婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月17日 更新

恋愛に悩む女性必見!恋愛上手になる秘訣とは

恋愛で悩んでいるあなた。
「いつも男性にチヤホヤされて、彼氏も途切れないあの子がうらやましい」なんて思っていませんか。

恋愛上手な女性には、どのような秘策があるのでしょうか。

ここでは、恋愛上手な女性の特徴と、恋愛で陥りがちな失敗と対処法についてご紹介します。

男心を虜にする恋愛上手な女性の特徴

まず、恋愛上手な女性には、どのような特徴があるのかみていきましょう。

「自分にはここが足りない!」と思う要素があれば、参考にしてみてください。

男性との距離のとり方が上手

好きな男性が現れたとき、あなたはどんな行動をとっていますか?

緊張してなかなか自分から話せないタイプでしょうか。
逆に好きな気持ちが先走って、積極的になりすぎていませんか。

恋愛上手な女性は、男性との距離の縮め方が上手い人が多いです。

男性は「狩猟本能」というものを持っていて、女性を追いかけて、自分の力で手に入れたいという気持ちが強いので、その「狩猟本能」を上手く操れる女性が恋愛上手と言えます。

ですので、女性の方から積極的に迫られると、引いてしまう男性は少なくないのです。

たとえ、相手の男性もあなたに好意があって、すぐに関係を深めようとしてきたとしても、それはそれですぐに受け入れてはいけません。

男性の狩猟本能は、手に入れにくければ入れにくい程、達成感を感じるので、すぐに手に入れてしまったものは、飽きるのも早いのです。

一方で、相手からのアプローチをずっと待っている女性がいいのかというと、それも少し違います。

まず、相手に自分が好意を持っているということを気づいてもらわなければ、恋愛は進展しないので、相手が『もしかしたら、俺のこと好きなのかな』と思うくらいの行動には出なければいけません。

具体的には、会話の中で「すごいね」や「なんでも知ってるんだね」と褒めてあげたり、複数で集まっているときに、いつも隣にいるなど、ちょっとしたことでいいのでアピールしましょう。

この絶妙な距離のとり方をマスターできれば、意中の男性と上手に恋愛関係を発展させられるでしょう。

甘え上手であり、甘えさせ上手である

男性は女性に頼りにされるのが好きです。

例えば、ペットボトルのキャップが硬くて開けられないから、開けて欲しいとお願いします。

軽々とキャップを開けた男性に「ありがとう。開けられなくて困ってたの」と伝えると、男性は頼りにされたと気分が良くなります。

本当は少し無理をすれば、自分でもキャップを開けられたかもしれませんが、ここで男性にお願いできる人が、甘え上手な人です。

なんでも自分でできるしっかり者だと、隙がないと思われがちなので、多少わがままでも、自分を頼ってくれる女性の方が、いわゆる「モテる女性」なのです。

とはいえ、男性もたまには甘えたいときもあります。

そんな時、普段男性に甘えてばかりの女性が、「どうしたの?大丈夫?」と話を聞いてあげたり、しっかりとした一面をみせると、そのギャップにますます男性からの好感度が上がるでしょう。

甘えるのと甘えさせるのバランスが上手い人は、恋愛上手と言えるでしょう。

恋愛で陥りがちな失敗を恋愛上手な女性から学ぼう

次に、恋愛がうまくいかない人のありがちな失敗を取り上げ、恋愛上手な人は、どのように失敗しないように行動しているのかをご紹介します。

彼を「ダメ男」にしてしまう

付き合い始めたときはそんなことなかったのに、気がつくと彼が自分に頼りきっている、なんて人はいませんか?

そんな人は大抵、相手に尽くしすぎてしまって、「お母さん」のような存在になってしまっていることが多いです。

好きな相手だから、いろいろしてあげたくなる気持ちも分かりますが、相手が尽くされる事に慣れてしまうと、彼氏彼女という対等な関係でなく、相手の方が優位に立つ関係になってしまいます。

この関係がどんどんエスカレートしていくと、最悪の場合DVに発展しかねませんので、注意が必要です。

先程もお話しましたが、彼氏には適度に「甘える」ことが恋愛上手な女性のポイントです。

甘えさせてあげるばかりでなく、時には甘えて、男性を立ててあげることで、彼を大人の男性に育ててあげてください。

好きすぎて不安になってしまう

相手のことが好きすぎるあまり、「彼は私のこと本当に好きなのかな」や、「もしかして浮気しているかも」など、良からぬことを考えていませんか?

これは、相手のことが好きだから不安になっているのではなく、「自分自身に対しての自信のなさや弱さ」からくる不安なのです。

「もしも自分が傷ついたら嫌だな」という気持ちを、「相手の事が好きすぎる」ということに転換しているだけなのです。

恋愛関係を成就させる為には、嫉妬や疑いなどの感情は排除しましょう。

そして、相手を思いやる気持ちや、2人の関係をよりよくするにはどうしたら良いか考える事に時間を使うべきです。

理想の相手に当てはめてできた彼氏は「本当に好きな人」ではない

「彼氏にするならこんな人がいい」という理想をもっている人は多いと思います。

例えば、容姿がすごくタイプの男性がいて、お付き合いしたとします。
最初はタイプの人と付き合えて、嬉しい気持ちが勝っているので、良いと思います。

しかし時間が経って、相手の性格などいろいろなことが見えてくると、「なんか違うかもしれない」と思い始め、容姿はタイプだったけど、実はそんなに好きな相手ではなかった、なんてことはよくある話です。

付き合う前から、条件をつけて相手を選んでしまうと、本当に好きな相手と出会える確立は低くなってしまいます。

長く付き合える相手を選ぶには、頭で考えるのはやめましょう。

「なんとなく一緒にいて居心地がいい」とか、「どこが好きかわからないけど、一緒にいたい」という人が、自分にとって相性が良く、長く付き合える相手なのです。

いつも恋愛が長続きしないという人は、一度自分の中にある「理想」を取払い、男性を見てみてください。

きっとずっと一緒にいられる相手が見つかるでしょう。

この記事に関連するキーワード