婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月12日 更新

婚活男性が成功するためのテクニックは?

婚活をしていても、なかなか出会いに結びつかないと嘆いている男性は多いですよね。

なぜ成功しないのか、それは漠然と婚活を繰り返している人が多いからです。
婚活には成功に結び付くためのテクニックがあります。

成功するための婚活テクニックを学んで、素敵な出会いをゲットしましょう。

婚活パーティーで使えるテクニックとは?

男性が婚活を成功させるには婚活パーティーが一番いいといわれています。

それはなぜかというと、まず女性も参加費を払って出会いを求めているので、真剣に考えていること。
そして恋愛経験が少ない女性が参加者に多いということからです。

これは男性にも同じことが言えますが、そうした男性にとっては女性と会話の練習ができる場所にもなります。
それでは具体的な婚活パーティーで使えるテクニックを紹介していきましょう。

まずはカップルになることを目指す

婚活パーティーでは、最後にカップリングがあります。
いいなと思った相手を選び、相手も自分を選んだ際に成立するのですが、このカップリングについて誤解している人がいます。

カップリングが成立したからといって、別に恋人となるわけではありません。

ただ、異性の友人ができたくらいに考えたほうがいいでしょう。

そのため、無理に競争率が高い女性や、好みの女性を選ぶ必要はありません。
それよりも、まずはカップルになることを重要視しましょう。

婚活パーティーではカップルになれずに終わってしまうと、ただ参加費を使って終わりとなります。
それくらいなら特に好みではない女性であってもとりあえずカップルとなることで、今後の交友関係が広がります。

そのため、婚活パーティーではその日一番よく話した相手を選び、カップルとなることを最優先に考えるのが成功のためのテクニックです。

婚活でプロフィールを作る時のテクニック

婚活パーティーに限りませんが、婚活ではプロフィールを作成する際にもテクニックがあります。
婚活のプロフィールを作成する際のテクニックとして、相手に自分のイメージが伝わりやすい内容を心がけましょう。

例えば「趣味は読書です」だけだとほとんど自分のイメージが伝わりません。

しかし「趣味は読書で、特にミステリーが好きです。」と書くことでより詳細なイメージが伝わりますよね。

さらに「趣味は読書で、村上春樹を中心に様々なジャンルの本を読んでいて、今はミステリー系にはまっています。」とさらに具体的に描くことで、会話も広がりやすくなります。

同じジャンルの本が好きな人なら、「私も好きです」と食いついてきて楽しい読書談義ができるので印象もよくなってくるでしょう。

読書に限らずどんな趣味でも、内容を具体的に描くことで相手もイメージしやすく、話題にしやすくなります。
そうして話しやすい雰囲気を作り出すのも、婚活を成功させるためのテクニックです。

婚活パーティーで会話をするときのテクニック

婚活パーティーでは会話をする時間が限られているので、短時間で話題を盛り上げるテクニックが必要です。
そのためには、相手との共通点を見つけることが重要です。

初対面の相手でも、出身地が同じとかの共通点があると途端に話が盛り上がりますよね。
その中でも特に話題が盛り上がるのは、趣味が同じということです。

大体の趣味は共通していれば盛り上がるのですが、音楽が趣味の場合などはさらにジャンル分けがあり、そこが異なると盛り上がりにくいので注意が必要です。
そのため、プロフィールに趣味を書く際は女性にもいるような趣味を書いたほうが会話もスムーズに進むでしょう。

会話をするときは、意識して普段よりもゆっくり話すのも婚活のテクニックです。
緊張して早口になってしまう人も多いのですが、それでは会話も楽しめませんし余裕がない印象を与えます。

ゆっくり話すと気分も落ち着いてくるので、婚活パーティーではゆっくり話すのもテクニックの一つです。
婚活パーティーではこうしたテクニックを駆使して、カップリングの成立を目指しましょう。

婚活でカップリング後のデートで使えるテクニックは?

婚活パーティーでカップリングした後は、必ずお茶や食事に誘うのもテクニックの一つです。
連絡先を交換したことで満足してしまい、その場は分かれてしまうという人も多いのですが、婚活パーティーが終わって冷静になった後はそのまま自然消滅してしまうことも多いのです。

それを防ぐためには、婚活パーティーが終わってカップリングできたという達成感が残っているうちにどこかに誘うことです。

その時にお酒を飲む場所などに誘うと女性の警戒心を呼び覚ましてしまうので、まずはお茶か食事に誘いましょう。
連絡先はお店に入ってからゆっくり交換すればいいのです。
テンションがあがっているうちに次の段階へと進めていくのも婚活のテクニックです。

デート中の会話に使える婚活テクニック

婚活パーティーでのカップリングの後はデート中の会話に気を配るのもテクニックの一つです。
特に大事なのは、女性に退屈だと思わせないことです。

そのためには、婚活パーティー中の会話を多少買えたくらいでもいいのでどんどん話しかけていきましょう。
特に盛り上がるのは、過去の恋愛話です。

相手に最近付き合っていた人といつ頃別れたのかを聞き、「自分も同じくらい」と言って過去の自分の恋愛について話していくと、相手も自分の恋愛について話しやすくなります。

ただし、自分が持てたという自慢話や、自分が浮気して別れた失敗談などはしないでおきましょう。

また、質問ばかりしてしまうと相手も尋問されているように思えてしまい、楽しく会話ができなくなります。
あくまで相手が自主的に話しやすいように、軽く水を向けてあげるのが婚活のテクニックです。

デート後のメールで使える婚活テクニック

デートが終わって家に着くと、女性からお礼のメールが届くでしょう。
届かなかったとしたら脈はかなり薄いかもしれません。

そのメールにどう返信していくかも婚活におけるテクニックです。
相手からメールが送りやすいように、食事やお茶の代金は全額おごってあげましょう。

たとえ会計時に細かいのが1円足りなくても、女性に払わせないように気を付けてください。
そうすると普通は相手からごちそうさまでしたというお礼のメールが来るでしょう。

メールが来たら相手の話に合わせながらメールを返すことで今後もメールのやり取りを続けていけるでしょう。
もし来なかった場合は、自分から「今日は楽しかったです」というメールを送るか、もしくは放置して新しい出会いを探しに行ったほうがいいでしょう。

間違っても、奢ったことを恩に着せるメールや女性に対して苦情のメールを送ることがないように注意しましょう。
相手に合わせるというのも立派な婚活のテクニックです。

次のデートに誘うための婚活テクニック

婚活パーティー後にデートをしたものの、次のデートはいつ誘ったらいいでしょうか?

2回目のデートは、婚活パーティー直後のデート中に約束してしまうのがテクニックです。

帰ってからメールで誘ってもいいかと思うかもしれませんが、人は面と向かって誘われたときには断りにくいので、できるだけ顔を合わせているうちに誘ってしまいましょう。
その際はランチデートに誘うほうがいいでしょう。

まだ2回目なので女性も警戒心が強く、夜に2人きりとなるのは嫌がられるかもしれません。
そうなると約束してもドタキャンされる心配があります。

しかしランチデートであれば、昼間なのでそうそう警戒されることもなく比較的スムーズに約束できるでしょう。
こうして婚活のテクニックを駆使しながら、相手との親睦を深めていきましょう。

まとめ

婚活パーティーでは、とにかくカップルになることを目指すテクニックが重要です。

多少好みから外れていても、カップルになれないのであれば参加した意味がありませんからね。
婚活パーティーの最中は会話のチョイスや自己PRの書き方にテクニックを生かしてください。

そして婚活パーティーが終わった後は、すぐにお店に誘いましょう。
そこで次の約束や連絡先の交換などをきちんと行うのも婚活を成功させるためのテクニックです。

婚活のテクニックは細かいところから大きなところまで様々なところに活用されますので、しっかりと覚えておきましょう。

この記事に関連するキーワード