婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月11日 更新

社会人の「彼女の作り方」は男らしさと歴史に学ぶ!


彼女が欲しい、彼女の作り方を知りたい男性はいつの時代もいるものですが、時代によって彼女ができる男性、できない男性には違いがあります。

戦後は、男性が働きお金を稼ぐ、女性は家事に徹して家を守るという構図があり、良く働き良く稼げる男性が彼女を作りやすかったでしょう。

しかし、今の時代は特に、男性側が金銭的側面のすべてを支えることが難しくなっているため、共に働くことが普通ですよね?
その為、女性の意見を尊重し寄り添ってあげられるような男性が彼女ができる男性の共通点でしょう。

今回は、彼女の作り方の中でも、社会人にフォーカスを当ててお話ししたいと思います。時代が求める男性像とはいったい、何なのでしょうか?

女性が男性に頼って生きる時代は変わりつつある

かつて日本では、結婚したら男性は外で働き、女性は家を守るものだといわれてきました。

しかし現在は、女性の社会進出も一般的になってきており、結婚しても外で女性が男性と変わりない仕事をして働く共働き夫婦や、むしろ男性が家にいて女性が働くという夫婦も増えてきています。

女性が男性に頼って生きる時代は変わりつつあり、これまでの男らしさ、女らしさという考え方にも変化が見られます。

現在における男らしさ、女らしさというのはどうなっているのでしょうか?

そして彼女や彼氏の作り方がどの様に変化してきたのか、社会人の立場に立って考えてみます。

男らしさって何だろう

男らしさという考え方は、時代によって大きく変化していきます。

例えば、かつては台所に立つのは女性の仕事とされていて、男性が料理をするのは男らしくない、と言われてきました。

しかし現代は男らしい料理、という表現もあるように料理をすること自体が男らしくない、という考え方は薄れつつあります。

女性が男性にこうあって欲しい、と考える性質や、男性が自分はこうありたい、と考える性質が男らしさと呼ばれるものです。

男らしさはその時代によって変化していくもので、普遍的なものではありません。

かつて男性が家事をするのは男らしくない、と思われていましたが、現代は一人暮らしが当たり前の時代になっているので男性であっても家事をしなくてはいけない事情ができています。

一人暮らしなのに家事を全くしないで生きていくことは難しいでしょう。

そのため、男性でも家事をするという認識ができたことで家事は男らしさの基準から外れました。

今ではむしろ、家事ができる男性は女性が楽になるという面から歓迎されることが多いでしょう。

このように、かつては男らしさといわれていた多くの事柄は、時代と共に変化しています。

その変化が、彼女・彼氏の作り方を変え、また、社会人の恋愛事情にも影響を与えるのです。

今の社会人男性の彼女の作り方は、家事はお互いで分担することを伝え、女性と対等に接するということです。

また、彼女の作り方としての理想ポイントは、社会人になると料理などの家事ができる方が評価は上がる傾向にあるので、男性は料理ができるスキルを磨いておくといいかもしれませんね。

女らしさって何だろう

同様に、女らしさといわれるものもその多くが変化してきています。

戦後になるまで女らしさとは慎み深さと従順さでした。

しかし、社会に進出する女性が増えてきたことで、女性にも活発さが求められるようになります。

そのため、女性を取り巻く環境が大きく変わったことで、女らしさという考え方もまた大きく変化してきました。

現在における女らしさというのは、清潔さや優しさといった面に対して主に使われるでしょう。

しかし、女性が社会の中で活躍していると、「強い女性」というキャッチフレーズが付けられることがあります。

こうしたキャッチフレーズが付けられるうちは、まだまだ従来の女らしさのイメージも残っているといえます。

ただ、今後そういった声は徐々に減少していき、女性が活躍するのが当たり前の社会になっていくと思われます。

女性のイメージが変化するという事は、男性が女性の魅力を感じるポイントも変化する、女性へのアプローチ仕方も変わってくる、という事に繋がってきます。

そうなると必然的に、彼女の作り方も社会人男性は変わってきますね。
彼女を作りたい、と思うのであれば、女性は従順な生き物としてみなすのではなく、しっかりと相手の意見を受け入れ、尊重できるような男性になりましょう。

ジェンダーフリーとジェンダーレスの違い

男女間の性差に対する考え方に、ジェンダーフリーとジェンダーレスという考え方があります。

ジェンダーは性差の意味で、どちらも似たようなものと思われることが多いのですが、ジェンダーフリーとジェンダーレスには明確な違いがあります。

ジェンダーフリーというのは性差にこだわらないことを指します。

それに対してジェンダーレスは、ジェンダーそのものを否定することです。

例えば会社の仕事で、重要な仕事を女性に任せない、というのは性差による差別です。

それに対して、男女で区別するのではなくそれぞれの適正に合わせて振り分けるのがジェンダーフリーです。

また、女性には向かない仕事であっても、同じ会社員だからと区別しないで女性社員にやらせるのはジェンダーレスの考え方になります。

基本的に正しい考え方としてはジェンダーフリーの考え方であり、ジェンダーレスの考え方であれば個人の適正というものを無視した考え方になってしまいます。

しかし、様々な事情や環境の問題などでジェンダーレスとなってしまうこともあるので、一概に間違っているともいえない場合もあります。

彼女の作り方としては、社会人として既に働いている女性に対して、女だから家に入って欲しい、女だからに無理に仕事をしなくていい、などといった場合はまず嫌われることが多いので、ジェンダーによる差別意識は持たないようにしましょう。

これは、彼女の作り方云々以前に、一人の社会人男性として、持っておかなければいけない考えです。

これからの時代ならではの社会人の彼女の作り方

戦前には通用していた考え方も、戦後から長い時間が経った現在では通用しないところがあるということがお分かり頂けたでしょう。

それでは大きな変化を経た現在、これからの時代に向けて求められる男性像とはどのようなものになるのでしょうか?

特に、彼女の作り方が社会人になってからわからなくなった、という男性は、求められる男性像を把握しておきましょう。

女性を家から解放する

これからの男性は、女性の社会進出を認めることが望まれます。

そのために必要な事は、女性に家の事を任せっきりにするのではなく、男性も家事や育児を分担してなくてはいけません。

しかし、最初から半分ずつにしようとすると、不慣れな男性はなかなかスムーズにできないのでさぼってしまうことがよくあります。

こうしたことがケンカの原因となることもよくあることです。

そのため、最初は無理せずに、例えば料理に関して仕事を終えて帰ってきた女性が作るのに苦労しているようであれば、早く帰ってきた日だけ交代する、休みの日だけでも作る、もしくは料理をできる範囲で手伝って後片付けは引き受ける、など少しでいいので手を貸すようにしましょう。

また、少し手を貸しただけで手伝ってやった、と自己満足する男性も時折見受けられます。

手伝うのは当然のことという意識を持っておきましょう。

家の事に関してはこのように多少なりとも分担して、半分ずつではなく、その時に時間がある方が多く負担する、というスタンスを持てるとうまくいくのではないでしょうか。

育児も、母親に任せきりにするのではなく、おむつ交換やお風呂に入れるなど手が空いているときは率先して行い、女性に一人きりの時間を持たせることを念頭にして協力しましょう。

彼女の作り方が分からない、社会人として働いている女性にはどう接したらいいのか分からない、という男性もいます。

そんな時は、まず気になる相手の仕事を尊重する姿勢を身につけるところから始めましょう。

女性が自分の能力を生かしたくても、男性が縛り付けてしまえばそれは難しいことです。女性が存分に自分の力を生かして自由にできるよう、お互いに支え合ってサポートしていきましょう。

彼女の作り方が分からないのであれば、まずは、社会人女性のアイデンティティをじっくりと考えてみても良いかも知れません。

社会人男性が彼女と幸せになるコツ

社会人男性の中には、彼女の作り方がわからない、特に、相手が社会人女性の場合は難しい、という事があると思います。

社会人とはある程度自立した存在です。
その為、どれくらい相手を立てるべきで、どれくらい受け入れるべきか迷うこともあるでしょう。

例えば食事に行った時、彼女の方が給料を多くもらっているのでおごってくれたり、休日のデートで車を出してくれたりする場合もあるでしょう。

そんな自立している彼女の行為に対して、甘えすぎてしまうと付き合いが長続きしない原因となります。

たとえ彼女が言い出したことであっても、誠意を見せることは大切です。

食事に関してはおごることが厳しくても、割り勘にすることを申し出ましょう。

また、車も可能であれば自分でも出すようにして、車がない場合でもなるべく遠慮することを申し出ましょう。

相手が色々とやってくれて当たり前、というのは甘えであり依存です。

お互い幸せになりたいのであれば、相手の好意に対して自分も応えるよう、しっかりと誠意をもって対応するようにしましょう。

彼女の作り方のポイントは、女性が自立ししっかり者であっても甘えすぎず、きちんと誠意をもって付き合うことを念頭に置くことが大事になってきます。

もっと簡単に言えば、背伸せず必要以上に甘えることなく接していくこと、これが彼女の作り方のポイントであり、社会人男性のモラルなのです。

お互いに自立した関係性を目指して

彼女の作り方として、相手が社会人女性の場合、まず必要になることは、お互いに自立した考えを持つようにすることです。

まずは自分の事をしっかりとやって、その上で出来る余力を彼女に向けるのが理想です。

また、彼女の作り方として、社会人の場合はこの余裕も重要です。

社会人として忙しく働いている彼女には、甘えてくるだけの恋人は負担となり長続きしないでしょう。

彼女の作り方としては、社会人だからこそ、お互いに自立してお互いを尊重し合える相手にならなければいけません。

そのために、相手に依存するような考え方はしないように気を付けましょう。

社会人が彼女を作るために日々できること

社会人が幸せになるコツとして、自立した考えを持つことをご紹介させていただきました。
しかし、自立した考え方は一朝一夜で成り立つものではありません。

自立した考えは日々の生活ではぐくまれるものです。
ここからは、自立した考えそして相手への配慮の力がより一層身に着けられる習慣についてご紹介していきます。

自立した考えなんてもう持っているという人も、彼女を作るためにも周りのライバルと差をつけるためにも、より善良な自立心を作れるように試してみてはいかがでしょうか。

とにかく自炊

ジェンダーフリーの時のお話でも出ましたが、現代の男性には家事ができることが求められています。

その中でも、料理は掃除や洗濯とは違いできればできるほどアピールポイントになるものです。

そこで、まずは外食やお弁当、インスタント食品に頼った食事から、自炊をすることにシフトしていきましょう。

自立した生活の中でも、最も料理は難易度が高いものだといわれています。
その為、料理さえクリアしてそれをアピールできるほどになれば、相手に自立した男性社会人であるというイメージを与えることができるでしょう。

また、アピールできるほどになれなかったとしても、料理の大変さを毎日経験することさえできれば、女性が家事をするのが当然だという考えや、やってもらって当たり前なことなどないという考えが身につくと思われます。

最初は大変かもしれませんが、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

運動を取り入れる

運動をすると、健康と自信を得ることができるといわれています。
というのも、運動によって余分な脂肪の燃焼や筋肉量のアップによるベストなスタイルの確保や、運動のリラックス効果による心の爽快感などが得られるためです。

自立した考えを持つ人は、自身があったり健康的な明るさを兼ね備えていたりという特徴がよくみられます。

それらは、自立した考えを持っているから自信が身についているとも言えますし、自信を持っているから自立した考えが身についているとも言えます。

そのため、まずは自信をつけるための運動も一つの手だといえるでしょう。

まとめ

彼女の作り方として、社会人女性が相手の場合は最も重要な事は相手の事を尊重することです。

女性の中には結婚するまでのつなぎとして仕事をしている人もいますが、誇りを持って仕事をしている人もたくさんいます。

従って、相手の仕事を軽視するようであれば恋人として付き合っていくことは難しいでしょう。

また、どちらかが一方に依存している関係は歪んで、長続きしにくいものです。

そのため、お互いに自立した上で付き合っていくのが、彼女の作り方として社会人を対象とするには最も重要となります。

言うまでもなく、絶対に成功する彼女・彼氏の作り方なんて存在しないことを、社会人であるあなたは知っていると思います。

その一方で、お互いに尊重しあう大切さも分かっているはずです。

特に、個々が尊重される時代となった昨今、彼女・彼氏の作り方も、それが理解し合えるようなでなければ、社会人の恋愛も難しい時代となってきたのかも知れません。

この記事に関連するキーワード