婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月16日 更新

恋愛上手な男になりたい!恋愛ができる男ってどんな人?

恋愛上手な男性になりたい、そう思っている男性の方は多いのではないでしょうか?
好きな女性を確実におとし、それから円満に付き合っているような、あるいは常に女性と恋愛していて、恋愛に困っていないような男性は、どこか余裕があってかっこいいですよね?

しかし、最初から恋愛上手な人は中々いません。

恋愛上手になるために、誰しも何かしらの努力をしています。
そしてその努力が実り恋愛を楽しむことができています。

この記事では恋愛上手な男性の特徴、そして恋愛上手になるための方法についてご紹介します。

恋愛上手になりたい方は、この記事を読んで好きな女性と結ばれるきっかけになればと思います。

恋愛上手な男の特徴

好きな人と円満に付き合っている人を見ると羨ましいですよね?
そのような人たちは一体どのような特徴があるのか気になりませんか?

常に相手本位で心に届くメッセージを送る

恋愛上手な人に共通していることそれは
「常に相手本位」ということです。

一緒にいるときも離れているときも相手はどんな状態か、どんなことをしているか、どんな精神状態か、

ということを常に気にしています。

お互いにメールやLINEで連絡し合うときも定型文ではなく、相手のことをしっかりと思いやる「オンリーワン」の連絡ができます。

もちろんメールやLINEだけでなく、会った時にも常に相手のことを考え、相手の状態を見抜くことができるので、臨機応変に態度を変えて相手に合わせて接することができます。

適度な愛情表現

マメにも関わらず重くならないといった特徴もあります。
付き合っている相手に対してこまめな連絡、誕生日などのサプライズといった相手を喜ばせるための準備を怠らずにスマートにできるのは恋愛上手の必須要素です。

しかしやりすぎてしまうと相手から「重い」と思われてしまうかもしれません。

本当に恋愛上手な人は「適度にマメ」なのです。

心の中で相手のことを考え色んな計画を実行しながらも、実は相手の負担にならないように適度に物事をこなしているのです。

別れ方で決して後を引かない

恋愛上手な人は「自分を悪者にして、相手から自然に離れていくようにコントロールする」
ことができます。

男性の方から別れを切り出すこともできますが、それでは女性を一方的に傷つけてしまう可能性があります。

そのため、あえて自分を悪者にして、相手から別れの言葉を引き出すことが上手くできるのが、恋愛上手な人のテクニックです。

会話が上手

恋愛上手な人は相手との会話のキャッチボールが上手な特徴があります。
具体的にいうと、相手の話を落ち着いて聞くことができます。

それによって相手は自分に安心感を抱き、気分がよくなります。

またただ聞くだけでなく、相手が話したことを自分なりに膨らませることができるため、さらに自分の話術で話を盛り上げることができるるのです。

聞き上手であり、話上手でもあるため、女性は当然ながら退屈することはありませんし、信頼するようになります。
そして自然とその人に惹かれていたということが多くなるのです。

目の前の相手を、上手に立てることができる

恋愛上手な男性は女性をエスコートし、相手のプライドを上手にくすぐることで喜ばせるのが得意です。

相手のプライドを大事にし、リスペクトできるのは大人の交際がスマートにできていると言えるでしょう。

しかし自らのプライドを捨ててまで相手を立てるふりをするのはかえって逆効果です。
相手のことを考えつつバランスが大切と言えるでしょう。

褒め上手

人間は褒められると喜ぶ生き物です。
人を褒めることは当然ながら恋愛でも生きてきます。
さらに恋愛上手な人は計算でなく、本能でこのことを理解しています。

そのため目の前にいる人の良い所を瞬時に見つけることができ、そして手放しで褒めることができます。

褒められて嬉しくないという人はいません。

恋愛上手な人はこの心理を理解し、適度に相手を褒める時間を作るのです。

人の心の動きに敏感

恋愛上手な人は相手が何を望んでいるのかを察知する能力が高く、それに見合った言動をすぐに行うことができます。

例えば

  • 疲れている場合は癒すような励ましの言葉をかける
  • 面倒くさいという気分の場合はしつこく話をしない

など相手の気持ちを損ねないような会話を心がけています。

相手は、気が利くと感じるでしょう、そして
その心地よさで相手のことが気になり、好きという感情が芽生えてくるのかもしれません。

感情のコントロールが上手である

恋愛をしていると、自分の感情がどうしても抑えきれなくなり、不満を一方的に相手にぶつけることがあります。

そしてそれが別れる原因となってしまう場合も少なくありません。

しかし恋愛上手な人はそういった感情を自分の中で上手にコントロールし、客観的に相手との関係を判断することができます。

そのため、不用意にマイナスの感情を相手にぶつけることが少なくなり、結果的に相手と良い関係を保つことができます。

また恋愛上手な人は恋愛に対して思い入れを強くしすぎないといった特徴もあり、上手にコントロールができるため、自然と人間関係にも恵まれるようにもなります。

自分の感情をコントロールして客観的に物事を見ることは、恋愛上手になる道でもあり、さらに人間関係にも恵まれる大きな要素なのです。

恋愛上手な男になるためには?

ここまで恋愛上手な人の特徴について見てきました。

相手のことを考え、客観的に物事を見るのが大切であることがよくわかります。
では実際恋愛上手な男性になるためにはどういった心がけが必要なのでしょうか?

実はちょっと視点を変えてみるだけで取り組めることが多いのです。
実際に見ていきましょう!

一人の時間を増やしてみる

読書や筋トレといったことから自分の趣味に没頭し、自分の気持ちを整理することで心にゆとりが生まれます。

自分の魅力をより引き出すために、一人の時間を有効活用していきましょう。

定期的に自分を見直し中身を磨いていくことで、女性のことをしっかり受け止められる度量が自然とできるようになります。

相手の気を引こうとせずに相手を思いやる気持ちをもつ

相手の気を引こうとするのではなく、自分よりも相手のことを思いやるための行動を心がけるようにしましょう。

相手に好かれようとするために色々とアピールをする気持ちも十分に分かります。

しかし、それだけでなく、相手がどうやったら喜んでくれるかを具体的に想像するなど客観的な視点に立ってみましょう。

駆け引きをしすぎない

恋愛上手になるためには無駄な駆け引きを行わないようにしましょう。

慣れていないのに色んな駆け引きをして自分を有利な立場に置こうと思えば思うほど逆の結果を導きやすくなります。

相手を自分の思い通りにしようと束縛するのではなく、親身になって相手と接すように心がけることで恋愛上手により近づくでしょう。

まとめ

恋愛上手な男の特徴からその男になるための方法に述べてきましたがいかがだったでしょうか?

恋愛上手な人には様々な特徴がありますが必ず全部をもっているわけではありません。
人は誰しも苦手なことがあります。

その短所を少しずつ努力していくことで自分の長所に変えているのです。

今回紹介させていただいた記事を参考にし、自分はどこが良くてどこがダメなのかを考え、自分なりの方法で恋愛上手になっていってください。

この記事を読んだ男性方が素敵なパートナーを見つけることを祈っています。

この記事に関連するキーワード