婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年08月24日 更新

婚活条件「年収700万円」の壁!高収入男性と結婚できる確率は?

「年収」なしで結婚相手は選べない!

婚活をしている誰しもが“絶対譲れない条件”の一つや二つあるものでしょう。
結婚相談所に登録するときにも、婚活サイトや婚活アプリでお相手を検索するときにも、“結婚相手に求める条件”は必ず聞かれることです。

あなたの場合、結婚相手の条件で譲れないものは何でしょうか?

やっぱり年齢が近いことかな?
でもまあ年収が700万円以上のイケメンだったら、年上も考えてもいいけど…

私は、価値観重視。
一緒に趣味を楽しんだり、年に一度は旅行に行ける人がいい♪
生活水準は下げたくないし、年収700万円は最低条件です。

専業主婦になりたい人も、共働きで生活が安定するダブルインカムを求める人も、結婚相手の男性の“年収”は気になる項目ですよね。

希望年収をはっきりと明言はしていないにしても「年収は高ければ高い方がいい」というのが本音なのではないでしょうか。

見た目重視!内面重視!など、様々な優先順位はあるでしょうが「年収」という条件なしには理想の結婚相手について語れません。

婚活で年収700万円希望は「高望み」なの?

結婚相手の条件を考える独身女性

容姿・趣味・住まい・職業などたくさんの条件がある中で、多くの女性が年収については“平均より高めの希望”を出す傾向にあります。

高望みのボーダーラインだとされている年収は600万~700万円程度。

年収700万以上の男性と結婚するのは難しいのか?
年収700万円の壁について、考えてみましょう。

なぜ年収のボーダーラインが700万円なのか?
年収700万円の男性と出会うことは不可能なのか?
そもそも年収700万円の手取りの給料はいくらなのか?

本記事では「年収700万円の男性との結婚」について、徹底的に考えていきます!

統計データにみる「年収700万円」と「平均年収」

グラフと統計結果による分析に勤しむ人たち

結婚相手の条件に年収700万円以上の男性を求めるみなさんは、日本人男性の平均年収はいくらかご存知でしょうか。

国税庁の最新の調査結果では、平成28年分の男性平均年収は、521万円でした。

希望する「年収700万円」とは180万円も乖離があります。

この現実を見ただけでも、年収700万円という希望額は平均年収を大きく上回っているということがわかります。

平均年収と年収700万円の差

平均年収と理想年収のグラフ

男性平均年収「521万円」という金額は、年齢や雇用形態に関係なく、“収入のある人すべて”の平均です。

そうなると、結婚適齢期の男性の平均年収はどうなのか、気になるところですよね。

それでは、年齢ごとに平均年収を確認してみましょう。
平成27年の民間給与実態統計調査から、年齢階層別の平均給与を抜粋します。

年齢別・男性の平均給与

25歳〜29歳 378万円
35歳〜39歳 502万円
40歳〜44歳 564万円
45歳〜49歳 629万円

年齢を49歳まで広げてみても、平均年収は629万円にとどまります。

既婚者も含めて年収700万円以上稼いでいる人は、全体の18%ほどしかいません。

年収は年齢と比例して上がり、50代でピークを迎えるケースが多いでしょう。
しかし40代になってもの年収平均は600万円ほどですから、700万円には程遠いのです。

年収700万円以上の未婚男性が、どれほど希少な存在であるかはご理解いただけたかと思います。

しかし、諦めるにはまだ早い!
実は、年収が高い男性ほど婚期を逃しやすい傾向があり、しっかりと出会いを求めれば「年収700万円以上の婚活男性」に出会える可能性があるからです!

年収700万円の男性と結婚できる可能性はどれくらい?

バージンロードを歩く花嫁

婚活で、年収700万円の男性と出会える確率はどれくらいなのでしょうか。

婚活ラウンジを運営している株式会社IBJの調査に、興味深いデータを見つけました。
50万人の会員データによる調査から、「モテる年収」を調べたというもの。

男性が女性にお見合いを申し込んだ数よりも、女性からの申込みが多くなる境界線は、どこにあるか、という調査です。
自分で女性にアプローチしなくても、女性から求められる男性。
モテる年収の境界線がわかるというわけです。

「モテる年収」の境界線はいくら以上いくら未満?

男性からアプローチしなくても、女性からばんばん申し込みが来る、モテる年収の境界線。

その答えは、【年収500万円】です。
平均年収の521万円を、すこし下回る金額の男性が、もっともモテるという結果です。

婚活女性の多くは、本当は年収600万円くらいはあってほしいなあと思いながらも、年収500万円の男性にアプローチします。
意外と現実的で“したたか”なのかもしれませんね。

ちなみに、この調査内では“もっとも結婚できる男性の年収”は年収600万~700万円とのこと。
平均以上の年収を稼ぐ男性は、結婚しやすいということがわかります。

さらに、年収700万円以上を希望する私たちにとって、有益な情報をひとつ。

同調査によると、年収600万~700万円の男性は婚活女性に求められやすいのに、【年収700万円以上の男性は、成婚率がダウン傾向にある】んだそうです。

考えられる大きな要因は二つ。

1)保守的な女性から、高収入男性が敬遠されている
2)高収入男性の、女性に対する理想が高すぎる

ひとつめの理由は、あなたにとってライバルが減るだけなのですから取るに足りません。
ふたつめの理由は、あなた自身の努力も必要です。

年収700万円以上のエグゼクティブな男性から好意を持ってもらうには、女性側にも弛まぬ努力が必要だと言えるでしょう。

年収700万円の男性に出会う準備とは?

婚活成功の先には幸せな結婚が
婚活が長引いてしまう女性は、「高望みだから結婚できない」のでしょうか?
結婚相手に求める条件が厳しいから、出会いがないのでしょうか?

いえ、本質は違うところにあります。

「年収700万円の男性と結婚できる女性」
「なかなか理想の男性に出会えない女性」

両者には、決定的な違いがあります。

婚活がうまくいかない女性の致命的な欠点は、「自己分析」が不足していること。

“結婚の理想”や“結婚相手への条件”は明確でありながら、自分自身の“価値”に向き合っていない女性が多いように思います。

「自己評価が高すぎる」だとか「身の程知らず」だとか言いたいわけではありません。

自分がどんな男性に求められるのか・どんな男性と結婚すると上手くいくのかをわかっていない女性が多いということです。

自分自身の価値を正確に把握できていないままでは、どんな人と出会えばうまくいくのかがわからず、婚活が長引くばかり。

なかなか結婚できない理由を見つめ直すために、客観的に分析できる診断テストをしてみるのも、いい方法です。

幸せな結婚のためには、いままでの恋愛と向き合いながらあなた自身の恋愛傾向を捉えなおすことがおすすめ。

ツヴァイの恋愛傾向診断(診断テスト)は30の質問に答えるだけで、恋愛に必要な6つの力を測ることができます。

恋愛傾向診断流れ

共感度・ポジティブ度などの強みと弱点をわかりやすく“数値化”されることがこんなに役に立つなんて!

年収700万円の手取り給与はいくら?

年収700万円と言っても、このすべてが給与として手元に入ってくるわけではありません。
年収700万円の場合、手取り額はいくらなのでしょうか。

生活を考えると、額面での年収よりも「毎月の月給」が気になるところです。

年収700万円の手取り額は、年間535万円です。
この金額は、あくまでも目安。
入っている保険や住んでいる地域の住民税など、税金によっても違いが出ます。

月々のお給料は、約40万円(月収)が目安だと言えるでしょう。

あなたはどうして婚活の条件として、年収700万円以上を希望しているのでしょうか。
月々の生活を想像し、収入と支出を考えながら、理想を見極めてみても良いのかもしれません。

独身であれば手取り40万円あれば、まあまあ贅沢な暮らしが出来るように思えます。
さらにあなたの手取りが20万円ほどあれば、2人で60万円の世帯収入。
ゆとりのある家計を目指せる金額です。

専業主婦を希望しているとしても、扶養控除などもありますし、十分生活していけそうです。

男性の本音!高収入男性に選ばれる女性とは?

年収700万円の男性とデート
婚活中の年収700万円以上の男性の数が多くはないこと、そして年収700万円での生活について、お話してきました。

婚活中の年収700万円以上の男性が少ないなら、どうすれば効率よく出会えるのかを考えなければなりません。
偶然の出会いを待っていては、婚期を逃す恐れがあるからです。

母数が少ない分、いつどこで出会いが生まれるかはわかりません。
出会う男性の数を増やして、年収700万の男性が現れるまで根気強く行動していきましょう。

年収700万円以上の男性と婚活で出会えても、あなたが選ばれなければ意味がありませんよね
しかし、年収700万円以上の男性の競争率は非常に高いです。

希望通りの人と結ばれるためには、努力が欠かせません。
理想が高くなればなるほど、その努力をたくさん必要とするのです。

どんな女性が高収入男性から好かれるのでしょうか。

年収700万円以上の男性が、どんな女性を好きになるのか?
高収入男性の本音に迫り、年収700万円の男性に選ばれる女性の特徴をまとめてみました。

【1】金目当てNG!金銭感覚がきちんとしていること

高収入の男性は、自分が女性からモテることをよく知っています。
これまでに、たくさんの女性との出会いもあったでしょう。

年収700万円以上の男性が、結婚相手に選ばない女性。
それは、“明らかにお金目当ての女性”です。

遊び相手ではなく、結婚相手ともなると、妻に浪費ばかりされたら困ってしまいます。
きちんと貯金ができるくらい、倹約家の一面を見せるといいでしょう。

金目当ての女性って、すぐわかりますね(笑)
初対面で年収や貯金額を具体的に聞いてきたり、乗っている車や腕時計のブランドを聞いてきて、値踏みしてくる女性はお断りです。

【2】家事が得意で、家庭を任せられること

高収入男性は、仕事が忙しいことがほとんどです。
結婚後も、忙しい毎日が待っていることでしょう。

そんな彼を支えることができるような、安心して家庭を任せられる女性が求められます。

家事の出来の良さが求められるのは、専業主婦を希望するなら、なおさら。
さらに、共働きであったとしても彼の仕事をサポートできるような家庭的な女性らしさが好まれるでしょう。

インスタ映え~みたいな、凝った料理ではないほうがいいです。
味噌汁とか、煮魚とか。
普通のあたたかい料理で迎えてもらうことが理想です。

【3】積極的で、行動力があること

自分に自信がなくて、ネガティブで弱気な女性は、高収入男性から好かれません。
ハイスペックな男性のまわりには、ハツラツとした美女が付きもの。

「私なんて、どうせ好きになってもらえない…」
「美人に勝てるはずがない…」

そんな弱気な女性は、高収入な男性の妻には相応しいと言えないでしょう。

出会いに積極的な姿勢は、男性に嫌われると思い込んでいませんか?
そんな及び腰では、高収入の男性と出会言えるチャンスを逃してしまいます。

仕事が忙しくて出会いも少ないので、普通にマッチングアプリも使いますよ。
特に、東カレデートは、まわりの仲間もインストールしてますねー。

話題のアプリ「東カレデート」って何?

数あるマッチングアプリのなかでも、異彩を放つのが、この東カレデート。
「高収入・高学歴な男性と出会いたい!」というスペック重視のあなたにおすすめです。

東カレデートは、“あの”東京カレンダーのキラキラな高級デートの世界観をそのまま実現できる、アッパー層専門の審査制デーティングアプリです。

高収入なイケメン男性・容姿に自信のある博学な女性など、他のマッチングアプリとは一線を画した会員層が魅力です。

アプリ加工なしでも端正な顔が際立つ顔写真や、海外で撮影しているであろうプロフィール画像、収入証明書による年収確認済のマークなどを見ると「世界って広いんだな…」と思わずにはいられません。

ハイステイタスな相手を求めている人や、雑誌“東京カレンダー”のような高級デートを楽しみたい方におすすめです。

実はこのアプリ。
既存会員から承認を得られないと入会できない仕組みなので、登録前はドキドキ。

しかし、入会審査は落ちても何度でも受けられます。
また、例え審査に落ちても友達にバレることは一切ないので安心してチャレンジする価値あり!

東カレデートの登録・詳細の確認は≪東カレデート公式サイト≫からどうぞ。

まとめ

高収入男性との結婚を勝ち取った花嫁

いかがでしたか?
婚活条件として年収700万円が高望みかどうか、決めるのは自分しかいません。

誰に何と言われても絶対婚活条件年収700万円以上!と決めたなら、その意思を貫き通してください。
婚活を成功させるためには決意と覚悟が必要です。

あなたにステキな出会いがありますように。

この記事に関連するキーワード