婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月18日 更新

婚活パーティで好感を持たれるお勧めコーディネート

婚活パーティで、異性から好印象を持ってもらうための重要な第一歩は「見た目」です。
では、婚活パーティにふさわしく、さらに異性からも好まれる服装とはどんなものでしょうか。

今回は、男性別・女性別に婚活パーティで好感を持たれる服装をまとめました。

男性編

スーツは男性の魅力を高めてくれる

男性はスーツを着て婚活パーティに参加するのが良いでしょう。
女性に明るい印象を与えるためにも、シャツは白やブルーなどの爽やかで明るめのものを選ぶようにしましょう。

女性は、結婚を前提にしたお付き合いを求めて婚活パーティに参加します。
そのため、アクセサリーを大量につけているようなチャラチャラした服装や過度なオシャレ、個性的な服装をしていると、女性に敬遠されてしまう場合があります。

個性を思いっきり出した服装よりも、社会的にキチンとしているという印象を与える服装のほうが好ましいです。

とはいえ女性は、スーツという限られた服装の中で個性を出したり、オシャレを楽しんでいる男性に好感を持ちます。

スーツやネクタイにも流行り廃りはあります。
事前にチェックして取り入れると良いでしょう。

また、休日開催の婚活パーティや会社にスーツを着ていかない人、スーツを着て婚活パーティに参加することに抵抗のある人は、襟のついたシャツやジャケットを着用して、適度なフォーマル感とオシャレ感を出しましょう。

Tシャツやパーカーを着て婚活パーティに参加するより、女性の印象は圧倒的に良いでしょう。
さらに、服装を選ぶ上で気をつけたいのが、サイズ感です。

だらしない印象を与えないためにも、ジャケットの丈やパンツの丈が長すぎたり短すぎたりすることのないようジャストサイズを選ぶように心がけましょう。

婚活パーティは女性との出会いの場です。
せっかくの出会いなのに、服装が原因で女性と深く接することが出来なかったということがないように、事前の準備を怠ることのないようにしましょう。

身だしなみはきっちりと。清潔感を大切に

婚活パーティにはスーツで行けばいいからといって、仕事でクタクタになったスーツを着ていくことは避けた方が良いでしょう。

女性から疲れている印象に見られてしまいます。
また、「洗濯した服を着ているから清潔に見える」は間違いです。

たとえ洗濯した服を着ていても、シワになっていたり、シミやニオイがついていると清潔感があるように見えないだけでなく、だらしない印象も与えてしまいます。

さらに、髪型やヒゲがきちんと整っているか、靴やバッグに汚れはついていないかなどを確認することも大事です。

服装だけでなく、見た目全体の清潔感をチェックすることが重要です。

さらに、伸びた鼻毛や口臭は、それだけで女性から「アウト」だと判断されてしまいます。

婚活パーティの前には、必ず鏡を見て鼻毛が出ていないかチェックをするようにしたり、口臭ケアを怠らないようにしましょう。

女性編

清楚感を意識しよう

まず念頭に入れておきたいのは、婚活パーティに来る男性は将来を見据えて真剣に交際をしたいと思える女性、つまり「未来の奥さん」を探しに来ているということです。

派手すぎる格好や露出の多い格好は、「男関係がだらしないのではないか」と、婚活をしている男性からは悪印象です。

そのため、濃いメイクや派手なネイルアート、胸元が開いた服や極端に短い丈のスカートなどは避けるようにしましょう。
シンプルな服装で、小ぶりのアクセサリーを身につけるくらいが良いです。

ワンピースとカーディガンの組み合わせやシフォンのブラウスにひざ丈のスカートを合わせるような王道スタイルが男性には好印象です。
シルクやサテン、シフォンなどのふんわりした感じやツルっとした感じの生地は女性らしさや品のよさをアピールできます。

色は白やグレー、淡いピンクなどのパステルカラーがお勧めです。

黒の洋服は着やすく、かっちりとした印象を与えてくれますが、会場が薄暗くなっている場合が多いので、暗い印象になってしまい、目立たなくなってしまう場合があるので、できるだけ避けたほうが良いでしょう。

婚活パーティでは、椅子に座って男性と向き合う形をとるところが多いので、特にトップスに優しい色を取り入れたほうが良いでしょう。
目指すは女子アナ風の服装です。

高級感ブランドやカジュアルすぎはNG

「婚活パーティだから気合いを入れなくては」といって、全身を高級ブランドで固めるようなことは避けましょう。

男性からみたら「結婚したら、美容代や買い物にすごくお金がかかりそう・・・」とマイナスのイメージを持たれてしまいます。

値段が高い服イコールオシャレな服ではありません。
身の丈にあった服装や自分に似合う服装を心がけましょう。

また、デニムのようなカジュアルすぎる服装も避けたほうが良いでしょう。
婚活パーティに来る女性と比べて変に浮いてしまう可能性があります。

男性からも「この人は真剣に相手を探しに来ているのではないのかな?」などと思われてしまう可能性があります。

出会うために婚活パーティに行くのだから、オシャレをしてきたと男性に思われたほうが印象は良いでしょう。

婚活パーティに複数回行くからといっても、出会う男性は毎回違います。
同じ格好をして参加しても問題はありません。

何着も用意する必要はありませんので、普段はカジュアルな格好が多く、ワンピースやふんわりしたスカートを着ないという人でも、婚活パーティのために一通りそろえても良いでしょう。

服装のイメージは清潔感ときちんと感

男性、女性ともに、ドレスコードがありそうなちょっと高めのレストランに行く際の服装や、相手の家族にご挨拶をしに行くときにも安心だと思ってもらえるような服装を選ぶと良いでしょう。

婚活パーティの参加者は髪型から靴、爪の先までチェックをしています。

綺麗な服装をしていても、身につけている小物が汚れていたりすると、それだけでちぐはぐな印象になってしまいます。

「もしかしたら整理整頓が出来なくて、部屋が汚いかも、、、」なんて思われてしまう可能性も十分にありえます。

全体の清潔感ときちんと感がしっかりと出るように細かいところまで気遣うように心がけましょう。

この記事に関連するキーワード