婚活しているあなたを結婚へ導くメディア Malead(マリード)
Menu
2018年04月09日 更新

男性必見!婚活サイトで女性と出会うコツ

婚活サイトに登録している女性の多くは、「真剣な交際」や「結婚相手」になる男性を探しています。
婚活サイトには、恋活アプリやマッチングサイトのように軽い気持ちで出会いを求めている女性が少ないので、サイトの選定やメッセージによるやり取りは、その後のデート、果ては、交際に繋がるかどうかの重要なポイントとなります。
そこで今回は、婚活サイトで男性が女性と出会うためのコツをまとめました。
是非参考にしてみてください。

婚活サイトを選ぶコツ

サービス内容から選ぶ

婚活サイトの多くは結婚情報サイトが運営しています。
サイトごとに特色も違いますので、自身にあったサービスがある婚活サイトを選ぶことが、婚活を成功させる為のコツです。
婚活サイトは結婚相談所とは違い、入会金や登録料、成婚料がかからない場合が多く、月額利用料も結婚相談所ほどばらつきがありません。
そのため、自分に会ったサービス内容を探して利用することが、婚活サイトを上手に使うコツです。

facebook等のアカウントを利用して婚活サイトに新規登録することが出来るサイトもあります。
ある程度の認証手続きを省いて登録が可能になるので、仕事の忙しい男性にはお勧めとなっています。

婚活サイトの多くは月額利用料のみの定額制タイプです。
まれにマッチングサイトのような従量制もありますが、真面目に出会いを探すとなると、紺活サイトの利用期間も長くなる傾向にあるので、定額制タイプの婚活サイトを選んだ方がコストを安く押さえることができます。
追加料金を払って、上位機能や婚活コンシェルジュを利用できる婚活サイトもありますので、そのあたりのプランを上手に利用することも婚活を成功する為のコツです。

婚活サイトは掛け持ちOK

婚活サイトを掛け持ちするのは、はしたない、不誠実といったイメージを持つ男性もいるかもしれません。
しかし、実際にはそのようなことはなく、余裕があるのであれば、婚活サイトは掛け持ちした方が良いのです。
婚活サイトによって登録している人が違うからです。
掛け持ちをすることで、より女性と出会えるチャンスを増やすことができるのです。

また、登録している人が異なれば、会員の年齢層や男女比にも若干の違い出てきます。
大手婚活サイトや人気の婚活サイトの場合は、男女比が6対4から5対5の場合が多いです。
女性の年齢層が20代から30代前半が大半を占めるような婚活サイトはには、自分よりも若い女性とで会いたいと思っている男性が多く登録するので、男性の割合が多くなってしまう場合もあります。
明らかに男性会員が多い場合は、女性の取り合いのような感じになってしまうので、女性と出会う機会も減ってしまうので、見極めが必要になります。

婚活サイトで女性にアプローチをする際のコツ

アプローチする女性を探すコツ

婚活サイトは「結婚前提の相手」と出会うことが目的です。
そのため、目に付いた女性手当たり次第にメッセージを送ることはお勧めできません。
相手の女性のプロフィールを詳しく見ずにメッセージを送ると、遊び目的だと思われてしまい、相手にされない可能性があるからです。
自分と相手のプロフィールを確認して、共通する項目の多い女性に積極的にアプローチをかけることが成功のコツです。
日記やSNS機能が充実している婚活サイトでは、プロフィール欄とあわせてチェックをしましょう。
プロフィール欄にも書かれていない思いがけない共通点が見つかる場合もあります。
また、日記やSNSの更新日時から、婚活サイトへのログイン状況や活動中かどうかをある程度見極めることもできます。
ログイン状況の悪い女性だと、メッセージを送っても返事が来ない場合もあるので、日記やSNSをよく更新している女性に先にアプローチかけることが、早く婚活を成功させるコツといえるのではないでしょうか。

デートの誘いは1ヶ月以内に行う

マッチングして安心してしまい、その後積極的行動せずに、受身の姿勢でいたら婚活は成功しません。
デートに誘うきっかけをなかなか掴めないままメッセージの交換だけをしていたら、相手の女性が飽きてしまいダラダラした状態になってしまう可能性があります。
こうなってしまうと、付き合ってもいないのに倦怠期のようになってしまい、自然消滅の可能性が出てきてしまいます。
また、婚活サイトに登録している女性は、「できれば早く結婚したい」と思っている人が多いです。
モタモタしていたら別の男性に持っていかれる可能性があります。
婚活サイトに登録している以上は、必ず他の見えないライバル男性がいることを忘れないように接することがコツです。

しかし、メッセージのやり取りを始めて早々にデートの誘いをしても、十中八九断られてしまうでしょう。
会社や取引先のようなよく顔を合わせる人ならともかく、会ったことのないメッセージだけのやり取りの関係では、会ってみたいという好奇心より、怖いという警戒心の方が強いからです。
真面目な態度で紳士的なメッセージのやり取りをして二人の仲を深めましょう。
メッセージのやり取りを始めて1ヶ月くらいであれば、女性の警戒心も取れていると思うので、思い切ってデートに誘ってみましょう。

「俺すごい」アピールよりも共感すること

メッセージは相手と会話のキャッチボールをするものです。
他の男性よりも自分を選んで欲しいと思って、自分のことばかりを伝えることは、やめたほうが良いでしょう。
特に武勇伝ばかり話す男性は、女性から「痛い人」判定されて引かれることが多いです。

人間は、男性女性問わず、自分のことを話すのは基本的に好きですが、相手の話を聞くのはよほど興味がある話で無い限り苦痛な生き物なのです。
メッセージを送る際には、相手の興味や関心があることを中心に文章を組み立てることが返事を貰い易くなるコツです。

また、女性は男性よりも共感性の高い生き物です。
そのため、女性は答えを求めて話しているのではなく、共感して欲しいから話していることを心得ておきましょう。
上から目線のアドバイスは避けて、共感しながら女性をリードするメッセージを送ることが、女性からの印象を良くするコツです。
やり取りしているうちに、「今度、○○食べに行きたい」や「○○さんは優しくて素敵だね」と女性から「会ってもOK」のサインが出てきます。
そのサインが出てきてから、デートに誘うとOKは間違いなしでしょう。

この記事に関連するキーワード