婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月11日 更新

ネット婚活ならではの遠距離恋愛のハードルと、成功させるコツ

「今は地方に住んでいるけれど、ゆくゆくは都心に住んでいる人と結婚して、地元を離れて生活したい」、「地元で婚活しているけれど、出会いがないので、地域を限定せずに婚活しようと考えている」などと、結婚のために遠距離の人とも積極的に出会いたいと考えてネット婚活を利用している人は少なくありません。
しかし、お互いを詳しく知らないときから遠距離のため、距離を縮めて関係を深めていくことはなかなか難しいことです。
ネット婚活を利用して、気が合う異性と出会えたのなら、たとえ遠距離であっても、付き合いを深めて、結婚できるのが一番でしょう。
そこで今回は、ネット婚活ならではの遠距離恋愛のハードルと、その遠距離恋愛を成功させるコツをまとめました。

ネット婚活ならではの遠距離恋愛のハードルとは?

面倒だと感じてしまう

ネット婚活で知り合った相手とデートをするのは、なかなか勇気のいることだと思います。
相手の事を好きになれるかも分からない、相手も自分の事をどう思っているかも分からない状態です。
さらに、距離というハードルもあります。
それだけでも躊躇してしまいます。
そして、デートプランも、相手の事を良く知らないのに、考えないといけません。
「そこまでして会う必要があるのかな」と面倒になってしまう人は多いのではないでしょうか。
日帰りの距離のデートであっても、前後に予定を入れることが難しいですし、宿泊が必要な距離だと、休日が全てなくなってしまう可能性もあります。
会いに行くのにお金も時間もかかるし、分からないことばかりで緊張もするので、大変な労力となってしまうのです。
ネット婚活で遠距離恋愛を始める場合、それ相応の覚悟と労力が必要となってしまうのです。

会う間隔が長いので、すれ違いがおきやすい

付き合い始めは、相手と一緒にいたいという欲求が強くなります。
次の日が仕事でも、時間が少しあれば会いたいと思う人が大半なのではないでしょうか。
しかし、遠距離恋愛では、電話やメール、lineでの連絡が大半となってしまうので、付き合い始めてすぐのカップルが関係を深めるのは大変なことなのです。
さらに、ネット婚活での出会いとなると、これから深くお互いの事を知っていく段階です。
意見の食い違いやすれ違いも良く起こることでしょう。
そして、そのすれ違いを電話やメールで修正することは、なかなか難しいことです。
会って少し話せば解決してしまうようなことも、遠距離恋愛ではなかなか解決できません。
多くて週に1回、1ヶ月から数ヶ月に1回だけしか会えない遠距離恋愛は、不安やストレスが思ったより多いのです。

結婚までが長く感じる

ネット婚活を利用する人は、できる限り早く結婚したいと思っている人が多いのではないでしょうか。
しかし、自分の理想の相手を見つけたからといって、たった数回会っただけで結婚に踏み切れる人はほとんどいないでしょう。
直接会って話をしていく中で、「この人と結婚したらこんな感じになるのかな」と浮かんでくるものです。
電話やメールのやり取りだけでは、結婚後のイメージは全然湧きません。
結婚を急いでいる人にとっては、「近距離なら週に2,3回会えるのに、遠距離だから月に2回も会えないから、具体的な話が全然進まない」ともどかしくなって、焦ってしまって、上手くいかないことも多いのです。

ネット婚活で遠距離恋愛を成功させるコツ

遠距離恋愛に抵抗を少ない相手を選ぶ

ネット婚活では、自分のプロフィールが相手に公開されます。
そのプロフィールにあらかじめ、「遠距離恋愛でも問題ないと思っている方がいれば嬉しいです」と記載しておくと、良いでしょう。
仕事が充実している人や、自身の時間を大切に思っている人は、恋愛に対してドライな人が多いです。
そのような人であれば、遠距離であっても結婚まで行く可能性が高く。結婚後もお互いの生活スタイルを変えずに過ごす事ができるでしょう。

お互いのイメージが固定される前に初デートをする

ネット婚活で出会った相手だと、お互いの事をまだ詳しく知らないことが多いでしょう。
そのため、実際に会うのはまだ緊張してしまうので、まずはメールのやり取りの充実から始めようと思っている人も多いかもしれません。
しかし、直接会わないコミュニケーションには限界があります。
メールやlineのやり取りだけでは、自分の中で勝手に相手のイメージができてしまいます。
そのため、実際に会うと自分が考えていた相手とのギャップで、違和感を覚えてしまうことが多いです。
そのため、お互いにイメージが固定されてしまわないうちに、会う約束をすることが良いです。
連絡を取るようになってから1ヶ月以内にデートをすることがお勧めです。
暦通りの休みなのか、好きな食べ物は何かなどをメールのやり取りの段階で聞いておくと、お誘いの連絡もしやすくなります。

初デートはお互いの中間地点を提案してみる

遠距離の場合デートの場所や待ち合わせ場所にも困ることでしょう。
「自分のところに来てもらうのは申し訳ない、でも相手のところに行くのも遠いし、お金もかかるから・・・」と伸ばし伸ばしになってしまっては、大変もったいないです。
初デートはお互いの負担をできるだけ軽くする為に、お互いの住んでいる場所の中間地点で提案してみてはいかがでしょうか。
本格的なお付き合いをスタートさせたら、お互いの住んでいる地域を知る為に、交互に会いにいけたら良いでしょう。
「相手の住んでいるとことは田舎で何もないから、行きたくない」などと相手にばかり負担を与えてしまうと、遠距離恋愛は上手く行きません。
特に、ネット婚活で出合った相手なので、「この人とは性格が合わないから、別の相性の良い人を探そう」と相手が思ってしまえば、連絡を取ることもできなくなってしまいます。
「今回は来てくれたから、次回は行くね」や「遠くから来たほうがデート中のご飯をご馳走する」など相手を気遣うことが重要です。

相談できる相手をつくる

ネット婚活や遠距離恋愛をしていると、ならではの悩みはいろいろと出てくることでしょう。
一人で悩んでいても、解決しないことばかりです。
相手と話し合って解決できるのがベストではありますが、そんなに簡単には上手く行きません。
しっかりと相談できる人がいると、問題が解決できなくても、考えを整理することはできます。
相談する相手は、身内でも友達でも、担当のつくネット婚活サイトであればその担当者でも良いです。

この記事に関連するキーワード