婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月10日 更新

これで完璧!女性向け告白の仕方

みなさんは『告白』をしたこと、あるいは『告白』をされたことはありますか?

いざ告白をしようと思っても、告白の仕方がわからなければはじまりませんよね。

「どうやって告白したらOKしてもらえるかな」「告白ってそもそもどうやってすればいいの?」と悩んだことがある方も多いと思います。

今回はそんな悩みの解決が出来るように、『女性向け告白の仕方』についてご紹介します。

告白したいと思った理由は?

告白の仕方を知る前に、まずは「なぜ告白したいと思ったのか」「どこに惹かれて好きになったのか」改めて考えていきましょう。

そうすることで、相手がどれほど好きかを再確認でき、告白する時に伝えたいことをまとめやすくなるのです。

内容によっては伝えるのが恥ずかしいと思うこともあるかもしれませんが、しっかりと本音で相手に伝えられるようにしていきましょう。

一緒にいて楽しいから

友達として今まで関わってきて、自然と相手のことを好きになる事は多くの人が経験しています。

また、趣味が同じで気の合う人と話していると自然と会話が弾むことがありますよね。

これが一つの告白したい理由の『一緒にいて楽しい』なのです。

「なんだか、よくありがちな理由じゃない?」と思った方もいるかもしれませんが、これをそのまま伝えるわけではありません。

どんな時に一緒にいて楽しいのか具体的な例を挙げて伝えると良いでしょう。

具体的な理由があった方が相手も「ちゃんと俺のことを見て告白してくれたんだな」と思ってくれるので、あなたの相手に対する想いが確実に伝わり、告白の成功率を高めてくれるのです。

いつも笑顔で明るい・面白い

次は外見の話になりますが、あなたの想いを寄せている男性はいつも笑顔だったり、人との接し方が上手い方だったりしませんか?

もし、これらが理由で告白したくなった場合は、そのままストレートに伝えてしまいましょう。

ただし、これだけ伝えてはいけません。

内面に関することも伝えましょう。

男女にかかわらず、外見よりも内面をよく見てくれる人とは“その性格を許してくれる・受け止めてくれる”ので長く付き合う上でもトラブルになりにくいのです。

誰にも取られたくない・自分で幸せにしたいから

ただの友達や会社仲間でも、「他の人に取られたくない」「私が彼を幸せにしてあげたい」といった気持ちになることは当然あります。

「告白する相手に知られたら嫌われそう」と思ってしまい、怖くて言い出せないのかもしれません。

ですが、それほど本気で想いを寄せているのですから、あなたがどのくらい本気で想っているのかをぶつけてしまいましょう。

相手はきっと、あなたの気持ちを理解してくれるはずです。

告白の仕方は電話?メール?直接?

女性だけに限らず多くの人が悩むであろう、告白の仕方。

特に携帯・スマホをよく利用する人は多いので、メールやLINEで告白を済ましている方も周りではいるかと思います。

しかし、告白する時に一番有効な手段は“直接”伝えることです。

なぜ、直接告白する手段が一番良いのでしょうか?
メールや電話ではいけないのでしょうか?

メール・LINEで告白する場合

直接や電話に比べたら伝えやすくて落ち着いて告白することが出来ますし、相手との予定が合わなくても伝えることは出来ます。

また、告白に失敗しても直接言われるよりはダメージが低く抑えられるのも良いところです。

ですが、表情や感情までは文章だけでは分からないので、相手にどこまで本気か伝わりづらいのが難点ですね。

もしかしたら、人によっては「なぜ、大事な告白を文章で済ませるのか?」と疑問に思われてしまうかもしれません。

メールやLINEは便利ではありますが、、告白の仕方としてはあまりよくないのかもしれません。

電話で告白する場合

電話の良いところは、離れた場所に居ても話せることです。
メールやLINEに比べると、声の調子だけでも気持ちが伝わりやすいです。

そして、デメリットは表情が分からないということになります。

相手がどんな状況に電話を聞いてくれているかは分かりませんので、もしかしたら途中で電話を切らざるを得ない、ということもあるかもしれません。

せっかく心の準備をして勇気を出して告白しているので、誰にも邪魔されずに伝えたいですよね。

電話にもこのような欠点はあるので注意が必要です。

直接会って告白する場合

先に2種類の告白パターンをご紹介しましたが、この2つのデメリットの共通点は直接会わないと解決できないものとなっています。

その結果、ちゃんと顔を合わせて告白することで、他の告白手段に比べて相手への本気度が大きく伝わりやすくなるのです。

ですが、本気なほど告白失敗となってしまった時のダメージは大きいです。

告白にインパクトはあるが、デメリットもあることが直接告白をする場合の特徴なのですよね。

もし失敗したら気まずい雰囲気になることが予想されるので、一応覚悟はしておいた方がいいでしょう。

告白する前にしておくべきこと

さきほどは告白手段についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

その中で「直接会って告白することって、ほんとに一番良い告白の仕方なの?」と疑問に思われた方、まだいるかもしれません。

ではここで質問です。
直接会って告白する場合でしか出来ないことがあるのですが、みなさんはお気づきになりましたでしょうか?

それはズバリ、告白するまでの時間を一緒に過ごせることです。

ただ告白するためだけに会うと雰囲気作りが難しい上に、緊張しすぎて失敗をしてしまう恐れもあります。

なので、相手と相談して時間が取れる日を設定し、表向きはただのお出掛けにして、裏では告白成功率を上げるアピールタイムを設けてしまいましょう。

そうすることで最後に告白する時には緊張しなくすむかもしれません。

ということで、最後は告白前の時間の使い方を紹介します。

デートを意識するよりも友達と遊ぶ感覚で計画する

水族館や遊園地などカップルで行きそうな場所には、付き合っていなくても好きな人とは行きたくなるものですよね。

ですが、今回はあくまで“緊張せず落ち着いた雰囲気で告白をする”ことを目的にしているので、カップルの行きそうな場所・カップルが多い場所に行くことは避けておきましょう。

また、遠出や宿泊も、告白が成功して正式なカップルになれてからにしておくことも大事です。

では、どこにお出掛けしたらいいのでしょうか?

例えば、好きなジャンルの映画があれば一緒に見に行ったり、一人では入りづらいけど行きたい喫茶店があることを伝えたり、友達でもカップルでも行きそうな場所であればお勧めできます。

しかし、開店が遅いお店や待ち時間が長いお店、混雑しているお店は相手を退屈させてしまう可能性があるのでなるべく避けておきましょう。

自然体でいた方がよい

好かれようと思い、良い女を演じることはやめておきましょう。

演じることというのはとても疲れますし、いざ告白が成功して付き合えてもそれ以降もずっとその演技をしていてはいつかストレスとなってしまいます。

好かれるために変わろうとする努力も大事ですが、自然体のあなたを好きになってもらえるようにすることも大切です。

服装や髪形を変えてみる

服装や髪形についてですが、女の子らしい綺麗な格好にしましょう。

髪色の話になりますが、黒が一番良いとされています。
メイクですが、普段からあまりしない方もファンデーションとリップを使ってみてもいいかもしれません。

告白の仕方を学び前に進もう

告白はいざしようと思ってもなかなかすぐには切り出せないところが告白したい女の子の特徴なのです。

しかし、告白しなければ何もはじまりません。

告白の仕方をしっかり学び、告白してみても良いかもしれません。

この記事に関連するキーワード