婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月18日 更新

婚活の成功はここにかかっている!婚活プロフィール~女性編~

現在絶賛婚活中の女性のみなさま!
また、現在ちょっと婚活お休み中、という女性のみなさま!!

「婚活がんばっているけれど、なんだかうまくいかないな・・・」
なんて悩みを抱えていたりしませんか?

もしかしたら、その悩みは“婚活プロフィール”を見直すことで改善するかもしれませんよ?

今回は、男性の目に留まりやすく、好感を得やすいプロフィールの書き方をご紹介します。

ご自分の書いたプロフィールをもっと良いものにするために、ぜひ参考にしてみてください。

男性に好印象を与えるプロフィール

婚活パーティーや婚活サイト、結婚相談所では、必ずと言っていいほどプロフィールを書く機会があると思います。
どうしてそんなにプロフィールが重要なのでしょうか?

それは、「婚活のプロフィールは相手を知る手がかりになる」からです。

どんなに見た目が素晴らしい商品でも、初めて購入するのであれば説明欄や商品についているPOPを確認しますよね?
婚活のプロフィールとは、商品説明と同じなのです。

そして【まず自分に興味を持ってもらうこと】が婚活において非常に重要なポイントになります。

ニックネームに奇抜な名前は避けたほうが無難

男性は女性以上に、姓ではなく名前で呼ぶことに対して抵抗のある人がいます。

特に大人の男性になってくると「ちゃん」呼びに強い抵抗を感じる人もいるので、「無難+女性らしい可愛らしさ」くらいがちょうどいいくらいかもしれません。

印象がいいのは

  • 自分の名前をアレンジする・・・舞子「まいつん」「まい」
  • 自分の名前をそのまま使う・・・汐織「しおり」「シオリ」

最終的にお付き合いするとなった場合本名を教えることになるのですから、本名とあまりにかけ離れた名前にすると違和感を与えてしまいますので、自分の名前に近いものにするのが無難です。

男性の場合、女性にはニックネーム+「さん」付けで呼ぶことが多いので、呼ばれるときに後ろに「さん」がついても違和感のないニックネームにするほうが印象は良くなります。

顔写真は髪型や服装で印象UP

男性でも写真が重要なのはもちろんですが、女性のプロフィールの場合「9割は顔写真が握っている」と言っても過言ではないかもしれません。
まず写真を見て好みに合わないとプロフィールすら見ないことがある、というのが実情です。

好印象を与える写真のコツは

・ぼかし写真は使わない・・・わざとわかりにくい写真を載せて、容姿をごまかしている。と誤解されてしまいます。
・服装や髪型は必ずセット・・・髪は黒か程よい茶色くらいの控えめな色だと印象がよく、服装も白や薄いパステルカラーのような清楚なイメージ

を与えるワンピースなどが効果的です。

写真のプロに撮ってもらうのもひとつの手です。
写真のためにそんな費用は・・・と思うかもしれませんが、プロは被写体を最大限によく見せることが仕事なので、見違えるほど印象の違う写真ができあがります。

一生を左右する大事な場面です、この投資は決して無駄とは言えないのではないでしょうか。

趣味は女性らしさを意識して

婚活は付き合う相手を探しているわけではなく結婚する相手を探しているのですから、相手の趣味を気にする男性は少なくありません。

もちろん自分の好きなことを書く場所ですから、趣味は人それぞれだとは思います。
しかし、婚活のプロフィールで趣味を書く場面となると『男性から会いたいと思ってもらう』ことが重要なため、内容や書き方に気を使う必要があります。

婚活中の男性が女性に求めるポイントを押さえた趣味を書いておくと、男性からの印象もぐっと良くなります。

「料理」や「お菓子作り」といった趣味であれば、間違いなく男性から注目されるのでおすすめです。
また、スポーツ系の趣味も男性からのウケはいいようです。

ただし、あまり無理してさほど興味のないことを書いても、後々のトラブルの元となります。
例えば「読書」が趣味の場合などは「○○系の本が好きで、最近は●●を読みました」という追加表現があると「自分も見ました!」といった共感を得やすくなります。

希望する相手のタイプや条件は間口を広く

厳しい条件を書いてしまうと敬遠されてしまうので注意が必要です。
目安としては“3人に1人くらいは当てはまる”くらいに設定しておくことがおすすめです。

希望する男性のタイプを書く場合、自分の求める相手によって使い分ける方法があります。

まずは、抽象的な書き方をして当てはまる人を多くすることで、より多くの人からのアプローチをもらう方法です。
・一緒にいて穏やかな時間をすごせる方を希望しています。

それから、条件をより限定すると希望条件に当てはまる人からのアプローチを受けやすくなるので、より相手を絞り込みやすくなります。
・サッカーが好きなので、一緒に観戦に行ける人を探しています。

婚活ですから、年収の希望を記載するのも有効です。
・年収300万円以上の方を希望します。

しかし、いずれにせよあまりに厳しい条件にしてしまうと男性からのアプローチは激減してしまいます。
年収を例にしてみると、30代男性の一般的な年収は200~400万円です。
400万円以上の年収を希望した場合、30代男性では対象者はかなり絞られます。

婚活では出会う分母が大切になってくるので、あまりにも条件を限定してしまうと出会うチャンスを逃しかねません。

婚活プロフィールの具体例紹介

「男性に好印象を与えるプロフィール」についてご紹介しましたが、実際にどんな文章を書けば男性に興味を持ってもらえるのでしょうか?

次は上記でご紹介した項目と“挨拶”を使った例文をご紹介します。

最初と最後の挨拶がしっかりした文章はそれだけで丁寧な印象を与えることができます。
お会いしたことのない男性が見る文章ですから、最後に必ず文章全体のチェックを忘れないようにしましょう。

【例文1】

見ていただきありがとうございます。
都内で広告代理店の事務をしている○○です。

20代は仕事を覚えることに一生懸命で結婚は意識していませんでしたが、仕事に余裕ができてきたところで生涯のパートナーが欲しいと思うようになり婚活を始めました。

趣味は最近料理にはまっています。
まだまだ失敗はありますが、お休みの日は新しい料理に挑戦しているので、あまり好き嫌いのない方だとうれしいです。

一緒にたくさん笑って、お互いを思いやって尊敬しあえる人と共に歩んでいけたらいいな、と思っています。

読んでくれてありがとうございました、ご連絡お待ちしています。

【例文2】

はじめまして。
病院で看護師をしています。

仕事も、一人で過ごす時間も充実していますが、そろそろ将来を見据えたおつきあいができるパートナーを見つけたいと思い、登録しました。

周りからは「落ち着いている」と言われる事が多いですが、あまり表情に出ないだけで実はすごく慌てているということもあります(笑)

仕事がハードな分、お休みの日は家でのんびりとリラックスした時間を過ごすことが多いです。
仕事もプライベートも両立して、お互い尊重しあえる家庭が築けたらと思います。

仕事柄時間が不規則ですが、ご理解のある方、どうぞよろしくお願いします。
ご覧いただきありがとうございました。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は婚活中の女性を対象に、男性に好印象を与えるプロフィールのコツについて解説してきました。

今まで「プロフィールなんて登録するために書くだけのものでしょ」なんて思っていた方は、プロフィールに対する意識を変えることはできたでしょうか。

一生のパートナーを探そうというのですから、手間と熱意を持ってプロフィールを作成すれば相手にもきっと伝わるはずです。

がんばるみなさまが素敵なお相手と出会える様に応援しています。

この記事に関連するキーワード