婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月17日 更新

心の扉を広げよう~LINEで告白するのはあり?なし?~

みなさんは告白をするとき、どのような手段で告白しますか?
ドラマなどではデートの帰りに「私で良ければ付き合って下さい。」というシチュエーションが見られますね。

日本は、競争社会が生み出した産業の発展により、私たちに様々なコミュニケーションツールを与えました。
それに伴い、告白の手段もまた、多種多様になってきています。
今回は、その中でもLINEで告白することについて、みなさんと一緒に考えたいと思います。

LINEで告白するのはあり?なし?

想いを口で伝えることが難しい人にとって、LINEで告白するのが一般的になれば、気になる相手に想いを届けやすくなると思います。
しかし、今はまだLINEで告白することは一般的ではありません。

「LINEで告白されても、相手の表情が分からず、本気度が見えない。」
「告白は会って、口頭で伝えてもらった方が嬉しい。」

等々、LINEで告白することに関して、まだまだ反対派の意見の方が多いようです。
では、どうしてわざわざLINEで告白するという選択肢を取るのでしょうか。

LINEで告白するメリット

実際、LINEで告白することにメリットは1つもないのでしょうか?
いえ、そういうわけではありません。

先ほども言いましだが、口下手な人や、目の前に好きな人がいて、思いの丈を全て伝えられないという人にとって、LINEで告白することはとても良い手段だと思います。

急に思いの丈を気になる相手にぶつけたくなった際も、LINEが手軽なコミュニケーションツールであるという性格上、ありのままの想いを率直に伝えることができると思います。

また、LINEで告白するというのは口頭で想いを表してもらうのとは違い、後に残すこともできます。
告白の言葉を一字一句間違うことなく覚えておくこともできます。
一昔前は、告白メールを保存する方もいましたよね。

LINEには一般的な友人と、親友を区別する機能や、LINEをする相手ごとにトーク画面を変更できる機能があります。

価値観の移り変わると共に、告白の手段が変わるのは、至極当然なのかもしれませんね。

LINEで告白に潜むデメリット

LINEで告白した場合、相手の返信が遅ければ、当然不安になりますね。

LINEで告白した後の返信が遅ければ遅いほど「自分の告白をネタにからかわれているのでは?」と、不安が生じると思います。

LINEで告白することは、ドキドキという恋愛の醍醐味を薄れさせ、相手を信用出来なくしてしまう可能性を孕んでいるのです。
恋愛において、邪推は無粋ということです。

また、好きという気持ちは、LINEで告白をしようと決意したときはピークでも、長期間に渡り返信を待っているうちに、気持ちがだんだん薄れていく気もします。

あまりにも返信が遅ければ「もういいや、あきらめよう」という気にもなり得ます。
告白された相手にしても、だいぶ時間がたってから携帯を見て告白に気づいた時、「申し訳ないから返信を早く返さなければ」と感じ、返信の言葉を考える余裕がなくなってしまうこともあるでしょう。

LINEで告白する上で注意しなければならない点は、「タイミングを見誤らない」ということです。
タイミングを見誤ってしまうと、相手のことを好きという気持ちが揺らいでしまう可能性や、好きな相手に気を遣わせてしまう可能性を孕んでしまいます。

LINEで告白する際は、まずは相手に考える時間があるかどうか、タイミングを考える必要があるのです。
LINEだからと、好き勝手に送っていいということではありません。
何事もタイミングが大事ですから、LINEで告白する際は、なるべく相手が返信しやすい時間帯に送るようにしたいものです。

LINEで告白される相手の心理

告白には様々な方法があります。
相手の本気度をより感じることができ、自分の想いを目一杯伝えることができるのは、やはり、会って想いを伝えることでしょう。
とはいえ、LINEが悪いということではありません。
なぜなら、告白する勇気そのものが、とてもすばらしいことだからです。

LINEで告白する勇気まで出ない場合も、あなたには想いを伝えるという心の強さがあることを忘れないでください。

では次に、LINEで告白された相手の気持ちについて考えてみましょう。

LINEで告白された側の気持ち

そもそも、告白をされて嫌だと思う人は滅多にいないはずです。
ただ、先ほどもお話しした通り、LINEで告白することにはデメリットが隠れています。

ときに、男性の皆さんは、気になった女性を必要以上にからかったりして興味を引こうとした経験はありませんか?
ここに一つの盲点があります。

いくら相手を好きだからという可愛らしい理由があっても、自分のことをからかっていた男子にLINEで告白されることは、女子にとって嫌がらせでしかありません。
なぜなら、その女子は、男子が自分のことを好きだという事実を知らないからです。

同じようなケースで、男性がLINEで告白したとき、バカにされている、からかわれていると感じてしまう女性は結構いると思います。
つまり、人によってはLINEで告白するのには向かないタイプもいるという訳です。

想いを伝えるためには相手に自分の想いについて考えてもらえるように準備する必要があります。
あなたにとって、告白の手段がLINEしかないのならそれでもいいのです。
しかし、その場合、告白のために相手に自分の気持ちを受け止めてもらえるよう、努力しましょう。
タイミングを計る他、「返信は時間があるときで構いません。」など、相手にとって負担のかからないようにすると良いです。

また、相手に少しでもあなたのことを意識してもらうことが大切です。
「失敗は成功のもと」と言いますから、失敗を恐れないでくださいね。

どうしてもLINEは一方通行になりがちです。
LINEで告白する時は、相手のことを尊重しましょう。
相手の心に残る告白ができることを願っています。

相手の立場になって考えること

相手に愛の言葉をつむぐのは、あなたにしかできません。
どんな手段で告白するかはあなたの自由ですが、告白される側の気持ちになって考えることも重要なのです。

先程も申し上げた通り、自分の今までの行いによっては、LINEで告白することはデメリットになる可能性があります。
相手に不快感や恐怖感を与えてしまうからです。

仮に男性が告白して、からかわれていると感じた女性が男性の悪口を言ったとします。
すると負の連鎖が起こります。
しまいには、悪口が悪口を呼び、「好き」という尊い思いが無碍になる場合もあり得るのです。

好きな相手には負の感情を抱いて欲しくないですし、こちらも好きな相手を悪く思いたくはありませんよね。
一度好きになった相手を嫌いになってしまうのは、とても悲しいことです。

そうならないためにも、相手の気持ちについてよく考えることがとても重要なのです。
告白をすてきなものにするためにも、相手のことを思いやることから始めましょう。
相手のことを思いやった告白であれば、LINEでも、あなたの気持ちが明確に伝わります。

まとめ

LINEで告白することに反対の人も賛成の人もいると思います。
しかしながら、本質として一番大切なことは、どんな形であれ、相手に気持ちを届けることではないでしょうか。

気持ちを隠すことは良いことではありませんが、そのせいで後悔するのはもっと良くありません。
「後悔先に立たず」という言葉があるように、後悔してからでは遅いのです。

人を好きになるって、本当はとても難しいことなのですよ。
愛のうたは恋の魔法にかかっていないと心に響きません。

想いを打ち明けられる相手がいること、そして「好きです。」と告白するその瞬間が、最もときめいているということを、心の片隅に置いておいてくださいね。

この記事に関連するキーワード