婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月17日 更新

結婚したい人が知っておくべき正しい婚活の方法


『「そろそろ結婚したいな」と考えているけど、結婚するためにはどうしたらいいの?』
『婚活ってどうやって始めればいいの』と悩んでいる人はいませんか?

ここでは、結婚したいという希望を叶えるために、婚活成功のための考え方や、ポイントなどをご紹介していきます。

結婚したい人が改めるべき考え方とは

みなさんは、結婚に対してどのような考えを持っているでしょうか?

もし結婚したいと思っているのにうまくいかない人がいたら、結婚に対しての考え方を変える必要があるかもしれません。

これから紹介する項目の中に、自分に当てはまるものがあれば、ぜひ参考にしてみてください。

結婚相手に対しての理想が高すぎる

「こんな人と結婚したいな」という理想は誰でも持っていると思います。
幸せな結婚を望めば、理想が高くなるのも当然のことです。

しかし、あなたの理想の相手の条件に当てはまる人は、この世の中に何人いるでしょうか?

例えば、「真面目で優しい人」という条件なら、周りを探せばいるかもしれませんが、「顔が良くて、高収入で、性格が穏やかで、料理が得意な人」を探すとなったら、見つかる確率は圧倒的に少ないでしょう。

婚活する上で、自分の理想を明確にしておくのは良いですが、条件が1つ増えるごとに、その条件に当てはまる人がどんどん減っていくことも理解しておくべきです。

自分の譲れない条件は2つくらいに留めておいて、あとは相手の良い面を探す癖をつけることで、婚活成功へぐっと近づけるでしょう。

「他にいい人がいるかもしれない」と期待している

『お付き合いしている人はいるけど、この人といざ結婚と考えると、もっと他にいい人がいるかもしれない…』
なんて考えている人はいませんか?

では、今の相手と別れて、もっといい相手に出会える確率ってどのくらいなのでしょうか。

今の相手と別れてしまっても、絶対後悔しないでしょうか。

付き合っていると、近くにいすぎて相手の良さが分からなくなってしまったり、他の人が良く見えたりするものです。

結婚する上で、何か決定的な障害があるなら、今の相手とは今すぐにすっぱりと別れるべきですが、根拠なく他にいい人がいるかもしれないと思っているのであれば、もっと今の相手に目を向けるべきです。

今まで気づかなかった良い面を発見できるかもしれません。

最終的に判断するのは自分自身ですが、後悔はしないようによく考えて行動してください。

結婚を逃げ道にしている

例えば仕事がうまくいっていない時、周りの友人が次々結婚していくのも手伝って、『あーもうそろそろ結婚しちゃいたいな』なんて思った事はないでしょうか。

仕事がうまくいかないからと結婚しても何も解決しません。
結婚した相手が自分を支えてくれると思ったら大間違いです。

結婚は、したからといって必ず幸せになれるわけではなく、お互いで支えあって、困難を乗り越えて幸せになっていくものです。

そのため、他力本願で結婚しても、その結婚生活は長く続かないでしょう。

相手が辛いときに、自分が支えになってあげられるくらい、自分自身を自立させましょう。

そうすれば、いざ本当に結婚したいと思う人が現れたとき、自然に結婚に向けて前進できるはずです。

結婚相手を見つけるためにはこれを活用しよう

結婚はしたいけど、相手がみつからない。
異性と出会うチャンスがなかなかない。
婚活したいけど、やり方がわからない。

上記のような悩みを持っている人は、沢山いるのではないでしょうか?

次にご紹介するのは、「どのような出会いの場があるのか」についてです。

出会いのパターンには、大きく分けて3つあります。
まず、自分単独で行動するパターン、2つ目に友人を交えて(協力してもらって)行動するパターン、3つ目は婚活市場を利用するパターンです。

それぞれどのような特徴があるかみていきましょう。

自分単独で行動するパターン

自分単独で行動する出会いのパターンには、「職場恋愛」、「SNS」などがあります。

職場恋愛は、社会人なら1日の半分近くを仕事の場で過ごしているでしょうし、仕事を通じてお互いのことが分かったり、仲良くなりやすい場です。

しかし、あくまで職場ですので、積極的に相手を探すのではなく、身近にいた人と自然に恋愛関係に発展するという流れにはなります。

SNSは、世界中の人と気軽に交流ができる、コミュニケーションツールです。

SNSで出会いを見つける方法としては、いきなり恋人を探していますと伝えるのではなく、まず自分の趣味に関してのコミュニティーなどで、同じ趣味の人と交流し、気が合えば直接連絡をしたり、オフ会などで直接会って仲良くなってから、自然と恋愛に発展するという形になります。

友人を交えて(協力してもらって)行動するパターン

友人を交えて(協力してもらって)行動する出会いのパターンには、「合コン」、「街コン」、「相席居酒屋」などがあります。

合コンについては、だいたい共通の友人同士が集まることが多いので、まったく知らない人ではない分安心感はあります。

街コンや相席居酒屋は、いきなり知らない人とお酒の席に着くわけですが、相手も出会いを目的として来ているので、話が合えば恋愛関係に発展するのは早いと思われます。

ただ、合コンや街コンなどは、その場限りの関係になってしまうことも多いので、気になる人がいても、その後に繋げられるように慎重に行動しましょう。

婚活市場を利用するパターン

自分単独で行動するパターンにしても、友人を交えて(協力してもらって)行動するパターンにしても、出会ってから結婚に行き着くまでには、ある程度時間がかかってしまいます。

もし最初から「結婚」を意識した出会いを求めるなら、婚活市場を利用するのが1番です。

婚活市場というのは具体的に、「結婚相談所」、「婚活パーティー」、「婚活サイト」、「マッチングアプリ」などです。

これらは、結婚したい男女が登録・利用する場で、条件を指定して、その条件に合う人と直接会って自分に合う人を見つけていくので、うまくいけば短期間で結婚できる可能性が高いです。

ただ、結婚相談所や、婚活パーティーなどは、登録料や利用料がかかりますので、もっと気軽に相手を探したいという人は、マッチングアプリを利用するのが良いでしょう。

婚活を成功に導くためのポイント

婚活の方法がある程度分かったところで、次は婚活を成功させるためのポイントをご紹介します。

自分のアピールポイントを知っておく

婚活していく中で大切なのは、「自分のアピールポイントを知っておく」ということです。

もし自分の好みの人と出会えたとして、相手にも自分を好きになってもらうには、自分の良いところをアピールしていくことが必要です。

『自分にはアピールできるところなんてない』と思っている人もいるかもしれませんが、もしアピールするところが見つからないのであれば、自分に自信がつくように、自分磨きをしてください。

例えば料理がそんなに上手ではないけれど、料理することが好きなのであれば、料理の腕を磨いたり。

直接アピールすることではないですが、結婚のために、毎月貯金を始めるというのも良いでしょう。

なぜなら、毎月貯金をしているということは、金銭感覚がしっかりしていて、結婚後も生活設計をきちんと立てられる人だなとみられますので、相手からの好感度は高いはずです。

また、外見を磨くことも婚活する上では必要です。
もともと持って生まれた容姿は変えられませんが、清潔感というのは誰にでも必要なものです。

無理をすることはありませんが、体型が気になるようなら運動したり、髪型や肌の手入れは男女共に意識するようにしましょう。

婚活を楽しむ

世間では「婚活=結婚するのに必死」というイメージを持たれがちです。

婚活がなかなかうまくいかなかったり、婚活することがなんとなく恥ずかしいと思ってしまうと、その気持ちが表情に表れてしまいます。

浮かない表情をしている人には、素敵な出会いはやってきません。

婚活は新しい出会いの場であり、いろいろな人と出会えるチャンスと前向きに捉え、婚活の場を楽しむことが大切です。

楽しんで、笑顔でいる人の周りには、人が集まりやすいですし、笑顔のあなたに好感を持ってくれる人はたくさんいるはずです。

さいごに

結婚したいと考えている人へ、婚活成功のための考え方や、ポイントなどをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

婚活を始める前に、一度自分自身や、自分の考え方などを見つめなおしてみてください。

その努力が婚活を成功に導いてくれるでしょう。

この記事に関連するキーワード