婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月10日 更新

気になる人とのメールやLINE「正解パターン」はある?

面と向かって異性と話すことは平気なのに、メールやLINEだと何を話せば良いか分からなくなってしまう。
相手が見えないからこそ、気軽にやりとりができなくなってしまう。

気になる人にメールやLINEを送りたいと思っても、その内容や送る頻度に悩んでしまう方も多いと思います。

ここでは、気になる人とのメールやLINEをやりとりする際の頻度やその内容について分析をしていきたいと思います。

気になる人とのメールやLINE!頻度はどのくらいが適切?

メールやLINEは電話と違って、受け取った相手が好きな時に確認をすることができます。
だから『いつでも』『いくらでも』思いついたときに送っても大丈夫…
――ではありません!!
メールやLINEにも、適切といえる頻度とタイミングがあります。

相手の生活リズムにもよりますが、基本的にメールやLINEを送るタイミングは、仕事などで忙しいと思われる時間帯や早朝、深夜などを避けるようにしましょう。

気になる人が相手となるのですから、『非常識な人』と思われることのないよう、常識を持って送ることが大切です。

送信の目安

気になる人にメールを送るときは、週1日〜週3日くらいの頻度が適切といえます。
目安は、週の半分以下です。

気になる人が相手なら、毎日のようにメールやLINEでやり取りをして、自身のアピールにつなげたいと考える方もいるかもしれません。
なぜ週の半分以下が適切なのでしょうか?

これは、メールやLINEは『文章のやりとりが基本となるから』です。
画像を送ったり、スタンプを送ったりといったアクションも起こせますが、電話でやりとりをするときのようにお互いの声を聞くことはできませんし、お互いの表情も分かりません。

お互いの気持ちを正確に文字から読み取ることが難しいということもあるため、メールやLINEでたくさんのやりとりをしたとしても、よほど文才にあふれる方でない限りは、気になる人の気をメールやLINEでひくのはとても難易度の高いことといえるのです。

また、もしあなたとあなたの気になる人との関係がまだ『知人程度』であるなら、メールやLINEを送る頻度や内容は無難にしておくことが重要といっても良いでしょう。

返信のタイミング

では気になる人から返事をもらった場合、どのようなタイミングで返せばいいのでしょうか?
これは『すぐに返信!!』が鉄則です。

特にLINEはメッセージを確認した際に『既読』と表示がされるため、相手に既読スルーされたと思われないよう、早めの返信を心掛けることが必要です。

もちろん、仕事などの都合によってはすぐに返事を返せないこともありますよね。
そういった場合は、「○○で返信が遅れてごめんね」といった謝罪や返信が遅れた理由をひと言添えて、気になる人からの印象がマイナスにならないようにしましょう。

また、テクニックのひとつとして、相手を焦らせたり、気持ちを確かめたりするために『返信を遅らせる』というものがありますが、この方法は恋愛に慣れた上級者向けのテクニックです。

相手との関係がかなり進展しているという条件も必要となってきますので、これから関係を築いていこうとしている方や、メールやLINEのやりとりに不慣れな方は、逆効果となる可能性が高いため、お勧めしません。

駆け引きを考えず、メールやLINEをもらったら『すぐに返信』をするようにしましょう!

気になる人とのメールやLINE!適切な内容とは?

気になる人だからこそ『私のことを知ってもらいたい』『興味を持ってもらいたい』。
そう考える方も少なくないと思います。

しかし、自身の話を延々とメールやLINEで語っても相手はあなたに興味を持ちません。
なぜでしょうか?

これは会話でも共通することですが、人は意識の中に『相手に認められたい』『自分の話を聞いてほしい』『自身を受け入れてほしい』という潜在的な欲求を持っています。
逆をいえば、人は自身に興味を持ってくれる人に対して好感を抱きやすいのです。

このことから、気になる人へメールやLINEを送るときの内容として、まずは相手に興味があるということを示すような質問を入れると良いでしょう。
また、やりとりしているメールやLINEの内容によっては、共感をしているといったメッセージを入れると、相手からの印象は更に良くなります。

具体的な例

受信内容▼
「今日○○で××を食べてきたよ~」
返信内容▼
「○○は有名だよね。××おいしそう!○○へはよく行くの?」
「○○は行ってみたいと思っていたお店なんだ。」
「××おいしそうだね!他にお勧めってある?」など。

返信しやすいメッセージや思わず返信したくなるメッセージは、相手を楽しませることにもつながります。
気になる相手に喜んでもらえるメッセージを意識して、メールやLINEを送ることを心掛けましょう。

NG!!気になる人に送ってはいけないメッセージ!!

気になる人とメールやLINEを送りあえる間柄になることができた途端、舞い上がって失敗につながる、なんてこと。
絶対にないとは言い切れませんよね?

ここでは、気になる人に送ってはいけないメールやLINEのメッセージなどについて紹介していきたいと思います。

馴れ馴れしい言葉使い

メールやLINEでのやりとりは、基本的に“あなた”と“相手”の二人きりでのメッセージの送り合いが多くなると思います。
しかし、距離を早く縮めたいからと言って、いきなり馴れ馴れしくするのはNG!です。

文字だけでのやりとりでは、相手の声色や表情をうかがうことができないため、そんなつもりのないメッセージが、相手にとってマイナスの印象を与えてしまうことがあります。

丁寧な言葉使いは悪印象を与えません。
気になる相手に良い印象を持ってもらうためにも、まずは丁寧な言葉でメールやLINEのメッセージを送るようにしましょう。

悪口や愚痴

せっかく気になる人とメッセージを送りあうのですから、その内容は楽しいものの方が良いですよね?

友人や上司、会社の同僚などについての悪口や愚痴を書いたメッセージは、読んだ人の気分を下げてしまいます。
既に関係が深くなり、お互いに打ち解けている間柄であればいいかもしれません。
しかし、「なんて返事を返せば良いんだろう?」と相手を悩ませるようなメッセージは、基本的にNGです。

しかし、相手とのやりとりによっては、愚痴・悪口で関係を深める可能性もあるでしょう。
「誰にも相談できなかった悩みがあるんだけれど…」と気になる人が“特別”という印象を持たせてることができれば、この限りではありません。

特別な相手として愚痴などを聞いてもらった場合、感謝の言葉を忘れないようにしましょう。
素直に『聞いてもらえて嬉しい』『相談に乗ってもらえて嬉しい』と感謝の気持ちを伝えることが、相手からの印象を良くすることにつながります。

最後に

気になる人とメールやLINEをやりとりすることで、ある程度の信頼感を得ること、警戒心を解くことができます。

気になる人ができたなら、まずは適度な距離感を保ちつつメールやLINEのやりとりをこなしていきましょう。
あなたの印象を良くすることで、あなたの気になる人との関係性が深まるよう応援しています。

この記事に関連するキーワード