婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月10日 更新

デート後に送るLINEはどうすればいい?男性に好感を持たれるフレーズ

男性とのデート後、お礼のLINEを送る人がほとんどだと思います。

そんなとき、お決まりの文章を送るのではなく、相手の男性が「おっ!」と思ってくれるような、印象的な文章を送りたいですよね。

ここでは、デート後に送るLINEで、男性に好感を持ってもらえる文章や、LINEを送る際の注意点をご紹介します。

デート後のLINEで男性の心を掴むフレーズとは

デート後に送るLINEで、男性の心を掴むには、どんな文章を送れば良いのでしょうか?

具体的なフレーズを含めてご紹介していきます。

帰宅の報告と確認をきっかけにする

デートでは、男性が家まで送ってくれるパターンと、最寄りの駅などで別れるパターンがあります。

途中で別れた場合は、自分が家に着いたことを相手に報告し、その日のデートの感想やお礼を送りましょう。

「家に着いたよ」と連絡すれば、『家に着いてすぐLINEをくれたんだな』と相手の男性がに良い印象を持ってくれるかもしれません。

もし家まで送ってもらった場合は、相手が家に着いた頃を見計らって、「無事着きましたか?」と連絡してみましょう。

そうすれば、『自分のこと心配してくれているんだ』と印象づけることができますし、優しい一面をアピールすることができます。

デートが楽しかったことをお礼を含めて伝える

お互い家に着いたことが確認できたら、次はデートが楽しかったことを伝えましょう。

「楽しかった!」と直接伝えるのは恥ずかしくてできないという人でも、LINEでなら伝えやすいでしょう。

そして同時にお礼の言葉を添えるのがポイントです。

もし、相手から誘われてデートをしたのなら、「誘ってくれてありがとう」とお礼をし、自分から誘ったのなら、「デートしてくれてありがとう」や、「会ってくれてありがとう」と伝えると良いでしょう。

デート中に印象的だった話題についてふれる

デート後に送るLINEには、デート中盛り上がった話題をメッセージの中に入れ込むと良いです。

「あの時のあの話、面白かった」や、「○○くんにあんな特技があるなんてびっくりした」
など、具体的なエピソードを書いたほうが効果的です。

そのメッセージを読んだ男性も、『あれ盛り上がったな~』とデートで楽しかったことを振り返って、自分も楽しかったと感じてくれるでしょうし、2人の共通の思い出ができます。

楽しかったことを振り返ることで、きっと『また会いたいな』と思ってくれるでしょう。

一緒に食事をしたら美味しかったと伝える

もしデートで食事に行ったとき、そのお店を男性が決めてくれた場合は、デート後のLINEで「美味しかった」と伝えると良いでしょう。

自分が選んだ店の食事が「美味しかった」と言ってもらえれば、男性も嬉しいでしょうし、また美味しいお店を探して誘いたいなと思ってくれるはずです。

さりげなく次の約束につなげる

デート後に別れて1人になると、『楽しかったな』という気持ちと、『少し寂しいな』という気持ちになると思います。

その余韻に浸っている間に送ると効果的な文章は、「次に会えるのが今から楽しみです」というフレーズです。

さっき会っていたのに、もう次のこと?と思うかもしれません。

例えば「次に会えるのが今から楽しみです」というフレーズではなく、「次いつ空いてますか?」というフレーズを送ったとしたら、ちょっとがっついているように見えてしまい、相手もひるんでしまうかもしれません。

でも、「次に会えるのが今から楽しみです」と言えば、自分から誘っているわけではないけれど、会いたいという気持ちは伝わり、相手の男性は、素直に嬉しく思うでしょうし、次のデートに誘いやすくなります。

このフレーズは、少し攻めに出ている文章ですが、お互い好意をもっていればとても効果的なフレーズと言えます。

相手を気遣う文章で締める

デート後にLINEを送りあっていると、夜遅くなってしまうかもしれません。

もし次の日仕事であれば、「明日の仕事大丈夫ですか?遅くまですみません」と相手を気遣うことも必要です。

ただ、この文章だけだと相手にも気を使わせてしまうので、「でも、たくさんLINEできて楽しかったです」と前向きな文章も一緒に添えると良いでしょう。

他にも、「また明日からお互い仕事頑張りましょうね」や、「風邪ひかないように気をつけてくださいね」など、その時の状況に応じて、一言気遣いの文章を送るとポイントが高いです。

デート後にLINEを送る際の注意点

デート後にどんな文章を送ると効果的かみてきましたが、LINEを送る際に気をつけるべきことはどんなことなのでしょうか。2点ほどご紹介します。

LINEを送るタイミング

デート後に送るLINEは、どのタイミングが一番良いのでしょう?

それは、最初の方でも少し触れましたが、あなたが帰宅し、相手も帰宅した頃を見計らってLINEを送るのが良いです。

ポイントとしては、まだデートの余韻が冷めていない間に、相手の心に響く文章を送ることです。

「もう時間も遅いし明日にしよう」と考えていてはダメです。
『鉄は熱いうちに打て』ということわざにもあるように、必ずデートしたその日のうちに連絡しましょう。

相手の気持ちを考えながら送る

デート後であなたも気持ちが高揚しているかもしれませんが、LINEを作成するときは、少し気持ちを落ち着かせましょう。

高ぶった感情をそのまま文章にすると、後で見返したときに、『あんなこと送らなければ良かった』と後悔することもあります。

大切なのは、「LINEを受け取った相手が、嬉しいなと思える文章かどうか」です。

送信する前に読み返して、誤字脱字がないかもしっかりチェックしてくださいね。

それから、もし相手からすぐに返信がなかったとしても、焦ったり、悲観的に考えないでください。

焦ってまた何度もLINEを送るなんてことはもってのほかです。

帰ってすぐ疲れて寝てしまったのかもしれませんし、相手にも事情はあるはずです。

相手の気持ちを考えてLINEを送れば、必ず返信があるはずですから、少し待つということも大切なことです。

この記事に関連するキーワード