婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2019年02月22日 公開

これから婚活を始める方へ!出会える婚活サイトの見極め方と出会いを増やすポイント

結婚相談所

今や婚活サイトは出会い方の1つとして定着しています。
それでも、婚活サイトを利用したことのない人にとっては、「本当に安全なの?」、「ちゃんと出会えるの?」と不安を感じることでしょう。
そこで今回は、安全で出会える婚活サイトの見極め方や出会いを増やすためのポイントをお伝えします。

そもそも婚活サイトって安全?

注意したほうが良い婚活サイトとは?

ブライダルネットやOmiaiのような所謂大手と呼ばれる婚活サイトは本人確認や年齢確認を実施していたり、プライバシーポリシーを取得していたり、運営会社やそのグループ会社が上場企業であったりするので、安心して利用できます。
さらに大手の婚活サイトは料金設定も月額費のため、サクラを雇うメリットもないので、サクラも存在しません。

しかし、無名の婚活サイトは、年齢確認等をしていないことが多く、どんな人でも利用可能であることが多いので、婚活を目的としていない人が利用している可能性があったり、既婚者が利用している可能性があったりするので、避けたほうが良いでしょう。
さらに、料金設定が都度課金のサイトは、サクラを雇って課金を促すこともあるので、注意が必要です。

婚活サイトに紛れ込む業者とは?

業者の可能性が高い人の特徴は以下の通りです。

 ・プロフィールが適当
 ・お金持っているアピール
 ・すぐにLINE交換を求めたり、会いたがる
 ・ブログやほかのサイトに誘導してくる

「副業で稼いでいます」や「投資で暮らしています」といったお金持っているアピールは、副業やネットワークビジネスに誘導するのが目的であることが多いです。
怪しいと感じたときは、facebookでその人を探したり、会社の名刺をもらったり、ちゃんと実在する人かを確認したほうが良いでしょう。

出会える婚活サイトとは?

アクティブユーザーが多い

婚活サイトを選ぶ際で一番重要なのは会員数です。
会員数が多いと、自分の好みのタイプに出会う確率が高まるからです。
さらに累計会員数ではなく、アクティブユーザーの数が重要になってきます。
アクティブユーザーとはログイン1ヶ月以内のユーザーのことであり、休止や退会、長いことログインしていないユーザーの数は含まれていません。
累計会員数が多くても、休止や1ヶ月以上もログインしていない人ばかりだと、出会えるはずがありません。

独身証明書の提出をしている人が多い

会員の本気度を量れる証明書指標となるのが独身証明書です。
独身証明書は役所で申請をしてとる証明書ですので、手間がかかります。
婚活サイトでは提出が任意となっていることが多いので、そこまで本気で相手を探していなければ、時間をかけてまで証明書を提出しません。
逆に、その手間をかけてまで証明書を提出している人は、結婚に対する真剣度も高いといえます。
独身証明書などの証明書を提出した人は、プロフィール欄に表示されます。
比較的恋活よりのサイトでは、独身証明書の受付はしておらず、年齢確認のみの場合もあります。
その場合は既婚者も混ざっている可能性もあるので注意が必要です。

婚活サイトで出会いを増やすためのポイント

第一印象は写真で決まる

婚活サイトを利用している男性に興味を持ってもらううえで重要なのは、写真の第一印象です。
好感度の高い写真をとるためのポイントは以下の3つです。

 ・自然な笑顔
 ・万人受けしそうな服装やメイク
 ・明るい場所でとる

これらに気を付けることで、明るい印象や親しみやすい印象を与えることができます。
また、スポーツや旅行中といった趣味の中での写真やペットと一緒に写った写真を掲載すると、見た人がぱっと「共通点」を見つけやすいと感じるので好感度が上がります。

反対にプリクラやSNOWやLINECameraのような過度な加工を施した写真はやめたほうが良いでしょう。
プリクラや加工済みの写真だと、「盛っている」という認識があるので、割り引かれて考えられてしまいます。

どうしても写真を載せたくない場合には、写真の掲載率の低い婚活サイトを使うようにしましょう。
写真の掲載率の高い婚活サイトで、写真を載せずに活動するのは明らかにマイナスになってしまいますが、掲載率の低い婚活サイトでは、写真がないのが当たり前なので、マイナスになりにくいのです。

プロフィールはしっかりと書く

プロフィールもしっかりと書いたほうがマッチング率は上がります。
プロフィールを見る人は、写真でいいねするかどうか迷ってさらに情報が欲しいと思ったときや、いいねすることを決めていてメッセージ送る時にネタ探しをする時なのです。
そのため、情報量が多いほうが相手は助かります。
趣味や休日の過ごし方など、共通項が見つかりやすいことを充実させることをお勧めします。
改行を使いながら、簡潔に書くことを心がけましょう。

婚活サイトの掛け持ちもあり

より確実に出会いたい、結婚したいと感じる人は婚活サイトを掛け持ちするのもお勧めです。
利用する婚活サイトの数を増やせば、検索できる相手の数やマッチングできる数も増えるので、単純にチャンスが広がります。
さらに、成功するには、マッチングした人のうちから実際に会うまでに至る人の数をいかに増やすかが重要です。
その確率を上げるためには、実際に経験してテクニックを自分のものにすることが必要です。
掛け持ちをすることで、その経験値を早く積むことができます。

また、婚活中は真剣交際になるまでは、複数の人と同時進行でやり取りを行うのが一般的です。
交際まではいかなかった場合、また、1から相手を探すところから始めなければいけないからです。
しかし、いい感じの人ができてもそのまま同じ婚活サイトで活動していると、「自分はキープなのでは…」と相手からの印象は悪くなってしまいますので、婚活サイトを掛け持ちすることで、活動をしやすくするのです。

注意したほうが良い相手とは?

婚活サイトで素敵な男性を見つける人は年々増えていますが、婚活サイトに登録している人すべてが素敵な人とは限りません。
残念ながら婚活サイトに登録している男性の中には、いわゆる「ヤリモク」と呼ばれる遊び目的の人も一定数います。
遊び目的の男性は以下のような特徴があります。

 ・すぐにLINEを交換しようといってくる
 ・すぐに会おうとする
 ・会おうと提案してくる時間が夜、飲みにこだわる
 ・会う場所の選択肢に「家」が含まれている

真剣に出会いを探しているからこそ、すぐにLINEの交換や会おうと提案してくる人もいます。
そのため、なかなか判断することが難しいです。
そんな時は以下のように返答をして、男性の本心を見分けてみると良いでしょう。

 ・「LINEの交換は一度会ってからにしたい」
 ・(会おうという提案に対して)「もう少し仲良くなってからまた誘ってください」
 ・「婚活サイトで会うことに慣れていないので、初回はカフェでお茶しましょう(お昼に会いましょう・アルコールはなしで会いましょう)」

このように返答してもしつこく言ってきたり、連絡が途切れたりした場合は、ほぼ遊び目的の男性ですので、相手にしないようにしましょう。
逆に、これらの条件にあてはならなった男性は、誠意をもって接しているといえるので安心して連絡を取っても大丈夫でしょう。

婚活サイトに登録する前に!婚活を成功させる秘訣

経済的に自立する

一昔前は男性は外で働き、女性は専業主婦で家事を担当するとしっかりと役割が分かれていました。
しかし、現在は男性・女性ともに経済的に自立し、結婚してからも協力して家計を助けあう過程を築いていくという考えの男性が増えています。
結婚後も正社員として働いて欲しいと思っている男性が多いです。

理想が高すぎるのは注意

婚活の成功は相手の男性の収入やステイタス、用紙で決まると思っていませんか?
もちろん収入や容姿も婚活をするうえで大切な要素ですが、それ以上に相手の人間性を見ることが大切です。
スマートで背が高く、イケメンでやさしく稼ぎの良い男性と結婚したとしても、生活習慣や価値観が全く合わなければ、結婚後も上手くいきません。
結婚後の生活を思い浮かべ、自分に利のない、一緒にいて心地よい男性を探すことが大切です。

気持ちばかり先走らない

結婚を急ぐあまり恋愛する気持ちを忘れてしまうのはあまりよくありません。
最初から結婚、結婚となってしまうと、相手の男性からガツガツした女性だとみられてしまい、近寄りがたい雰囲気を出してしまい、上手くいかなくなってしまう場合もあります。
婚活は出会いを広げるための手段と考え、まずは相手との恋愛を楽しみ、そこでお互いに納得できれば結婚とステップアップしていくようにしましょう。

期間を決めて婚活をする

結婚相手が見つかるまでずっと婚活をしようとすると、婚活サイトや婚活パーティの費用もかさみます。
また、「いい人に会えない」や「相手にお断りされる」など、気分が沈んでしまうことも少なくないので、精神的にも辛くなってしまいます。
そのため、期間をしっかりと決めて挑みましょう。
期間を設定したほうが目標も立てやすく、出会いがなかった時の諦めも納得できます。

この記事に関連するキーワード