚相手の理想を高く持つとなれば、それだけ上手くいく難易度が高くなるということですから、当然スムーズに結婚できるまでに時間が必要になります。

むしろなかなか上手くいかず、結婚できない可能性も考えられるわけですね。

結婚相手の理想が高くなるほど、結婚できない可能性も高くなるという現実を理解する必要があります。

本気で結婚をしたいのであれば、理想ばかりを追い求めるのではなく、現実に結婚できそうな相手で妥協することも大切なことなのです。

結婚できるか不安になるくらいならば、まずは自分の理想を下げることから始めましょう。

まず理想を上げる前に、自分が本当に釣り合う相手なのかを考えてみるべきです。

もしも自分が相手の立場だったら、自分のような女性を選ぶかどうかをよく考えてみてください。

シンデレラストーリーに期待しているようでは、現実で結婚をするのが難しくなってしまいますよ。

結婚できない不安の対処方法

結婚できない不安の対処方法「現実を見る」

結婚できなくて不安な女性の特徴に当てはまるのであれば、今のうちに対処しておかないと本当に結婚できないまま…なんてことになるかもしれません。

まず、対処法としては「現実を見る」ことが大切ですね。

結婚できなくて不安な女性の特徴を見て分かるように、結婚できない女性は現実を理解できていな、結婚に対して夢見がちであることが分かります。

結婚に夢や理想を抱くのは悪いことではありませんが、結果現実を見ることができずにいるのでは、結婚が遠ざかる原因となってしまうわけです。

本気で結婚をしたいと考えているのであれば、しっかりと現実を見るようにすることも大切なことです。

夢や理想はあくまでも頭の片隅に置いておき、「だったらいいな」と思うくらいにしなければなりません。

あくまでも「現実はこんなもの」と考えられるように、結婚に関しては現実的な見方をする必要があります。

なかでも現実を見る必要があるのは、自分に関してと、結婚相手の理想に関してですね。

自分に関しての現実を見るというのは、自分を客観視して考えるようにすることです。

自分の外見、年齢、学歴、収入、家事能力など、自分を客観視して考えてみると、どれくらいのレベルなのかが分かると思います。

自分に関して現実を見ることができれば、たとえば自分に釣り合わないような相手との出会いに期待することや、相手から言い寄られる可能性に期待することもなくなるはずです。

現実的に見て、自分にはどれくらいの相手が相応しいのかを理解することができるわけですね。

また、このように自分を客観視して考えることができれば、結婚相手の理想も現実を見ることができるようになるでしょう。

結婚相手の理想が高すぎることは結婚できない原因にもなってしまいますから、あくまでも現実を見て相手を選ぶことは大切なことです。

現実を受け入れられなければ、自分が理想の相手と釣り合うようなレベルになれるように、自分磨きをするなど努力すればいいだけです。

現実を見ることは、結婚するためにはとても大切なことですよ。

結婚できない不安の対処方法「積極的に行動する」

本気で結婚を考えるのであれば、やはり自分から積極的に行動することが何よりも大切なことです。

結婚できない女性というのは、積極性が足りていないというケースがとても多いのです。

自分から動かず、消極的な姿勢で結婚まで行き着くことができるのは、あくまでもレアケースだと考えましょう。

それだけ男性に言い寄られる魅力的な女性でなければ、現実は理想の男性から求婚されるというのは難しいことなのです。

結婚できるか不安に感じるのであれば、尚更自分からもっと積極的に行動する必要があると考えましょう。

自分から何もせずにいるからこそ、結婚を遠く感じてしまい不安になってしまうのです。

自分から積極的に行動することによって、結婚への光を見つけることは誰にでも可能なことです。

とくに結婚においては、自分から出会いを積極的に求めなければ、結婚に結び付かないと考えましょう。

女性が積極的に婚活をするのは、結婚するための近道ではなく、必要最低限のことなのです。

周りを見れば分かるように、積極的に婚活をする女性はたくさんいますから、遅れをとっているようではもちろんダメなのです。

結婚したいと思うことが婚活ではなく、結婚するために自分から積極的に行動することが婚活だということを頭に入れておきましょう。

婚活ブームと言われるように、婚活の方法はたくさん存在しています。

異性との出会いを見つける方法もたくさんあるので、あとは自分がどれだけ積極的になれるかが重要なのですね。

自分に合った婚活方法を見つけ、異性との出会いを見つけるのはもちろん、その後の関係を発展するためにも、自ら積極的に動けるようになりましょう。

待っているだけでは結婚はできないということを理解し、受け身な自分とはサヨナラすることが大事ですよ。

とくに結婚に焦りや不安を感じやすいアラサー以降の女性は、自分よりも若い世代の女性に負けないように、自分から動くことを意識したいですね。

結婚できない不安の対処方法「結婚=依存ではないと考える」

「結婚できないかも…」と不安を抱えている女性を見ると、大きくふたつに分けることができます。

一方は、専業主婦となり家庭に入りたいと考えている女性たち。
もう一方は、キャリアウーマンと呼ばれるような社会的に自立した女性たちです。

前者の“専業主婦になって家庭に入りたい”と考えている女性たちは、自覚の有無にかかわらず「働くのに疲れた」「働くのがイヤ」「誰かに養ってもらいたい」といった思いを持っているといえるでしょう。

これは、言い換えれば『結婚相手に依存したい』といった心情の現われでもあります。

しかし、会社員ですら安定しているとは断言できないこのご時世です。

男性の結婚しない理由のひとつとして挙げられる“結婚をしたら経済的にやっていける自信が無い”ということからも分かるように、経済的に不安を抱えた男性に「専業主婦を希望しています」などと言ったら即座に結婚相手の候補から外されてしまうことは間違いないでしょう。

逆にいえば。
男性の抱える精神的な負担を減らすことができれば結婚のチャンスも増える、ということでもありますよね。

結婚して『養ってもらいたい』というのではなく、結婚して『お互いに支え合いたい』という考え方に意識を変えることが重要といえるでしょう。

では、後者の“キャリアウーマン”と呼ばれるような社会的に自立した女性たちはどのような理由で結婚から遠ざかってしまっているのでしょうか。

社会的に自立している女性の多くは、多かれ少なかれ「男性と対等でいたい」「養ってもらっていると言われたくない」などといった思いを持っているといえるでしょう。

これは、言い換えれば『結婚相手に依存したくない』といった心情の現われでもあります。

しかし、社会的に自立することで仕事中心の生活になってしまうと、「家事をしない女性」「家事のできない女性」などといった印象を男性に与えることになり、結果的に結婚から遠ざかることになってしまうこともあるようです。

また、相手の男性よりも高いお給料をもらっている場合は、「自分よりも良い会社に勤めているから嫌だ」「自分よりも高い給料をもらっているから嫌だ」などというように、男性側の『プライド』を刺激してしまうことも少なくないようです。

『家事をしてくれて、パートなどで家計の足しを稼いでくれる女性』を結婚相手の理想とする男性が多いのは、この男性の持つ『プライド』に因るところが大きいともいえるでしょう。

男性は潜在的に「女性から頼られたい」と考えている部分を持っています。

しかし男性と対等でいたいと考える自立した女性にとって、「男性に頼る」というのは簡単なことではないかもしれません。

ですが、結婚は『依存するもの』ではなく、『一緒に生活をしていくためのもの』といったように意識を変え、行動していくことが必要といえるでしょう。

結婚できない不安の対処方法「理想の奥さん像を目指す」

結婚できなくて不安な女性の特徴を見て分かるように、男性が考える理想の奥さん像とかけ離れた女性ほど、結婚が縁遠くなってしまうのが事実です。

女性が結婚相手に理想を抱くように、男性も結婚する女性にはある程度の理想を抱くのは当然のことです。

男性の場合は恋愛と結婚は別物として考え、奥さんにするならこんな女性!という考えが明確なことも多いです。

恋人として付き合うのは良くても、結婚相手としてはちょっと…なんて思ってしまう女性とは、現実に結婚を考えられないものなのです。

つまり男性に結婚したいと思ってもらえるのは、男性の考える理想の奥さん像に近い女性だということを忘れてはいけません。

理想から離れるほど、結婚できない可能性は当然高くなるということです。

結婚をしたいのであれば、理想の奥さん像に近い女性になれるように、女性は努力をする必要があるわけですね。

まずは男性がどんな女性と結婚をしたいのかを、男性視点で考えてみることです。

家庭的な女性であったり、働き者の女性であったりと、それは女性の外見や年齢などとは関係のない要素であることがほとんどです。

もちろん女性が今すぐにでも努力できることもありますし、そもそもの考え方から変えていかなければならないこともあるでしょう。

結婚できなくて不安な女性の特徴にもあったように、男性が結婚相手の女性にどんな女性を求めていないのかは明確なはずです。

結婚したいのであれば、そのような女性のままでいるのではなく、男性に結婚したいと思ってもらえるような女性を目指す必要がありますね。

ありのままの自分を受け入れてもらうというのは、実は簡単なことではありません。

本気で結婚がしたいのであれば、ありのままの自分を受け入れてくれる人を探すよりも、自分が男性の理想に当てはまるようにした方が手っ取り早いのです。

男性が考える理想の奥さん像を目指して、努力してみることが大切ですよ。

結婚できない不安の対処方法「婚活EQ診断テストを受ける」

自分が本当に結婚できるのか、不安に感じている女性は多いと思います。

そんな自分を客観的に見てもらうためにオススメなのが、婚活EQ診断テストを受けてみることです。

ここを見て、自分が結婚できない女性に当てはまる…なんて焦りを感じている人もいると思いますが、今のままの自分で結婚は可能かどうかが最も気になることですよね。

婚活EQ診断テストとは、恋愛における自分の行動の癖や、考え方の癖を分析し理解する検査のことです。

しっかりとした結婚相談所の診断テストなので、20問の設問に答えるだけで成婚率を知ることができます。

もちろん無料で診断テストを受けることができ、結婚相談所の入会申し込みとは関係がありませんので、誰でも気軽にチェックをすることが可能なのです。

自分が本当に結婚できるか不安な女性にとっては、このような診断テストを受けてみるというのも、対処法の1つとして効果的なことです。

現実を知ることも、自分を客観視して考えることも、この診断テストを受けることによって可能になるはずです。

診断結果を見ることによって、自分のPRポイントとなることが分かるため、婚活での自信に繋げることができます。

もちろん改善しなければならないこともズバリと指摘されてしまうので、今後の婚活のためにどんな努力をすべきか理解できるはずです。

自分ではなかなか自信を持てないことや、ダメな点だと気付けないことも、このように診断してもらうことで明確にすることができるわけです。

これから本気で婚活することを考えている女性や、結婚できる女性を目指したいと考える人には、魅力的なテストと言えますね。

診断テストは時間もかからずに簡単に受けることができるので、気になる女性は試してみるのもいいでしょう。

結婚できなくて不安な女性の特徴に当てはまる女性はとくに、より自分を理解し、婚活に役立てるためにもオススメですよ。

結婚できない不安を和らげる考え方

結婚できない状態が続いたとき、いかに前向きに婚活を頑張ったとしても不安でいっぱいになってしまうこともあるでしょう。

多少の不安を抱えてしまうことは仕方のないことですが、不安でいっぱいの状態では婚活をうまく進めることは難しいでしょう。

しかし、不安というのは自分のとらえ方次第ではいくらでも改善することができます。
ここでは、結婚できない不安でいっぱいになった心を少しでも楽にできる考え方をご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

自由な時間がたくさんある!

結婚していないときと結婚しているときの状態で、最も大きく違うところは自分に使える自由の時間が多いか少ないかというところです。

結婚してからは、家事に仕事に子育てにと大忙し。
結婚できない不安でいっぱいになったときは、自分に使える時間がたくさんあることを思い出して、開放感に浸ってみましょう。

一日だけ婚活のことは忘れて、目一杯羽を広げて遊びつくしてみるのもおすすめです。
不安を取り除くために、結婚したらできないことを今のうちにやっておきましょう。

自由に恋愛することができる

結婚をするということは生涯添い遂げる相手を見つけるということです。
逆にいえば、『結婚した後は他の男性と恋愛を楽しむことができない』ともいえるでしょう。

もちろん、浮気などは結婚する前、結婚した後に限らず論外といえますが。
いろいろな男性と恋愛をすることができる、というのは結婚をしていない“今”だからこそできることなのです。

結婚できないと不安に思うよりも、結婚をするために色々な男性と恋愛ができるチャンスなのだと考えてみましょう。

また、イベントやパーティーに積極的に参加をしてみたり、趣味を増やすなどをして出会いの場所や出会いの機会を広げておくのもお勧めです。

今まで受け身の姿勢でいた人や、趣味と呼べるものが無かった人にとって新しい行動を起こすことは勇気がいるでしょうし簡単なことではないとも思います。

しかし、興味のなかったものにチャレンジするのは大変かもしれませんが、意外にハマるものが見つかるかもしれませんし、同じ趣味を持つ男性と出会い、仲良くなることができれば結婚のチャンスも高まるかもしれません。

そして、いろいろな男性と出会い、恋愛をしていく中で、相手を見る目を養うことやあなた自身に足りなかったものなどを知ることもできるでしょう。

恋愛によって広がった視野は、きっとあなたの成長に役立つはずですよ。

結婚は『メリット』だけじゃない

結婚に幸せを夢見る女性は多いと思います。
しかし実際のところ「結婚はメリットばかりなのか?」と聞かれたならば、一概に「そうです!」と言い切ることもできません。

では、結婚をするとどのような部分にデメリットに感じる人が多いのでしょうか。
主な例を以下に挙げます。

■親戚付き合いをしなければならなくなる

結婚前の女性が心配していること、結婚後の女性が不満に思うことで最も多いのが『結婚後の親戚付き合い』についてです。

親戚が集まったときに出る昔話に疎外感を覚えたり、学歴などの自慢話に不快感を覚える人も少なくないようですね。

また、親戚の中に我の強い人がいた場合は、振り回されてストレスの原因になったり、不満の元となる人も多いようです。

■家事が増える

結婚をしてふたりで家事をするようになれば、家事の負担が減るのでは?と考えている人もいると思います。

しかし、実際には独身時代よりも家事の負担は増えるといわれています。
特に相手のライフスタイルがあなたのライフスタイルよりも几帳面かつ神経質だった場合は、より負担が増えるといっても良いでしょう。

これは、掃除が苦手で時々しか掃除をしなかった人、洗濯はしてもシーツや布団カバーまで時間をかけることができなかった人などの独身時代のライフスタイルをそのまま結婚後に持ち込むことはほぼ不可能だからです。

また、家事の中で最も負担に感じると思われているのが食事の支度です。
収入に余裕がある人や食事にこだわりのない人を除けば、独身時代に比べて炊事の回数は大幅に増えるといって良いでしょう。

予算を考え、買い物をし、調理、後片付けなどと費やす時間が多いのもそうですが、結婚相手によってはアレルギーや好き嫌いなどによるメニューの選定などが負担に感じる原因となってくることもあるようです。

■自由な時間が減る

先にも紹介しましたが、独身時代はすべての時間を自分自身に使うことができます。

例えば、友人と遊びに出かけたり、自分磨きを楽しんだり、というように。
誰かに気を遣いながら時間を使う必要もないですよね。

しかし、結婚をすると今まで自由に使えていた時間は大幅に減るといえるでしょう。

専業主婦になれば、家事や育児をすべて引き受けることになるかもしれません。

共働きであれば、夫婦で家事を分担しながら仕事と育児を両立していかなくてはならなくなるかもしれません。

独身時代なら自分のペースで使えた時間が、自分以外の相手ができることによって自由かつ気兼ねなく使うことができなくなってしまうのです。

結婚はメリットが多いようにも思えますが、上記に紹介したように独身時代と比べて変化することも少なからずあります。
ひと言でいうなら、「独身時代に比べて格段に制限が増える」ということもできるでしょう。

あなたが「必ず結婚する!」という強い意志を持っているのであれば、『今だからこそ自由を楽しめる』と気持ちを切り替えてみましょう。
そして、結婚できない不安を抱きながら婚活をしていくよりも、制限されることのない自由を楽しみながら婚活を進めていくことをお勧めします。

結婚年齢は制限のあるものではない

結婚できないことに不安を抱えている人の中には、「30歳までに結婚しないと!」といったような、自分の目標からくる焦りを持っているのではないでしょうか。

もちろん目標を設定することは必要なことです。
その目標に向かって頑張ることもとても素晴らしいことです。

しかし、それに対して不安や焦りを感じることは話が別。

冷静に考えても見てください。
自分の目標年齢で結婚できなかったとして、何か変わるのでしょうか。
30歳を目標にしていて、もしも31歳で結婚した場合それは失敗というのでしょうか。

大切なのは、目標までに結婚することではなく、結婚することそのものではないでしょうか。
婚活を進めていく中で、なかなか結婚のめどが立たなかったとしても焦る必要はありません。

心を落ち着かせて、ありのままの自分で婚活ができるようリラックスしながら臨めるようにしましょう。

結婚できる女性になれるかは自分次第!

自分が結婚できるかどうかは、婚活中の女性はもちろん、これから婚活を始める女性にとっても、不安に感じることだと思います。

今回紹介した結婚できなくて不安な女性の特徴に当てはまってしまった女性は、このまま結婚できないかも…と尚更不安に感じてしまいますよね。

しかし大切なことは、ここで結婚を諦めることではなく、このままでは結婚できないという現実を知って、結婚できる女性を目指して改善や努力をすることなのです。

今は結婚できない女性でも、その後結婚できる女性になれるかどうかは自分次第です。

対処方法もしっかりと頭に入れ、自分でできることから実践してみましょう。

この記事に関連するキーワード